キタ(大阪駅・梅田)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3月1日から始まった『ディオール、パリから日本へ』展。<br /><br />日本文化に影響を受けたオートクチュールドレスや、ディオールの代表的なバッグ「レディディオール」をアーティストが再解釈したものなどが展示されるとのこと。<br /><br />会期は3月15日まで、入場無料とのことで、早速3月2日に行ってきました!<br /><br />コロナの影響で百貨店の営業時間も短縮され、時間内に見終わるかな?と思いながらでしたが、1時間もかからずに見終わりました。<br /><br />・・・が、上皇后美智子さまがご成婚時にディオールのドレスをお召しになった写真や、ラフ・シモンズデザインのオートクチュールドレスを見落としてしまったので、翌3月3日にも再び出かけてきました。<br /><br />LVMHグループはこういうエキシビションを入場無料でやってくれるのでアリガタイです。。。<br /><br />まだ2月の旅行記がいくつか残っていますが、ディオール展の会期が終わらないうちに先にアップします☆彡

2020 『ディオール、パリから日本へ』展に行ってみた♪ @阪急百貨店うめだ本店

73いいね!

2020/03/02 - 2020/03/03

144位(同エリア3485件中)

4

58

りぽちゃん

りぽちゃんさん

3月1日から始まった『ディオール、パリから日本へ』展。

日本文化に影響を受けたオートクチュールドレスや、ディオールの代表的なバッグ「レディディオール」をアーティストが再解釈したものなどが展示されるとのこと。

会期は3月15日まで、入場無料とのことで、早速3月2日に行ってきました!

コロナの影響で百貨店の営業時間も短縮され、時間内に見終わるかな?と思いながらでしたが、1時間もかからずに見終わりました。

・・・が、上皇后美智子さまがご成婚時にディオールのドレスをお召しになった写真や、ラフ・シモンズデザインのオートクチュールドレスを見落としてしまったので、翌3月3日にも再び出かけてきました。

LVMHグループはこういうエキシビションを入場無料でやってくれるのでアリガタイです。。。

まだ2月の旅行記がいくつか残っていますが、ディオール展の会期が終わらないうちに先にアップします☆彡

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
私鉄 徒歩

PR

  • 3月2日(月)16:40<br /><br />阪急百貨店うめだ本店、9階にあるうめだホールとうめだギャラリーの2会場を使って開催されるエキシビション『ディオール、パリから日本へ』展。

    3月2日(月)16:40

    阪急百貨店うめだ本店、9階にあるうめだホールとうめだギャラリーの2会場を使って開催されるエキシビション『ディオール、パリから日本へ』展。

    阪急うめだ本店 百貨店・デパート

    本格的なカフェがお気に入り by りぽちゃんさん
  • 向かいのアートステージには記念アイテムを販売するエキシビションストアがあり、ここのウィンドウにも30cmほどのミニチュアドレスが飾られています。<br /><br />が、まずはメインのエキシビションを見なくては!

    向かいのアートステージには記念アイテムを販売するエキシビションストアがあり、ここのウィンドウにも30cmほどのミニチュアドレスが飾られています。

    が、まずはメインのエキシビションを見なくては!

  • エントランスはうめだホール側。<br /><br />一般とLINEで予約した人の列に分かれていましたが、どちらも特に並ぶこともなくすんなり入場出来ました(両手にアルコール消毒をされましたが)。<br /><br />自身のスマホでオーディオガイドが聴けるとのことで、スタッフさんが持っているタブレットに表示されたQRコードを読み取りました。

    エントランスはうめだホール側。

    一般とLINEで予約した人の列に分かれていましたが、どちらも特に並ぶこともなくすんなり入場出来ました(両手にアルコール消毒をされましたが)。

    自身のスマホでオーディオガイドが聴けるとのことで、スタッフさんが持っているタブレットに表示されたQRコードを読み取りました。

  • 上とこの写真はどちらもオーディオガイドの画面をスクリーンショットしたもの。<br /><br />ナレーターは女優の新木優子さんと俳優の横浜流星さんで、お2人ともディオールのジャパンアンバサダーだそうです。<br /><br />聴いている途中でカメラに切り替えると、オーディオガイドの画面がスマホから消えてしまうので、途中で聴かなくなりました(笑)。<br /><br />ちなみに、各セクションごとに壁にもQRコードが表示されているので、スタッフさんのところに戻らなくても大丈夫です。

