アムステルダム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GWを利用しての夫婦旅行。今回オランダを選んだ理由は、フェルメール、レンブラントの名画に出逢う事が最大の目的。<br />でもせっかくなら、世界遺産でもある「キンデルダイク」の風車も見ないと勿体無い。<br /><br />キューエンホフのチューリップは時期的に遅いので、候補から外してあとはどこにしようか・・・<br /><br />すると妻から「ミッフィー」と「アンネ・フランク」<br /><br />アンネ・フランクの家は予約しておかないと中に入れないと聞いたので、、予めネットでチケットを予約して訪れました。<br />日本語の音声ガイドも貸してもらえるので、解りやすくおススメです。<br /><br />今回5日間という短い期間で、「キンデルダイク」「マウリッツハイス美術館」「アンネ・フランクの家」「オランダ国立美術館」「ナインチェ・ミュージアム」を巡り、あとはトラムで市内をまわったり、夜に運河クルーズをしたりして概ね自分の計画通りに旅をすることが出来ました。<br /><br />今の時期ですと、オランダは夜の9時くらいまで明るく、治安面でも安心かと思います。あと、意外とオランダの人は親切で、トラムで行先で悩んでいた時も親切に教えてくれたりしました。<br /><br />これから夏にかけてもっと日が長くなるとの事なので、夏のオランダがおススメだと思います。<br />

3泊5日でオランダを駆け巡る旅

41いいね!

2019/04/28 - 2019/05/02

149位(同エリア2716件中)

2

30

maruさん

GWを利用しての夫婦旅行。今回オランダを選んだ理由は、フェルメール、レンブラントの名画に出逢う事が最大の目的。
でもせっかくなら、世界遺産でもある「キンデルダイク」の風車も見ないと勿体無い。

キューエンホフのチューリップは時期的に遅いので、候補から外してあとはどこにしようか・・・

すると妻から「ミッフィー」と「アンネ・フランク」

アンネ・フランクの家は予約しておかないと中に入れないと聞いたので、、予めネットでチケットを予約して訪れました。
日本語の音声ガイドも貸してもらえるので、解りやすくおススメです。

今回5日間という短い期間で、「キンデルダイク」「マウリッツハイス美術館」「アンネ・フランクの家」「オランダ国立美術館」「ナインチェ・ミュージアム」を巡り、あとはトラムで市内をまわったり、夜に運河クルーズをしたりして概ね自分の計画通りに旅をすることが出来ました。

今の時期ですと、オランダは夜の9時くらいまで明るく、治安面でも安心かと思います。あと、意外とオランダの人は親切で、トラムで行先で悩んでいた時も親切に教えてくれたりしました。

これから夏にかけてもっと日が長くなるとの事なので、夏のオランダがおススメだと思います。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
鉄道
航空会社
KLMオランダ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • スキポール空港<br />ハイネケンの看板が多く見受けられます。<br />到着時は気温8℃<br />ちょっとビールを飲む気にはなれませんでした。<br />

    スキポール空港
    ハイネケンの看板が多く見受けられます。
    到着時は気温8℃
    ちょっとビールを飲む気にはなれませんでした。

  • アムステルダム中央駅までは列車で向かいます。<br />券売機はイマイチ使い方がわからなかったので、窓口で切符を買いました。<br />車両は1等、2等と番号が書かれてあるので、2等に乗り込みます。<br />オランダらしく自転車を乗せる車両もありました。

    アムステルダム中央駅までは列車で向かいます。
    券売機はイマイチ使い方がわからなかったので、窓口で切符を買いました。
    車両は1等、2等と番号が書かれてあるので、2等に乗り込みます。
    オランダらしく自転車を乗せる車両もありました。

  • アムステルダム中央駅<br />1889年の建物。ピアノが置かれていて、皆さん入れ替わり弾いていました。<br />

    アムステルダム中央駅
    1889年の建物。ピアノが置かれていて、皆さん入れ替わり弾いていました。

  • アムステルダム市内の移動はトラムが便利です。ただ行先と目的地への乗り場が迷いました。

    アムステルダム市内の移動はトラムが便利です。ただ行先と目的地への乗り場が迷いました。

  • 運河に囲まれているので、晴れた日は水面に映る建物が綺麗でした。

    運河に囲まれているので、晴れた日は水面に映る建物が綺麗でした。

  • 世界遺産に登録されている「キンデルダイク」<br />現在も1740年頃に造られた19基が残されています。<br />

    世界遺産に登録されている「キンデルダイク」
    現在も1740年頃に造られた19基が残されています。

  • この日は快晴で、長閑な風景に癒されました。

    この日は快晴で、長閑な風景に癒されました。

  • 昔はこんな狭い空間で生活をしていたとか。<br />現在でも風車を守る人達がいます。

    昔はこんな狭い空間で生活をしていたとか。
    現在でも風車を守る人達がいます。

  • キンデルダイクの近くのスーパーでチーズフェアをやっていました。<br />色々と試食させてもらいましたが、どれも美味しかったです。

    キンデルダイクの近くのスーパーでチーズフェアをやっていました。
    色々と試食させてもらいましたが、どれも美味しかったです。

  • マウリッツハイス美術館<br />ここが今回の最大の目的でもあります。

    マウリッツハイス美術館
    ここが今回の最大の目的でもあります。

  • 先ずはレンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」<br /><br />

    先ずはレンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」

  • つづいてはルーベンスの「ろうそくを持つ老婆と少年」<br />

    つづいてはルーベンスの「ろうそくを持つ老婆と少年」

  • そして待望のフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」<br />北のモナリザとも評される名画ですが、やはり何とも言えない表情に魅了されます。<br />訪れた時は混雑もなく、じっくりと観賞出来ました。<br />

