三軒茶屋・駒沢旅行記(ブログ) 一覧に戻る
世田谷線の三軒茶屋駅から宮の下駅間を散策しました。<br />電車、車では何度も通過していた三軒茶屋を途中下車すると近代化された駅の周辺の近代化に驚きました。<br />(旅行記ランキングは無意味だと思っていますので投票はしないで下さい。<br />投票されてもお礼の訪問、投票は一切致しません)<br /><br />

世田谷線沿線散歩(三軒茶屋駅周辺)

10いいね!

2019/03/16 - 2019/03/16

165位(同エリア310件中)

0

26

世田谷線の三軒茶屋駅から宮の下駅間を散策しました。
電車、車では何度も通過していた三軒茶屋を途中下車すると近代化された駅の周辺の近代化に驚きました。
(旅行記ランキングは無意味だと思っていますので投票はしないで下さい。
投票されてもお礼の訪問、投票は一切致しません)

同行者
一人旅
利用旅行会社
個別手配

PR

  • 三軒茶屋は三角地帯が有名ですがこの道標がその頂点となるのです。<br />江戸時代には信楽(後に石橋楼)、角屋、田中屋の三軒の茶屋が並んでいたのが地名の由来です。

    三軒茶屋は三角地帯が有名ですがこの道標がその頂点となるのです。
    江戸時代には信楽(後に石橋楼)、角屋、田中屋の三軒の茶屋が並んでいたのが地名の由来です。

    大山道の道標 名所・史跡

  • 伝来  <br />大山道は、矢倉沢往還 の俗称である。この道標 は、旧大山道 (代官屋敷 前経由)と、文化 ・文政 期ごろに開通したといわれる新大山道 (桜新町経由)との分かれ道にあった石橋楼 (三軒茶屋 の地名の起こりの茶屋 の一つ)の角に建てられていた。 <br />大山は、古い民俗信仰 である石尊信仰 と# 山岳仏教の信仰とが結合し、相模 の修験道 場として重きをなし、将軍 をはじめ多くの人々に尊崇された。とくに文化文政期 以降は江戸 町民などの大山詣りが盛んになり、その案内のため大山道沿道に多くの道標が建てられた。 <br />この道標は、玉川電車 の開通や、東京オリンピック の道路拡張などにより点々と移されたが、昭和 五八年五月に三軒茶屋町会結成五十周年記念事業の一つといして、元の位置近くに復された。

    伝来 
    大山道は、矢倉沢往還 の俗称である。この道標 は、旧大山道 (代官屋敷 前経由)と、文化 ・文政 期ごろに開通したといわれる新大山道 (桜新町経由)との分かれ道にあった石橋楼 (三軒茶屋 の地名の起こりの茶屋 の一つ)の角に建てられていた。
    大山は、古い民俗信仰 である石尊信仰 と# 山岳仏教の信仰とが結合し、相模 の修験道 場として重きをなし、将軍 をはじめ多くの人々に尊崇された。とくに文化文政期 以降は江戸 町民などの大山詣りが盛んになり、その案内のため大山道沿道に多くの道標が建てられた。
    この道標は、玉川電車 の開通や、東京オリンピック の道路拡張などにより点々と移されたが、昭和 五八年五月に三軒茶屋町会結成五十周年記念事業の一つといして、元の位置近くに復された。

  • 多くの通行人が渡る横断歩道の横にあるので写真を撮るのに人が途切れるのを待って撮れました。

    多くの通行人が渡る横断歩道の横にあるので写真を撮るのに人が途切れるのを待って撮れました。

  • 上側に「左相州道 大山道」<br />下の左側に「登戸道」 <br />右側に「世田谷道」<br />と刻印されています。

    上側に「左相州道 大山道」
    下の左側に「登戸道」
    右側に「世田谷道」
    と刻印されています。

  • 国道246号の玉川通りと世田谷通りの交差点となるのです。<br />玉川通りの地下には田園都市線、上には首都高3号線と東京を象徴する道路です。<br />玉川通りと世田谷通はどちらも大山街道で東海道の脇街道として庶民が大山詣でに向かう道でした。<br />