    上とこの写真はどちらもオーディオガイドの画面をスクリーンショットしたもの。

    ナレーターは女優の新木優子さんと俳優の横浜流星さんで、お2人ともディオールのジャパンアンバサダーだそうです。

    聴いている途中でカメラに切り替えると、オーディオガイドの画面がスマホから消えてしまうので、途中で聴かなくなりました(笑)。

    ちなみに、各セクションごとに壁にもQRコードが表示されているので、スタッフさんのところに戻らなくても大丈夫です。

  • 真ん中に桜の木があり、その周りに現デザイナーのマリア・グラツィア・キウリがデザインした2017年春夏のオートクチュールドレスが並んでいます。<br /><br />まずそちらから見てみようと思います。

    真ん中に桜の木があり、その周りに現デザイナーのマリア・グラツィア・キウリがデザインした2017年春夏のオートクチュールドレスが並んでいます。

    まずそちらから見てみようと思います。

    阪急うめだホール 名所・史跡

    『ディオール、パリから日本へ』展へ by りぽちゃんさん
  • 右:桜の花びらをちりばめたピンクのオーガンザケープとセットアップのドレス<br /><br />左:桜の花びらや鳥の刺繍入りラフィアのビスチェドレス

    右:桜の花びらをちりばめたピンクのオーガンザケープとセットアップのドレス

    左:桜の花びらや鳥の刺繍入りラフィアのビスチェドレス

  • 刺繍入りラフィアジャケット&ショートパンツのセットアップと桜の刺繍入りチュールスカート<br /><br />ショートパンツはよく分かりませんでした(´∀`;A

    刺繍入りラフィアジャケット&ショートパンツのセットアップと桜の刺繍入りチュールスカート

    ショートパンツはよく分かりませんでした(´∀`;A

  • 花の刺繍や鳥の羽根をあしらったピンクのチュールドレス

    花の刺繍や鳥の羽根をあしらったピンクのチュールドレス

  • 確かにお花や鳥の羽根が!

    確かにお花や鳥の羽根が!

  • 桜の花びらをちりばめたピンクのチュールドレス

    桜の花びらをちりばめたピンクのチュールドレス

  • うーん、ステキ(´∪`*人)

    うーん、ステキ(´∪`*人)

  • 先ほど見たラフィアジャケットにも刺繍されていましたが、こちらのチュールスカートにも「Jardin Japonais Chrisian Dior」の刺繍が。<br /><br />Jardin Japonais=日本庭園です。

    先ほど見たラフィアジャケットにも刺繍されていましたが、こちらのチュールスカートにも「Jardin Japonais Chrisian Dior」の刺繍が。

    Jardin Japonais=日本庭園です。

  • お次は周りの展示を。<br /><br />こちらはクリスチャン・ディオールによる《ジャポン》。<br /><br />黒のシャドープリント入り“ディオール レッド”のオットマンシルクドレス、1957年秋冬のオートクチュールです。<br /><br />“フュゾー”ラインとの説明書きがあり、調べて見ると腰回りが膨らむデザインのことのようでした。

    お次は周りの展示を。

    こちらはクリスチャン・ディオールによる《ジャポン》。

    黒のシャドープリント入り“ディオール レッド”のオットマンシルクドレス、1957年秋冬のオートクチュールです。

    “フュゾー”ラインとの説明書きがあり、調べて見ると腰回りが膨らむデザインのことのようでした。

  • その隣にはマリア・グラツィア・キウリのスケッチ(デッサン画)が。

    その隣にはマリア・グラツィア・キウリのスケッチ(デッサン画)が。

  • これ、一番最初に見たフード付きドレスですね!<br /><br />クリスチャン・ディオールのスケッチもありましたが、写真は撮らずでした・・・(。・人・`。)

    これ、一番最初に見たフード付きドレスですね!

