その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年2月に初めてインドに旅行した際、ビザをシングルで申請したのに、ダブルのビザが発行されていました。初めてのインドが、ことのほか面白かったのと、もう一回分のビザが有ったので、再びインドに出掛けることにしました。しかし、ビザの有効期限が切れる7月半ばまでは、どこも猛暑の季節。よく調べると、一カ所だけ、この時期が旅行シーズン・・・と言う場所が有りました。それが、ラダックでした。標高3,500メートルと言うのが気に掛かりましたが、思い切って出掛けることにしました。しかし、ラダック到着初日から、食あたりで酷い下痢。体力を消耗してしまい、満足な観光は出来ませんでした。トホホ・・・。

ラダック地方に行ってきましたぁ。

348いいね!

2014/06/20 - 2014/06/25

1位(同エリア365件中)

6

41

ないはん男前

ないはん男前さん

今年2月に初めてインドに旅行した際、ビザをシングルで申請したのに、ダブルのビザが発行されていました。初めてのインドが、ことのほか面白かったのと、もう一回分のビザが有ったので、再びインドに出掛けることにしました。しかし、ビザの有効期限が切れる7月半ばまでは、どこも猛暑の季節。よく調べると、一カ所だけ、この時期が旅行シーズン・・・と言う場所が有りました。それが、ラダックでした。標高3,500メートルと言うのが気に掛かりましたが、思い切って出掛けることにしました。しかし、ラダック到着初日から、食あたりで酷い下痢。体力を消耗してしまい、満足な観光は出来ませんでした。トホホ・・・。

同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
ジェットエアウェイズ (運航停止)
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 前日のお昼前に、デリー、インディラ・ガンジー国際空港に到着しました。レーへの乗り継ぎ便は、翌日の午前5時10分発なので、デリーの市内観光をする時間も充分有ったのですが、何しろこの時期は、気温が摂氏40度を超えているので、最初から、観光する気なんか無し。<br />空港近くのホテルを取ってゆっくり休憩・・と言う手も有りましたが、もったいないので、結局、17時間ほどを、空港内で時間つぶし・・・。<br /><br />写真は、午前5時10分発のレー行き。  搭乗前に撮りました。

    前日のお昼前に、デリー、インディラ・ガンジー国際空港に到着しました。レーへの乗り継ぎ便は、翌日の午前5時10分発なので、デリーの市内観光をする時間も充分有ったのですが、何しろこの時期は、気温が摂氏40度を超えているので、最初から、観光する気なんか無し。
    空港近くのホテルを取ってゆっくり休憩・・と言う手も有りましたが、もったいないので、結局、17時間ほどを、空港内で時間つぶし・・・。

    写真は、午前5時10分発のレー行き。  搭乗前に撮りました。

  • 空が白々としてくる頃にデリーを離陸。<br />天気が良ければ、途中から、絶景フライトとなる予定だったのですが、<br />生憎、空は雲がいっぱい。<br />雲の隙間から、時々見える雪を抱いた山を撮影。

    空が白々としてくる頃にデリーを離陸。
    天気が良ければ、途中から、絶景フライトとなる予定だったのですが、
    生憎、空は雲がいっぱい。
    雲の隙間から、時々見える雪を抱いた山を撮影。

  • 1時間余りの飛行で、レーの上空に到着しました。<br />下に見えるのは、レー空港。<br />軍用空港なので、周囲には空軍基地。<br />ターミナル・ビルにも、ライフルや自動小銃を抱えた兵士がいっぱいでした。

    1時間余りの飛行で、レーの上空に到着しました。
    下に見えるのは、レー空港。
    軍用空港なので、周囲には空軍基地。
    ターミナル・ビルにも、ライフルや自動小銃を抱えた兵士がいっぱいでした。

  • 到着ホールで、レーへの入境届けみたいなモノを記入して、やっと表へ。<br />タクシー・ドライバーや、ホテル、ゲストハウスからの出迎えの人が大勢待っていました。<br /><br />私も、事前に、ゲストハウスに出迎えを依頼していたので、その車に乗り、ゲストハウスへ向かいました。<br />到着後、ルーフトップにあるレストランでチェックインを済ませ、朝食を摂りました。チェックインの際、ゲストハウスの人からは、“今日はどこにも出掛けずに、ゆっくり休憩を・・・”と言われました。<br />ま、平地から、一気に海抜3,500メートルの土地に来たので、私も、そのつもりでした。

