ジェノバ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日は少し忙しい。午前8時、ファンタジアはジェノバに入港する。ジェノバは海洋貿易で栄え、ベネチィアとともに2大海洋共和国として権勢を競った港町である。この町が全盛期を迎えた16~17世紀には豪華な館が競うように建てられ世界遺産にも登録されている。見所は多い。<br />写真:ファンタジアの展望デッキ<br /><br />◎私のホームページに旅行記多数あり。<br />『第二の人生を豊かに』<br />http://www.e-funahashi.jp/<br /><br />『夢の豪華客船クルーズの旅<br />ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』<br />本書完売につき、電子書籍アマゾン・キンドル版として<br />新たに出版しました<br />https://www.amazon.co.jp/dp/B078LPSDYJ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&amp;qid=1514161467&amp;sr=8-1&amp;keywords=B078LPSDYJ

MSCファンタジアによる地中海クルーズ7泊8日(5日目:イタリア・ジェノバ入港)

19いいね!

2016/08/28 - 2016/08/28

56位(同エリア244件中)

今日は少し忙しい。午前8時、ファンタジアはジェノバに入港する。ジェノバは海洋貿易で栄え、ベネチィアとともに2大海洋共和国として権勢を競った港町である。この町が全盛期を迎えた16~17世紀には豪華な館が競うように建てられ世界遺産にも登録されている。見所は多い。
写真:ファンタジアの展望デッキ

◎私のホームページに旅行記多数あり。
『第二の人生を豊かに』
http://www.e-funahashi.jp/

『夢の豪華客船クルーズの旅
ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』
本書完売につき、電子書籍アマゾン・キンドル版として
新たに出版しました
https://www.amazon.co.jp/dp/B078LPSDYJ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1514161467&sr=8-1&keywords=B078LPSDYJ

PR

  • ジェノバの夜明け(写真)。じっと客室で寝ておれないので、一人でベッドを抜け出してオープンデッキ(写真)に行く。

    ジェノバの夜明け(写真)。じっと客室で寝ておれないので、一人でベッドを抜け出してオープンデッキ(写真)に行く。

  • カフェテリアで熱いコーヒーを調達して誰もいないデッキ(写真)をぶらぶらする。そして気に入った場所があれば座って物思いにふける。ここは豪華客船の上、早朝の静寂もまた格別の味わいがある。

    カフェテリアで熱いコーヒーを調達して誰もいないデッキ(写真)をぶらぶらする。そして気に入った場所があれば座って物思いにふける。ここは豪華客船の上、早朝の静寂もまた格別の味わいがある。

  • そのうち妻も早起きし、二人で早朝のビュッフェ・レストラン(写真)に行く。いつも我々が一番早いくらいで、最も眺めの良い窓側の席を確保する。

    そのうち妻も早起きし、二人で早朝のビュッフェ・レストラン(写真)に行く。いつも我々が一番早いくらいで、最も眺めの良い窓側の席を確保する。

  • そして、ビュッフェの朝食(写真)。我ながらいつも食欲旺盛である。客室内には体重計がないので、体重増加は知らない。

    そして、ビュッフェの朝食(写真)。我ながらいつも食欲旺盛である。客室内には体重計がないので、体重増加は知らない。

  • 折角の食べ放題のクルーズだ。体重計は無視無視、心と体を開放してめいっぱいクルーズを楽しもう!朝食後客室に帰ってみると、船は既にジェノバ港に入港している。バルコニーからは朝日に輝くジェノバ(写真)が目の前だ。

    折角の食べ放題のクルーズだ。体重計は無視無視、心と体を開放してめいっぱいクルーズを楽しもう!朝食後客室に帰ってみると、船は既にジェノバ港に入港している。バルコニーからは朝日に輝くジェノバ(写真)が目の前だ。

  • 食事の後、好きな音楽でも聞きながらベッドでゴロゴロするのは至福のひと時である。しかし、腹いっぱい食べて寝転がっていると、余分な栄養、特に糖質は血管を傷つけ、余った糖質は脂肪に変換されて内蔵脂肪として蓄えられる。肥満一直線!<br />写真:朝食後のデッキの散歩

