シー・サッチャナーライ遺跡公園周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2日目はスコータイからバスでシーサッチャナーライ歴史公園へ。<br />スコータイとはまた違った味のある遺跡だった。<br />時間のないのが悔やまれ、再訪を誓う。<br />来ないバスにハラハラしたが、世話焼きのバス停で、微笑みの国タイを実感した1日だった。<br /><br />□(1日目)0:55 関西空港発(JL727)→4:40 スワンナプーム国際空港着<br />       7:00   スワンナプーム国際空港発(PG211)→8:15スコータイ空港着<br />     リムジンバスで新市街へ移動→ソンテウでスコータイ歴史公園へ移動<br />     11:00~16:00 スコータイ歴史公園を自転車で散策<br />     夕 新市街散策 屋台で夕食<br /><br />     ○スコータイ泊(EZ HOUSE)<br /><br />■(2日目)8:20スコータイ発(バス)→9:20シーサッチャナーライ歴史公園最寄バス停<br />     シーサッチャナーライ散策<br />□    15:40 バス乗車→16:30ウタラディット→18:45プレー着<br />     <br />     ○プレー泊(Mee Bed and Breakfast)<br /><br /> (3日目)10:15 Wat ChomSawan<br />      11:20 プレー発(バス)→15:30 チェンマイ着<br />□     チェンマイ市内観光(寺院 マッサージ サタデーマーケット)<br />   <br />     ○チェンマイ泊(Huen Hug Chiang Mai)<br /><br />□(4日目)Wat Suandokとドイステープ寺院観光<br />      チェンマイ旧市街観光<br />     19:00チェンマイ空港(PG220)→20:20スワンナプーム国際空港着<br />     23:00スワンナプーム国際空港発(JL728)→翌6:30関西空港着 <br /><br />これは2日目シーサッチャナーライ歴史公園散策の記録<br />1日目(1)貫禄スコータイ編は、こちらをご覧ください。<br />https://4travel.jp/travelogue/11351092

駆け足!国王陛下崩御の中のタイ北部縦断3泊5日(2)影の実力者シーサッチャナーライ歴史公園編

15いいね!

2016/10/13 - 2016/10/17

10位(同エリア24件中)

0

33

kaboling

kabolingさん

2日目はスコータイからバスでシーサッチャナーライ歴史公園へ。
スコータイとはまた違った味のある遺跡だった。
時間のないのが悔やまれ、再訪を誓う。
来ないバスにハラハラしたが、世話焼きのバス停で、微笑みの国タイを実感した1日だった。

□(1日目)0:55 関西空港発(JL727)→4:40 スワンナプーム国際空港着
      7:00 スワンナプーム国際空港発(PG211)→8:15スコータイ空港着
     リムジンバスで新市街へ移動→ソンテウでスコータイ歴史公園へ移動
     11:00~16:00 スコータイ歴史公園を自転車で散策
     夕 新市街散策 屋台で夕食

     ○スコータイ泊(EZ HOUSE)

■(2日目)8:20スコータイ発(バス)→9:20シーサッチャナーライ歴史公園最寄バス停
     シーサッチャナーライ散策
□    15:40 バス乗車→16:30ウタラディット→18:45プレー着
     
     ○プレー泊(Mee Bed and Breakfast)

 (3日目)10:15 Wat ChomSawan
      11:20 プレー発(バス)→15:30 チェンマイ着
□     チェンマイ市内観光(寺院 マッサージ サタデーマーケット)
   
     ○チェンマイ泊(Huen Hug Chiang Mai)

□(4日目)Wat Suandokとドイステープ寺院観光
      チェンマイ旧市街観光
     19:00チェンマイ空港(PG220)→20:20スワンナプーム国際空港着
     23:00スワンナプーム国際空港発(JL728)→翌6:30関西空港着 

これは2日目シーサッチャナーライ歴史公園散策の記録
1日目(1)貫禄スコータイ編は、こちらをご覧ください。
https://4travel.jp/travelogue/11351092