    クリスチャン・ディオールのスケッチもありましたが、写真は撮らずでした・・・(。・人・`。)

  • 壁一面にズラッと並ぶ、等身大の白いドレスたち。<br /><br />ロンドンのV&amp;Aミュージアムで見たDior展でも同じようなものがありました。<br />(旅行記はコチラ⇒2019 キラキラ輝く名画を観よう☆彡 その3 Dior展 de トコトンMODE☆https://4travel.jp/travelogue/11544030)<br /><br />なんだろう?とずっと思っていましたが、この後のセクションで出てくる解説で判明しました。<br /><br />オートクチュールのデザイン画が出来上がると作られる、コットンキャンバス地の仮縫い用見本でした。

    壁一面にズラッと並ぶ、等身大の白いドレスたち。

    ロンドンのV&Aミュージアムで見たDior展でも同じようなものがありました。
    (旅行記はコチラ⇒2019 キラキラ輝く名画を観よう☆彡 その3 Dior展 de トコトンMODE☆https://4travel.jp/travelogue/11544030

    なんだろう?とずっと思っていましたが、この後のセクションで出てくる解説で判明しました。

    オートクチュールのデザイン画が出来上がると作られる、コットンキャンバス地の仮縫い用見本でした。

  • こちらにはジョン・ガリアーノのデザインした2007年春夏のオートクチュールドレスが。

    こちらにはジョン・ガリアーノのデザインした2007年春夏のオートクチュールドレスが。

  • 《YUM-YUM-SAN》<br /><br />ハンドペイントと刺繍入りコーラルシルクイブニングドレス<br /><br />着物っぽい感じですね。

    《YUM-YUM-SAN》

    ハンドペイントと刺繍入りコーラルシルクイブニングドレス

    着物っぽい感じですね。

  • こちらも日本を意識したデザインのドレスが並びます。

    こちらも日本を意識したデザインのドレスが並びます。

  • 壁にはクリスチャン・ディオールの言葉が。<br /><br />「日本女性には独得の美しさがあります。その最大の魅力である繊細さをとにかく大切にするべきでしょう。彼女たちが着物をいまなお身に纏い、モダニズムと伝統を組み合せる術を熟知していることを知り、とても嬉しく思います。<br />いつか日本を訪れて、それを自分の目で見たいと思っています。日本はずっと大好きな国でしたから。」

    壁にはクリスチャン・ディオールの言葉が。

    「日本女性には独得の美しさがあります。その最大の魅力である繊細さをとにかく大切にするべきでしょう。彼女たちが着物をいまなお身に纏い、モダニズムと伝統を組み合せる術を熟知していることを知り、とても嬉しく思います。
    いつか日本を訪れて、それを自分の目で見たいと思っています。日本はずっと大好きな国でしたから。」

  • オートクチュールのセクションが終わり、バッグのセクションへ。<br /><br />うめだギャラリー側に入ってきました(中でつながっています)。<br /><br />アーティストが再解釈した「レディディオール」バッグや写真広告などが並びます。

    オートクチュールのセクションが終わり、バッグのセクションへ。

    うめだギャラリー側に入ってきました(中でつながっています)。

    アーティストが再解釈した「レディディオール」バッグや写真広告などが並びます。

    阪急うめだギャラリー 名所・史跡

    うめだホールと中でつなげてディオール展 by りぽちゃんさん
  • ワンダ<br />The Wandaful Bag,2013<br />紙、ガラス

    ワンダ
    The Wandaful Bag,2013
    紙、ガラス

  • 紙とガラス!?とシゲシゲと眺めてしまいました。<br /><br />何がどうなっているのかよくわかりませんが、とってもキレイです☆*:

