ファンラン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年の春に訪問した、ベトナムのファンランとニャチャンです。ホーチミンからバスで7時間ほど揺られ、観光地とは無縁のファンランに着きました。ここは小さな町で、普通観光客は来ません。ベトナム訪問の目的が、チャム王朝の遺跡だったので、おかげでゆっくりと周ることができました。次の目的地ニャチャンは、バスがホテルに来て、移動は大変便利でした。ここは有名な観光地で、欧州人グループと中国人団体観光客が幅を利かせていました。海沿いには、しゃれたホテルやレストランが並んで、近代的な様相を見せて爽やかですし、空いている浜辺でも海水浴が楽しめます。街の北部にあるポーナガール遺跡は、何処からでも簡単にアクセスできる距離で、修復保存状態も良くて楽しめました。

一人旅  ベトナム(ファンラン&ニャチャン)

6いいね!

2017/04/02 - 2017/04/06

8位(同エリア8件中)

0

33

爺一人旅さん

2017年の春に訪問した、ベトナムのファンランとニャチャンです。ホーチミンからバスで7時間ほど揺られ、観光地とは無縁のファンランに着きました。ここは小さな町で、普通観光客は来ません。ベトナム訪問の目的が、チャム王朝の遺跡だったので、おかげでゆっくりと周ることができました。次の目的地ニャチャンは、バスがホテルに来て、移動は大変便利でした。ここは有名な観光地で、欧州人グループと中国人団体観光客が幅を利かせていました。海沿いには、しゃれたホテルやレストランが並んで、近代的な様相を見せて爽やかですし、空いている浜辺でも海水浴が楽しめます。街の北部にあるポーナガール遺跡は、何処からでも簡単にアクセスできる距離で、修復保存状態も良くて楽しめました。

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 早朝ホーチミンのホテルを出て、ボッタクリ・タクシーに絡まれながらも、タイムリーに見つけたVinasanタクシーで、ミエンドンバスターミナルに到着。ファンラン行きは本数が少なかったが、切符を買うと若い兄さんがバスまで連れて行ってくれました。停車中のバスの本数が半端でないので、切符だけでは探すのが大変なターミナルでした。

    早朝ホーチミンのホテルを出て、ボッタクリ・タクシーに絡まれながらも、タイムリーに見つけたVinasanタクシーで、ミエンドンバスターミナルに到着。ファンラン行きは本数が少なかったが、切符を買うと若い兄さんがバスまで連れて行ってくれました。停車中のバスの本数が半端でないので、切符だけでは探すのが大変なターミナルでした。

  • 噂のスリーピングバスに当たったのは、ラッキーでした。出発すると、あちこちで客を乗せていき、終いには通路が座る客や寝そべる客であふれてしまいました。乗車時は、靴を脱ぎます。降りる時間になると、客は出入り口付近に詰めていて、バスが減速するとドアを開けて飛び降りていきます。乗る客がいないと、停車しません。私も、停まらないうちに、素足で飛び出しました。そこには、バイタクが待ち構えていて、ホテルまでの価格交渉です。

    噂のスリーピングバスに当たったのは、ラッキーでした。出発すると、あちこちで客を乗せていき、終いには通路が座る客や寝そべる客であふれてしまいました。乗車時は、靴を脱ぎます。降りる時間になると、客は出入り口付近に詰めていて、バスが減速するとドアを開けて飛び降りていきます。乗る客がいないと、停車しません。私も、停まらないうちに、素足で飛び出しました。そこには、バイタクが待ち構えていて、ホテルまでの価格交渉です。

  • ホテルの入り口には、商売繁盛の布袋様と線香。安い部屋の割には広くて清潔でしたが、ほとんど何もなく、でも朝食付きでした。朝6時には、従業員が廊下を掃除している姿を見ると、本当に真面目な方達だと思いました。ちなみに、この日客は私だけでした。

    ホテルの入り口には、商売繁盛の布袋様と線香。安い部屋の割には広くて清潔でしたが、ほとんど何もなく、でも朝食付きでした。朝6時には、従業員が廊下を掃除している姿を見ると、本当に真面目な方達だと思いました。ちなみに、この日客は私だけでした。

  • 朝食が済んだら、ホテル前にたむろっているバイタクに声を掛けて、ポークロンガイ遺跡に行ってもらいます。5-6㎞ですが、ちょっと天気が気になります。町を出て、小さな集落を抜けていくと、見えました遺跡です。ちゃんと整備された、公園の様になっています。早かったのですが、ちゃんと入場料は取られました。

