イエローナイフ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

**カナダドライブ旅行(その9)より続く**<br /><br />9月3日夕方17時半に無事イエローナイフに到着し、モーテルにチェックインした。宿の名前は「ノーザンライツモーテル」だ。カナダでは、オーロラのことを「ノーザンライツ」と呼ぶから、オーロラ鑑賞には「うってつけ」だな? ここで2泊する。<br /><br />部屋は西日が当たって暑く、扇風機を回したのだが、やっと晴れてくれたから「心地良い!」 徹夜?でオーロラ鑑賞トライするぞ! 宿の人に絶好のビューポイントを教えてもらおう。 なんてったって車だから、ツアーに参加する必要もない。 <br /><br />夜に備えて数時間眠った。22時頃、意気揚々と出かけようとしたら、あれれ?曇ってる! 昼間あれだけ晴れていたのに・・  <br /><br />宿の人から、イエローナイフから東に「イングラハムトレイル(NW4号線)」という道が伸びており(70KM先で行き止まり)、その道沿いに随所にオーロラ鑑賞に適した場所があると教えてもらい、とりあえず行ってみた。<br /><br />まずは、8KMほど離れたイエローナイフ河畔に車を停めて、眺めてみたが何も見えない・・ さらに20KMほど離れた「プロスぺロス湖」まで行って、オーロラ出現を待ったのだが・・空は全面厚い雲に覆われ、見える気配がない。<br /><br />ここには、オーロラツアーの観光バスも来ていて、沢山の人がいたのだが、さぞ残念だっただろうなあ・・<br /><br />白く光っているのがぼんやりと見えたので、後でモーテルの人に確認したのだが、ただの月明りとのこと・・ 結局何も見れずに帰ってきたよ・・<br /><br />先日訪れた、ホワイトホースでも3日3晩曇っていて見れなかったし、イエローナイフでも夜間曇ってダメだったし・・ 何でここまでしてオーロラが見れないのか・・ORZ<br /><br />9月4日の天気予報も曇りとなっている。帰りがキツクなるが(9月8日2500KMも離れたバンクーバーから帰国)延泊も考えた。(モーテルの空き状況も確認した) <br /><br />そのままフテ寝をして、9月4日は朝9時ころに起きた。 マックに朝食を食べに行ったあと、イエローナイフ空港を見学に行って、昨晩行ったイングラハムトレイル(NW4号線)を20KM走って、イエローナイフ河畔とプロスペロス湖を再訪し、昼間の景色を見てきた。 <br /><br />途中、15KMほど走ったところに、オーロラビレッジなる看板があったので寄ってみたが、昼間だから閉まっていた。 ここでテントを張って暖を取りながらオーロラ出現を待つようで、同社のHPによると、例年8月中旬から4月中旬まで、夜間にツアーを開催しているらしい。<br /><br />一旦、宿に戻り、近くのスーパーまで歩いて行って、飲み物やお菓子などを買ってきて寛いだあと、午後に再度出かけた。<br /><br />まずは、近くの「パイロットモニュメント」という丘に登って、市街地とグレートスレーブ湖を一望した。 その後街外れにある「ボートラウンチ」(ボート発着場)の写真を撮って、郊外の「DATTAH」という集落を見に行った。(ここは直線では南東にわずか5KMほどなのだが、車では大回りして20KM近くも距離があった。但し冬季は氷上通行できるので最短距離で行けるらしい)<br /><br />そして、イングラハムトレイル(NW4号線)を30KM走り、更に奥の「ポントーン湖」まで見て帰ってきた。<br /><br />睡眠をとった後、部屋から外を眺めてみたら・・雲が取れているぞ! 宿の人に、オーロラが出現してるかどうか、ネットで確認してもらったら・・出てる! ついに見えたよ・・オーロラが! でも、周りがまだ明るくて、薄い緑色に光ってるな・・て感じだ。あまり感動しなかった。<br /><br />完全に暗くなってから、オーロラ鑑賞に出掛けた。まずは「パイロットモニュメント」の丘に登って空を眺めたら、流れるようなオーロラが綺麗に見える。しかし携帯のカメラでは、光を捉えられず真っ暗だ。残念ながらオーロラの写真は撮れなかった。<br /><br />その後、今夜もイングラハムトレイル(NW4号線)沿いのビューポイントに寄る。20KM先の「プロスぺロス湖」では昨晩はダメだったが、今回は見れた。30KM先の「ポントーン湖」から更に進んだところでカーテン状のオーロラも見れた。<br /><br />しかし、それも束の間で曇ってきた。約40KM地点まで行って引き返して来たよ。そして雨も降り出してきた! 徹夜のつもりでいたのに・・敢え無く終了となった。 オーロラは一応見れたのだが、大して感動は無く、何か不満だ! <br /><br />もう一晩オーロラ鑑賞トライをしたいのだが、イエローナイフ延泊では、帰りがキツイ・・それならば、グレートスレーブ湖の南岸ではどうかと調べてみたら、南岸にあるウッドバッファロー国立公園周辺でも綺麗なオーロラが見れるらしい・・<br /><br />その奥にフォートスミスという村があって、隠れたオーロラ鑑賞の「名所」とのこと。 宿の人から、道路が2年前に舗装されたとの情報を得たから、9月5日はそこを目指して走ることにした。(←これが誤りだった・・その11で詳述する)<br /><br />9月5日は、約500KM大回りして(直線では約200KM)グレートスレーブ湖の南側に行き、更に東に250KM移動して、フォートスミスというNW準州とアルバータ州の境界にある村を目指して走る。<br /><br /><br />**カナダドライブ旅行(その11)に続く**<br />