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
2.0
同行者
友人
交通手段
高速・路線バス 徒歩

PR

  • プミポン国王陛下崩御という衝撃のニュースから一夜明け、2日目となった。<br />昨夜テレビは全て国王陛下崩御に関する放送となり、画面は白黒、僧侶が祈りを捧げるシーンや、国王陛下の業績等が延々と流れていた。<br />交通などへの影響が気になったが、航空会社サイトを見ると、特に欠航などは書かれていない。<br />ただホームページ画面も白黒になっており、喪に服していることが伺えた。<br /><br />今日はスコータイからバスでシーサッチャナーライ歴史公園に行って観光した後、さらに北上してプレーまで行く予定。<br />スコータイのバスターミナルはホテルから直線距離では1kmほどと近いが、グーグルマップでは間に道がなく、ものすごく遠いことになっている。<br />昨日観光案内所でもらったスコータイの地図には、ホテルとの間の道が書かれており、徒歩で行けそうだが、昨日結局バスターミナルの下見ができず、不安があった。<br />スコータイに来てから一台もトゥクトゥクやバイクタクシーを見ておらず、もし道がなかったらどうやって行けばいいんだ?と思っていたが、チェックアウト時、宿の主人に歩いて行けるか聞くと、宿の横の道を進めばよいことを教えてくれた。<br />宿を出ると、さすがに朝だからか宿前に、スコータイに来て初めて見るトゥクトゥクがいた。<br /><br />木々の生い茂る住居の間の細道を進んで行く。

    プミポン国王陛下崩御という衝撃のニュースから一夜明け、2日目となった。
    昨夜テレビは全て国王陛下崩御に関する放送となり、画面は白黒、僧侶が祈りを捧げるシーンや、国王陛下の業績等が延々と流れていた。
    交通などへの影響が気になったが、航空会社サイトを見ると、特に欠航などは書かれていない。
    ただホームページ画面も白黒になっており、喪に服していることが伺えた。

    今日はスコータイからバスでシーサッチャナーライ歴史公園に行って観光した後、さらに北上してプレーまで行く予定。
    スコータイのバスターミナルはホテルから直線距離では1kmほどと近いが、グーグルマップでは間に道がなく、ものすごく遠いことになっている。
    昨日観光案内所でもらったスコータイの地図には、ホテルとの間の道が書かれており、徒歩で行けそうだが、昨日結局バスターミナルの下見ができず、不安があった。
    スコータイに来てから一台もトゥクトゥクやバイクタクシーを見ておらず、もし道がなかったらどうやって行けばいいんだ?と思っていたが、チェックアウト時、宿の主人に歩いて行けるか聞くと、宿の横の道を進めばよいことを教えてくれた。
    宿を出ると、さすがに朝だからか宿前に、スコータイに来て初めて見るトゥクトゥクがいた。

    木々の生い茂る住居の間の細道を進んで行く。

  • 分岐部など所々にバスターミナルの方向を示す看板がある。

    分岐部など所々にバスターミナルの方向を示す看板がある。

  • こっちらしい。

    こっちらしい。

  • 15分ほどで到着。<br />宿泊ホテルからは十分歩いて行ける距離だが、時々野良犬がいるので緊張する。<br />また細道には街灯もないので徒歩での移動は昼間のみに限られる。

    15分ほどで到着。
    宿泊ホテルからは十分歩いて行ける距離だが、時々野良犬がいるので緊張する。
    また細道には街灯もないので徒歩での移動は昼間のみに限られる。

  • 8:20 スコータイ発(45バーツ≒143円)<br />観光案内所でもらったスコータイ地図には、シーサッチャナーライの地図も載っていたので、車掌に地図を見せて、シーサッチャナーライに行きたい旨を伝えておく。

    8:20 スコータイ発(45バーツ≒143円)
    観光案内所でもらったスコータイ地図には、シーサッチャナーライの地図も載っていたので、車掌に地図を見せて、シーサッチャナーライに行きたい旨を伝えておく。

  • いくつかの町を通り抜けてバスは進んでいく。<br />ヨム川のそばを走る。

    いくつかの町を通り抜けてバスは進んでいく。
    ヨム川のそばを走る。

  • 9:20 シーサッチャナーライ歴史公園最寄りのバス停着。<br />予定ではバス停そばの店でレンタサイクルを借りてワットプラシーラタナーマハタートを見たのちに歴史公園に行く予定だったが、降りてすぐ誤りに気付く。<br />店がない!<br />

    9:20 シーサッチャナーライ歴史公園最寄りのバス停着。
    予定ではバス停そばの店でレンタサイクルを借りてワットプラシーラタナーマハタートを見たのちに歴史公園に行く予定だったが、降りてすぐ誤りに気付く。
    店がない!