    到着ホールで、レーへの入境届けみたいなモノを記入して、やっと表へ。
    タクシー・ドライバーや、ホテル、ゲストハウスからの出迎えの人が大勢待っていました。

    私も、事前に、ゲストハウスに出迎えを依頼していたので、その車に乗り、ゲストハウスへ向かいました。
    到着後、ルーフトップにあるレストランでチェックインを済ませ、朝食を摂りました。チェックインの際、ゲストハウスの人からは、“今日はどこにも出掛けずに、ゆっくり休憩を・・・”と言われました。
    ま、平地から、一気に海抜3,500メートルの土地に来たので、私も、そのつもりでした。

  • 朝食を済ませ、部屋で横になっていると、午後辺りから、気分が悪くなり、夜には、嘔吐してしまいました。原因は、朝食に有ったようです。<br />翌朝も、何も食べす、お昼前、薬を買いに、ふらふらしながら、街に出掛けました。<br /><br />高地なので、タダでさえ、息切れするのに、下痢で体力を奪われ、ホント、ふらふら・・・・Orz...<br /><br />薬局を探しましたが、日曜日なので、店を閉めていたりで・・・ちょっと時間が掛かりました。食料品店のレジのおじさんに、薬局の場所を尋ね、やっと薬を購入できました。<br /><br />写真は、薬局近くから見上げた、レー・パレス。  結局、ここにも登れず終い。

    朝食を済ませ、部屋で横になっていると、午後辺りから、気分が悪くなり、夜には、嘔吐してしまいました。原因は、朝食に有ったようです。
    翌朝も、何も食べす、お昼前、薬を買いに、ふらふらしながら、街に出掛けました。

    高地なので、タダでさえ、息切れするのに、下痢で体力を奪われ、ホント、ふらふら・・・・Orz...

    薬局を探しましたが、日曜日なので、店を閉めていたりで・・・ちょっと時間が掛かりました。食料品店のレジのおじさんに、薬局の場所を尋ね、やっと薬を購入できました。

    写真は、薬局近くから見上げた、レー・パレス。  結局、ここにも登れず終い。

  • 薬局があった、メイン・ストリート。<br />これから舗装工事でもするような感じでした。<br /><br />この日も、何も食べず、薬だけ飲んで、休養。<br />一体、何しに、レーまで来たのやら????

    薬局があった、メイン・ストリート。
    これから舗装工事でもするような感じでした。

    この日も、何も食べず、薬だけ飲んで、休養。
    一体、何しに、レーまで来たのやら????

  • 翌日ですぅ。<br /><br />薬が効いたのか、単に、何も食べていないからか、3日目の朝は、下痢もほぼ止まりました。<br />全く、観光をしないのももったいないので、思い切って、出掛けることにしました。<br />牛のようなのろい歩で、タクシー・スタンドへ。<br />声を掛けてきたドライバーが感じよかったので、下ラダックのラマユルまで、行ってもらうことにしました。<br /><br />写真は、レーの街を抜け出した辺りの風景。<br />左右に軍事施設が並んでいます。<br />ドライバーの話だと、嘗て、パキスタンとの戦争や、中国とのいざこざがあったので、国境に近いレーには、軍事施設が多いらしいです。

    翌日ですぅ。

    薬が効いたのか、単に、何も食べていないからか、3日目の朝は、下痢もほぼ止まりました。
    全く、観光をしないのももったいないので、思い切って、出掛けることにしました。
    牛のようなのろい歩で、タクシー・スタンドへ。
    声を掛けてきたドライバーが感じよかったので、下ラダックのラマユルまで、行ってもらうことにしました。

    写真は、レーの街を抜け出した辺りの風景。
    左右に軍事施設が並んでいます。
    ドライバーの話だと、嘗て、パキスタンとの戦争や、中国とのいざこざがあったので、国境に近いレーには、軍事施設が多いらしいです。

  • それにしても、雄大と言うか何というか、これまで見たことの無いような風景が続きます。<br />途中で、綺麗な川が見え、それが、インダス川でした。<br /><br />写真は、インダス川とザンスカール川の合流点。

    それにしても、雄大と言うか何というか、これまで見たことの無いような風景が続きます。
    途中で、綺麗な川が見え、それが、インダス川でした。

    写真は、インダス川とザンスカール川の合流点。

  • 途中で見えたゴンパ<br /><br />私の車の前方を、西洋人のグループが乗った、車数台が走っており、彼らは景色の綺麗なところで車を停め、写真撮影を楽しんでいました。<br />当然、私も、便乗して、車を停めて貰い、写真撮影(笑)

