ポストイナ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
晴天のブレッド湖畔観光の後はボストイナ鍾乳洞観光。<br />私的には出発前に一番興味があったところ。<br />この地方は10月の降水量が一番多いと出ていたので、天気は期待していなかった。<br />天気が悪くても鍾乳洞なら関係ないしね。<br />期待してがっかりするのが嫌なので、ついこういう思考回路になってしまう。<br />歩くのが大変でもトロッコがあるというのも魅力。<br />実はトロッコは行き帰りだけで鍾乳洞の中は歩くのですが・・・<br /><br />バスは一路ボストイナへ。<br />日本を出てから長い一日は続き、さすがにバスの中では睡魔が襲って来る。<br />ボストイナには早めに到着したもののトロッコの予約時間は4時。<br />待たねばならない。<br />周りは東洋系の団体観光客でいっぱい。<br />これにはさすがにビックリ。<br />写真を取ると「ここは軽井沢か?」って感じ。<br />鍾乳洞から出てきたら、勤務時間終了なのかトイレまで戸締りされていた。<br />まだお客がいるのにこの神経理解に苦しむ。<br />元社会主義国だから?<br />バスは国境を抜けて、今夜の宿泊地ザグレブへ。<br />国境ではパスポートチェックがありました。<br />時間もかかります。早くホテルに入りたい~!<br /><br /><br />

碧く輝くスロベニア・ボストイナ(2)

18いいね!

2017/10/13 - 2017/10/13

37位(同エリア98件中)

0

14

RIO

RIOさん

晴天のブレッド湖畔観光の後はボストイナ鍾乳洞観光。
私的には出発前に一番興味があったところ。
この地方は10月の降水量が一番多いと出ていたので、天気は期待していなかった。
天気が悪くても鍾乳洞なら関係ないしね。
期待してがっかりするのが嫌なので、ついこういう思考回路になってしまう。
歩くのが大変でもトロッコがあるというのも魅力。
実はトロッコは行き帰りだけで鍾乳洞の中は歩くのですが・・・

バスは一路ボストイナへ。
日本を出てから長い一日は続き、さすがにバスの中では睡魔が襲って来る。
ボストイナには早めに到着したもののトロッコの予約時間は4時。
待たねばならない。
周りは東洋系の団体観光客でいっぱい。
これにはさすがにビックリ。
写真を取ると「ここは軽井沢か?」って感じ。
鍾乳洞から出てきたら、勤務時間終了なのかトイレまで戸締りされていた。
まだお客がいるのにこの神経理解に苦しむ。
元社会主義国だから?
バスは国境を抜けて、今夜の宿泊地ザグレブへ。
国境ではパスポートチェックがありました。
時間もかかります。早くホテルに入りたい~!


旅行の満足度
5.0
同行者
友人
交通手段
観光バス
航空会社
ターキッシュ エアラインズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • トロッコの予約時間1時間前に到着。今夜はザグレブ泊なのでできれば早くホテルに入りたい。時間変更に一途の望みをかけてたけど、ダメだった。<br />トロッコ予約時間までしばし自由時間。<br />でも夜行便で朝から観光、気温は高く、日差しも強く、皆少しお疲れの様子。

    トロッコの予約時間1時間前に到着。今夜はザグレブ泊なのでできれば早くホテルに入りたい。時間変更に一途の望みをかけてたけど、ダメだった。
    トロッコ予約時間までしばし自由時間。
    でも夜行便で朝から観光、気温は高く、日差しも強く、皆少しお疲れの様子。

  • それでも美しい風景に誘われて周囲を散策。<br />公園のように整備されて散策にはもってこいの場所。

    それでも美しい風景に誘われて周囲を散策。
    公園のように整備されて散策にはもってこいの場所。

  • 周囲の地図。<br />一周したかったのですが、<br />数か所通行禁止になっていて来た道を戻ることに。

    周囲の地図。
    一周したかったのですが、
    数か所通行禁止になっていて来た道を戻ることに。

  • いよいよトロッコ列車で鍾乳洞に入って行きます。<br />200人が一度に下ります。<br />なぜか東洋人団体ばかり、欧米人は見かけません。<br />「ここは日本か?」という雰囲気。<br />このトロッコが期待以上。ちょっとしたアトラクション。かなりのスピートで狭い坑内を進むので壁や天井にぶつからないのかと恐怖を感じる。<br />シートベルト無しだから、全て自己責任。過去に事故は起きていないのかな?

