北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
5月の10連休の直前、突然左の膝に水が溜まり、<br />痛みで歩く事もままならなくなってしまいました。<br /><br />その為、史上初の10連休は何処へも行けず「自宅軟禁」状態でしたか、幸い半月も経つと腫れも痛みも引きました。<br /><br />この時におばQが思った事は<br /> 「いつ突然自分の足で歩けなくなるか解らない。<br />  自分の足で歩けるうちに万里の長城へ行っておこう」<br />という事で、中国嫌いの家内を説得し、今年の旅行は北京にしました。<br /><br />渋滞の激しい北京で、しかも初めてで地理感がないことを考え、今回はツアーて行こうかとウェブで探していると、H.I.Sの格安ツアーを見つけました。<br /><br />『羽田発着 ANAビジネスクラス直行便で行く! デラックスクラスホテルに連泊! 万里の長城など5つの世界遺産観光&充実の食事付  大満喫北京4日間デラックスクラスホテル』<br /><br />というもので、お土産屋さんに4か所「監禁」されるものの一人 109,500円とかなりリーズナブルで、こちらのツアーにお世話になりました。<br /><br />到着後の北京は10月1日の建国70周年のパレードの予行演習で交通規制が無予告で入り、車も人も地下鉄もぐちゃぐちゃのパニック状態となりましたが、何とかツアーに告知されていた全行程をコンプすることができました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

★ おばQ & おばQ 北京へ行く ~~ 自分の足で歩けるうちに万里の長城へ♪

29いいね!

2019/09/14 - 2019/09/17

296位(同エリア5121件中)

2

79

おばQ

おばQさん

5月の10連休の直前、突然左の膝に水が溜まり、
痛みで歩く事もままならなくなってしまいました。

その為、史上初の10連休は何処へも行けず「自宅軟禁」状態でしたか、幸い半月も経つと腫れも痛みも引きました。

この時におばQが思った事は
 「いつ突然自分の足で歩けなくなるか解らない。
  自分の足で歩けるうちに万里の長城へ行っておこう」
という事で、中国嫌いの家内を説得し、今年の旅行は北京にしました。

渋滞の激しい北京で、しかも初めてで地理感がないことを考え、今回はツアーて行こうかとウェブで探していると、H.I.Sの格安ツアーを見つけました。

『羽田発着 ANAビジネスクラス直行便で行く! デラックスクラスホテルに連泊! 万里の長城など5つの世界遺産観光&充実の食事付 大満喫北京4日間デラックスクラスホテル』

というもので、お土産屋さんに4か所「監禁」されるものの一人 109,500円とかなりリーズナブルで、こちらのツアーにお世話になりました。

到着後の北京は10月1日の建国70周年のパレードの予行演習で交通規制が無予告で入り、車も人も地下鉄もぐちゃぐちゃのパニック状態となりましたが、何とかツアーに告知されていた全行程をコンプすることができました。





旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
3.5
ショッピング
1.0
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
観光バス
航空会社
ANA
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • salsaladyさん 2020/01/19 10:27:53
    そうなんです。北京の大熊猫は汚れてるの~
    ☆大変な時のお出かけ!でしたね。

    ☆国慶節と春節前後の中国はぐちゃぐちゃ!ですよ。

    ☆1980年代に初中国訪問で、西安の唐華飯店(日本の三井財閥が建設して20年後にタダで譲り渡したホテル!)だけ決まっていて、他は政府の指図で何処になるか不明?

    ☆北京では同じ長安飯店でまあまあでしたが、食事は。。。

    ☆観光コースもほとんど変わりなく、万里の長城は寒かった(三月中旬)記憶が~

    ☆北京ー西安ー上海と巡る内に、共産党の支配がこれ程偏った社会だと言うことをまざまざと知らされました.~合掌~

    おばQ

    おばQさん からの返信 2020/01/19 14:12:07
    RE: そうなんです。北京の大熊猫は汚れてるの?


    salsaladyさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    今回は建国50周年のかつてない記念の軍事パレードとの
    ことで、入念な準備と警戒だったようです。

    ですが、salsaladyさまがご指摘のように、一党独裁の凄さは
    計り知れないですね。

    おばQも以前、唐山へ行った時に、まだ飛行場の計画しか
    無い場所に「机場」とか地名を替え、畑や工場を徴用して
    あっという間に飛行場を作ったりしたのを見て、共産党独裁
    の怖さを実感したことがあります。

    まあ、「何でもアリ」の中国らしいと言えば、それまでですが・・・

    セブは未だ訪れた事はありませんが、南国ののんびりしたムード
    もよさそうですね。

    大寒の候、ご自愛くださいませ。


    おばQより〜







    > ☆大変な時のお出かけ!でしたね。
    >
    > ☆国慶節と春節前後の中国はぐちゃぐちゃ!ですよ。
    >
    > ☆1980年代に初中国訪問で、西安の唐華飯店(日本の三井財閥が建設して20年後にタダで譲り渡したホテル!)だけ決まっていて、他は政府の指図で何処になるか不明?
    >
    > ☆北京では同じ長安飯店でまあまあでしたが、食事は。。。
    >
    > ☆観光コースもほとんど変わりなく、万里の長城は寒かった(三月中旬)記憶が?
    >
    > ☆北京ー西安ー上海と巡る内に、共産党の支配がこれ程偏った社会だと言うことをまざまざと知らされました.?合掌?

おばQさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集