    途中で見えたゴンパ

    私の車の前方を、西洋人のグループが乗った、車数台が走っており、彼らは景色の綺麗なところで車を停め、写真撮影を楽しんでいました。
    当然、私も、便乗して、車を停めて貰い、写真撮影(笑)

  • 道中、何台ものトラックとすれ違いましたが、殆どが、TATA社製の、こんなトラック。

    道中、何台ものトラックとすれ違いましたが、殆どが、TATA社製の、こんなトラック。

  • 1時間ほどで、最初の訪問地、リキール・ゴンパに到着。<br />しかし、この日は、ゴンパ手前の坂道で、舗装工事が行われていて、車はそこまで。 残り500メートルほどは、徒歩で登るハメになりました。<br /><br />僅か500メートルとは言え、ここは高地、おまけに私は、下痢上がりで、体力全く無し、一歩一歩少しづつ足を進め、息を切らせながら、やっとの思いで、ゴンパの前に・・・。<br />建物に入る前に、殆どの人が、休憩していました。

    1時間ほどで、最初の訪問地、リキール・ゴンパに到着。
    しかし、この日は、ゴンパ手前の坂道で、舗装工事が行われていて、車はそこまで。 残り500メートルほどは、徒歩で登るハメになりました。

    僅か500メートルとは言え、ここは高地、おまけに私は、下痢上がりで、体力全く無し、一歩一歩少しづつ足を進め、息を切らせながら、やっとの思いで、ゴンパの前に・・・。
    建物に入る前に、殆どの人が、休憩していました。

  • ゴンパへの坂を登っている途中に見かけた風景。<br />万年雪に覆われた山々を、バックにした、建物。

    ゴンパへの坂を登っている途中に見かけた風景。
    万年雪に覆われた山々を、バックにした、建物。

  • 僅か500メートルの距離を15分ほど掛けて歩き、やっとゴンパの直ぐ下に到着。<br />本来ならば、ここまで車で来れるのに・・・・、全く運が悪い。

    僅か500メートルの距離を15分ほど掛けて歩き、やっとゴンパの直ぐ下に到着。
    本来ならば、ここまで車で来れるのに・・・・、全く運が悪い。

  • 建物の前で、切れ切れの息が整うまで、暫く、腰掛けて休憩。<br />その後、気合いを入れて、建物の階段を登っていきました。<br />少し上がると、女性が話す英語の声が聞こえたので、そちらへ・・・。<br />そこでは、現地のガイドさんが、韓国人と思われる観光客に、壁画の説明をしていました。<br />息切れしたので、低い塀に腰掛け、また、休憩。<br />暫くすると、今度は、日本人のカップル(だったか?)が、日本語ガイドさんに連れられてやってきました。<br />そのガイドさんは、おもむろに本堂の扉を開き、中へ・・・。<br />私も、後を付いて入って行きました。<br />中は、僧侶達がお経を唱えるような場所で、前方に、何体かの仏像が祀られて居ました。<br />

    建物の前で、切れ切れの息が整うまで、暫く、腰掛けて休憩。
    その後、気合いを入れて、建物の階段を登っていきました。
    少し上がると、女性が話す英語の声が聞こえたので、そちらへ・・・。
    そこでは、現地のガイドさんが、韓国人と思われる観光客に、壁画の説明をしていました。
    息切れしたので、低い塀に腰掛け、また、休憩。
    暫くすると、今度は、日本人のカップル(だったか?)が、日本語ガイドさんに連れられてやってきました。
    そのガイドさんは、おもむろに本堂の扉を開き、中へ・・・。
    私も、後を付いて入って行きました。
    中は、僧侶達がお経を唱えるような場所で、前方に、何体かの仏像が祀られて居ました。

  • その後、順路に従い、このゴンパでの見所、腰掛けた大きな菩薩像を見物。<br /><br />ふらふらと、ドライバーが待っているところまで戻り、<br />次の目的地、アルチ・ゴンバへ向かいました。

