日本人の搭乗レポートを全く発見できない、奥凱航空<br />冗談みたいな航空会社名、オッケー航空<br />寝静まった深夜の羽田空港に、ひっそり週4回飛来する、OK航空<br /><br />そんな未知で謎の多い航空会社に搭乗した為、<br />忘れない内にレポートします<br />おまけに中国元の両替についてもレポートします

奥凱航空で行く天津旅行

8いいね!

2019/07/13 - 2019/07/13

156位(同エリア664件中)

0

14

のーたん

のーたんさん

日本人の搭乗レポートを全く発見できない、奥凱航空
冗談みたいな航空会社名、オッケー航空
寝静まった深夜の羽田空港に、ひっそり週4回飛来する、OK航空

そんな未知で謎の多い航空会社に搭乗した為、
忘れない内にレポートします
おまけに中国元の両替についてもレポートします

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
奥凱航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2019年7月2日、海の日の三連休を控え、直前に旅行先を思案。<br />会社は三日間しか休めないが、どうしても海外に行きたい。<br />なので航空券を探す。<br />さすがに出発日10日前なのでコスパの良い航空券が見つからない。<br />あったとしても経由便、乗継空港で長時間待機、到着が1日後…<br /><br />例えばマニラorセブはセブパシフィックやジェットスターで4万円台。<br />ホーチミンはベトジェットで4万円後半で復路は月曜0時発。<br />ハノイもベトジェットで3万円半ばだが、やはり復路は月曜0時発。<br />個人的に興味のあるウラジオストックは直行便で9万円以上。<br />もちろんどれも成田発着。<br /><br />望みが薄い中、掘り出し物を探す目的で日本航空の特典航空券を探す。<br />すると当然ながら、東南アジア含め、<br />特典航空券の交換には片道2万~4万マイルが必要な中、<br />広州と天津は片道1万マイルで発見する。<br />広州は往路便(羽田→広州)、天津は復路便(天津→名古屋→羽田)。

    2019年7月2日、海の日の三連休を控え、直前に旅行先を思案。
    会社は三日間しか休めないが、どうしても海外に行きたい。
    なので航空券を探す。
    さすがに出発日10日前なのでコスパの良い航空券が見つからない。
    あったとしても経由便、乗継空港で長時間待機、到着が1日後…

    例えばマニラorセブはセブパシフィックやジェットスターで4万円台。
    ホーチミンはベトジェットで4万円後半で復路は月曜0時発。
    ハノイもベトジェットで3万円半ばだが、やはり復路は月曜0時発。
    個人的に興味のあるウラジオストックは直行便で9万円以上。
    もちろんどれも成田発着。

    望みが薄い中、掘り出し物を探す目的で日本航空の特典航空券を探す。
    すると当然ながら、東南アジア含め、
    特典航空券の交換には片道2万~4万マイルが必要な中、
    広州と天津は片道1万マイルで発見する。
    広州は往路便(羽田→広州)、天津は復路便(天津→名古屋→羽田)。

    羽田空港 国際線旅客ターミナル 空港

  • すかさず、スカイスキャナーとトラベルコで片道航空券を検索。<br />すると7月13日午前3時発の奥凱航空の羽田発天津行きが諸費用込2.5万円。<br />正直、天津には何の興味も無いし、東アジア以外の国に行きたい。<br /><br />さらにいえば、ビーチリゾートに行き、キンキンに冷えたコーヒーを飲んで、<br />ゆっくり昼寝し、仕事の疲れを取りたい。<br /><br />ただどれも費用対効果が悪い。<br />しかし奥凱航空を使えば、実質土曜の朝には目的地に着き、月曜夜に羽田に帰って来れる。<br />これなら、三日間の休みを最大限活用できる。<br /><br />天津さんには申し訳ないが、消極的な理由で目的地を決めた。<br />しかし天津をネットで検索すると、様々な建築物があるらしい。<br />個人的に建築に興味があるので、それを理由付けにし、航空券を確保することとした。

