レイク・パウエル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
【8月6日〜14日 北米グランドサークルドライブ旅行4・5日目の概要】 <br /><br /> 9日はレイクパウエルリゾートに2泊した中日だったので、午前中にアンテロープキャニオンを見学し、午後はレイクパウエルのクルーズに参加してから、レイクパウエルを望むプールでのんびり過ごしました。夕食は初日はホテルのレストランだったので、この日は夕方からペイジの街に出かけて、レイクパウエルを望むテラスがあるステーキハウスで夕飯を食べました。<br /> アンテロープキャニオンの駐車場の近くのインフォメーションの受付をしたが、出発まで2時間近くあったので、ペイジの街に戻って、スーパーマーケット(セイフウェイ)があるショッピングセンターをのぞくなどして時間調整しました。<br /> アンテロープキャニオンは、キャニオン(渓谷)というより洞窟と言う表現のほうがイメージをつかみやすいと思います。しかし、洞窟といっても完全に地下にあるわけではなく、地表近くにある狭い空間で、上部にあるわずかな隙間から太陽光線が内部に差し込んできます。そしてこの光のシャワーこそがもうひとつの主役で、素晴らしい岩の表情(絶景)を作り出しています。 言葉で表現するのは難しいですが、素人でも写真を何十枚かとればいくつかは素敵な写真が撮れていると思います。<br /> クルーズ船はホテルの裏手のワーウィープマリーナから出ます。<br /> その後、夕方までいた、レイクパウエルリゾートのプールは湖と対岸の赤い岩山を望める素晴らしいロケーションでした。<br /> 10日はホースシューベンドに立ち寄った後、次の宿泊地であるザイオン国立公園に向かいました。

レイクパウエル周辺 (北米 グランドサークルドライブ旅行 その3)

10いいね!

2011/08/09 - 2011/08/10

19位(同エリア38件中)

0

27

nonyama

nonyamaさん

【8月6日〜14日 北米グランドサークルドライブ旅行4・5日目の概要】 

 9日はレイクパウエルリゾートに2泊した中日だったので、午前中にアンテロープキャニオンを見学し、午後はレイクパウエルのクルーズに参加してから、レイクパウエルを望むプールでのんびり過ごしました。夕食は初日はホテルのレストランだったので、この日は夕方からペイジの街に出かけて、レイクパウエルを望むテラスがあるステーキハウスで夕飯を食べました。
 アンテロープキャニオンの駐車場の近くのインフォメーションの受付をしたが、出発まで2時間近くあったので、ペイジの街に戻って、スーパーマーケット(セイフウェイ)があるショッピングセンターをのぞくなどして時間調整しました。
 アンテロープキャニオンは、キャニオン(渓谷)というより洞窟と言う表現のほうがイメージをつかみやすいと思います。しかし、洞窟といっても完全に地下にあるわけではなく、地表近くにある狭い空間で、上部にあるわずかな隙間から太陽光線が内部に差し込んできます。そしてこの光のシャワーこそがもうひとつの主役で、素晴らしい岩の表情(絶景)を作り出しています。 言葉で表現するのは難しいですが、素人でも写真を何十枚かとればいくつかは素敵な写真が撮れていると思います。
 クルーズ船はホテルの裏手のワーウィープマリーナから出ます。
 その後、夕方までいた、レイクパウエルリゾートのプールは湖と対岸の赤い岩山を望める素晴らしいロケーションでした。
 10日はホースシューベンドに立ち寄った後、次の宿泊地であるザイオン国立公園に向かいました。

旅行の満足度
4.5
同行者
家族旅行
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルの中庭から眺めた日の出の景色。<br />朝以外にも、夕日や夜空の星とそれぞれの時間帯にそれぞれの美しい景色が堪能できました。

    ホテルの中庭から眺めた日の出の景色。
    朝以外にも、夕日や夜空の星とそれぞれの時間帯にそれぞれの美しい景色が堪能できました。

  • ホテルの芝生の中庭に遊びに来ていた野兎。この日は4羽、翌日は3羽匹みかけました、かわいかったです。

    ホテルの芝生の中庭に遊びに来ていた野兎。この日は4羽、翌日は3羽匹みかけました、かわいかったです。

  • 2泊したレイクパウエルリゾートのエントランス付近<br />乾いた景色の多いグランドサークルをドライブ中のまさにオアシス的存在でで、お薦めのホテルです。

    2泊したレイクパウエルリゾートのエントランス付近
    乾いた景色の多いグランドサークルをドライブ中のまさにオアシス的存在でで、お薦めのホテルです。

  • 部屋です。

    部屋です。

  • ホテルの中庭から眺めた早朝のレイクパウエル<br />夏休みの間、長期滞在しているハウスボートがたくさん浮かんでいました。

    ホテルの中庭から眺めた早朝のレイクパウエル
    夏休みの間、長期滞在しているハウスボートがたくさん浮かんでいました。

  • ペイジ の街から車で15分ほど走った発電所の近く(道路の右側)にアッパーアンテロープキャニオンがあります。<br />駐車場に車を停めてインフォメーションセンターで受付すると、グループごとに改造四輪駆動車のトラックの荷台に乗って、未舗装道路を10分くらい走って、洞窟の出入口まで送迎されます。<br />。

