フエ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
お客さんと料理教室の生徒さんで行く「グルメツアーを開催」今回は今ホットな話題のベトナム中部の町を巡りました。<br />二回目は、フエの朝からローカル料理を数軒回ってから観光を。最初はトウドゥック帝廟に向かいます。

2日目はローカル料理を攻めてからトウドゥック帝廟へ ベトナム中部グルメツアーその2 

7いいね!

2017/11/25 - 2017/11/25

327位(同エリア609件中)

お客さんと料理教室の生徒さんで行く「グルメツアーを開催」今回は今ホットな話題のベトナム中部の町を巡りました。
二回目は、フエの朝からローカル料理を数軒回ってから観光を。最初はトウドゥック帝廟に向かいます。

同行者
友人
交通手段
レンタカー 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0

PR

  • 2日目になります。昨夜の宮廷料理は豪華絢爛でしたが、グルメの網羅を考えるならば、ここからが本番。フエのローカルグルメを朝からふんだんにいただきます。<br /><br /><br />ホテルから見た風景。フオン川から見る風景を見ると、異国に来たことが夢でないことを再認識させられます。

    2日目になります。昨夜の宮廷料理は豪華絢爛でしたが、グルメの網羅を考えるならば、ここからが本番。フエのローカルグルメを朝からふんだんにいただきます。


    ホテルから見た風景。フオン川から見る風景を見ると、異国に来たことが夢でないことを再認識させられます。

  • フエの旧市街と新市街を隔てている。こののどかな風景をずっと見ていたい気がしますが、そうもいきません。取りあえず朝食をいただきましょう。

    フエの旧市街と新市街を隔てている。こののどかな風景をずっと見ていたい気がしますが、そうもいきません。取りあえず朝食をいただきましょう。

  • と言う事でホテルの朝食会場にやってきました。

    と言う事でホテルの朝食会場にやってきました。

  • ビユッへバイキング形式は大抵どこも同じではありますが・・・。

    ビユッへバイキング形式は大抵どこも同じではありますが・・・。

  • でも、フエらしいプルプル系の郷土料理いっぱいありましてですね。<br />このホテルのバイキングは侮れませんでしたね。<br />(フィリピン・マニラやインドネシア・ジャカルタでも同様の経験をしました)<br /><br />メンバーの皆様「ちょっと」と言ってましたけど、<br />美味しさに負けて、いっぱい食べてました。それに尽きますね。

    でも、フエらしいプルプル系の郷土料理いっぱいありましてですね。
    このホテルのバイキングは侮れませんでしたね。
    (フィリピン・マニラやインドネシア・ジャカルタでも同様の経験をしました)

    メンバーの皆様「ちょっと」と言ってましたけど、
    美味しさに負けて、いっぱい食べてました。それに尽きますね。

  • フエの宮廷料理と双璧を成す名物がこちらのブンボーフエ。<br />日本語で「ガイドブック掲載の店」と言う表記は本来やめてほしいところですが、<br />それは店の都合で仕方がない。でも名物なのです。

    フエの宮廷料理と双璧を成す名物がこちらのブンボーフエ。
    日本語で「ガイドブック掲載の店」と言う表記は本来やめてほしいところですが、
    それは店の都合で仕方がない。でも名物なのです。

  • と言う事でこちらがブンボーフエです。辛い麺のような扱いとして<br />日本のテレビで紹介していたのを昔見たことがありますが、辛い麺と言うより濃厚な味わいが特徴のような気がします。丸米麺(ブン)も太いのが特徴です。

    と言う事でこちらがブンボーフエです。辛い麺のような扱いとして
    日本のテレビで紹介していたのを昔見たことがありますが、辛い麺と言うより濃厚な味わいが特徴のような気がします。丸米麺(ブン)も太いのが特徴です。

  • 皆の表情がすべてを物語ってますね。<br /><br />さて、もう一軒。朝から3食と言うのもすごいことですが、今回お世話になっているドライバーさんのおすすめのお店に行きます。

    皆の表情がすべてを物語ってますね。

    さて、もう一軒。朝から3食と言うのもすごいことですが、今回お世話になっているドライバーさんのおすすめのお店に行きます。

  • <br />こちらです。バイクがいっぱい並んでますね。これがおいしい店の証なのです。


    こちらです。バイクがいっぱい並んでますね。これがおいしい店の証なのです。

  • こちらは、蜆(シジミ)ごはん「コムヘン」のお店。<br />フエ第三名物がこの蜆ごはんです。

    こちらは、蜆(シジミ)ごはん「コムヘン」のお店。
    フエ第三名物がこの蜆ごはんです。

  • コムヘンは、炊いたシジミを野菜、薬味、ナッツなどと和えて白米にのせ、<br />最後にシジミ汁をかけて頂く料理です。<br />(ちなみにこの店は、上記「汁なし」と下記「汁あり」があります)