    その後、順路に従い、このゴンパでの見所、腰掛けた大きな菩薩像を見物。

    ふらふらと、ドライバーが待っているところまで戻り、
    次の目的地、アルチ・ゴンバへ向かいました。

  • リキール・ゴンパからアルチ・ゴンパまでは十数キロ。<br />途中、インダス川を渡って行きます。

    リキール・ゴンパからアルチ・ゴンパまでは十数キロ。
    途中、インダス川を渡って行きます。

  • 私は、アルチ・ゴンバも、岩山の上や傾斜地に建っているものとばかり思っていたのですが、車が停まったのは、小さな集落の中。<br />ドライバーは、“はい、着いたよ。ゴンパへは、その道歩いて行って下さい・・・。”って。<br /><br />言われるままに、狭い道を歩いて行くと、両側には土産物屋が並んでおり、正に、お寺への参道と言う感じでした。100メートル余り進むと、塀に小さな入口があり、その中が、アルチ・ゴンパでした。<br />このゴンパは、平地にある割と小さなゴンパでした。<br />写真は、このゴンパの一番の見所がある、スムツエク(三層堂)の前面。<br /><br />ここでも、この建物の前に置かれていた長椅子に横になって暫く休憩。

    私は、アルチ・ゴンバも、岩山の上や傾斜地に建っているものとばかり思っていたのですが、車が停まったのは、小さな集落の中。
    ドライバーは、“はい、着いたよ。ゴンパへは、その道歩いて行って下さい・・・。”って。

    言われるままに、狭い道を歩いて行くと、両側には土産物屋が並んでおり、正に、お寺への参道と言う感じでした。100メートル余り進むと、塀に小さな入口があり、その中が、アルチ・ゴンパでした。
    このゴンパは、平地にある割と小さなゴンパでした。
    写真は、このゴンパの一番の見所がある、スムツエク(三層堂)の前面。

    ここでも、この建物の前に置かれていた長椅子に横になって暫く休憩。

  • 再び車に乗り、最終目的地のラマユルに向かいます。<br />途中、レストランが並ぶ小さな村を通った際、ドライバーが、“ここで昼ご飯にしますか?”と尋ねたのですが、私は、“いや、食べません・・・と言うか、食べれない”と言うと、そのまま、ラマユルまで向かいました。<br />ラマユルの少し手前に、警察のチェック・ポイントが有り、そこで何やら手続きが必要なようでした。<br />ドライバーが、私のパスポートを持って行き、勝手にやってくれました。

    再び車に乗り、最終目的地のラマユルに向かいます。
    途中、レストランが並ぶ小さな村を通った際、ドライバーが、“ここで昼ご飯にしますか?”と尋ねたのですが、私は、“いや、食べません・・・と言うか、食べれない”と言うと、そのまま、ラマユルまで向かいました。
    ラマユルの少し手前に、警察のチェック・ポイントが有り、そこで何やら手続きが必要なようでした。
    ドライバーが、私のパスポートを持って行き、勝手にやってくれました。

  • 助手席でシートを倒して、うつらうつらしていた私に、ドライバーが、<br />“ゴンパが見えますよ・・・”と前方を指さしてくれました。<br />それが、ラマユル・ゴンパでした。<br /><br />私がかなり衰弱しているのを察して、ドライバーは、車を、ゴンパの入口に一番近いところに停めてくれました。それでも、直ぐには降りることが出来ず、車内で10分ほど休憩。その後、気合いを入れて、ゴンパの中に向かいました。<br /><br />写真は、ゴンパから眺めた風景。

    助手席でシートを倒して、うつらうつらしていた私に、ドライバーが、
    “ゴンパが見えますよ・・・”と前方を指さしてくれました。
    それが、ラマユル・ゴンパでした。

    私がかなり衰弱しているのを察して、ドライバーは、車を、ゴンパの入口に一番近いところに停めてくれました。それでも、直ぐには降りることが出来ず、車内で10分ほど休憩。その後、気合いを入れて、ゴンパの中に向かいました。

    写真は、ゴンパから眺めた風景。

  • ゴンパの直ぐ手前に、大勢のチベット僧が居ました。<br />ここに来る途中、ドライバーが、“明日は、ラマユルでお祭りがあるそうだよ”と教えてくれていたので、恐らく、その関係なんでしょう。

    ゴンパの直ぐ手前に、大勢のチベット僧が居ました。
    ここに来る途中、ドライバーが、“明日は、ラマユルでお祭りがあるそうだよ”と教えてくれていたので、恐らく、その関係なんでしょう。

  • ラマユル・ゴンパ。<br />この上の方まで行けるようでしたが、登っている人は誰も居ませんでした。

    ラマユル・ゴンパ。
    この上の方まで行けるようでしたが、登っている人は誰も居ませんでした。

  • 地元の人達? それとも、お祭りに合わせてやって来た、巡礼者でしょうか?