    すかさず、スカイスキャナーとトラベルコで片道航空券を検索。
    すると7月13日午前3時発の奥凱航空の羽田発天津行きが諸費用込2.5万円。
    正直、天津には何の興味も無いし、東アジア以外の国に行きたい。

    さらにいえば、ビーチリゾートに行き、キンキンに冷えたコーヒーを飲んで、
    ゆっくり昼寝し、仕事の疲れを取りたい。

    ただどれも費用対効果が悪い。
    しかし奥凱航空を使えば、実質土曜の朝には目的地に着き、月曜夜に羽田に帰って来れる。
    これなら、三日間の休みを最大限活用できる。

    天津さんには申し訳ないが、消極的な理由で目的地を決めた。
    しかし天津をネットで検索すると、様々な建築物があるらしい。
    個人的に建築に興味があるので、それを理由付けにし、航空券を確保することとした。

  • まずは日本航空で天津発復路便を特典航空券で確保。費用は諸費で約4千円。<br />続いて、スカイスキャナー経由の「Trip.com」で奥凱航空を確保。<br />しばらくして、Eチケットがメール(PDF)で送られてきた。<br />当たり前だが、しっかりと予約した日時で発券されていた。<br /><br />奥凱航空は中国で比較的新しい航空会社らしい。けど初耳の航空会社。<br />まぁ羽田に就航しているので、日本人のレビューもあるだろうとリサーチ。<br />しかし全然見当たらない。あるのはウィキだけ。<br />一応、奥凱航空は羽田以外に、関西にも就航しているらしい。<br />しかし、それらしき搭乗レビューがない。実に謎な航空会社である。

    まずは日本航空で天津発復路便を特典航空券で確保。費用は諸費で約4千円。
    続いて、スカイスキャナー経由の「Trip.com」で奥凱航空を確保。
    しばらくして、Eチケットがメール(PDF)で送られてきた。
    当たり前だが、しっかりと予約した日時で発券されていた。

    奥凱航空は中国で比較的新しい航空会社らしい。けど初耳の航空会社。
    まぁ羽田に就航しているので、日本人のレビューもあるだろうとリサーチ。
    しかし全然見当たらない。あるのはウィキだけ。
    一応、奥凱航空は羽田以外に、関西にも就航しているらしい。
    しかし、それらしき搭乗レビューがない。実に謎な航空会社である。

  • 結局、何ら奥凱航空の手がかりがないまま、出発当日を迎える。<br />そもそもスカイスキャナーで航空券を検索した時、取扱代理店が2社しかヒットしなかった時点で、<br />日本人がこの航空会社を選択すること自体、とてもレアなんでしょう。<br /><br />ちなみにEチケットには預け荷物は1名20㎏以内、<br />持込荷物は1名1個で5㎏以内と記載あり。<br />とりあえずLCCと違い、預け荷物は追加料金は不要のようだ。<br /><br /><br />写真とずれていますが、、、<br />私は京急の終電で午前0時半頃に羽田空港国際線ターミナルに到着。<br />出発が午前3時00分なので、チェックインまでしばらくあるかと思いきや、<br />出発階に着くとちょうど、チェックインがはじまった。<br />通常のスタート時刻は知りませんが、この日は出発2時間半前に開始した。<br /><br />チェックインカウンターはKの島。<br />するとKの島を超えて既に長い行列ができている。<br />乗客がたくさんいるのだが、聞こえてくるのは中国語。<br />顔もどちらかというと中国系の方々で、日本語は全然聞こえない。

    結局、何ら奥凱航空の手がかりがないまま、出発当日を迎える。
    そもそもスカイスキャナーで航空券を検索した時、取扱代理店が2社しかヒットしなかった時点で、
    日本人がこの航空会社を選択すること自体、とてもレアなんでしょう。

    ちなみにEチケットには預け荷物は1名20㎏以内、
    持込荷物は1名1個で5㎏以内と記載あり。
    とりあえずLCCと違い、預け荷物は追加料金は不要のようだ。