    朝食が済んだら、ホテル前にたむろっているバイタクに声を掛けて、ポークロンガイ遺跡に行ってもらいます。5-6㎞ですが、ちょっと天気が気になります。町を出て、小さな集落を抜けていくと、見えました遺跡です。ちゃんと整備された、公園の様になっています。早かったのですが、ちゃんと入場料は取られました。

  • この当たりからホイアンまでは、チャム王朝時代に建てた宗教遺跡が残っていて、チャンパの遺跡として知られています。 ヒンズー教遺跡なので、シバ神のレリーフがありましたが、レプリカでした。

    この当たりからホイアンまでは、チャム王朝時代に建てた宗教遺跡が残っていて、チャンパの遺跡として知られています。 ヒンズー教遺跡なので、シバ神のレリーフがありましたが、レプリカでした。

  • カンボジアのクメール文明との接点は有ったはずですが、遺跡の形は別物で、茅葺の屋根を思わせるような作りです。草の生えているのも多くあって、何やら弥生時代に迷い込んだかの様です。中は伽藍洞で、全て持ち去られていたのが残念でした。

    カンボジアのクメール文明との接点は有ったはずですが、遺跡の形は別物で、茅葺の屋根を思わせるような作りです。草の生えているのも多くあって、何やら弥生時代に迷い込んだかの様です。中は伽藍洞で、全て持ち去られていたのが残念でした。

  • 拝殿ですが、入口の上の楕円のくぼみには、シバ神のレリーフがあったはずです。崩れかけた入口ですが、中に入れます。

    拝殿ですが、入口の上の楕円のくぼみには、シバ神のレリーフがあったはずです。崩れかけた入口ですが、中に入れます。

  • 別の入口で見た、シバ神のレリーフ、レプリカです。見終わって、さあ帰ろうとしたら雨が降ってきました。爺さんはレインコートを前に着てぐんぐん走って行きますが、後ろの私はずぶぬれでした。

    別の入口で見た、シバ神のレリーフ、レプリカです。見終わって、さあ帰ろうとしたら雨が降ってきました。爺さんはレインコートを前に着てぐんぐん走って行きますが、後ろの私はずぶぬれでした。

  • ファンランの街歩きに出かけました。中心部に向かう通りですが、至る所国旗が立っています。

    ファンランの街歩きに出かけました。中心部に向かう通りですが、至る所国旗が立っています。

  • 途中に小奇麗なCafeがあったので、ベトナム式珈琲を頼みました。穴の開いたアルミ容器に珈琲粉を入れて、熱湯を注いで待つと、珈琲が出てきます。現地の人曰く、下のコップに少しずつ落ちていくのを眺めながら、ゆっくりするのがベトナム人だそうです。珈琲は濃いので、氷り水で割るか一緒に飲みます。ゆっくりできるひと時、美味しいですよ。

    途中に小奇麗なCafeがあったので、ベトナム式珈琲を頼みました。穴の開いたアルミ容器に珈琲粉を入れて、熱湯を注いで待つと、珈琲が出てきます。現地の人曰く、下のコップに少しずつ落ちていくのを眺めながら、ゆっくりするのがベトナム人だそうです。珈琲は濃いので、氷り水で割るか一緒に飲みます。ゆっくりできるひと時、美味しいですよ。

  • 街ぶらしている途中から、雨が降り始めました。飛び込んだ店先で雨宿りをしていたら、店のご主人が椅子を貸してくれました。地元の人の親切が、身に沁みます。

    街ぶらしている途中から、雨が降り始めました。飛び込んだ店先で雨宿りをしていたら、店のご主人が椅子を貸してくれました。地元の人の親切が、身に沁みます。

  • 雨脚はさらに強くなってきて、屋台の人もあきらめ顔です。何時ものことなのでしょう、気長に上がるのを待っている様子です。

    雨脚はさらに強くなってきて、屋台の人もあきらめ顔です。何時ものことなのでしょう、気長に上がるのを待っている様子です。

  • 学校帰りの一団が、自転車、バイク、電動バイクで走り抜けていきます。電動バイクは、至る所で目撃しました。車体の耐久性は分かりませんが、ガソリンスタンドの少ない場所では、通学の良い足になっています。