    イチオシ

    紙とガラス!?とシゲシゲと眺めてしまいました。

    何がどうなっているのかよくわかりませんが、とってもキレイです☆*:

  • ラン・ファン<br />Eternal Muse,2016<br />ボタン、ビーズ、ピン、アクリロニトル、ブタジエン、スチレン<br /><br />もはや何の素材!?という感じです。

    ラン・ファン
    Eternal Muse,2016
    ボタン、ビーズ、ピン、アクリロニトル、ブタジエン、スチレン

    もはや何の素材!?という感じです。

  • 全体的に白っぽい一角。

    全体的に白っぽい一角。

  • よく見るとそれぞれ素材も独特です。<br /><br />左上:アンジェリック<br />   Lady Dior in Organdi,2010<br />   オーガンジー<br /><br />右上:モナ・オレン<br />   Lady Dior for Christian Dior,2010<br />   ロウ<br /><br />左下:マーティン&ヨール<br />   Luxury Handbag,2013<br />   施釉土器、金<br /><br />右下:宮永愛子<br />   Waiting for awakening,2012<br />   ナフタリン、ミクストメディア

    よく見るとそれぞれ素材も独特です。

    左上:アンジェリック
       Lady Dior in Organdi,2010
       オーガンジー

    右上:モナ・オレン
       Lady Dior for Christian Dior,2010
       ロウ

    左下:マーティン&ヨール
       Luxury Handbag,2013
       施釉土器、金

    右下:宮永愛子
       Waiting for awakening,2012
       ナフタリン、ミクストメディア

  • ルーヴェン・アファナドールの写真「無題」2010年。<br /><br />ディオールのニュールックを彷彿とさせるウエストのくびれです!

    イチオシ

    ルーヴェン・アファナドールの写真「無題」2010年。

    ディオールのニュールックを彷彿とさせるウエストのくびれです!

  • 白とグレーのセクション。<br /><br />この説明でさっきの等身大の白いドレスの意味が分かったのでした。

    白とグレーのセクション。

    この説明でさっきの等身大の白いドレスの意味が分かったのでした。

  • こちらは30cmほどのミニチュアドレス。<br /><br />靴やアクセサリー、バッグなども展示されています。

    こちらは30cmほどのミニチュアドレス。

    靴やアクセサリー、バッグなども展示されています。

  • 裏側からもパチリ☆

    裏側からもパチリ☆

  • 可愛い!<br /><br />フリルが細かい!!

    可愛い!

    フリルが細かい!!

  • キラキラ~☆*:

    キラキラ~☆*:

  • 小物をメインでパチリ☆

    小物をメインでパチリ☆

  • こちらは等身大。<br /><br />ジョン・ガリアーノによる《LU-LEE-SAN》。<br /><br />2007年春夏のオートクチュールで、グレー シルク ガザール カクテルドレスとありました。<br /><br />ガザールとは薄い絹織物のことだそうです。

    こちらは等身大。

    ジョン・ガリアーノによる《LU-LEE-SAN》。

    2007年春夏のオートクチュールで、グレー シルク ガザール カクテルドレスとありました。

    ガザールとは薄い絹織物のことだそうです。

  • さらに進むと人だかりが。

    さらに進むと人だかりが。

  • L字型のカウンターで職人さんたちの実演がありました。<br /><br />こちらはレディディオールを作るイタリア人職人さん。

    L字型のカウンターで職人さんたちの実演がありました。

    こちらはレディディオールを作るイタリア人職人さん。

  • こちらはオートクチュールドレスの仮縫い見本を作るフランス人職人さん。<br /><br />首からかけた道具ポシェットが可愛いです∩^ω^∩

    こちらはオートクチュールドレスの仮縫い見本を作るフランス人職人さん。

    首からかけた道具ポシェットが可愛いです∩^ω^∩

  • 会場を出るとエキシビションストアの間にこの等身大ドレスが。<br /><br />曇りガラスがステキなディスプレイでした。

    イチオシ

    会場を出るとエキシビションストアの間にこの等身大ドレスが。

    曇りガラスがステキなディスプレイでした。

  • 振り返ってエントランスの壁をパチリ☆<br /><br />個人的にはもう少しドレスの紹介があってもよかったな~と思いましたが、全体的には満足したエキシビションでした!