  • 降車予定していた地点の次の橋に至る道で降車している。<br />ガイドブックにはこちらにもレンタサイクル店があるように書かれているが、見当たらなかった。<br />確かに距離的にはこちらの方が歴史公園に近いが、歴史公園まで2kmほどある。<br />手前のバス停に戻るべきか悩んだが、ここから歩いて歴史公園まで行くことにした。

    降車予定していた地点の次の橋に至る道で降車している。
    ガイドブックにはこちらにもレンタサイクル店があるように書かれているが、見当たらなかった。
    確かに距離的にはこちらの方が歴史公園に近いが、歴史公園まで2kmほどある。
    手前のバス停に戻るべきか悩んだが、ここから歩いて歴史公園まで行くことにした。

  • 途中、他にもレンタサイクル屋がないかビジターセンターなる所で聞いたが、歴史公園入口にしかないとのこと。<br />とても丁寧な対応の若い女性で好感が持てた。<br />静かな田舎道をとぼとぼ歩いていく。

    途中、他にもレンタサイクル屋がないかビジターセンターなる所で聞いたが、歴史公園入口にしかないとのこと。
    とても丁寧な対応の若い女性で好感が持てた。
    静かな田舎道をとぼとぼ歩いていく。

  • 10:00 Wat Kok Singha Lam<br />歴史公園までの道中で急に現れる。<br />木々の中にひっそりあり、とてもいい感じの遺跡。<br />シーサッチャーナーライの期待値が高まる。

    10:00 Wat Kok Singha Lam
    歴史公園までの道中で急に現れる。
    木々の中にひっそりあり、とてもいい感じの遺跡。
    シーサッチャーナーライの期待値が高まる。

  • 他にも道沿いの所々に遺跡がある。<br />静かな田舎町。<br />道中、人にはほとんど会わない。

    他にも道沿いの所々に遺跡がある。
    静かな田舎町。
    道中、人にはほとんど会わない。

  • 歴史公園入口前にあるインフォメーションセンター到着。<br />こちらで大きな荷物を預かってもらう。

    歴史公園入口前にあるインフォメーションセンター到着。
    こちらで大きな荷物を預かってもらう。

  • 横にはレンタサイクルがあり。<br />もっと手前で会いたかったよ…<br /><br />暑いタイでの歩きは体力を消耗する。

    横にはレンタサイクルがあり。
    もっと手前で会いたかったよ…

    暑いタイでの歩きは体力を消耗する。

  • 10:20 シーサッチャナーライ歴史公園入場(100バーツ≒317円)<br />

    10:20 シーサッチャナーライ歴史公園入場(100バーツ≒317円)

  • 歴史公園地図。<br />すごく広い遺跡らしい。<br />今日は時間がないので、入口から近い数ヶ所の遺跡のみ見る予定。

    歴史公園地図。
    すごく広い遺跡らしい。
    今日は時間がないので、入口から近い数ヶ所の遺跡のみ見る予定。

  • 10:40 Wat Nang Phaya<br /><br />歴史公園の入り口から一番近い箇所に位置する遺跡。<br />左側の壁が漆喰塗りで貴重なものらしく、囲いに覆われていた。<br /><br />