カナダドライブ旅行(その10) イエローナイフ滞在

9いいね!

2016/09/03 - 2016/09/05

172位(同エリア349件中)

    30

    **カナダドライブ旅行(その9)より続く**

    9月3日夕方17時半に無事イエローナイフに到着し、モーテルにチェックインした。宿の名前は「ノーザンライツモーテル」だ。カナダでは、オーロラのことを「ノーザンライツ」と呼ぶから、オーロラ鑑賞には「うってつけ」だな? ここで2泊する。

    部屋は西日が当たって暑く、扇風機を回したのだが、やっと晴れてくれたから「心地良い!」 徹夜?でオーロラ鑑賞トライするぞ! 宿の人に絶好のビューポイントを教えてもらおう。 なんてったって車だから、ツアーに参加する必要もない。 

    夜に備えて数時間眠った。22時頃、意気揚々と出かけようとしたら、あれれ?曇ってる! 昼間あれだけ晴れていたのに・・  

    宿の人から、イエローナイフから東に「イングラハムトレイル(NW4号線)」という道が伸びており(70KM先で行き止まり)、その道沿いに随所にオーロラ鑑賞に適した場所があると教えてもらい、とりあえず行ってみた。

    まずは、8KMほど離れたイエローナイフ河畔に車を停めて、眺めてみたが何も見えない・・ さらに20KMほど離れた「プロスぺロス湖」まで行って、オーロラ出現を待ったのだが・・空は全面厚い雲に覆われ、見える気配がない。

    ここには、オーロラツアーの観光バスも来ていて、沢山の人がいたのだが、さぞ残念だっただろうなあ・・

    白く光っているのがぼんやりと見えたので、後でモーテルの人に確認したのだが、ただの月明りとのこと・・ 結局何も見れずに帰ってきたよ・・

    先日訪れた、ホワイトホースでも3日3晩曇っていて見れなかったし、イエローナイフでも夜間曇ってダメだったし・・ 何でここまでしてオーロラが見れないのか・・ORZ

    9月4日の天気予報も曇りとなっている。帰りがキツクなるが(9月8日2500KMも離れたバンクーバーから帰国)延泊も考えた。(モーテルの空き状況も確認した) 

    そのままフテ寝をして、9月4日は朝9時ころに起きた。 マックに朝食を食べに行ったあと、イエローナイフ空港を見学に行って、昨晩行ったイングラハムトレイル(NW4号線)を20KM走って、イエローナイフ河畔とプロスペロス湖を再訪し、昼間の景色を見てきた。 

    途中、15KMほど走ったところに、オーロラビレッジなる看板があったので寄ってみたが、昼間だから閉まっていた。 ここでテントを張って暖を取りながらオーロラ出現を待つようで、同社のHPによると、例年8月中旬から4月中旬まで、夜間にツアーを開催しているらしい。