    振り返ってエントランスの壁をパチリ☆

    個人的にはもう少しドレスの紹介があってもよかったな~と思いましたが、全体的には満足したエキシビションでした!

  • 3月3日(火)17:10<br /><br />昨日だけのはずが、色々見落としていたことがわかり2日連続での訪問に・・・<br /><br />こういう時、入場無料はアリガタイです(。-人-。)<br /><br />昨日気づかなかったエントランス入ってすぐのフォトロケーション(?)、カッコイイですね☆

    3月3日(火)17:10

    昨日だけのはずが、色々見落としていたことがわかり2日連続での訪問に・・・

    こういう時、入場無料はアリガタイです(。-人-。)

    昨日気づかなかったエントランス入ってすぐのフォトロケーション(?)、カッコイイですね☆

    阪急うめだ本店 百貨店・デパート

    本格的なカフェがお気に入り by りぽちゃんさん
  • これこれ!

    これこれ!

    阪急うめだホール 名所・史跡

    『ディオール、パリから日本へ』展へ by りぽちゃんさん
  • このご成婚パレードの時のドレスがクリスチャン・ディオールがデザインしたものだそうです。

    このご成婚パレードの時のドレスがクリスチャン・ディオールがデザインしたものだそうです。

  • 見落としていたもう1つがラフ・シモンズデザインのドレス。<br /><br />左はジョン・ガリアーノの《PUMPKIN-SAN》、刺繍入りグレーストローイブニングドレス(2007年春夏オートクチュール)。<br /><br />右がラフ・シモンズのプリント入りブラックシルクカクテルドレス(2013年秋冬オートクチュール)。<br /><br />どちらも日本や着物から着想を得ているのでしょうが、ジョン・ガリアーノに比べてラフ・シモンズのデザインはシンプルなんですよね。

    見落としていたもう1つがラフ・シモンズデザインのドレス。

    左はジョン・ガリアーノの《PUMPKIN-SAN》、刺繍入りグレーストローイブニングドレス(2007年春夏オートクチュール)。

    右がラフ・シモンズのプリント入りブラックシルクカクテルドレス(2013年秋冬オートクチュール)。

    どちらも日本や着物から着想を得ているのでしょうが、ジョン・ガリアーノに比べてラフ・シモンズのデザインはシンプルなんですよね。

  • ジョン・ガリアーノ《SAYURI-SAN》<br /><br />刺繍およびハンドペイントの施されたブルーのグラデーションリネンイブニングドレス(2007年春夏オートクチュール)

    ジョン・ガリアーノ《SAYURI-SAN》

    刺繍およびハンドペイントの施されたブルーのグラデーションリネンイブニングドレス(2007年春夏オートクチュール)

  • ラフ・シモンズ<br /><br />刺繍入りブラックウールジャケットと青磁色のシルクスカート&刺繍入りオフホワイトチュールスカート(2013年秋冬オートクチュール)

    ラフ・シモンズ

    刺繍入りブラックウールジャケットと青磁色のシルクスカート&刺繍入りオフホワイトチュールスカート(2013年秋冬オートクチュール)

  • とっても凝っていてステキなのですが、ジョン・ガリアーノのインパクトが強すぎて、昨日は目に入ってこなかったようですA´ε`;)゚・゚

    とっても凝っていてステキなのですが、ジョン・ガリアーノのインパクトが強すぎて、昨日は目に入ってこなかったようですA´ε`;)゚・゚

  • ちなみに背景の画像の桜は右から左に動いていました。

    ちなみに背景の画像の桜は右から左に動いていました。

  • アトリエを再現した職人さんのコーナーは、昨日よりも人だかりがすごかったので、周りのパネルや映像をチラッと見て出てきました。

    アトリエを再現した職人さんのコーナーは、昨日よりも人だかりがすごかったので、周りのパネルや映像をチラッと見て出てきました。

    阪急うめだギャラリー 名所・史跡

    うめだホールと中でつなげてディオール展 by りぽちゃんさん
  • エキシビションショップには書籍や食器、リネン類などがありました。<br /><br />サンローランがデザインしたディオールのドレスを集めた書籍、ちょっと気になったけど買いませんでした。