    学校帰りの一団が、自転車、バイク、電動バイクで走り抜けていきます。電動バイクは、至る所で目撃しました。車体の耐久性は分かりませんが、ガソリンスタンドの少ない場所では、通学の良い足になっています。

  • 次の目的地ニャチャンは、ホテルに来た大型バスで向かいます。ベトナム国内の移動は、主にバスかミニバンですが、兎に角便利です。ミニバンは小回りが利いて、向こうのホテルまで行ってくれることもあります。ニャチャンでは、全く想定外の場所で降ろされてしまい、如何しようと迷っていたら、バイタクの爺さんが寄ってきました。2ドルでホテルまで行くと言うが、走ったら別のホテルに着きました。「爺さん頼むよ!」と日本語で言ったのが通じたのか、仲間に聞いたりして見つけてくれましたよ。何となくチップを欲しがったようでしたが、着いて2ドルの約束なので「サンキュー」で終わりにしました。

    次の目的地ニャチャンは、ホテルに来た大型バスで向かいます。ベトナム国内の移動は、主にバスかミニバンですが、兎に角便利です。ミニバンは小回りが利いて、向こうのホテルまで行ってくれることもあります。ニャチャンでは、全く想定外の場所で降ろされてしまい、如何しようと迷っていたら、バイタクの爺さんが寄ってきました。2ドルでホテルまで行くと言うが、走ったら別のホテルに着きました。「爺さん頼むよ!」と日本語で言ったのが通じたのか、仲間に聞いたりして見つけてくれましたよ。何となくチップを欲しがったようでしたが、着いて2ドルの約束なので「サンキュー」で終わりにしました。

  • ニャチャンは、南シナ海に面した、有数の観光地です。右に見える海岸沿いは広くて清潔感溢れ、道路沿いには沢山のホテルとレストランが連なっています。一歩町側に入ると、小ぶりのレストランや気の利いたフルーツショップに、外国人の賑わいが有りました。

    ニャチャンは、南シナ海に面した、有数の観光地です。右に見える海岸沿いは広くて清潔感溢れ、道路沿いには沢山のホテルとレストランが連なっています。一歩町側に入ると、小ぶりのレストランや気の利いたフルーツショップに、外国人の賑わいが有りました。

  • 泳いでいるのは、ほとんどが欧州人と思われます。フランス人をよく見かけましたが、アメリカ人は稀です。途中で出会ったアメリカ人が、中部から北は危険なので行くなと言われたと、冗談ともつかず話していました。現地のミーソン遺跡ツアーに参加した時は、ガイドがアメリカ軍の北爆の非難ばかり言っていましたから、アメリカ人が参加していたら、耳の痛いことでしょう。<br />

    泳いでいるのは、ほとんどが欧州人と思われます。フランス人をよく見かけましたが、アメリカ人は稀です。途中で出会ったアメリカ人が、中部から北は危険なので行くなと言われたと、冗談ともつかず話していました。現地のミーソン遺跡ツアーに参加した時は、ガイドがアメリカ軍の北爆の非難ばかり言っていましたから、アメリカ人が参加していたら、耳の痛いことでしょう。

  • 街の一角には、大型のホテルやショッピングセンターも有りますが、大半は庶民的な小さな店です。ベトナム珈琲が100円くらいで、ゆっくりと時間が過ごせます。この街そのものが妙に明るくて、何かワクワクしてきます。

    街の一角には、大型のホテルやショッピングセンターも有りますが、大半は庶民的な小さな店です。ベトナム珈琲が100円くらいで、ゆっくりと時間が過ごせます。この街そのものが妙に明るくて、何かワクワクしてきます。

  • 夕飯を探して街ブラしましたが、とにかく外国人と若い女子が多いです。観光地なので店の閉店も遅く、いつまでも人通りが絶えませんが、バカ騒ぎをする人は見かけませんでした。

    夕飯を探して街ブラしましたが、とにかく外国人と若い女子が多いです。観光地なので店の閉店も遅く、いつまでも人通りが絶えませんが、バカ騒ぎをする人は見かけませんでした。

  • ホテルで、生春巻きが食べたいと言ったら、この店を紹介してくれました。ホテルの対面にある普通の店ですが、若いカップルがやっていて、話しながら色々食べられました。こういう場所、好きですね。