    10:40 Wat Nang Phaya

    歴史公園の入り口から一番近い箇所に位置する遺跡。
    左側の壁が漆喰塗りで貴重なものらしく、囲いに覆われていた。

    ワット ナーン パヤー 寺院・教会

  • 趣があってとても素敵な遺跡。<br /><br />それを写真で表せないのが残念。

    趣があってとても素敵な遺跡。

    それを写真で表せないのが残念。

  • 次の遺跡へ。<br />緑豊かな公園内の道を進んでいく。<br />素敵な場所だ。

    次の遺跡へ。
    緑豊かな公園内の道を進んでいく。
    素敵な場所だ。

  • 鳥がたくさんいる。

    鳥がたくさんいる。

  • 草刈り中に出てきた虫を食べに来ている様子。<br />

    草刈り中に出てきた虫を食べに来ている様子。

  • Wat Suan Kaeo Utthayan Yai<br /><br />お椀のような形の仏塔と、柱が残る。

    Wat Suan Kaeo Utthayan Yai

    お椀のような形の仏塔と、柱が残る。

  • 11:00 Wat Chedi Chet Thaeo<br /><br />林立する仏塔。

    11:00 Wat Chedi Chet Thaeo

    林立する仏塔。

    ワット チェデイ チェット テーオ 寺院・教会

  • スコータイの遺跡より煉瓦の目が粗く、色が黒い気がする。<br />それが味となっていい感じ。

    スコータイの遺跡より煉瓦の目が粗く、色が黒い気がする。
    それが味となっていい感じ。

  • 本当に緑豊か。

    本当に緑豊か。

  • 蛇の上で座する仏像。

    蛇の上で座する仏像。

  • 公園内はこのバスでも回れるらしい。

    公園内はこのバスでも回れるらしい。

  • 向かいのWat ChangLom。<br />土台の象の鼻はほとんど残っていない。<br /><br />バス停までまた歩いて帰らないといけないので、シーサッチャナーライ観光はここで終了。<br />来る前はただ少し寄ってみようくらいの気持ちで大して期待していなかったし、観光客も少ないが、素晴らしい遺跡だった。<br />本当に名残惜しい…<br />今度はこちらに1泊くらいしてゆっくり回ってみたい。<br />再訪を誓う。

    向かいのWat ChangLom。
    土台の象の鼻はほとんど残っていない。

    バス停までまた歩いて帰らないといけないので、シーサッチャナーライ観光はここで終了。
    来る前はただ少し寄ってみようくらいの気持ちで大して期待していなかったし、観光客も少ないが、素晴らしい遺跡だった。
    本当に名残惜しい…
    今度はこちらに1泊くらいしてゆっくり回ってみたい。
    再訪を誓う。

  • 12:15 再び降車地点のバス停に戻ってきた。<br />待てども待てどもバスは来ない。<br />一度バナナ売りのおばあさんが声をかけてきた以外、人も通らない…<br /><br />ここだと不安なので、一つ手前の本来降りる予定だったバス停に歩いて行くことにした<br />

    12:15 再び降車地点のバス停に戻ってきた。
    待てども待てどもバスは来ない。
    一度バナナ売りのおばあさんが声をかけてきた以外、人も通らない…

    ここだと不安なので、一つ手前の本来降りる予定だったバス停に歩いて行くことにした

  • 一つ手前のバス停到着。<br /><br />そうそう、バスで降りたかったのはこの門の前なんだよ…<br />門の後ろにはワットプラシーラタナーマハタートの塔が見えており、バスの待ち時間に行けそうな距離だったが、疲れきっており行かなかった。<br />

    一つ手前のバス停到着。

    そうそう、バスで降りたかったのはこの門の前なんだよ…
    門の後ろにはワットプラシーラタナーマハタートの塔が見えており、バスの待ち時間に行けそうな距離だったが、疲れきっており行かなかった。

  • お腹が空いたのでバス停の前の食堂で昼食にする。<br />おばちゃんが忙しそうに料理している。<br />近くではハンモックに揺られておっちゃんが寝ていた…南国。