    ペイジ の街から車で15分ほど走った発電所の近く(道路の右側)にアッパーアンテロープキャニオンがあります。
    駐車場に車を停めてインフォメーションセンターで受付すると、グループごとに改造四輪駆動車のトラックの荷台に乗って、未舗装道路を10分くらい走って、洞窟の出入口まで送迎されます。

  • 岩山の裂け目が入口です

    岩山の裂け目が入口です

  • グループに一人づつ先住民のガイドがついて見学します。<br />

    グループに一人づつ先住民のガイドがついて見学します。

  • 渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その1)<br />ハート型に見えるポイント。ガイドさんに教えてもらいました。

    イチオシ

    渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その1)
    ハート型に見えるポイント。ガイドさんに教えてもらいました。

  • 渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その2)

    渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その2)

  • 渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その3)

    渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その3)

  • 渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その4)

    渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その4)

  • 渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その5)

    渦巻状に削られた岩肌と光のコラボレーション(その5)

  • キャニオンの出口。入口に比べて広かった。

    キャニオンの出口。入口に比べて広かった。

  • クルーズはホテル裏手の中庭から降りた桟橋から出発します。

    イチオシ

    クルーズはホテル裏手の中庭から降りた桟橋から出発します。

  • クルーズ船からの眺め(その1)<br />ホテルからもよく見えていた「キャッスルロック」と呼ばれる特長的な岩で、映画「猿の惑星」にも登場したとのことです。

    クルーズ船からの眺め(その1)
    ホテルからもよく見えていた「キャッスルロック」と呼ばれる特長的な岩で、映画「猿の惑星」にも登場したとのことです。

  • クルーズ船の甲板にて

    クルーズ船の甲板にて

  • クルーズ船からの眺め(その2)<br />「タワービュート」と呼ばれる富士山型の特長的な岩

    クルーズ船からの眺め(その2)
    「タワービュート」と呼ばれる富士山型の特長的な岩

  • グレンキャニオンダムの堰堤。グレンキャニオンダムは全米第2の規模だという(最大はフーバーダム)

    グレンキャニオンダムの堰堤。グレンキャニオンダムは全米第2の規模だという(最大はフーバーダム)

  • クルーズ船は狭い狭い岩の間を縫って進んでいきます。<br />一番奥はクルーズ船の幅すれすれなので、突端まで行ったらバックで戻ってきました。

    クルーズ船は狭い狭い岩の間を縫って進んでいきます。
    一番奥はクルーズ船の幅すれすれなので、突端まで行ったらバックで戻ってきました。

  • クルーズの後、レイクパウエルリゾートのプールで泳いだり、プールサイドのデッキチェアでまったりとして過ごしました。<br />プールから眺める景色は日本などでは経験できない素晴らしいものでした。

    クルーズの後、レイクパウエルリゾートのプールで泳いだり、プールサイドのデッキチェアでまったりとして過ごしました。
    プールから眺める景色は日本などでは経験できない素晴らしいものでした。

  • ホテルから眺める夕暮れのキャッスルロックと長期滞在する多くのハウスボート

    ホテルから眺める夕暮れのキャッスルロックと長期滞在する多くのハウスボート

  • ホテルから眺めるタワービュートの夕日

    ホテルから眺めるタワービュートの夕日

  • <br />駐車場から歩きにくい砂地の道を15分ほど歩かなければなりません。しかも、夏は遮るものがなくカンカン照りで少々辛いですがそれ以上の素晴らしい眺めが待っていました(水などの飲み物は必携です。)。


    駐車場から歩きにくい砂地の道を15分ほど歩かなければなりません。しかも、夏は遮るものがなくカンカン照りで少々辛いですがそれ以上の素晴らしい眺めが待っていました(水などの飲み物は必携です。)。

  • 近づくまではこんな感じです。

    近づくまではこんな感じです。

  • 名前のとおり、コロラド川が馬蹄形の急カーブを描く場所でした。<br />コロラド川をのぞきこんでみると、白い点のようなものが動いて見えたが<br />川下りをしているボートであるのが分かると同時にそのスケールの大きさに感動しました。<br />なお、東向きなので午前中の見学がお勧めということで、私もそうしましたが正解でした。

    イチオシ

    名前のとおり、コロラド川が馬蹄形の急カーブを描く場所でした。
    コロラド川をのぞきこんでみると、白い点のようなものが動いて見えたが
    川下りをしているボートであるのが分かると同時にそのスケールの大きさに感動しました。
    なお、東向きなので午前中の見学がお勧めということで、私もそうしましたが正解でした。

  • 写真を撮ったこの岩場には柵もなく、足元には断崖が広がっていました。

    写真を撮ったこの岩場には柵もなく、足元には断崖が広がっていました。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 373円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集