    写真とずれていますが、、、
    私は京急の終電で午前0時半頃に羽田空港国際線ターミナルに到着。
    出発が午前3時00分なので、チェックインまでしばらくあるかと思いきや、
    出発階に着くとちょうど、チェックインがはじまった。
    通常のスタート時刻は知りませんが、この日は出発2時間半前に開始した。

    チェックインカウンターはKの島。
    するとKの島を超えて既に長い行列ができている。
    乗客がたくさんいるのだが、聞こえてくるのは中国語。
    顔もどちらかというと中国系の方々で、日本語は全然聞こえない。

  • なんだかんだ、チェックインまでに要した時間は40分。<br />チェックインカウンターは全部5つ。<br /><br />私は中国人男性のグランドスタッフで、日本語堪能。<br />日本人女性のスタッフもいました。<br /><br />中国人スタッフに「日本人は何人乗りますか?」と聞いたら、<br />本当かどうかわからないが、「2~3人です」と。<br /><br />なるほど、どおりで搭乗レビューがないのだと思ったし、<br />この航空会社を利用するのは、ほとんど中国人なんでしょう。<br /><br />ちなみに私は往路のみの予約でしたので、復路便Eチケットの提示を求められる。その後ボーディングチケットを渡される。<br />とりあえず、飛行機には乗せてくれるようだ。<br /><br />ちなみに中国の入国審査時、復路便に関する質問はありませんでした。

    なんだかんだ、チェックインまでに要した時間は40分。
    チェックインカウンターは全部5つ。

    私は中国人男性のグランドスタッフで、日本語堪能。
    日本人女性のスタッフもいました。

    中国人スタッフに「日本人は何人乗りますか?」と聞いたら、
    本当かどうかわからないが、「2~3人です」と。

    なるほど、どおりで搭乗レビューがないのだと思ったし、
    この航空会社を利用するのは、ほとんど中国人なんでしょう。

    ちなみに私は往路のみの予約でしたので、復路便Eチケットの提示を求められる。その後ボーディングチケットを渡される。
    とりあえず、飛行機には乗せてくれるようだ。

    ちなみに中国の入国審査時、復路便に関する質問はありませんでした。

  • 午前1時20分過ぎに保安検査場に進む。<br /><br />普段よりは混雑していないが、<br />開いているゲートが少ないので、時間が掛かる。<br />出国審査場も確か3つにしかオープンしていなかった。<br />女性審査官はお疲れの様子。深夜シフトご苦労様です。<br />ちなみに自動化ゲートは全てクローズ、深夜は閉鎖されているのかな。<br /><br />さて中国元を調達する為、両替することに。<br />制限エリア内には、みずほ銀行、SBJ銀行、トラベレックスの三つの両替店がある。<br /><br />みずほ:1元17.59円(1USD:111.27円、1EUR:126.20円)<br />SBJ:1元17.65円(1USD:111.36円、1EUR:125.99円)<br />トラベ:1元18.80円(1USD:114.41円、1EUR:129.63円)<br /><br />トラベレックスは論外。<br />SBJはネットで手数料30%オフのクーポンがあり、これを適用すると1元17.10円(市場レートは1元15.8円)。<br />今回はSBJ銀行で650元を両替。<br />なお余談として、現地滞在3日間、私以外現金を使って決済している人を一切見ず。現地の人は皆、スマホ決済でした。

    午前1時20分過ぎに保安検査場に進む。

    普段よりは混雑していないが、
    開いているゲートが少ないので、時間が掛かる。
    出国審査場も確か3つにしかオープンしていなかった。
    女性審査官はお疲れの様子。深夜シフトご苦労様です。
    ちなみに自動化ゲートは全てクローズ、深夜は閉鎖されているのかな。

    さて中国元を調達する為、両替することに。
    制限エリア内には、みずほ銀行、SBJ銀行、トラベレックスの三つの両替店がある。

    みずほ:1元17.59円(1USD:111.27円、1EUR:126.20円)
    SBJ:1元17.65円(1USD:111.36円、1EUR:125.99円)
    トラベ:1元18.80円(1USD:114.41円、1EUR:129.63円)

