名古屋 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

名鉄バスセンター→空見スラッジリサイクルセンター→<br />サガミ蕎麦打ち体験(昼食)→鍋屋上野浄水場→<br />名古屋城本丸御殿と東南隅櫓特別公開→名鉄バスセンター<br /><br />空見スラッジリサイクルセンター:市内の水処理センターで<br />発生する汚泥を濃縮・脱水を経て。全量焼却により<br />処理し、焼却によって発生する汚泥焼却灰のほとんど<br />セメント原材料等にリサイクルするセンターです。<br /><br />蕎麦工房サガミ:和食麺処サガミが完全プロデュースする<br />体験型そば打ち工房。二人で1鉢を使用し「水回し」から<br />「麺切り」まで、専門の講師が丁寧に手ほどきしてくれて<br />何とか昼食にあり付けました。<br /><br />鍋屋上野浄水場:名古屋市で最初につくられた浄水場で、<br />大正3年(1914)3月に完成し、同年9月より給水を開始しました。<br />敷地面積は137,325?で、ナゴヤドームが3個入る大きさです。<br />旧第一ポンプ所は、大正3年(1914)9月に完成し、浄水場で作られた水道水を東山配水場へ送るためのポンプ所として、平成4年(1992)までの78年間稼働してきました。平成24年(2012)に「名古屋市指定有形文化財」に指定されました。<br /><br />名古屋城本丸御殿と東南隅櫓特別公開:昭和20年、戦災により焼失しました。2009年1月に復元工事が始まり、2013年5月から「玄関・表書院」、<br />2016年6月からは、「対面所・下御膳所」を公開されました。<br />東南隅櫓は名古屋城に現存する三つの隅櫓[東南(辰巳)、<br />西北(戌亥、清州)西南(未申)]の一つです。<br />東南隅櫓は名古屋城創建当時の原形を伝える建物で、外観は2層で<br />内部は3層になっています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

第63回タメになる大人の社会見学【名古屋の水が美味しい理由を探しに行こう!】名古屋市バスモニターツアー~昼食:ご自身でうつ「手打ちそば」~

5いいね!

2017/03/11 - 2017/03/11

2113位(同エリア3084件中)

    47

    名鉄バスセンター→空見スラッジリサイクルセンター→
    サガミ蕎麦打ち体験(昼食)→鍋屋上野浄水場→
    名古屋城本丸御殿と東南隅櫓特別公開→名鉄バスセンター

    空見スラッジリサイクルセンター:市内の水処理センターで
    発生する汚泥を濃縮・脱水を経て。全量焼却により
    処理し、焼却によって発生する汚泥焼却灰のほとんど
    セメント原材料等にリサイクルするセンターです。

    蕎麦工房サガミ:和食麺処サガミが完全プロデュースする
    体験型そば打ち工房。二人で1鉢を使用し「水回し」から
    「麺切り」まで、専門の講師が丁寧に手ほどきしてくれて
    何とか昼食にあり付けました。

    鍋屋上野浄水場:名古屋市で最初につくられた浄水場で、
    大正3年(1914)3月に完成し、同年9月より給水を開始しました。
    敷地面積は137,325?で、ナゴヤドームが3個入る大きさです。
    旧第一ポンプ所は、大正3年(1914)9月に完成し、浄水場で作られた水道水を東山配水場へ送るためのポンプ所として、平成4年(1992)までの78年間稼働してきました。平成24年(2012)に「名古屋市指定有形文化財」に指定されました。

    名古屋城本丸御殿と東南隅櫓特別公開:昭和20年、戦災により焼失しました。2009年1月に復元工事が始まり、2013年5月から「玄関・表書院」、
    2016年6月からは、「対面所・下御膳所」を公開されました。
    東南隅櫓は名古屋城に現存する三つの隅櫓[東南(辰巳)、
    西北(戌亥、清州)西南(未申)]の一つです。
    東南隅櫓は名古屋城創建当時の原形を伝える建物で、外観は2層で
    内部は3層になっています。







    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    観光バス
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行なし)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      名古屋(愛知) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集