相馬旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月23・24日と一泊二日で福島県相馬市・南相馬市で開催される『相馬・<br />野馬追祭』を見学してきました。当祭りは700年以上の歴史(伝承では<br />平将門が軍事調練の一環として初めて1000年以上の歴史)がある、と<br />言われています。23日の出陣・宵乗り競馬、24日の甲冑競馬・神旗争奪戦、<br />25日の野馬懸と三日間続くお祭りですが、ツアーで二日目の武者行列(「お行列」<br />と呼ばれ3妙見神社から会場の「雲雀ケ原祭場地」への3kmの行軍)の途中と、<br />甲冑競馬および神旗争奪戦を見学しました。出場者は武者行列をしている時から完全に<br />『サムライ』になりきっていて(実際は多分、もっと早く「出陣式」あたりからかもしれません)、会場入り口の手前の桟敷席や、ゲイトで騎馬武者同士が声を掛け合ったり、会場の係りに向かって着到を告げたりするさまは圧巻でした。また、先祖伝来の甲冑に身を固め、<br />旗指物を風になびかせて疾走する甲冑競馬と花火で打ち上げられる2種類の神旗を<br />奪い合う神旗争奪戦の戦国絵巻そのものの迫力に大興奮しました (*^。^*)<br />また、この会場に向かう途中、常磐自動車道をツアーバスで走行中双葉町、浪江町<br />を通過し「帰宅困難地域」の惨状を目の当たりにし、胸が痛みました。

相馬野馬追祭を見学してきました

4いいね!

2016/07/23 - 2016/07/24

50位(同エリア66件中)

0

12

ゴンさん

7月23・24日と一泊二日で福島県相馬市・南相馬市で開催される『相馬・
野馬追祭』を見学してきました。当祭りは700年以上の歴史(伝承では
平将門が軍事調練の一環として初めて1000年以上の歴史)がある、と
言われています。23日の出陣・宵乗り競馬、24日の甲冑競馬・神旗争奪戦、
25日の野馬懸と三日間続くお祭りですが、ツアーで二日目の武者行列(「お行列」
と呼ばれ3妙見神社から会場の「雲雀ケ原祭場地」への3kmの行軍)の途中と、
甲冑競馬および神旗争奪戦を見学しました。出場者は武者行列をしている時から完全に
『サムライ』になりきっていて(実際は多分、もっと早く「出陣式」あたりからかもしれません)、会場入り口の手前の桟敷席や、ゲイトで騎馬武者同士が声を掛け合ったり、会場の係りに向かって着到を告げたりするさまは圧巻でした。また、先祖伝来の甲冑に身を固め、
旗指物を風になびかせて疾走する甲冑競馬と花火で打ち上げられる2種類の神旗を
奪い合う神旗争奪戦の戦国絵巻そのものの迫力に大興奮しました (*^。^*)
また、この会場に向かう途中、常磐自動車道をツアーバスで走行中双葉町、浪江町
を通過し「帰宅困難地域」の惨状を目の当たりにし、胸が痛みました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
観光バス JR特急
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
びゅうトラベルサービス

PR

  • 街道筋を約3km行軍してきた「お行列」(武者行列)は会場への入り口の南ゲートのところでL字型に左折しますが、その際、前後の間隔を図ったりするため役付き武者の指示を待ったり、騎馬武者同士で声を掛け合ったり、会場係りに着到の報告を大声でしたりしますが、映画の撮影の1シーンと言うより、戦国武者たちの群れの中に迷い込んだような迫力を感じます。<br />とてもその迫力を静止画では伝えきれず、撮影したビデオを動画としてこの旅行記に掲載できない(jpgかGIFのみ可)のが何とも残念至極! )^o^(

    街道筋を約3km行軍してきた「お行列」(武者行列)は会場への入り口の南ゲートのところでL字型に左折しますが、その際、前後の間隔を図ったりするため役付き武者の指示を待ったり、騎馬武者同士で声を掛け合ったり、会場係りに着到の報告を大声でしたりしますが、映画の撮影の1シーンと言うより、戦国武者たちの群れの中に迷い込んだような迫力を感じます。
    とてもその迫力を静止画では伝えきれず、撮影したビデオを動画としてこの旅行記に掲載できない(jpgかGIFのみ可)のが何とも残念至極! )^o^(

  • 何より凄いなぁと思うのは、騎馬武者はみな見事な手綱捌きで馬を乗りこなしているところ(まぁ甲冑を着たまま競馬をしたり、神旗の落下点に馬を走らせて奪い合ったりするんだから当然と言えば当然ですが・・・ (^^ゞ)。<br /><br />地方都市の大名行列などでは、必ず馬丁役がいて馬を抑えていますが、そういう騎馬武者とは格が違う、と思います )^o^(