    トラベレックスは論外。
    SBJはネットで手数料30%オフのクーポンがあり、これを適用すると1元17.10円(市場レートは1元15.8円)。
    今回はSBJ銀行で650元を両替。
    なお余談として、現地滞在3日間、私以外現金を使って決済している人を一切見ず。現地の人は皆、スマホ決済でした。

  • 両替を終えるも、まだ午前1時半。<br />搭乗開始は午前2時半なので、カードラウンジで時間を潰す。<br />午前2時を過ぎると、出発便も限られるので、利用客は少なめに。<br />午前2時20分を過ぎると、ほぼ誰もいなくなる。<br /><br />ラウンジから奥凱航空のB737が見えたので、<br />午前2時半に搭乗口に向かうと、既にファイナルコール。<br /><br />(失礼ながら)中国籍の航空会社で、<br />乗客の大半が中国人にも関わらず、搭乗ゲート111の周辺には乗客は一切いない。<br />急いで搭乗口で最後の確認の終え、ボーディングブリッジへ。<br />ボーディングブリッジにも乗客はおらず、<br />まさか出発25分前に、ほとんど乗客は搭乗を終えているという珍事。<br />しかも深夜便、皆さんお疲れなのか、機内も静か。けどほぼ満席。<br /><br />(再度失礼ですが)中国籍の航空会社とは思えない、異様な状況に驚く。

    両替を終えるも、まだ午前1時半。
    搭乗開始は午前2時半なので、カードラウンジで時間を潰す。
    午前2時を過ぎると、出発便も限られるので、利用客は少なめに。
    午前2時20分を過ぎると、ほぼ誰もいなくなる。

    ラウンジから奥凱航空のB737が見えたので、
    午前2時半に搭乗口に向かうと、既にファイナルコール。

    (失礼ながら)中国籍の航空会社で、
    乗客の大半が中国人にも関わらず、搭乗ゲート111の周辺には乗客は一切いない。
    急いで搭乗口で最後の確認の終え、ボーディングブリッジへ。
    ボーディングブリッジにも乗客はおらず、
    まさか出発25分前に、ほとんど乗客は搭乗を終えているという珍事。
    しかも深夜便、皆さんお疲れなのか、機内も静か。けどほぼ満席。

    (再度失礼ですが)中国籍の航空会社とは思えない、異様な状況に驚く。

  • なんだかんだ、午前2時40分にはドアクローズで、まさかの早発。<br />中国語と英語で緊急時のインストラクションを説明し、午前3時前には離陸。<br />たぶん日本人の客室乗務員はいないでしょう。<br />まぁいなくても何ら問題ありません、そもそも会話する必要がありませんので。<br /><br />座席は狭くもなく広くもなく。<br />機内エンタメもありませんが、3時間弱ですので、何ら問題ありません。<br />羽田発は仮眠に徹した方が良いでしょう。<br /><br />離陸後も機内は静か、しばらくすると消灯。<br />誰も喋っておらず、うるさくありません。<br />以前乗ったエアアジアXの羽田発深夜便の方が、よっぽどカオス。<br /><br />ちなみに座席は事前チェックインが無いので、<br />勝手に割当てられた座席に着席。特に汚れは気にならない。

    なんだかんだ、午前2時40分にはドアクローズで、まさかの早発。
    中国語と英語で緊急時のインストラクションを説明し、午前3時前には離陸。
    たぶん日本人の客室乗務員はいないでしょう。
    まぁいなくても何ら問題ありません、そもそも会話する必要がありませんので。