    食事の後、好きな音楽でも聞きながらベッドでゴロゴロするのは至福のひと時である。しかし、腹いっぱい食べて寝転がっていると、余分な栄養、特に糖質は血管を傷つけ、余った糖質は脂肪に変換されて内蔵脂肪として蓄えられる。肥満一直線!
    写真:朝食後のデッキの散歩

  • 血糖値が急激に上昇するとインシュリンも大量に放出され膵臓に負担をかける。これを長年繰り返すと「ようこそ糖尿病外来へ」となる。<br />写真:朝食後のデッキの散歩(有料エリアに無断で入る)

    血糖値が急激に上昇するとインシュリンも大量に放出され膵臓に負担をかける。これを長年繰り返すと「ようこそ糖尿病外来へ」となる。
    写真:朝食後のデッキの散歩(有料エリアに無断で入る)

  • 健康のためには、食後30分以内の軽い運動が非常に効果的である。軽く体を動かすことによって、全身の筋肉で糖質を消費してしまう。食後、急激に上昇した血糖値は自然に下がっていく。<br />写真:朝食後のデッキの散歩(有料エリアに無断で入る)

    健康のためには、食後30分以内の軽い運動が非常に効果的である。軽く体を動かすことによって、全身の筋肉で糖質を消費してしまう。食後、急激に上昇した血糖値は自然に下がっていく。
    写真:朝食後のデッキの散歩(有料エリアに無断で入る)

  • インシュリンの過剰放出を抑え、余分な糖質も燃やしてしまうので、肥満対策にもなる。いいことばかり。食後のごろ寝の至福の時間を捨てて軽い散歩に出よう。<br />写真:朝のジェノバ港

    インシュリンの過剰放出を抑え、余分な糖質も燃やしてしまうので、肥満対策にもなる。いいことばかり。食後のごろ寝の至福の時間を捨てて軽い散歩に出よう。
    写真:朝のジェノバ港

  • さあ、今日はジェノバ観光だ。朝9時頃には下船して徒歩でジェノバの旧市街を歩き回る。いつものように私が添乗員で熟年の方々を案内する。責任は重い。

    さあ、今日はジェノバ観光だ。朝9時頃には下船して徒歩でジェノバの旧市街を歩き回る。いつものように私が添乗員で熟年の方々を案内する。責任は重い。

  • 実は、我々夫婦にとってジェノバは2度目の訪問である。奇遇にも1回目も地中海クルーズの寄港地であった。2010年5月8日、MSCスプレンディダに乗船してこの地にやってきた。<br />写真:宮殿のように豪華な建築物

    実は、我々夫婦にとってジェノバは2度目の訪問である。奇遇にも1回目も地中海クルーズの寄港地であった。2010年5月8日、MSCスプレンディダに乗船してこの地にやってきた。
    写真:宮殿のように豪華な建築物

  • その時の旅行記は以下に詳しい。<br />ジェノバに興味のある方はここを参照して頂きたい。<br />https://4travel.jp/travelogue/10461257<br />

    その時の旅行記は以下に詳しい。
    ジェノバに興味のある方はここを参照して頂きたい。
    https://4travel.jp/travelogue/10461257

  • また、前回の地中海クルーズはローマ(チビタベッキア)を起点に「ジェノバ→マルセイユ→バルセロナ→チュニジア(チュニス)→マルタ島(ヴァレッタ)→シチリア島(メッシーナ)→チビタベッキア」というコースだった。<br />詳しくは以下、私の著書参照。<br />https://www.amazon.co.jp/dp/B078LPSDYJ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&amp;qid=1514161467&amp;sr=8-1&amp;keywords=B078LPSDYJ

    また、前回の地中海クルーズはローマ(チビタベッキア)を起点に「ジェノバ→マルセイユ→バルセロナ→チュニジア(チュニス)→マルタ島(ヴァレッタ)→シチリア島(メッシーナ)→チビタベッキア」というコースだった。
    詳しくは以下、私の著書参照。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B078LPSDYJ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1514161467&sr=8-1&keywords=B078LPSDYJ