    エキシビションショップには書籍や食器、リネン類などがありました。

    サンローランがデザインしたディオールのドレスを集めた書籍、ちょっと気になったけど買いませんでした。

  • こちらの限定トートバッグは9900円。

    こちらの限定トートバッグは9900円。

  • スタッフさんが「裏も撮りますか?」と向きを変えてくれました。<br /><br />買わなくてごめんなさいね・・・(>人<)

    スタッフさんが「裏も撮りますか?」と向きを変えてくれました。

    買わなくてごめんなさいね・・・(>人<)

  • 17:35<br /><br />20分ほどしかディオール展にいませんでしたが、ちょっと休憩(笑)。<br /><br />初めての丸福珈琲店です。

    17:35

    20分ほどしかディオール展にいませんでしたが、ちょっと休憩(笑)。

    初めての丸福珈琲店です。

    丸福珈琲店 阪急うめだ本店 グルメ・レストラン

    あふれんばかりのハンバーグサンド by りぽちゃんさん
  • 17時からの限定メニュー。<br /><br />お茶が付いてお得になるようです。

    17時からの限定メニュー。

    お茶が付いてお得になるようです。

  • 天井の高い店内は心地よいです♪

    天井の高い店内は心地よいです♪

  • 大きな照明もステキ☆

    大きな照明もステキ☆

  • ハンバーグサンドセットがやって来ました。

    ハンバーグサンドセットがやって来ました。

  • ボリュームたっぷりで1580円(税込み)。<br /><br />食べていると若干具がこぼれますが、ナイフとフォークがあるので大丈夫でした。

    ボリュームたっぷりで1580円(税込み)。

    食べていると若干具がこぼれますが、ナイフとフォークがあるので大丈夫でした。

  • 閉まっていたブラインドが開いて、夕暮れ時の西の空が見えました。<br /><br />平日だったからか?コロナウィルスの影響か?ディオール展も丸福珈琲店もかなり空いていて、ゆったりした時間を過ごすことが出来ました。

    閉まっていたブラインドが開いて、夕暮れ時の西の空が見えました。

    平日だったからか?コロナウィルスの影響か?ディオール展も丸福珈琲店もかなり空いていて、ゆったりした時間を過ごすことが出来ました。

73いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • akikoさん 2020/03/16 22:50:10
    クリスチャン・ディオール展
    りぽちゃん、こんばんは♪

    クリスチャン・ディオール展に行ってこられたんですね!
    ロンドンでも『DESIGNER OF DREAMS』展を見られていたから、よけいに感慨深くご覧になれたことでしょう。

    日本では、海外ほどドレスを着る機会がないので、それほど注目する機会がないですが、こうしてオートクチュールドレスを見ると、本当に華やかで素敵ですね!
    スケッチ画から白いコットンの仮縫い見本、そして手が加えられ完成していく過程も紹介されていたそうで... 特に、マリア・グラツィア・キウリさんの女性らしさを表現したデッサン画には魅きつけられました♪ でもこのようなイメージ的なデッサン画から、実際のドレスが出来上がるまで大変な工程があるのでしょうね~。

    着物の要素が感じられる日本的なドレスもとても素敵です☆彡 クリスチャン・ディオールが日本女性のことを評価してくれていたこと、”日本がずっと大好きな国でしたから”という言葉もうれしいですね!

    

バッグも昔から変わらない定番ものから現代風の素敵なものまで展示され、またイブニングドレスやカクテルドレスなどの芸術的にも思える素晴らしいドレスも展示されていたそうで、日本でもディオール展を堪能できましたね!

