イースター島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
現実からの逃避行。モアイパワーをいただきに行ってまいりました。

イースター島ぶらぶら旅

6いいね!

2012/10/16 - 2012/10/29

171位(同エリア386件中)

0

21

teru

teruさん

現実からの逃避行。モアイパワーをいただきに行ってまいりました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.5
グルメ
3.0
ショッピング
1.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
徒歩
航空会社
エアカナダ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • チリのサンティアゴからランチリ航空で。イースター島の空港です。ポリネシア感満々。どこの宿でも基本空港までの送迎をしてくれます。

    チリのサンティアゴからランチリ航空で。イースター島の空港です。ポリネシア感満々。どこの宿でも基本空港までの送迎をしてくれます。

  • これが実はメイン通りです。驚くほどのどかです。

    これが実はメイン通りです。驚くほどのどかです。

  • 宿からぶらぶら歩いていくと・・・

    宿からぶらぶら歩いていくと・・・

  • モアイがあったりして・・・

    モアイがあったりして・・・

  • さらにぶらぶら歩いていると、海沿いで漁師のお父さんのおこぼれにあずかろうとするウミガメがいたり・・・

    さらにぶらぶら歩いていると、海沿いで漁師のお父さんのおこぼれにあずかろうとするウミガメがいたり・・・

  • さらっと馬で移動する人がいたり・・・

    さらっと馬で移動する人がいたり・・・

  • その馬がさらっと”駐馬”?されてたり・・・

    その馬がさらっと”駐馬”?されてたり・・・

  • そんな馬たちがモアイと夕暮れとコラボしたりするのです。

    そんな馬たちがモアイと夕暮れとコラボしたりするのです。

  • 島全体にはものすごい数のモアイがあります。中心地から徒歩圏内で見れるのはほんの一部なため、ツアーに参加して車でないと行けない範囲のモアイも見に行きました。ガイドブックやテレビでは立派に建っているモアイしか見る機会はないかと思いますが、実際は倒れているもの、途中のもの、頭だけのものなどもたくさんあります。

    島全体にはものすごい数のモアイがあります。中心地から徒歩圏内で見れるのはほんの一部なため、ツアーに参加して車でないと行けない範囲のモアイも見に行きました。ガイドブックやテレビでは立派に建っているモアイしか見る機会はないかと思いますが、実際は倒れているもの、途中のもの、頭だけのものなどもたくさんあります。

  • ここはモアイを作っていたとされる岩山です。説明によると、最終的には海にむけてモアイを建てるはずだったのだけれど、なんだかの理由で海辺まで運べず、所々に置かれているのではないかということでした。

    ここはモアイを作っていたとされる岩山です。説明によると、最終的には海にむけてモアイを建てるはずだったのだけれど、なんだかの理由で海辺まで運べず、所々に置かれているのではないかということでした。

  • これは途中と思われます。四角く岩を切ってから顔を削っていくのではなく、岩の段階から顔などを削っていって、最後切り離すという製法だったのかなと思われます。

    これは途中と思われます。四角く岩を切ってから顔を削っていくのではなく、岩の段階から顔などを削っていって、最後切り離すという製法だったのかなと思われます。

  • アフトンガリキの15体のモアイです。地震によって倒れたモアイの修復には日本が貢献したとのこと。

    アフトンガリキの15体のモアイです。地震によって倒れたモアイの修復には日本が貢献したとのこと。

  • タダノさんという会社が修復に係ったそうで、現地の人にタダノというとそうそう!となります。

    タダノさんという会社が修復に係ったそうで、現地の人にタダノというとそうそう!となります。

  • ポリネシア感満々の島。この標識がさらにそれを感じさせます。

    ポリネシア感満々の島。この標識がさらにそれを感じさせます。

  • タクシーです。

    タクシーです。

  • 島内の教会です。キリスト教なんだと思いますが、イースター色になっています。

    島内の教会です。キリスト教なんだと思いますが、イースター色になっています。

  • 真面目に作られているんだと思いますが、ちょっとかわいく見えてしまいます。

    真面目に作られているんだと思いますが、ちょっとかわいく見えてしまいます。

  • 宿の近くの雑貨屋さんに飾ってありました。左はご存じチリの旗で、右はイースター島の旗です。ちなみにイースター島はスペイン語でイスラ デ パスクア という名前です。