    国道246号の玉川通りと世田谷通りの交差点となるのです。
    玉川通りの地下には田園都市線、上には首都高3号線と東京を象徴する道路です。
    玉川通りと世田谷通はどちらも大山街道で東海道の脇街道として庶民が大山詣でに向かう道でした。

  • この場所から見るキャロットタワー<br />キャロットタワーが完成するまでは世田谷線の駅舎とプラットホームが手前あったのです。<br />

    この場所から見るキャロットタワー
    キャロットタワーが完成するまでは世田谷線の駅舎とプラットホームが手前あったのです。

    キャロットタワー 名所・史跡

  • 道標とキャロットタワー

    道標とキャロットタワー

  • 世田谷通りがここから始まる道標です。

    世田谷通りがここから始まる道標です。

  • すぐ横には時代に取り残された良き昭和の風景が見られるすずらん通りがあります。

    すぐ横には時代に取り残された良き昭和の風景が見られるすずらん通りがあります。

  • 時代の波によりいつかは消滅するであろう通りです。

    時代の波によりいつかは消滅するであろう通りです。

  • 昔はどこの駅前にもこのようは通りはあったのです。

    昔はどこの駅前にもこのようは通りはあったのです。

  • 沢山の飲食店が軒を並べています。

    沢山の飲食店が軒を並べています。

  • すずらん通りの反対から

    すずらん通りの反対から

  • 寄り道していたので三軒茶屋のランドマークとなっているキャロットタワーへ向かいます。

    寄り道していたので三軒茶屋のランドマークとなっているキャロットタワーへ向かいます。

    キャロットタワー 名所・史跡

  • キャロットタワーの真下には世田谷線の駅があり、ここまで後退してしまいました。

    キャロットタワーの真下には世田谷線の駅があり、ここまで後退してしまいました。

  • キャロットタワーには無料の展望台があるので専用エレベーターで26階に

    キャロットタワーには無料の展望台があるので専用エレベーターで26階に

  • ここは日本夜景遺産に認定されています。<br />次回は夜に再び訪れたいと思います、<br />

    ここは日本夜景遺産に認定されています。
    次回は夜に再び訪れたいと思います、

  • これから向かう世田谷線を望みます。

    これから向かう世田谷線を望みます。

  • 手前に見えているのが西太子堂駅で三軒茶屋から300mほどの距離だそうです。<br />遠くに見えている2カ所の森は手前が松陰神社で奥に見えているのが豪徳寺で、歩いて周る予定です。

    手前に見えているのが西太子堂駅で三軒茶屋から300mほどの距離だそうです。
    遠くに見えている2カ所の森は手前が松陰神社で奥に見えているのが豪徳寺で、歩いて周る予定です。

  • 窓には見える景色の説明板がありますが視界今一つだったためあまり見えませんでした。

    窓には見える景色の説明板がありますが視界今一つだったためあまり見えませんでした。

  • 新宿の副都心部はよく見えました。

    新宿の副都心部はよく見えました。

  • 東京都庁も無料の展望台があるそうなので行ってみたいと思っています。

    東京都庁も無料の展望台があるそうなので行ってみたいと思っています。

  • 本来は富士山も見られるのですが!

    本来は富士山も見られるのですが!

  • 窓側は展望台となっていますがスカイキャロットの名でレストラン、カフェが営業しています。

    窓側は展望台となっていますがスカイキャロットの名でレストラン、カフェが営業しています。

  • キャロットタワーを出て散策に向かいます。

    キャロットタワーを出て散策に向かいます。

  • 三軒茶屋駅内は単線となっていて、周囲は一歩外に出ると住宅街が広がっています。

    三軒茶屋駅内は単線となっていて、周囲は一歩外に出ると住宅街が広がっています。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集