道後温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回はしまなみ海道が自分的にはメインイベントだったのですが、道後温泉も尾道も30年ぶりの倉敷も最高でした!<br />出だしは雨でしたが、最終日は晴れ。終わり良ければ総て良し!?<br />先ずは松山、瀬戸大橋、道後温泉、しまなみ海道まで。

道後温泉から、しまなみ海道、尾道、倉敷。(1)

9いいね!

2018/04/24 - 2018/04/26

473位(同エリア980件中)

0

59

今回はしまなみ海道が自分的にはメインイベントだったのですが、道後温泉も尾道も30年ぶりの倉敷も最高でした!
出だしは雨でしたが、最終日は晴れ。終わり良ければ総て良し!?
先ずは松山、瀬戸大橋、道後温泉、しまなみ海道まで。

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車

PR

  • これまで神戸より西に向かうときは、渋滞覚悟でしたが<br />新名神が開通し、安心??して山陽道を目指します。

    これまで神戸より西に向かうときは、渋滞覚悟でしたが
    新名神が開通し、安心??して山陽道を目指します。

  • さて山陽道はとにかくトンネルが多い!

    さて山陽道はとにかくトンネルが多い!

  • と言っている間に瀬戸大橋!

    と言っている間に瀬戸大橋!

  • 天気は今一ですが<br />景色は最高!<br />(雨の降る日は天気が悪い、悪いはずだよ雨がふる。ってかぁ~)

    天気は今一ですが
    景色は最高!
    (雨の降る日は天気が悪い、悪いはずだよ雨がふる。ってかぁ~)

  • とりあえず「与島」で一服・・・。

    とりあえず「与島」で一服・・・。

  • 天気がね・・でも景色ええわあ・・

    天気がね・・でも景色ええわあ・・

  • パノラマ写真

    パノラマ写真

  • さて先を急ぎます。

    さて先を急ぎます。

  • さて四国に入りました。<br />ここは右です。<br />ここから松山まではまだ100km近くあります。<br />実際走ると結構ありました。

    さて四国に入りました。
    ここは右です。
    ここから松山まではまだ100km近くあります。
    実際走ると結構ありました。

  • さて松山愉快リゾート到着。<br />このシャトルバスで道後温泉まで<br />送ってもらいます。

    さて松山愉快リゾート到着。
    このシャトルバスで道後温泉まで
    送ってもらいます。

  • 「道後温泉駅前」到着。<br />からくり時計

    「道後温泉駅前」到着。
    からくり時計

  • 「春風や<br />ふね伊豫に寄りて<br />道後の湯」<br />柳原 極堂<br />

    「春風や
    ふね伊豫に寄りて
    道後の湯」
    柳原 極堂

  • 「正岡子規」<br />四国(日本で)で野球が盛んなのは<br />この方のおかげですね。

    「正岡子規」
    四国(日本で)で野球が盛んなのは
    この方のおかげですね。

  • あいにくの雨模様なので<br />道後温泉まで商店街のアーケードの<br />中をとおります。

    あいにくの雨模様なので
    道後温泉まで商店街のアーケードの
    中をとおります。

  • 「タルト」はあそこだけじゃないのです!<br />

    「タルト」はあそこだけじゃないのです!

  • ジャーン!<br />いよいよ到着「道後温泉」<br />ホテルで今年中に改装工事に入るとの<br />情報を得ていたので、とりあえず<br />一番高いプランで入場しますv(^^)<br /><br />

    ジャーン!
    いよいよ到着「道後温泉」
    ホテルで今年中に改装工事に入るとの
    情報を得ていたので、とりあえず
    一番高いプランで入場しますv(^^)

  • 3階の個室に案内されます。<br />浴衣に着替えて、お風呂へ。<br />ここ道後温泉は「霊の湯」の男湯、女湯<br />「神の湯」の西と東が男湯。<br />もう一つが女湯の五つ浴室があります。<br />休憩する部屋によって入れるお湯と料金が変わります。<br />私たちは贅沢にも3階個室を選択。<br />入浴は「霊の湯」「神の湯」どちらにも<br />入ることができます。<br />入浴後個室でゆっくりくつろぐことが<br />できました。!(^^)!<br />また「又新殿」(ゆうしんでん)の見学もできます。<br />ここは、皇室専用の浴室で前室に一段高くなった床に<br />同じく1段高くなった天井の天皇陛下の玉座があります。<br />浴槽は今は長年使われなかった為にお湯が出なくなった<br />そうですが、今でも数々の見事な装飾は残され、<br />一見の価値ありです。<br /><br /><br />

    3階の個室に案内されます。
    浴衣に着替えて、お風呂へ。
    ここ道後温泉は「霊の湯」の男湯、女湯
    「神の湯」の西と東が男湯。
    もう一つが女湯の五つ浴室があります。
    休憩する部屋によって入れるお湯と料金が変わります。
    私たちは贅沢にも3階個室を選択。
    入浴は「霊の湯」「神の湯」どちらにも
    入ることができます。
    入浴後個室でゆっくりくつろぐことが
    できました。!(^^)!
    また「又新殿」(ゆうしんでん)の見学もできます。
    ここは、皇室専用の浴室で前室に一段高くなった床に
    同じく1段高くなった天井の天皇陛下の玉座があります。
    浴槽は今は長年使われなかった為にお湯が出なくなった
    そうですが、今でも数々の見事な装飾は残され、
    一見の価値ありです。


  • 広くはないけど、歴史を感じるお部屋です。

    広くはないけど、歴史を感じるお部屋です。

  • お部屋の窓から。

    お部屋の窓から。

  • 「玉の石」を上から見るとこんな感じ。

    「玉の石」を上から見るとこんな感じ。

  • ふうう・・ええお湯やった。<br />

    ふうう・・ええお湯やった。

  • さて、外観は各障子がいろんな絵柄で作られており<br />一見伝統的な外観に不似合いな感じがしましたが<br />見慣れるとキレイです。<br />やっぱり「ゆばあば」が出てきそう?!