    宿の近くの雑貨屋さんに飾ってありました。左はご存じチリの旗で、右はイースター島の旗です。ちなみにイースター島はスペイン語でイスラ デ パスクア という名前です。

  • 島の中心にはレストランが何件かあります。そのうち2件ほどで食べましたが、どこも夕飯は2000円くらいでした。写真はマグロのマリネです。これもドリンク合わせてそれくらいでした。エンパナーダという餃子の形をした揚げパン?のようなものがあるのですが、海岸通りでそれを売る店が何件か固まってあります。それですと、結構な大きさで500円くらいで買えた気がします。ツナとチーズのものが私は気に入りました。<br />

    島の中心にはレストランが何件かあります。そのうち2件ほどで食べましたが、どこも夕飯は2000円くらいでした。写真はマグロのマリネです。これもドリンク合わせてそれくらいでした。エンパナーダという餃子の形をした揚げパン?のようなものがあるのですが、海岸通りでそれを売る店が何件か固まってあります。それですと、結構な大きさで500円くらいで買えた気がします。ツナとチーズのものが私は気に入りました。

  • オスタル ペテロ アタム というところに宿泊しました。そこのお二方です。物価が高いなかお手頃な値段の所です。部屋はシャワーとベットしかありません。テレビは共同の居間にはあるみたいです。宿の人は静かに親切という感じですので、甲斐甲斐しい接客は期待しないほうが良いと思います。<br />とにかく島ではゆっくり時間が流れてます。帰り、オーナーのピックアップトラックで空港まで送ってもらう途中で、徒歩で空港に向かっていたバックパッカーの日本人を荷台に乗せていました。犯罪とかはないの?と聞くと、ないね。とあっさり言われました。たしかにそういう島でした。

    オスタル ペテロ アタム というところに宿泊しました。そこのお二方です。物価が高いなかお手頃な値段の所です。部屋はシャワーとベットしかありません。テレビは共同の居間にはあるみたいです。宿の人は静かに親切という感じですので、甲斐甲斐しい接客は期待しないほうが良いと思います。
    とにかく島ではゆっくり時間が流れてます。帰り、オーナーのピックアップトラックで空港まで送ってもらう途中で、徒歩で空港に向かっていたバックパッカーの日本人を荷台に乗せていました。犯罪とかはないの?と聞くと、ないね。とあっさり言われました。たしかにそういう島でした。

  • ひたすらモアイの日々でした。モアイを見るしかやる事がないと言っても過言ではないかと思うのですが、そういう時間が戸惑いながらもすこし新鮮だった気がします。狭い中心部を何日かぐるぐる回っていると、前日行ったレストランのウエイトレスさんに挨拶されたり、午前中道を聞いたおじさんに声をかけられたり、島の人の何人もの顔を覚えました。<br />日本からはすごく遠いんですが、また心の洗濯が必要になったら来たいなぁと思っています。

    ひたすらモアイの日々でした。モアイを見るしかやる事がないと言っても過言ではないかと思うのですが、そういう時間が戸惑いながらもすこし新鮮だった気がします。狭い中心部を何日かぐるぐる回っていると、前日行ったレストランのウエイトレスさんに挨拶されたり、午前中道を聞いたおじさんに声をかけられたり、島の人の何人もの顔を覚えました。
    日本からはすごく遠いんですが、また心の洗濯が必要になったら来たいなぁと思っています。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

teruさんの関連旅行記

teruさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

チリで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チリ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チリの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集