    いよいよトロッコ列車で鍾乳洞に入って行きます。
    200人が一度に下ります。
    なぜか東洋人団体ばかり、欧米人は見かけません。
    「ここは日本か?」という雰囲気。
    このトロッコが期待以上。ちょっとしたアトラクション。かなりのスピートで狭い坑内を進むので壁や天井にぶつからないのかと恐怖を感じる。
    シートベルト無しだから、全て自己責任。過去に事故は起きていないのかな?

  • 地下に着いてから1.7キロほど遊歩道を歩くのですが、そのスケールの大きさにビックリ。<br />ニュージーランドなどでも素晴らしい鍾乳洞に入ったことはあるのですが<br />とにかく規模が違います。<br />地下に異次元世界が広がっている感じ。<br />地中人がいても不思議ではないと思ってしまいます。

    地下に着いてから1.7キロほど遊歩道を歩くのですが、そのスケールの大きさにビックリ。
    ニュージーランドなどでも素晴らしい鍾乳洞に入ったことはあるのですが
    とにかく規模が違います。
    地下に異次元世界が広がっている感じ。
    地中人がいても不思議ではないと思ってしまいます。

  • いろいろと名前が付いていましたが・・・

    いろいろと名前が付いていましたが・・・

  • とにかく凄いと思いながら進みます。

    とにかく凄いと思いながら進みます。

  • ちょっと照明が明るい場所でしか、私のデジカメでは撮れません。

    ちょっと照明が明るい場所でしか、私のデジカメでは撮れません。

  • ぶれないで撮れたものだけアップします。

    ぶれないで撮れたものだけアップします。

  • イヤーホンガイドはあるので、それを聞きながら進みます。<br />通路は滑らないように加工されているのですが、ここでは歩き易い靴は必須。

    イヤーホンガイドはあるので、それを聞きながら進みます。
    通路は滑らないように加工されているのですが、ここでは歩き易い靴は必須。

  • 鍾乳石の色もいろいろ、形もいろいろ。不思議です。

    鍾乳石の色もいろいろ、形もいろいろ。不思議です。

  • 白い鍾乳石の後ろに有名な「レペ・ヤメ」があるのですが、うまく撮影できませんでした。

    白い鍾乳石の後ろに有名な「レペ・ヤメ」があるのですが、うまく撮影できませんでした。

  • やっとホテルに到着したのは9時過ぎ。<br />夕食はブッフェスタイルの予定だったのですが、品数は少なくて完全に残り物。<br />食べられただけでもラッキーと考えねば。<br />ここで問題。<br />ホテルはザグレブで通貨はクーナ。<br />スロベニアはユーロ。<br />現地通貨を持っていません。<br />なのに夕食時の飲み物は水もなくその場で現金支払いをお願いされる。<br />ツアーならせめて食事中の水はセットでツアー代金に入れて欲しい。<br />水分補給は大切。今回の旅で感じたこと。<br />食事のたびに気にしなければならないのは煩わしいと感じるのは私だけ?<br />

    やっとホテルに到着したのは9時過ぎ。
    夕食はブッフェスタイルの予定だったのですが、品数は少なくて完全に残り物。
    食べられただけでもラッキーと考えねば。
    ここで問題。
    ホテルはザグレブで通貨はクーナ。
    スロベニアはユーロ。
    現地通貨を持っていません。
    なのに夕食時の飲み物は水もなくその場で現金支払いをお願いされる。
    ツアーならせめて食事中の水はセットでツアー代金に入れて欲しい。
    水分補給は大切。今回の旅で感じたこと。
    食事のたびに気にしなければならないのは煩わしいと感じるのは私だけ?

  • 部屋は落ち着いた雰囲気でホッとした。<br />成田出発からここまで本当に長かった~!<br /><br />バスタブはなかった~!お風呂に入りたかった~!<br />明日の出発も早いのでおやすみなさい。

    部屋は落ち着いた雰囲気でホッとした。
    成田出発からここまで本当に長かった~!

    バスタブはなかった~!お風呂に入りたかった~!
    明日の出発も早いのでおやすみなさい。

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スロベニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スロベニア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スロベニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集