  • バルビ通りの王宮から観光を開始する。王宮の外観は質素であるが内部の装飾は素晴らしい。

    バルビ通りの王宮から観光を開始する。王宮の外観は質素であるが内部の装飾は素晴らしい。

  • バルビ通りの終点に大きな教会「アンヌンツィアータ教会」(写真)があり、ここで一休みする。我々にとって教会は無料で使える休憩所である。

    バルビ通りの終点に大きな教会「アンヌンツィアータ教会」(写真)があり、ここで一休みする。我々にとって教会は無料で使える休憩所である。

  • 金箔で飾られた天井壁画(写真)が素晴らしい。

    金箔で飾られた天井壁画(写真)が素晴らしい。

  • ジェノバ繁栄の象徴であるガリバルディ通りには豪華な宮殿群が集中している。16世紀~17世紀にかけて造られた見事な建築物が観光客を楽しませてくれる。<br />写真:赤の宮殿

    ジェノバ繁栄の象徴であるガリバルディ通りには豪華な宮殿群が集中している。16世紀~17世紀にかけて造られた見事な建築物が観光客を楽しませてくれる。
    写真:赤の宮殿

  • 妻はヨーロッパの古い街並みが大好きで、タイムスリップして当時の貴婦人になれるらしい。「素敵な街並みね。ジェノバの風がが吹いているわ…」とつぶやきながらどんどん先を行く。<br />写真:白の宮殿

    妻はヨーロッパの古い街並みが大好きで、タイムスリップして当時の貴婦人になれるらしい。「素敵な街並みね。ジェノバの風がが吹いているわ…」とつぶやきながらどんどん先を行く。
    写真:白の宮殿

  • ジェノバの中心地「フェッラーリ広場」(写真)まで足を延ばす。この広場に面するカフェでコーヒータイム(+トイレ休憩)にする。さて、これからどうする?4人で話し合っているうちに…。

    ジェノバの中心地「フェッラーリ広場」(写真)まで足を延ばす。この広場に面するカフェでコーヒータイム(+トイレ休憩)にする。さて、これからどうする?4人で話し合っているうちに…。

  • 今日は天気がいいので丘の上に行ってみよう!ということになった。広場からタクシーに乗り、ケーブルカー乗り場まで案内してもらう。そして、ケーブルカー(写真)に乗って…。

    今日は天気がいいので丘の上に行ってみよう!ということになった。広場からタクシーに乗り、ケーブルカー乗り場まで案内してもらう。そして、ケーブルカー(写真)に乗って…。

  • ジェノバを見下ろす丘の上に行くと、絶景が広がっていた。海とは反対側には緑の山々(写真)が続いている。

    ジェノバを見下ろす丘の上に行くと、絶景が広がっていた。海とは反対側には緑の山々(写真)が続いている。

  • そして、この絶景の場所にレストランがあり、テラス席(写真)が海側に張り出している。ランチはここに決定!と思いきや、行ってみると満席御礼である。しかたがないので室内で軽いランチにする。

    そして、この絶景の場所にレストランがあり、テラス席(写真)が海側に張り出している。ランチはここに決定!と思いきや、行ってみると満席御礼である。しかたがないので室内で軽いランチにする。

  • 午後3時頃にはファンタジアに帰ってくる。部屋でシャワーを浴び、30分くらい仮眠する。これで元気回復し船内徘徊に出かける。それにしても、この混雑ぶり(写真)には驚く。

    午後3時頃にはファンタジアに帰ってくる。部屋でシャワーを浴び、30分くらい仮眠する。これで元気回復し船内徘徊に出かける。それにしても、この混雑ぶり(写真)には驚く。