    座席は狭くもなく広くもなく。
    機内エンタメもありませんが、3時間弱ですので、何ら問題ありません。
    羽田発は仮眠に徹した方が良いでしょう。

    離陸後も機内は静か、しばらくすると消灯。
    誰も喋っておらず、うるさくありません。
    以前乗ったエアアジアXの羽田発深夜便の方が、よっぽどカオス。

    ちなみに座席は事前チェックインが無いので、
    勝手に割当てられた座席に着席。特に汚れは気にならない。

  • 離陸から2時間過ぎた頃、照明が付き、起こされ、暫く放置。<br />途中トイレに行く。床や便器周りが汚れていた。<br />利用する人の問題か、清掃の頻度の問題かはわかりませんが、<br />女性は少し厳しいかな。<br /><br />写真は配布された軽食というか、クッキー。<br />時間帯が時間帯なので、別に食べたいとは思わないが、一応貰っておく。<br />当日は食べず後日食べたが、ほぼ無味のクッキー。<br />あとお茶とコーヒーを注いでいましたが、私は飲まず。<br />なお機内では入国カードは配られませんでした。<br />そうですね、だって大半が帰国する中国人ですからね。

    離陸から2時間過ぎた頃、照明が付き、起こされ、暫く放置。
    途中トイレに行く。床や便器周りが汚れていた。
    利用する人の問題か、清掃の頻度の問題かはわかりませんが、
    女性は少し厳しいかな。

    写真は配布された軽食というか、クッキー。
    時間帯が時間帯なので、別に食べたいとは思わないが、一応貰っておく。
    当日は食べず後日食べたが、ほぼ無味のクッキー。
    あとお茶とコーヒーを注いでいましたが、私は飲まず。
    なお機内では入国カードは配られませんでした。
    そうですね、だって大半が帰国する中国人ですからね。

  • 天津には現地時間の午前5時10分着で約30分早着。<br />距離的には東京から那覇を超え、台北と同じくらい。<br />実質飛んでいる時間は3時間程。<br /><br />北米や欧州のように10時間近い長距離便では無く、<br />私は飛行中、半分以上は寝ていたので、苦ではありませんでした。<br /><br />天津空港に到着。しっかりボーディングブリッジで降機。<br />バスでなく安心しました。<br />けどちょっと離れた搭乗口だったのか、少し歩かされますが、<br />北京首都空港に比べれば、非常にコンパクト。<br />

    天津には現地時間の午前5時10分着で約30分早着。
    距離的には東京から那覇を超え、台北と同じくらい。
    実質飛んでいる時間は3時間程。

    北米や欧州のように10時間近い長距離便では無く、
    私は飛行中、半分以上は寝ていたので、苦ではありませんでした。

    天津空港に到着。しっかりボーディングブリッジで降機。
    バスでなく安心しました。
    けどちょっと離れた搭乗口だったのか、少し歩かされますが、
    北京首都空港に比べれば、非常にコンパクト。

  • 降機後、暫く歩き入国審査。<br />しかし行列ができている、他の到着機と重なったのでしょうか。<br /><br />早朝でお疲れなのか、比較的静か。抜かしたり騒ぐ人もいません。<br />本当にここは中国かと疑う位。<br /><br />20分程経過し、中国人レーンと外国人レーンに分かれる。<br />そこを過ぎると、入国カードが置いてあり、そこで書類を記入。<br />幸いほとんど外国人がいないので、中国人の行列を尻目に、10分弱で無事入国。<br />前述の通り、審査官から何ら質問は無し。<br />あるのは顔写真の撮影&全指の指紋提出。

    降機後、暫く歩き入国審査。
    しかし行列ができている、他の到着機と重なったのでしょうか。

    早朝でお疲れなのか、比較的静か。抜かしたり騒ぐ人もいません。
    本当にここは中国かと疑う位。

    20分程経過し、中国人レーンと外国人レーンに分かれる。
    そこを過ぎると、入国カードが置いてあり、そこで書類を記入。
    幸いほとんど外国人がいないので、中国人の行列を尻目に、10分弱で無事入国。
    前述の通り、審査官から何ら質問は無し。
    あるのは顔写真の撮影&全指の指紋提出。