    一旦、宿に戻り、近くのスーパーまで歩いて行って、飲み物やお菓子などを買ってきて寛いだあと、午後に再度出かけた。

    まずは、近くの「パイロットモニュメント」という丘に登って、市街地とグレートスレーブ湖を一望した。 その後街外れにある「ボートラウンチ」(ボート発着場)の写真を撮って、郊外の「DATTAH」という集落を見に行った。(ここは直線では南東にわずか5KMほどなのだが、車では大回りして20KM近くも距離があった。但し冬季は氷上通行できるので最短距離で行けるらしい)

    そして、イングラハムトレイル(NW4号線)を30KM走り、更に奥の「ポントーン湖」まで見て帰ってきた。

    睡眠をとった後、部屋から外を眺めてみたら・・雲が取れているぞ! 宿の人に、オーロラが出現してるかどうか、ネットで確認してもらったら・・出てる! ついに見えたよ・・オーロラが! でも、周りがまだ明るくて、薄い緑色に光ってるな・・て感じだ。あまり感動しなかった。

    完全に暗くなってから、オーロラ鑑賞に出掛けた。まずは「パイロットモニュメント」の丘に登って空を眺めたら、流れるようなオーロラが綺麗に見える。しかし携帯のカメラでは、光を捉えられず真っ暗だ。残念ながらオーロラの写真は撮れなかった。

    その後、今夜もイングラハムトレイル(NW4号線)沿いのビューポイントに寄る。20KM先の「プロスぺロス湖」では昨晩はダメだったが、今回は見れた。30KM先の「ポントーン湖」から更に進んだところでカーテン状のオーロラも見れた。

    しかし、それも束の間で曇ってきた。約40KM地点まで行って引き返して来たよ。そして雨も降り出してきた! 徹夜のつもりでいたのに・・敢え無く終了となった。 オーロラは一応見れたのだが、大して感動は無く、何か不満だ! 

    もう一晩オーロラ鑑賞トライをしたいのだが、イエローナイフ延泊では、帰りがキツイ・・それならば、グレートスレーブ湖の南岸ではどうかと調べてみたら、南岸にあるウッドバッファロー国立公園周辺でも綺麗なオーロラが見れるらしい・・

    その奥にフォートスミスという村があって、隠れたオーロラ鑑賞の「名所」とのこと。 宿の人から、道路が2年前に舗装されたとの情報を得たから、9月5日はそこを目指して走ることにした。(←これが誤りだった・・その11で詳述する)

    9月5日は、約500KM大回りして(直線では約200KM)グレートスレーブ湖の南側に行き、更に東に250KM移動して、フォートスミスというNW準州とアルバータ州の境界にある村を目指して走る。


    **カナダドライブ旅行(その11)に続く**

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    交通手段
    レンタカー
    航空会社
    ANA
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    3.5
    観光
    3.5
    ホテル
    3.5
    ショッピング
    3.5
    交通
    3.5

    PR

    • 9月3日17時半、ようやくイエローナイフの街が見えてきた。

      9月3日17時半、ようやくイエローナイフの街が見えてきた。

    • イエローナイフで2泊した「ノーザンライツモーテル」値段は朝食なしで1泊1万円近く掛ったが、これでも周りで最も安かった。 

      イエローナイフで2泊した「ノーザンライツモーテル」値段は朝食なしで1泊1万円近く掛ったが、これでも周りで最も安かった。 

    • イエローナイフの街並み(その1)

      イエローナイフの街並み(その1)

    • イエローナイフの街並み(その2)、右手にあるのが滞在中に通ったスーパーマーケット<br /><br />宿泊したモーテルがメインストリートから少し入ったところにあり、500M近く距離があったが、歩いて通った。

      イエローナイフの街並み(その2)、右手にあるのが滞在中に通ったスーパーマーケット

      宿泊したモーテルがメインストリートから少し入ったところにあり、500M近く距離があったが、歩いて通った。

    • イエローナイフ空港とその管制塔

      イエローナイフ空港とその管制塔

    • イエローナイフ空港のチェックインカウンター

      イエローナイフ空港のチェックインカウンター

    • イエローナイフ空港の到着便案内、大都市のエドモントンからの便の他、NW準州の更に田舎のフォートシンプソン、フォートスミス(2日後に行こうとしたがダートで断念)、グレートスレーブ湖の南側のヘイリバー(2日後に宿泊する)便もある。<br /><br />ホワイトホースからの直行便もあるのだなあ・・