  • ここはデズニーランドか?と思うくらい混雑しており、「優雅な船旅」というイメージは吹っ飛んでしまう。

    ここはデズニーランドか?と思うくらい混雑しており、「優雅な船旅」というイメージは吹っ飛んでしまう。

  • プールサイドでは真っ赤な衣装を着たダンサー達(写真)がラテン系の軽快な音楽に合わせて踊っている。スタイル抜群でかっこいい~。ダンサー達につられて一緒に踊りだす乗客もいる。

    プールサイドでは真っ赤な衣装を着たダンサー達(写真)がラテン系の軽快な音楽に合わせて踊っている。スタイル抜群でかっこいい~。ダンサー達につられて一緒に踊りだす乗客もいる。

  • プールサイドのジャグジーは、まさに「いも洗い」状態。ここに飛び込んでいければたいしたものだ。Excuse me. Where are you from?

    プールサイドのジャグジーは、まさに「いも洗い」状態。ここに飛び込んでいければたいしたものだ。Excuse me. Where are you from?

  • プールサイドのステージ(写真)では乗客参加の踊り・ゲームが目白押しで、いつも盛り上がっている。カジュアル船であるMSCクルーズは、まさに大衆レジャーである。

    プールサイドのステージ(写真)では乗客参加の踊り・ゲームが目白押しで、いつも盛り上がっている。カジュアル船であるMSCクルーズは、まさに大衆レジャーである。

  • 14万トンのファンタジアは大きい。プールサイドを離れ展望デッキの後方に行くと、さっきまでの喧騒が嘘のように静かだ。

    14万トンのファンタジアは大きい。プールサイドを離れ展望デッキの後方に行くと、さっきまでの喧騒が嘘のように静かだ。

  • 午後6時、ファンタジアはジェノバを出港する。何事も出会いは素晴らしく、別れはもの悲しい。ゆっくり離れていく豪華客船の上から見るジェノバ(写真)は実に美しい。

    午後6時、ファンタジアはジェノバを出港する。何事も出会いは素晴らしく、別れはもの悲しい。ゆっくり離れていく豪華客船の上から見るジェノバ(写真)は実に美しい。

  • コーヒーを片手にデッキから離れゆくジェノバを見送る。ふとその時、金髪の美しい娘さん(写真中央)を見つけた。顔もスタイルもモデルのように美しい。

    コーヒーを片手にデッキから離れゆくジェノバを見送る。ふとその時、金髪の美しい娘さん(写真中央)を見つけた。顔もスタイルもモデルのように美しい。

  • もし、私が若かったら…。豪華客船の上でふと知り合った若い男女、恋に落ちるまで時間はかからない。ドラマがはじまる。どうも私は夢追い人のようである。地元のモーターボートやヨット(写真)がファンタジアの出港を見送ってくれる。

    もし、私が若かったら…。豪華客船の上でふと知り合った若い男女、恋に落ちるまで時間はかからない。ドラマがはじまる。どうも私は夢追い人のようである。地元のモーターボートやヨット(写真)がファンタジアの出港を見送ってくれる。

  • 私は映画『タイタニック』が好きだ。お金がなく親もいない貧乏な若者が夢と希望にあふれてたった一人でアメリカ(ニューヨーク)に向かう。

    私は映画『タイタニック』が好きだ。お金がなく親もいない貧乏な若者が夢と希望にあふれてたった一人でアメリカ(ニューヨーク)に向かう。

  • そして当時の最大・最新鋭の豪華客船「タイタニック」上で貴族の令嬢と知り合う。美貌の彼女は自分の将来に絶望して身投げしようとする。そして若き青年と出会う。ドラマだね~。離れゆくジェノバ(写真)を眺めながら、タイタニックの世界を思い出してみよう。<br />映画「タイタニック」主題歌<br />https://www.youtube.com/watch?v=zXHCAYlfsNQ<br />

    そして当時の最大・最新鋭の豪華客船「タイタニック」上で貴族の令嬢と知り合う。美貌の彼女は自分の将来に絶望して身投げしようとする。そして若き青年と出会う。ドラマだね~。離れゆくジェノバ(写真)を眺めながら、タイタニックの世界を思い出してみよう。
    映画「タイタニック」主題歌
    https://www.youtube.com/watch?v=zXHCAYlfsNQ