  • この写真は入国審査を終えた後のバゲージクレームエリアの手前。<br />ここを抜けると税関があるのですが、ここでまた混雑。<br />最終的に税関を抜け、一般エリアに着いたのは午前6時10分頃。<br /><br />以上、奥凱航空は、冗談のような航空会社名ですが、<br />結果、何の支障も問題もなく、無事、天津まで運んでくれました。<br />機種はボーイング737型機、今回乗った飛行機の機齢3歳とまだ新しい機材。<br />中国人の中国人による中国人の為の航空会社でしたが、<br />日本人が乗っても困りません。<br /><br />何らかの理由で奥凱航空に乗ろうと考えている人、<br />何らかの理由で奥凱航空に乗ることになった人、<br />ネーミングに惹かれて奥凱航空に乗ろうと考えている人、<br /><br />恐らくどんな航空会社か、興味や不安に思っているかもしれませんが、<br />そこまで心配することは無いと思います。<br />一先ずオーケーだと思います、たぶん。

    この写真は入国審査を終えた後のバゲージクレームエリアの手前。
    ここを抜けると税関があるのですが、ここでまた混雑。
    最終的に税関を抜け、一般エリアに着いたのは午前6時10分頃。

    以上、奥凱航空は、冗談のような航空会社名ですが、
    結果、何の支障も問題もなく、無事、天津まで運んでくれました。
    機種はボーイング737型機、今回乗った飛行機の機齢3歳とまだ新しい機材。
    中国人の中国人による中国人の為の航空会社でしたが、
    日本人が乗っても困りません。

    何らかの理由で奥凱航空に乗ろうと考えている人、
    何らかの理由で奥凱航空に乗ることになった人、
    ネーミングに惹かれて奥凱航空に乗ろうと考えている人、

    恐らくどんな航空会社か、興味や不安に思っているかもしれませんが、
    そこまで心配することは無いと思います。
    一先ずオーケーだと思います、たぶん。

  • おまけとして、、、<br />天津空港の到着ロビーを抜けると2つの両替店があります。<br />私は両替していませんが、両替レートは以下の通りです(手数料は不明)。<br /><br />トラベ:100円=5.754元(1USD/6.560元、1EUR/6.922元)<br />地元銀行:100円=5.509元(1USD/6.176元)

    おまけとして、、、
    天津空港の到着ロビーを抜けると2つの両替店があります。
    私は両替していませんが、両替レートは以下の通りです(手数料は不明)。

    トラベ:100円=5.754元(1USD/6.560元、1EUR/6.922元)
    地元銀行:100円=5.509元(1USD/6.176元)

  • もう一つおまけ。<br />中国はGoogle、Youtube、LINE等は利用できません。<br />今回天津で米国系チェーンのホテルに宿泊し、ホテル内はWifiを利用しましたが、<br />やはり上記サービスに接続できません。<br /><br />しかしそれを回避する方法があるようで、その一つが今回私が購入した香港のSIMカード。<br />このSIMはアマゾンで購入でき、1週間用で1,000円。<br />天津空港でSIMカードを差し替え、簡単な設定をしたら、すぐ開通。<br />速度も問題なく、旅行中ストレスなく利用できました。GoogleMapがGPSと一緒に利用できるのでガイドブックいらず。<br /><br />中国でも日本と同じような環境で携帯を使いたい人は、<br />ぜひ購入した方が良いと思います。

    もう一つおまけ。
    中国はGoogle、Youtube、LINE等は利用できません。
    今回天津で米国系チェーンのホテルに宿泊し、ホテル内はWifiを利用しましたが、
    やはり上記サービスに接続できません。

    しかしそれを回避する方法があるようで、その一つが今回私が購入した香港のSIMカード。
    このSIMはアマゾンで購入でき、1週間用で1,000円。
    天津空港でSIMカードを差し替え、簡単な設定をしたら、すぐ開通。
    速度も問題なく、旅行中ストレスなく利用できました。GoogleMapがGPSと一緒に利用できるのでガイドブックいらず。

    中国でも日本と同じような環境で携帯を使いたい人は、
    ぜひ購入した方が良いと思います。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 88円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集