    そして待望のフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」
    北のモナリザとも評される名画ですが、やはり何とも言えない表情に魅了されます。
    訪れた時は混雑もなく、じっくりと観賞出来ました。

  • ここビネンホフはオランダ行政の中心でもあります。

    ここビネンホフはオランダ行政の中心でもあります。

  • 国会議事堂。<br />荘厳な造りです。

    国会議事堂。
    荘厳な造りです。

  • アムステルダム市内に戻って王宮です。<br />

    アムステルダム市内に戻って王宮です。

  • 近くにあるショッピングセンター「マグナ・プラザ」<br />何かとても高級そうですが、中は普通のイオンっぽい感じでした。<br />フードコートもあるのですが、カードオンリーで現金はどこのお店も使えませんでした。

    近くにあるショッピングセンター「マグナ・プラザ」
    何かとても高級そうですが、中は普通のイオンっぽい感じでした。
    フードコートもあるのですが、カードオンリーで現金はどこのお店も使えませんでした。

  • 運河クルーズ<br />乗り場が沢山あって、最初は違う列に並んでしまいました。<br />

    運河クルーズ
    乗り場が沢山あって、最初は違う列に並んでしまいました。

  • カクテルクルーズを選んだので、フリードリンクとおつまみです。<br />ドリンクはワインかカクテル、あとはお水しかありませんでした。<br />結構混んでおり、相席との事で私達は4人テーブルの窓際でしたが、となりのカップルは通路側で気の毒でした

    カクテルクルーズを選んだので、フリードリンクとおつまみです。
    ドリンクはワインかカクテル、あとはお水しかありませんでした。
    結構混んでおり、相席との事で私達は4人テーブルの窓際でしたが、となりのカップルは通路側で気の毒でした

  • アダムタワー<br />最上階は空中ブランコがあります。

    アダムタワー
    最上階は空中ブランコがあります。

  • この日は朝から「アンネの家」へ<br />日本でスタートの9時のチケットを購入済です。<br />チケットを購入していないと中に入れません。

    この日は朝から「アンネの家」へ
    日本でスタートの9時のチケットを購入済です。
    チケットを購入していないと中に入れません。

  • ゲートから先は館内撮影禁止です。<br />日本語の音声ガイドを貸してもらえるので、解りやすかったです。<br />

    ゲートから先は館内撮影禁止です。
    日本語の音声ガイドを貸してもらえるので、解りやすかったです。

  • 国立美術館。<br />レンブラント展もあってか結構混んでいました。<br />チケット売り場は入って一つ下のフロアにあります。<br />カバン系はショルダーバッグ程度ならOKですが、傘は全て持ち込み禁止です。<br />私達はチケットを買うのに30分くらい並びましたが、<br />出る時にはこの入口に長打の列が出来ていました。<br />

    国立美術館。
    レンブラント展もあってか結構混んでいました。
    チケット売り場は入って一つ下のフロアにあります。
    カバン系はショルダーバッグ程度ならOKですが、傘は全て持ち込み禁止です。
    私達はチケットを買うのに30分くらい並びましたが、
    出る時にはこの入口に長打の列が出来ていました。

  • 有名なレンブラントの「夜警」はホールの真正面に鎮座しています。<br /><br />

    有名なレンブラントの「夜警」はホールの真正面に鎮座しています。

  • フェルメールも4点あります。

    フェルメールも4点あります。

  • ゴッホの自画像<br />ゴッホ美術館も結構並んでいました。

    ゴッホの自画像
    ゴッホ美術館も結構並んでいました。

  • 最後はミッフィー<br />ここユトレヒトにはミッフィーの信号があります。<br />

    最後はミッフィー
    ここユトレヒトにはミッフィーの信号があります。

  • ユトレヒトまではアムステルダム中央駅から<br />列車で30分くらいです。<br />

    ユトレヒトまではアムステルダム中央駅から
    列車で30分くらいです。

  • ミッフィーのぬいぐるみを乗せたワゴン車。<br />アイスクリームを売っているのですが、寒くて買う気になれませんでした。<br />

    ミッフィーのぬいぐるみを乗せたワゴン車。
    アイスクリームを売っているのですが、寒くて買う気になれませんでした。

  • ナインチェ・ミュージアム<br />駅からゆっくり歩いて30分くらいです。<br />ここに作者のブルーナさんのアトリエが移設されていますが、<br />あとは子供向けの施設が多いです。<br /><br />

    ナインチェ・ミュージアム
    駅からゆっくり歩いて30分くらいです。
    ここに作者のブルーナさんのアトリエが移設されていますが、
    あとは子供向けの施設が多いです。

41いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • イタリア大好きさん 2020/06/30 16:11:32
    こんにちは。イタリア大好きといいます。
     コメント失礼します。アムステルダムが懐かしくて書き込んでしまいました。私たちは2011年の年末から年明けにかけて、アムステルダム、ブリュッセル、パリを移動しながら近隣を日帰り観光しました。
     アムステルダムからは、デン・ハーグのマウリッツハイスの「真珠の首飾りの少女」行きましたね。「デルフトの眺望」もよかったです。数少ない「フェルメールの風景画」ですからね。国立美術館の「夜警」もその大きさにびっくりしました。
     同じ3泊なのにたくさん回っておられますね。それにしても、オランダ人は大きくなかったですか。もうびっくりする身長でした。

    maruさん からの返信 2020/07/05 14:45:57
    Re: こんにちは。イタリア大好きといいます。
    イタリア大好きさん、コメントありがとうございます。
    アムステルダム、いいですよね!空港からのアクセスが良い上に、市内もトラムを中心に交通網が整備されて便利だと思いました。オランダ人の大きさもそうですが、自転車が多くて朝・夕は何度か怖い目に遭いました・・・

maruさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集