    話が変わりますが、今日のニュースで、LVMHグループが、香水や化粧品を製造する施設を使用して、手指を消毒するための除菌用ジェルを生産し、フランス保健当局者らに無償提供することになったということでした。がっかりするニュースばかりの中でちょっとハッピーになれるニュースでした。

    akiko

    りぽちゃん

    りぽちゃんさん からの返信 2020/03/17 23:31:42
    RE: クリスチャン・ディオール展
    akikoさま、こんばんは☆

    今回のディオール展、お出かけしにくい時期でしたが
    行ってよかったな〜、と思いました。
    ロンドンの『DESIGNER OF DREAMS』展のことも
    覚えてくださっていて嬉しいです(〃ω〃)
    規模はロンドンのものとは比べものにならないのですが、
    コンパクトな分しっかりと見ることが出来ました!

    オートクチュールのドレスなんて、
    きっと一生袖を通すことはないと思うと
    なんだかちょっと切ないのですが(^o^;)、
    その職人技を見ているだけでも本当に華やかで素敵でした☆彡
    スケッチ画や白いコットンの仮縫い見本などは
    普段なかなかお目にかかれるものではないですし、
    とっても貴重なものですよね☆
    (でも完成品の方が好き!笑)
    実演コーナーにいた職人さん曰く、
    1着のジャケットを作るのに70〜80時間、
    コートで120時間かかるとおっしゃっていました。
    もちろんデザインにもよるのでしょうけど、
    それだけ時間をかけているのでお高いのでしょうね。。。

    クリスチャン・ディオールの言葉も・・・
    ホント、色んなところにアンテナを張っていらして、
    その良さを自身のデザインにも取り入れる姿勢がステキです!

    バッグはアーティストとのコラボで
    ちょっと変わったものもたくさんありましたが、
    アート作品として楽しむみたいな感覚だったのかな?と思います。
    そういう試みもおもしろいなと思いました♪

    LVMHグループのニュース、akikoさまに言われてググりました(笑)。
    さすが、世界の長者番付1位の人がやることは違いますね!
    今はヨーロッパの方がどんどん大変な状況になってますし、
    この危機をみんなで早く乗り越えたいと思う毎日です。

    りぽちゃん
  • たらよろさん 2020/03/04 20:38:53
    ディオール☆
    こんばんは、りぽちゃんさん

    コロナの影響で、あちこちでイベントが無くなったり縮小されたり…
    せっかく準備されていた方は本当に残念でしょうね。
    無料でも、こうして見ていただけて紹介出来るだけ良いのかな??
    イタリアからいらっしゃった職人さん。
    無事にイタリアに帰ることに出来るのかしら。。
    とか、ちょっと最近の入国制限とかを見ていると心配してしまいました。

    私もいくつか予定を変えたり…
    りぽちゃんさんも、楽しみのディズニー☆残念ですよね。
    早くコロナが収束して、またいつものような平穏が戻ってきますよう…
    祈ります~。

    たらよろ

    りぽちゃん

    りぽちゃんさん からの返信 2020/03/06 00:46:44
    RE: ディオール☆
    たらよろさま、こんばんは〜☆

    ホント、あちこちでコロナの影響が出てますね。。。
    私は今働いていないので遊びに行けないだけですが、
    お務めされているといろんなところでご不便を感じたり、
    普段とは違うことでご苦労されているのではないかと思ってます(><)
    たらよろさまのお仕事は大丈夫ですか?

    今回のエキシビションはそんな状況の中でも、
    見ている私たちに美しさや職人さんの素晴らしさを感じさせてくれました。
    そんな職人さんたちもイベント終了後の帰国は大変ですね。。。
    入国制限、徐々に厳しくなってますもんね(;;)

    ディズニーに行けないのは残念ですが、健康や人命優先ですもんね。。。
    また楽しく旅行が出来るような平穏な日々が
    1日でも早く訪れることを願うばかりです(>人<)

    りぽちゃん

りぽちゃんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

キタ(大阪駅・梅田)の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集