  • 映画タイタニックの中で私が一番好きな場面は「1等客室専用のディナー」である。世界の富豪が集うディナーに、全く無名・無一文・住む家もない若者が招かれる。<br />写真:前菜1

    映画タイタニックの中で私が一番好きな場面は「1等客室専用のディナー」である。世界の富豪が集うディナーに、全く無名・無一文・住む家もない若者が招かれる。
    写真:前菜1

  • 普通なら緊張して何もしゃべれない若者だが、ディナーテーブルを囲む世界の富豪を相手に堂々と渡り合うジャックのかっこよさ!私は「これだ」と思った。<br />写真:前菜2

    普通なら緊張して何もしゃべれない若者だが、ディナーテーブルを囲む世界の富豪を相手に堂々と渡り合うジャックのかっこよさ!私は「これだ」と思った。
    写真:前菜2

  • つまり、アメリカ発の豪華客船にたった一人で乗り込んで、ディナーに集う外国人相手に堂々と英語で会話を楽しむ。<br />写真:スープ

    つまり、アメリカ発の豪華客船にたった一人で乗り込んで、ディナーに集う外国人相手に堂々と英語で会話を楽しむ。
    写真:スープ

  • 英会話上達の実践練習にこれ程いいチャンスはない。しかも巨大クルーズ船のインサイド客室は格安(1泊1万円程度)である。3食付きなのでホテルに泊まるより安い!おまけに英会話の授業料はタダだ。<br />写真:リゾット

    英会話上達の実践練習にこれ程いいチャンスはない。しかも巨大クルーズ船のインサイド客室は格安(1泊1万円程度)である。3食付きなのでホテルに泊まるより安い!おまけに英会話の授業料はタダだ。
    写真:リゾット

  • 今でも鮮明に覚えている。2005年4月、私は53才で早期退職し、退職記念の第1弾として一人で豪華客船に乗り込んだ。<br />写真:メイン料理1

    今でも鮮明に覚えている。2005年4月、私は53才で早期退職し、退職記念の第1弾として一人で豪華客船に乗り込んだ。
    写真:メイン料理1

  • ロサンゼルス発「メキシコクルーズ 4泊5日」、憧れの客船はロイヤルカリービアン社の『モナーク・オブ・ザ・シーズ』(約7万トン)である。<br />写真:メイン料理2

    ロサンゼルス発「メキシコクルーズ 4泊5日」、憧れの客船はロイヤルカリービアン社の『モナーク・オブ・ザ・シーズ』(約7万トン)である。
    写真:メイン料理2

  • そこで見たものは「肥満大国アメリカの現実と大衆レジャーとしての豪華客船」だった。日本人の描いている優雅な船旅が吹っ飛んだ。そして、最大の関門のディナーは「挫折の連続」だった。<br />写真:デザート

    そこで見たものは「肥満大国アメリカの現実と大衆レジャーとしての豪華客船」だった。日本人の描いている優雅な船旅が吹っ飛んだ。そして、最大の関門のディナーは「挫折の連続」だった。
    写真:デザート

  • これが英会話学習の強烈なバネになった。「よし、今度クルーズに乗ったらもっとうまくしゃべろう」と。私は帰国後、本気になって英語の勉強をはじめた。<br /><br />英会話上達に興味のある人は以下、私のホームページ参照。<br />『英語は世界を開くー悪戦苦闘 私の英語学習遍歴ー』<br />http://www.e-funahashi.jp/english/english01/index.htm<br /><br />写真:客室のターンダウンされたベッド

    これが英会話学習の強烈なバネになった。「よし、今度クルーズに乗ったらもっとうまくしゃべろう」と。私は帰国後、本気になって英語の勉強をはじめた。

    英会話上達に興味のある人は以下、私のホームページ参照。
    『英語は世界を開くー悪戦苦闘 私の英語学習遍歴ー』
    http://www.e-funahashi.jp/english/english01/index.htm

    写真:客室のターンダウンされたベッド

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ジェノバ(イタリア) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集