    さて、外観は各障子がいろんな絵柄で作られており
    一見伝統的な外観に不似合いな感じがしましたが
    見慣れるとキレイです。
    やっぱり「ゆばあば」が出てきそう?!

  • ここが先ほどの又新殿(ゆうしんでん)の皇族専用の入り口。

    ここが先ほどの又新殿(ゆうしんでん)の皇族専用の入り口。

  • 玉の石<br />「伊予国風土記」には、この二神の伝承として大国主命が、重病の少彦名命を助けようとして、大分の速見の温泉を引き湯あみさせたところ、不思議によみがえり、立ち上がった少彦名命が踏んだ石に足跡が残ったという伝承があります。引用<br />この石に眺めの柄杓でお湯をかけてお祈りします。

    玉の石
    「伊予国風土記」には、この二神の伝承として大国主命が、重病の少彦名命を助けようとして、大分の速見の温泉を引き湯あみさせたところ、不思議によみがえり、立ち上がった少彦名命が踏んだ石に足跡が残ったという伝承があります。引用
    この石に眺めの柄杓でお湯をかけてお祈りします。

  • さて「愉快リゾート」に戻りました。<br />チェックインしてお部屋でくつろぎます。

    さて「愉快リゾート」に戻りました。
    チェックインしてお部屋でくつろぎます。

  • なんと、なぜかホテルの都合とのことで<br />料金そのままでランクアップルームに宿泊しました。<br />6名定員の和洋ルーム。<br />広すぎて背中がスースーします(^^;;;

    なんと、なぜかホテルの都合とのことで
    料金そのままでランクアップルームに宿泊しました。
    6名定員の和洋ルーム。
    広すぎて背中がスースーします(^^;;;

  • ホテルの窓から松山城が見えます。<br />予定ではここへ登る予定でしたが、<br />雨のためまた次回の宿題にします。<br />残念!

    ホテルの窓から松山城が見えます。
    予定ではここへ登る予定でしたが、
    雨のためまた次回の宿題にします。
    残念!

  • さて夜はいつものバイキング。<br />ついつい欲張ってしまいます(^^;;<br />

    さて夜はいつものバイキング。
    ついつい欲張ってしまいます(^^;;

  • かんぱーーい!!

    かんぱーーい!!

  • 今回も翌朝夜明け前の景色。

    今回も翌朝夜明け前の景色。

  • ちょっとゆっくり目(9時すぎ)にホテルを出発。

    ちょっとゆっくり目(9時すぎ)にホテルを出発。

  • 「石手川ダム」<br />ダム好きの私としては、車を止めてちょっと見学します。

    「石手川ダム」
    ダム好きの私としては、車を止めてちょっと見学します。

  • 「白鷺湖」

    「白鷺湖」

  • さて旅行にあまり関係ないですが、<br />松山から今治の間で一瞬ですが<br />20Km/Lを超えました。<br />どうでもいいですが・・<br />15年落ちの車としてはなかなか??<br />最終的にはトータルで16.7km/Lでした。

    さて旅行にあまり関係ないですが、
    松山から今治の間で一瞬ですが
    20Km/Lを超えました。
    どうでもいいですが・・
    15年落ちの車としてはなかなか??
    最終的にはトータルで16.7km/Lでした。

  • さて今治から「しまなみ海道」に入ります!<br />今回のメインイベントです!<br />天気がね・・でも雨は降っていません。

    さて今治から「しまなみ海道」に入ります!
    今回のメインイベントです!
    天気がね・・でも雨は降っていません。

  • 来島海峡SAで早々休憩。<br />いきなりの絶景です!

    来島海峡SAで早々休憩。
    いきなりの絶景です!

  • セルフタイマーでパチリ。

    セルフタイマーでパチリ。

  • 「伯方島」へ。

    「伯方島」へ。

  • 「大三島」へ

    「大三島」へ

  • 「大三島」で一旦おります。<br />

    「大三島」で一旦おります。

  • 道の駅 多々羅しまなみ公園へ<br />ここの道の駅で売っていた<br />いちご(400円)やその他の野菜がめちゃ安かった!<br />けど家までは持たない・・買えない!残念!<br />

    道の駅 多々羅しまなみ公園へ
    ここの道の駅で売っていた
    いちご(400円)やその他の野菜がめちゃ安かった!
    けど家までは持たない・・買えない!残念!

  • 「生口島」へ。

    「生口島」へ。

  • 「向島」へ。<br />そう、あの「向島」です。<br />この時はまだ逃走中でした。<br />早く捕まってほしいですね。<br />交通規制は無くスムーズに渡れました。

    「向島」へ。
    そう、あの「向島」です。
    この時はまだ逃走中でした。
    早く捕まってほしいですね。
    交通規制は無くスムーズに渡れました。

  • ああ、楽しみにしていた<br />「しまなみ海道」ですがあっと言うまに<br />終わってしまいました。<br />この後、尾道に行きます。<br />初めての所に行ったら高い所に上るのが鉄則。<br />千光寺公園を目指します。

    ああ、楽しみにしていた
    「しまなみ海道」ですがあっと言うまに
    終わってしまいました。
    この後、尾道に行きます。
    初めての所に行ったら高い所に上るのが鉄則。
    千光寺公園を目指します。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集