    何より凄いなぁと思うのは、騎馬武者はみな見事な手綱捌きで馬を乗りこなしているところ(まぁ甲冑を着たまま競馬をしたり、神旗の落下点に馬を走らせて奪い合ったりするんだから当然と言えば当然ですが・・・ (^^ゞ)。

    地方都市の大名行列などでは、必ず馬丁役がいて馬を抑えていますが、そういう騎馬武者とは格が違う、と思います )^o^(

  • 馬場入りする騎馬武者一騎。

    馬場入りする騎馬武者一騎。

  • 甲冑競馬の1シーン。<br /><br />六文銭の旗指物をなびかせて疾駆する騎馬武者。<br />相馬野馬追の旗指物は先祖伝来のと聞いているので、六文銭には?なんですが・・・ (^_-)<br />動画では数騎の駒が競り合うシーンなどの撮影ができたのですが、写真は難しい・・・ (^^ゞ<br />

    甲冑競馬の1シーン。

    六文銭の旗指物をなびかせて疾駆する騎馬武者。
    相馬野馬追の旗指物は先祖伝来のと聞いているので、六文銭には?なんですが・・・ (^_-)
    動画では数騎の駒が競り合うシーンなどの撮影ができたのですが、写真は難しい・・・ (^^ゞ

  • 神旗が花火で打ち上げられ、神旗争奪戦の始まり!<br /><br />神旗は一度に二本づつ20回打ちあげられ、計40本の奪い合いとなります。、

    神旗が花火で打ち上げられ、神旗争奪戦の始まり!

    神旗は一度に二本づつ20回打ちあげられ、計40本の奪い合いとなります。、

  • 公称500余騎による神旗争奪戦。<br /><br />打ち上げられた神旗が風にユラユラ揺れながら落ちてくるのを、落下点を予測して馬を走らせるのは相当な経験と技術が必要。

    公称500余騎による神旗争奪戦。

    打ち上げられた神旗が風にユラユラ揺れながら落ちてくるのを、落下点を予測して馬を走らせるのは相当な経験と技術が必要。

  • 旗が落ちてくる方向に馬が一斉に移動し、旗が宙に浮いているうち鞭にからめ捕るのが最高のテクニックらしい。

    旗が落ちてくる方向に馬が一斉に移動し、旗が宙に浮いているうち鞭にからめ捕るのが最高のテクニックらしい。

  • この野馬追祭の会場に来る際、常磐自動車道をツアーバスで北上したのですが途中、双葉町や浪江町などの帰宅困難地域を通過しました。<br /><br />その際の車窓からの映像です。<br /><br />本来であれば畑や水田の緑が広がっているはず辺りが、一面草ぼうぼうです。

    この野馬追祭の会場に来る際、常磐自動車道をツアーバスで北上したのですが途中、双葉町や浪江町などの帰宅困難地域を通過しました。

    その際の車窓からの映像です。

    本来であれば畑や水田の緑が広がっているはず辺りが、一面草ぼうぼうです。

  • 遠くに見えるのは、シートをかけられたままの「除染残土」などです。<br /><br />最終処分場も決まらないまま、置かれている現状を目の当たりにして日本人としてこのままで良いのか、の思いが強くなりました。

    遠くに見えるのは、シートをかけられたままの「除染残土」などです。

    最終処分場も決まらないまま、置かれている現状を目の当たりにして日本人としてこのままで良いのか、の思いが強くなりました。

  • こちらは、ツアーバスが出発する前のホテルの玄関。<br /><br />空は雲一つない快晴で、野馬追祭への期待が一度に膨らんだのですが…ここは小名浜。相馬市に着いた頃には雨がしとしと降ったり止んだりの残念な天気となりました。(+_+)

    こちらは、ツアーバスが出発する前のホテルの玄関。

    空は雲一つない快晴で、野馬追祭への期待が一度に膨らんだのですが…ここは小名浜。相馬市に着いた頃には雨がしとしと降ったり止んだりの残念な天気となりました。(+_+)

  • ホテルはゴルフ場に隣接したリゾートホテル。<br /><br />快適な一夜を過ごせました (^O^)<br />

    ホテルはゴルフ場に隣接したリゾートホテル。

    快適な一夜を過ごせました (^O^)

  • 野馬追祭の会場にツアーが届けてくれた弁当。<br /><br />彩もよくかなり食べでがありました。ツアーの弁当としてはかなり良い方では・・・

    野馬追祭の会場にツアーが届けてくれた弁当。

    彩もよくかなり食べでがありました。ツアーの弁当としてはかなり良い方では・・・

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ゴンさんの関連旅行記

ゴンさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

相馬の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集