ムババーネ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
南アフリカのヨハネスブルグから飛行機で45分、スワジランドの新空港に降り立つ。新空港は出来たばかりで設備も新しいが、残念ながら飛来するフライトは1日数本しかなく空港内は閑散としている。フライトに合わせて運行されるシャトルバスで2時間程度かけてムババーネまで移動するが、概してスワジ人は非常に親切で、ハード面での不満はあるながらもソフト面では快適さを感じる。<br /><br />さてスワジランド、ムスワティ三世国王が統治するアフリカの小さな王国であるが、未だに手付かずの自然が多く残り、またスワジ人の文化を学べる文化村も有り、観光客を飽きさせない。この時期は日本と逆の気候で冬の気候であるが日中はそこそこ気温も上がるため、白人は半そで短パンで歩き回ったりしている。<br /><br />短い滞在故、完全に堪能するまでは行かなかったが、日本ではなかなか知られないこのスワジランドという国を訪問し、探訪出来たのは嬉しい。

16年8月アフリカ南部の旅〜スワジ人の文化と触れ合うスワジランドの旅〜

12いいね!

2016/08/11 - 2016/08/12

6位(同エリア9件中)

0

19

Krisflyer

Krisflyerさん

南アフリカのヨハネスブルグから飛行機で45分、スワジランドの新空港に降り立つ。新空港は出来たばかりで設備も新しいが、残念ながら飛来するフライトは1日数本しかなく空港内は閑散としている。フライトに合わせて運行されるシャトルバスで2時間程度かけてムババーネまで移動するが、概してスワジ人は非常に親切で、ハード面での不満はあるながらもソフト面では快適さを感じる。

さてスワジランド、ムスワティ三世国王が統治するアフリカの小さな王国であるが、未だに手付かずの自然が多く残り、またスワジ人の文化を学べる文化村も有り、観光客を飽きさせない。この時期は日本と逆の気候で冬の気候であるが日中はそこそこ気温も上がるため、白人は半そで短パンで歩き回ったりしている。

短い滞在故、完全に堪能するまでは行かなかったが、日本ではなかなか知られないこのスワジランドという国を訪問し、探訪出来たのは嬉しい。

旅行の満足度
3.5
観光
3.0
ホテル
3.5
グルメ
3.5
ショッピング
1.5
交通
2.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • スワジの国道は非常にきれいに整備されている。通行量も少なく快適なドライブが出来る。

    スワジの国道は非常にきれいに整備されている。通行量も少なく快適なドライブが出来る。

  • スワジキャンドル村。スワジランドのお土産の代表はスワジキャンドルと呼ばれるきれいな絵が描かれたろうそく。これらのろうそくを作る工房が集まっているのがここ。

    スワジキャンドル村。スワジランドのお土産の代表はスワジキャンドルと呼ばれるきれいな絵が描かれたろうそく。これらのろうそくを作る工房が集まっているのがここ。

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ムババーネ(エスワティニ (スワジランド)) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集