      イエローナイフ空港の到着便案内、大都市のエドモントンからの便の他、NW準州の更に田舎のフォートシンプソン、フォートスミス(2日後に行こうとしたがダートで断念)、グレートスレーブ湖の南側のヘイリバー(2日後に宿泊する)便もある。

      ホワイトホースからの直行便もあるのだなあ・・

    • イエローナイフ空港の出発便案内

      イエローナイフ空港の出発便案内

    • イエローナイフ空港の駐機場の写真

      イエローナイフ空港の駐機場の写真

    • オーロラ鑑賞に適した場所を探すために、イエローナイフから北東に伸びる「イングラハムトレイル(NW4号線)」を走った。(写真は9月4日日中)<br /><br />最初に立ち寄った、イエローナイフ川の河畔(イエローナイフの街から約8KM)

      オーロラ鑑賞に適した場所を探すために、イエローナイフから北東に伸びる「イングラハムトレイル(NW4号線)」を走った。(写真は9月4日日中)

      最初に立ち寄った、イエローナイフ川の河畔(イエローナイフの街から約8KM)

    • イエローナイフ川の河畔の駐車場<br /><br />9月3日夜、ここでオーロラ鑑賞トライをしたが、曇っていて見えなかった。<br /><br />

      イエローナイフ川の河畔の駐車場

      9月3日夜、ここでオーロラ鑑賞トライをしたが、曇っていて見えなかった。

    • 更にイングラハムトレイル(NW4号線)を進む。街から15KMほどのところに、オーロラビレッジの看板(奥の方)があったので左折してみる。

      更にイングラハムトレイル(NW4号線)を進む。街から15KMほどのところに、オーロラビレッジの看板(奥の方)があったので左折してみる。

    • 少し入るとオーロラビレッジの案内看板があった。

      少し入るとオーロラビレッジの案内看板があった。

    • しかし、昼間だから閉まっていた。<br /><br />同社のHPによると、例年8月中旬から4月中旬まで夜間にオーロラ鑑賞ツアーが開催されている。ここでテントを張って暖を取りながらオーロラ出現を待つらしい。 

      しかし、昼間だから閉まっていた。

      同社のHPによると、例年8月中旬から4月中旬まで夜間にオーロラ鑑賞ツアーが開催されている。ここでテントを張って暖を取りながらオーロラ出現を待つらしい。 

    • イングラハムトレイル(NW4号線)の更に奥(街から約20KM)にあるプロスペロス湖(写真は9月4日日中)

      イングラハムトレイル(NW4号線)の更に奥(街から約20KM)にあるプロスペロス湖(写真は9月4日日中)

    • 9月3日夜は、最後このプロスぺロス湖まで来てオーロラ鑑賞トライをしたが曇っていて見えなかった。<br /><br />オーロラ鑑賞ツアー客もバスで大勢来ていたが・・残念だっただろうなあ・・<br /><br />9月4日夜は、雲が多く弱かったものの見ることはできた。

      9月3日夜は、最後このプロスぺロス湖まで来てオーロラ鑑賞トライをしたが曇っていて見えなかった。

      オーロラ鑑賞ツアー客もバスで大勢来ていたが・・残念だっただろうなあ・・

      9月4日夜は、雲が多く弱かったものの見ることはできた。

    • イエローナイフ市街地のすぐ近くにある「パイロットモニュメント」という小高い丘。展望台となっている。

      イエローナイフ市街地のすぐ近くにある「パイロットモニュメント」という小高い丘。展望台となっている。

    • 丘の上に建つ「パイロットモニュメント」の記念碑<br /><br />9月4日夜は、ここから夜空を流れるようなオーロラを眺めた。

      丘の上に建つ「パイロットモニュメント」の記念碑

      9月4日夜は、ここから夜空を流れるようなオーロラを眺めた。

    • その丘からグレートスレーブ湖を眺める。(東側)

      その丘からグレートスレーブ湖を眺める。(東側)

    • その丘からグレートスレーブ湖を眺める。(南東側)

      その丘からグレートスレーブ湖を眺める。(南東側)

    1件目~20件目を表示(全30件中)

    この旅行記のタグ

      9いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      イエローナイフ(カナダ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集