    地元の人達? それとも、お祭りに合わせてやって来た、巡礼者でしょうか?

  • 綺麗な服装に着飾った、チベット族の娘さん。

    綺麗な服装に着飾った、チベット族の娘さん。

  • 彼らも、スマートフォンを使っていました。

    彼らも、スマートフォンを使っていました。

  • 大人の僧侶が持って来ていた太鼓を叩く、子供のチベット僧。<br />やっぱり、明日は、お祭りのようです。

    大人の僧侶が持って来ていた太鼓を叩く、子供のチベット僧。
    やっぱり、明日は、お祭りのようです。

  • ラマユル・ゴンパ。

    ラマユル・ゴンパ。

  • やっと、目的地三カ所を何とか廻り終え、一路、レーに戻ります。

    やっと、目的地三カ所を何とか廻り終え、一路、レーに戻ります。

  • レーの街には、意外と早く、午後4時半頃に到着しました。<br />ゲストハウスの前まで送ってもらい、ドライバーとはここでお別れ。<br />規定の料金に、少しチップを弾みました。<br /><br />ふらふらと部屋に戻り、そのままベッドで休養。

    レーの街には、意外と早く、午後4時半頃に到着しました。
    ゲストハウスの前まで送ってもらい、ドライバーとはここでお別れ。
    規定の料金に、少しチップを弾みました。

    ふらふらと部屋に戻り、そのままベッドで休養。

  • 翌日ですぅ。<br /><br />次の日は、早朝から帰国の途に付くので、この日が実質的に最終日です。<br />昨日、下ラダックに出掛けたので、この日は上ラダックへ。<br />こっちの方が距離的には短いので楽なのですが、相変わらず何も食べておらず、体力が無くなっているので、2カ所だけ廻ることにしました。<br /><br />タクシー・スタンドに昨日のドライバーは見あたらず、この日は、他のドライバーの車で出掛けました。<br /><br />レーの町外れを通った時、ドライバーが、“ダライ・ラマがレーに来た時は、ここに滞在するんですよ”と、広い敷地を指さしてくれました。奥の方に建物がいくつかあったようですが、良くは見えませんでした。<br />今年は、7月3日から14日まで、ダライ・ラマがこの街に滞在するらしいです。<br /><br />30分ほどで、シェイ・パレスに到着。ここもご多分に漏れず、小高い山の上でした・・・Orz...<br />

    翌日ですぅ。

    次の日は、早朝から帰国の途に付くので、この日が実質的に最終日です。
    昨日、下ラダックに出掛けたので、この日は上ラダックへ。
    こっちの方が距離的には短いので楽なのですが、相変わらず何も食べておらず、体力が無くなっているので、2カ所だけ廻ることにしました。

    タクシー・スタンドに昨日のドライバーは見あたらず、この日は、他のドライバーの車で出掛けました。

    レーの町外れを通った時、ドライバーが、“ダライ・ラマがレーに来た時は、ここに滞在するんですよ”と、広い敷地を指さしてくれました。奥の方に建物がいくつかあったようですが、良くは見えませんでした。
    今年は、7月3日から14日まで、ダライ・ラマがこの街に滞在するらしいです。

    30分ほどで、シェイ・パレスに到着。ここもご多分に漏れず、小高い山の上でした・・・Orz...

  • シェイ・パレスの向かいには、珍しく広い緑地が有り、牛が放牧されていました。

    シェイ・パレスの向かいには、珍しく広い緑地が有り、牛が放牧されていました。

  • シェイ・パレスは、下から見上げると、大したこと有りませんが、ここの見所は、建物の中に祀られている、大きな仏様。中に入ると、半身が床よりも低いところにある仏像が、鎮座しています。建物の内壁には、壁画も描かれていました。

    シェイ・パレスは、下から見上げると、大したこと有りませんが、ここの見所は、建物の中に祀られている、大きな仏様。中に入ると、半身が床よりも低いところにある仏像が、鎮座しています。建物の内壁には、壁画も描かれていました。

  • シェイ・パレスから見た、万年雪に覆われた遠方の山脈

    シェイ・パレスから見た、万年雪に覆われた遠方の山脈

  • シェイ・パレスから更に5分余り進むと、とても絵になるティクセ・ゴンパに到着。このゴンパは、ホント、綺麗でした。<br />訪れる人も多く、ゴンパ内に土産物屋や、レストラン、売店もあり、まさしく“観光地”でした。

