ポーツマス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
イギリス第二の大都市バーミンガムは産業革命の中心的な都市だが、日本人はあまり訪れていない。この度、マリオット系のホテルに1泊宿泊できる権利を得たので、検討した結果、バーミンガムが適当と分かり行ってみることにした。ついでにバーミンガムより日帰りでコヴェントリーに赴く。イギリスはどこに行っても歴史遺跡には事欠かない。

バーミンガム、コヴェントリー、ポーツマス イングランドで世界大戦の戦跡をめぐる

4いいね!

2016/10/01 - 2016/10/07

18位(同エリア60件中)

0

48

hayaojisan

hayaojisanさん

イギリス第二の大都市バーミンガムは産業革命の中心的な都市だが、日本人はあまり訪れていない。この度、マリオット系のホテルに1泊宿泊できる権利を得たので、検討した結果、バーミンガムが適当と分かり行ってみることにした。ついでにバーミンガムより日帰りでコヴェントリーに赴く。イギリスはどこに行っても歴史遺跡には事欠かない。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
3.0
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩
航空会社
アエロフロート・ロシア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • バーミンガムの運河。産業革命当時は原材料の運搬には水運が中心であったのだろう。この町は運河が発達している。

    バーミンガムの運河。産業革命当時は原材料の運搬には水運が中心であったのだろう。この町は運河が発達している。

  • 今では旅情あふれる散歩道になっており、カフェなどの休憩施設も多い。ガス・ストリートというのだそうな。

    今では旅情あふれる散歩道になっており、カフェなどの休憩施設も多い。ガス・ストリートというのだそうな。

  • MAILBOXとは郵便箱の意だが実は商業施設だ。

    MAILBOXとは郵便箱の意だが実は商業施設だ。

  • 長大な舟がやってきた。

    長大な舟がやってきた。

  • そこここに水鳥もたむろする。これはガンでしょうか。

    そこここに水鳥もたむろする。これはガンでしょうか。

  • 対岸にも何かいます。

    対岸にも何かいます。

  • 大きな建物が見えてきた。

    大きな建物が見えてきた。

  • 観光ボートもやってくる。

    観光ボートもやってくる。

  • 煉瓦造りの古びた建物はそれなりに美しい。

    煉瓦造りの古びた建物はそれなりに美しい。

  • これは図書館だがこのあたりの名所の一つだ。

    これは図書館だがこのあたりの名所の一つだ。

  • 内部は開放的。

    内部は開放的。

  • 市街を見晴るかす。

    市街を見晴るかす。

  • この図書館にはシェークスピアの重要なコレクションがある。

    この図書館にはシェークスピアの重要なコレクションがある。

  • 産業革命の重要キャラクター3人。

    産業革命の重要キャラクター3人。

  • ホテルで変なビールを飲みながら休む。

    ホテルで変なビールを飲みながら休む。

  • 散歩していると大きな教会が見えてくる。

    散歩していると大きな教会が見えてくる。

  • 荘厳なたたずまい

    荘厳なたたずまい

  • 逆光だが意外と映るものだ。<br />

    逆光だが意外と映るものだ。

  • 祈りをささげる敬虔な人々

    祈りをささげる敬虔な人々

  • ギター伴奏の聖歌とは珍しい

    ギター伴奏の聖歌とは珍しい

  • 立派なオルガン、音を聞くことはかなわなかった。

    立派なオルガン、音を聞くことはかなわなかった。

  • 背後にwagamamaという店名が見えている。「わがまま」という麺料理の店だ。ロンドンを中心に欧米各地に支店を持つ日本風料理店。ロンドンで1度入ったことがある。日本とは違い無料の水などなく、水を飲みたければ有料のボトルの水を注文しなければならない。

    背後にwagamamaという店名が見えている。「わがまま」という麺料理の店だ。ロンドンを中心に欧米各地に支店を持つ日本風料理店。ロンドンで1度入ったことがある。日本とは違い無料の水などなく、水を飲みたければ有料のボトルの水を注文しなければならない。

  • 列車でコヴェントリーへ向かう。

    列車でコヴェントリーへ向かう。

  • 1300年建立のコヴェントリーの大聖堂は1940年+11月14日の夜、ドイツ空軍の爆撃により廃墟と化した。今日も平和と和解のシンボルとして当時のまま保存されている。

    1300年建立のコヴェントリーの大聖堂は1940年+11月14日の夜、ドイツ空軍の爆撃により廃墟と化した。今日も平和と和解のシンボルとして当時のまま保存されている。

  • 内部に入ることはできるが、当然自己責任である。

    内部に入ることはできるが、当然自己責任である。

  • かなりの広さだということが分かる。

    かなりの広さだということが分かる。

  • この町が爆撃されたのは弾薬工場があったからで決して無差別爆撃ではなかった。

    この町が爆撃されたのは弾薬工場があったからで決して無差別爆撃ではなかった。

  • 大司教の言葉として、復讐を望んではいけないという銘文があった。だがこの何十倍ものお返しがなされてドイツの町のほとんどが灰塵に帰したことは、歴史の示すところではある。

    大司教の言葉として、復讐を望んではいけないという銘文があった。だがこの何十倍ものお返しがなされてドイツの町のほとんどが灰塵に帰したことは、歴史の示すところではある。

  • こういう場所であどけないリスを見るとほっとする。

    こういう場所であどけないリスを見るとほっとする。

  • バトル・オブ・ブリテン(イギリス本土航空決戦)の基地跡に作られた記念館。

    バトル・オブ・ブリテン(イギリス本土航空決戦)の基地跡に作られた記念館。

  • 男子用トイレ。個室のドアには戦闘機の絵。

    男子用トイレ。個室のドアには戦闘機の絵。

  • 基地をめぐるフェンスには花輪が並ぶ。

    基地をめぐるフェンスには花輪が並ぶ。

  • 祖国に命をささげた英雄たちの名が刻まれている。

    祖国に命をささげた英雄たちの名が刻まれている。

  • 基地跡の内側。

    基地跡の内側。

  • 英仏海峡に面する崖。

    英仏海峡に面する崖。

  • 戦闘機の展示

    戦闘機の展示

  • マニアにはこたえられない。

    マニアにはこたえられない。

  • スピットファイアの説明板 この飛行機の活躍がなければイギリスはドイツに敗北、占領されていただろう。<br />

    スピットファイアの説明板 この飛行機の活躍がなければイギリスはドイツに敗北、占領されていただろう。

  • 第2次大戦時の名機 スピットファイア

    第2次大戦時の名機 スピットファイア

  • お土産のTシャツもこんな具合

    お土産のTシャツもこんな具合

  • カフェで休憩

    カフェで休憩

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集