    お腹が空いたのでバス停の前の食堂で昼食にする。
    おばちゃんが忙しそうに料理している。
    近くではハンモックに揺られておっちゃんが寝ていた…南国。

  • 麺を選べと言われたが分からないので無難そうなビーフン系を選択。<br />まあまあ美味しい。

    麺を選べと言われたが分からないので無難そうなビーフン系を選択。
    まあまあ美味しい。

  • 向かいの黄色い屋根がバス待合所。<br />その後ろは商店でお菓子や飲み物を買える。<br />私達は結局利用できなかったが、この商店で本来レンタサイクルも借りれるらしい。<br />シーサッチャナーライをここのレンタサイクルで回ろうと思われる方は、バスではシーサッチャナーライと言わず、ワットプラシーラタナーマハタートの名前を出した方が確実に降ろしてくれる気がする…<br /><br />バス待合所で待っていると、商店のおじさんがどこに行くのか聞いてきた。<br />「プレー」と言っても通じず、タイ文字の町名を見せると、「ペー!」と言い返された。他の旅行者さんの旅行記にも書かれていたが、やっぱり町の名前は「プレー」でなく、「ペー」なんだ!<br />バスの時間を教えてくれた。<br />同じくバス停にいた西洋人観光客にも行き先に応じたバス時間を教えるなど世話を焼いている。

    向かいの黄色い屋根がバス待合所。
    その後ろは商店でお菓子や飲み物を買える。
    私達は結局利用できなかったが、この商店で本来レンタサイクルも借りれるらしい。
    シーサッチャナーライをここのレンタサイクルで回ろうと思われる方は、バスではシーサッチャナーライと言わず、ワットプラシーラタナーマハタートの名前を出した方が確実に降ろしてくれる気がする…

    バス待合所で待っていると、商店のおじさんがどこに行くのか聞いてきた。
    「プレー」と言っても通じず、タイ文字の町名を見せると、「ペー!」と言い返された。他の旅行者さんの旅行記にも書かれていたが、やっぱり町の名前は「プレー」でなく、「ペー」なんだ!
    バスの時間を教えてくれた。
    同じくバス停にいた西洋人観光客にも行き先に応じたバス時間を教えるなど世話を焼いている。

  • 商店おじさんはバス停前に紫の旗を出してきた。目印らしい。<br /><br />途中スコータイ方面行きのバスが来た時に、向かいの食堂のおばさんが商店おじさんに何か叫んでいて、どうやら私達がスコータイ行きバスに乗らなくて良いか確認している模様。<br />おじさんが、私たちは「ペー」に行くことを説明していた。<br />すごく面倒見のいい人の集まったバス停だ。<br /><br />しばらくして予定時間より早い時間にバスが来て、おじさんと車掌が何やら相談後、「ペー」と呼ばれる。<br />おじさんによると直通でなく、ウタラディットで乗り換えるらしいが、これに乗れとのこと。<br />私達がペーに行くのでウタラディットで降ろすように車掌に説明してくれているようだった。<br /><br />15:40 シーサッチャーナーライ出発<br />思いがけず、すごく面倒見のいい人たちに出会って、嬉しい気分になったバス停だった。<br /><br />続きは<br />『駆け足!国王陛下崩御の中のタイ北部縦断3泊5日(3)途中の町プレー編』<br />https://4travel.jp/travelogue/11360594

    商店おじさんはバス停前に紫の旗を出してきた。目印らしい。

    途中スコータイ方面行きのバスが来た時に、向かいの食堂のおばさんが商店おじさんに何か叫んでいて、どうやら私達がスコータイ行きバスに乗らなくて良いか確認している模様。
    おじさんが、私たちは「ペー」に行くことを説明していた。
    すごく面倒見のいい人の集まったバス停だ。

    しばらくして予定時間より早い時間にバスが来て、おじさんと車掌が何やら相談後、「ペー」と呼ばれる。
    おじさんによると直通でなく、ウタラディットで乗り換えるらしいが、これに乗れとのこと。
    私達がペーに行くのでウタラディットで降ろすように車掌に説明してくれているようだった。

    15:40 シーサッチャーナーライ出発
    思いがけず、すごく面倒見のいい人たちに出会って、嬉しい気分になったバス停だった。

    続きは
    『駆け足!国王陛下崩御の中のタイ北部縦断3泊5日(3)途中の町プレー編』
    https://4travel.jp/travelogue/11360594

この旅行記のタグ

関連タグ

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集