    コムヘンは、炊いたシジミを野菜、薬味、ナッツなどと和えて白米にのせ、
    最後にシジミ汁をかけて頂く料理です。
    (ちなみにこの店は、上記「汁なし」と下記「汁あり」があります)

  • お店によって使用する具が異なったり<br />するそうですが、基本的に朝食で食べる事が多い料理なので、<br />一部のお店はランチ前に閉めてしまったりするそうです。

    お店によって使用する具が異なったり
    するそうですが、基本的に朝食で食べる事が多い料理なので、
    一部のお店はランチ前に閉めてしまったりするそうです。

  • 恐らくこれが少人数なら無理があるのです。今回8人で食べるから<br />ホテル朝食・ブンボーフエ・蜆ごはんを食べることができたのですね。<br /><br />でもねここ、めちゃめちゃ美味しいかったんですよ(3食目にもかかわらず)<br />お腹いっぱいなのにスプーンとまらなかったんですから。

    恐らくこれが少人数なら無理があるのです。今回8人で食べるから
    ホテル朝食・ブンボーフエ・蜆ごはんを食べることができたのですね。

    でもねここ、めちゃめちゃ美味しいかったんですよ(3食目にもかかわらず)
    お腹いっぱいなのにスプーンとまらなかったんですから。

  • さて、これから観光が始まります。まずはおやつにこちらのお餅を買いました。<br />先ほどのシジミごはんやさんの前に座っていました。

    さて、これから観光が始まります。まずはおやつにこちらのお餅を買いました。
    先ほどのシジミごはんやさんの前に座っていました。

  • 実は道端に座っているおばさんの手作り品は狙い目で、美味しいものがいっぱい。<br />今回も見逃さないようにしています。

    実は道端に座っているおばさんの手作り品は狙い目で、美味しいものがいっぱい。
    今回も見逃さないようにしています。

  • 朝食を終えて、昨日からチャーターしているミニバスに乗って古都フエ遺跡めぐり<br />を開始しました。<br /><br />最初に向かったのは皇帝の王墓。四代皇帝トゥドゥック帝陵です。

    朝食を終えて、昨日からチャーターしているミニバスに乗って古都フエ遺跡めぐり
    を開始しました。

    最初に向かったのは皇帝の王墓。四代皇帝トゥドゥック帝陵です。

    トゥドゥック帝陵 建造物

  • 歴代皇帝の中で在位期間35年と一番長かったトゥドゥック帝が1864年から3年をかけて建てられた巨大な施設で、墓以外にも住居や寺院や池などがあり、この池では皇帝が釣りを楽しんだという記録が残っています

    歴代皇帝の中で在位期間35年と一番長かったトゥドゥック帝が1864年から3年をかけて建てられた巨大な施設で、墓以外にも住居や寺院や池などがあり、この池では皇帝が釣りを楽しんだという記録が残っています

  • <br />ですから、墓参りと言う雰囲気と言う感じではないです。


    ですから、墓参りと言う雰囲気と言う感じではないです。

  • 皇帝の遺品などが残されている寺院から外を見ると、およそ他の東南アジア圏とは違うベトナムの小中華的な雰囲気が、しっとりと映し出されているかのようです。

    皇帝の遺品などが残されている寺院から外を見ると、およそ他の東南アジア圏とは違うベトナムの小中華的な雰囲気が、しっとりと映し出されているかのようです。

  • フエの歴代皇帝13代の皇帝廟うち、実際に観光地として有名なのが、このトゥドック以外に、カンディン帝とミンマン帝があります。

    フエの歴代皇帝13代の皇帝廟うち、実際に観光地として有名なのが、このトゥドック以外に、カンディン帝とミンマン帝があります。

  • しかしながら、あくまで「グルメ」を重視した今回の旅。そのため時間の関係でフエ王宮に一番近いこのトゥドック帝だけ立ち寄ったのでした。

    しかしながら、あくまで「グルメ」を重視した今回の旅。そのため時間の関係でフエ王宮に一番近いこのトゥドック帝だけ立ち寄ったのでした。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 150円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フエ(ベトナム) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集