彦根 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
彦根城の約400本の紅梅と白梅の梅林を見てきました。<br />こちらの梅林には、うぐいす?がたくさん止まる木が有りました。大手門から入ると近くにあります。梅林は、1950年に彦根城が”新日本観光地100選”に入選したことを記念して、公儀御用米の米蔵があった場所に植樹されたもの、見ごろは3月中旬から下旬ですが今年は13日でほぼ満開でした。<br />”彦根城は、JR彦根駅の西方、緑の小高い丘に白亜の天守を頂き、二重の堀に囲まれた城郭がほぼ昔のまま残り、姫路城などと天下の名城を競っています。特に月明りに浮かぶ城は美しく、琵琶湖八景の一つに数えられているほど。この城は、初代藩主井伊直弼の嫡子・直継と直孝によって約20年の歳月をかけて築城され、元和8年(1622)に完成。以来、彦根藩井伊家三十万石の所領を有する城として、今日では彦根の象徴として、気高い雄姿を誇っています。”(パンフレットより)<br />玄宮園(名勝)は、城の北東にある旧大名庭園で、4代藩主直興が延宝5年1677年から7年にかけて造営した。中国の宮廷に付随した庭園を「玄宮」といったことから命名されたと考えられる。<br />中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえて命名されたと考えられ、中国の瀟湘八景あるいは近江八景を模して作庭されたと言われる廻遊式庭園です。池に臨んで臨池閣や鳳翔台などの建物が設けられ、彦根城を借景とする江戸初期の大名庭園として鑑賞できます。(パンフレットより)現在は修復中で池に水がほとんどなかったです。<br />彦根城は世界遺産登録を目指しています。平成4年1992年に世界遺産暫定リストに登載され、昭和27年1952年に特別史跡に指定、天守は国宝に指定されています。<br /><br />国宝彦根城・玄宮園共通観覧料 大人600円 8:30-17:00<br />P400円から<br /><br />彦根城桜まつり 2016.4/1-4/20<br />

彦根城の梅林2016

11いいね!

2016/03/13 - 2016/03/13

346位(同エリア883件中)

0

177

彦根城の約400本の紅梅と白梅の梅林を見てきました。
こちらの梅林には、うぐいす?がたくさん止まる木が有りました。大手門から入ると近くにあります。梅林は、1950年に彦根城が”新日本観光地100選”に入選したことを記念して、公儀御用米の米蔵があった場所に植樹されたもの、見ごろは3月中旬から下旬ですが今年は13日でほぼ満開でした。
”彦根城は、JR彦根駅の西方、緑の小高い丘に白亜の天守を頂き、二重の堀に囲まれた城郭がほぼ昔のまま残り、姫路城などと天下の名城を競っています。特に月明りに浮かぶ城は美しく、琵琶湖八景の一つに数えられているほど。この城は、初代藩主井伊直弼の嫡子・直継と直孝によって約20年の歳月をかけて築城され、元和8年(1622)に完成。以来、彦根藩井伊家三十万石の所領を有する城として、今日では彦根の象徴として、気高い雄姿を誇っています。”(パンフレットより)
玄宮園(名勝)は、城の北東にある旧大名庭園で、4代藩主直興が延宝5年1677年から7年にかけて造営した。中国の宮廷に付随した庭園を「玄宮」といったことから命名されたと考えられる。
中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえて命名されたと考えられ、中国の瀟湘八景あるいは近江八景を模して作庭されたと言われる廻遊式庭園です。池に臨んで臨池閣や鳳翔台などの建物が設けられ、彦根城を借景とする江戸初期の大名庭園として鑑賞できます。(パンフレットより)現在は修復中で池に水がほとんどなかったです。
彦根城は世界遺産登録を目指しています。平成4年1992年に世界遺産暫定リストに登載され、昭和27年1952年に特別史跡に指定、天守は国宝に指定されています。

国宝彦根城・玄宮園共通観覧料 大人600円 8:30-17:00
P400円から

彦根城桜まつり 2016.4/1-4/20

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.5
交通
4.5

PR

この旅行記のタグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

彦根(滋賀) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集