    ホテルで、生春巻きが食べたいと言ったら、この店を紹介してくれました。ホテルの対面にある普通の店ですが、若いカップルがやっていて、話しながら色々食べられました。こういう場所、好きですね。

  • いよいよ、ポーナガール遺跡です。歩いても行けそうだったのですが、帰りに回してタクシーで行ました。北にある大きな橋を渡ると、全容が見えてきます。

    いよいよ、ポーナガール遺跡です。歩いても行けそうだったのですが、帰りに回してタクシーで行ました。北にある大きな橋を渡ると、全容が見えてきます。

  • 入場料を払って入ると、大きな柱が見えます。相当大きな建物があったようです。

    入場料を払って入ると、大きな柱が見えます。相当大きな建物があったようです。

  • 上に登って眺めた柱です。全てレンガです。

    上に登って眺めた柱です。全てレンガです。

  • 階段を上がっていく途中で、レプリカですがシバ神のレリーフを見ました。女性の顔で、後で知ったのですが、シバ神の妻「ウマー」だそうです。

    階段を上がっていく途中で、レプリカですがシバ神のレリーフを見ました。女性の顔で、後で知ったのですが、シバ神の妻「ウマー」だそうです。

  • 頂上の広場は、タイル敷きで歩きやすく、奥には土産物屋も有ります。これは、シバ神の妻「ウマー」のある拝殿で一番大きな建物です。素焼きレンガを使っているので、細かな凹凸も表現されています。

    頂上の広場は、タイル敷きで歩きやすく、奥には土産物屋も有ります。これは、シバ神の妻「ウマー」のある拝殿で一番大きな建物です。素焼きレンガを使っているので、細かな凹凸も表現されています。

  • 隣に在る中クラスの拝殿です。

    隣に在る中クラスの拝殿です。

  • 祠の様な小さい拝殿ですが、中にも入れます。

    祠の様な小さい拝殿ですが、中にも入れます。

  • 奥にも遺跡があって、その周りに土産物屋が並んでいます。ちょっとした、客寄せのイベントもやっていました。シャッター押しを頼まれた何人かの中に、中国大連からの若者がいました。昔は色々あったねと言ってら、終わった過去の事ですよと言って笑っていました。木陰で休むのも、土産を見るのも、360度のパノラマを眺めるのも良い場所で、くつろげました。

    奥にも遺跡があって、その周りに土産物屋が並んでいます。ちょっとした、客寄せのイベントもやっていました。シャッター押しを頼まれた何人かの中に、中国大連からの若者がいました。昔は色々あったねと言ってら、終わった過去の事ですよと言って笑っていました。木陰で休むのも、土産を見るのも、360度のパノラマを眺めるのも良い場所で、くつろげました。

  • 休んで疲れもとれたので、帰りはこの橋を渡って歩いて帰ります。ホテルまでは5-6㎞ですが、途中で街の生活が観られます。

    休んで疲れもとれたので、帰りはこの橋を渡って歩いて帰ります。ホテルまでは5-6㎞ですが、途中で街の生活が観られます。

  • 橋の下の小さな湾には、沢山漁船が停泊しています。直ぐに、沖に出られます。

    橋の下の小さな湾には、沢山漁船が停泊しています。直ぐに、沖に出られます。

  • ホテルとの中間あたりには、ニャチャン大聖堂があります。大きさでは、サイゴン大聖堂を凌ぎそうです。

    ホテルとの中間あたりには、ニャチャン大聖堂があります。大きさでは、サイゴン大聖堂を凌ぎそうです。

  • 高台の上の、本聖堂です。

    高台の上の、本聖堂です。

  • 中は広いのですが、飾りが少なくて殺風景です。サイゴン大聖堂の方が、見ごたえがあります。

    中は広いのですが、飾りが少なくて殺風景です。サイゴン大聖堂の方が、見ごたえがあります。

  • 庭に在った十字架の礼拝施設には、お線香があげられていました。仏教との折衷でしょうか、時々見受けられます。この後は、海岸に行ったりCafeに行ったりして、ゆっくり過ごしました。いよいよ、クイニョンへ移動です。

    庭に在った十字架の礼拝施設には、お線香があげられていました。仏教との折衷でしょうか、時々見受けられます。この後は、海岸に行ったりCafeに行ったりして、ゆっくり過ごしました。いよいよ、クイニョンへ移動です。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集