    シェイ・パレスから更に5分余り進むと、とても絵になるティクセ・ゴンパに到着。このゴンパは、ホント、綺麗でした。
    訪れる人も多く、ゴンパ内に土産物屋や、レストラン、売店もあり、まさしく“観光地”でした。

  • ティクセ・ゴンパ。横から見ると、こんな感じです。<br />小高い岩山の斜面に、建物がへばりつくように建っています。

    ティクセ・ゴンパ。横から見ると、こんな感じです。
    小高い岩山の斜面に、建物がへばりつくように建っています。

  • ティクセ・ゴンパからの遠望。<br />この辺りは、結構、緑があります。<br /><br />丁度お昼頃に、ゲストハウスに戻り、下痢はほぼ治まっていましたが、念のため、翌日の帰国に備え、またゆっくりと休養。<br />この日も、何も食べず。

    ティクセ・ゴンパからの遠望。
    この辺りは、結構、緑があります。

    丁度お昼頃に、ゲストハウスに戻り、下痢はほぼ治まっていましたが、念のため、翌日の帰国に備え、またゆっくりと休養。
    この日も、何も食べず。

  • 翌日ですぅ。<br /><br />早朝6時に、ゲストハウスをチェックアウトし、頼んでいた車で空港に向かいました。<br /><br />空港では、敷地内に入る前、建物に入る前、チェックイン・カウンターに並ぶ前、搭乗待合室に入る前、搭乗する前と、何度も検査が有りましたが、作業はテキパキと行われ、並ぶことは有りませんでした。<br /><br />タラップから飛行機に乗る際、雪山をバックに、飛行機の写真を撮ろうとしたら、警備をしていた兵隊さんに叱られ、諦めました。やっぱり軍用空港は、厳しいですね。<br /><br />この日は、雲も比較的少なく、離陸後暫く、絶景フライトを楽しめました。

    翌日ですぅ。

    早朝6時に、ゲストハウスをチェックアウトし、頼んでいた車で空港に向かいました。

    空港では、敷地内に入る前、建物に入る前、チェックイン・カウンターに並ぶ前、搭乗待合室に入る前、搭乗する前と、何度も検査が有りましたが、作業はテキパキと行われ、並ぶことは有りませんでした。

    タラップから飛行機に乗る際、雪山をバックに、飛行機の写真を撮ろうとしたら、警備をしていた兵隊さんに叱られ、諦めました。やっぱり軍用空港は、厳しいですね。

    この日は、雲も比較的少なく、離陸後暫く、絶景フライトを楽しめました。

  • 今回の旅は、現地到着初日から、体調を崩し、最初の二日間は、休養ばかり。<br />残念ながら、予定していた観光の半分もこなせませんでした。<br /><br />ま、今回、一番楽しみにしていたパンゴン・レイクは、次回のお楽しみに取っておくことにします。他のゴンパや、高台からレーの街を見下ろすのも、次回にします。(いつになるか判りませんが・・・・)<br /><br />         ☆☆☆ お終いです☆☆☆<br /><br />    <br />

    今回の旅は、現地到着初日から、体調を崩し、最初の二日間は、休養ばかり。
    残念ながら、予定していた観光の半分もこなせませんでした。

    ま、今回、一番楽しみにしていたパンゴン・レイクは、次回のお楽しみに取っておくことにします。他のゴンパや、高台からレーの街を見下ろすのも、次回にします。(いつになるか判りませんが・・・・)

             ☆☆☆ お終いです☆☆☆

        

この旅行記のタグ

348いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • tamaemonさん 2014/06/30 22:18:38
    見たことの無い景色です!
      ないはん男前さん、ご無沙汰しております。

     個人では中々行けないところ、インドのイメージとはだいぶ違った景色に見えますね・・・チベット!?・・・お顔立ちもアジア系?
     3500m?といえば富士山並み・・・ヨーロッパでのスキー場並ですね。立っているだけでふらついていたこともある高さ、お腹やられたら、体力は無くなるは酸素は無いは・・・・しんどいことばかり、良くご無事で!

     お腹の強い友人が、昔ネパールに行った時ひどい下痢に、日本から持って来た胃腸薬では効かず、現地のお医者さんから頂いた薬は抜群に効いたらしいですが、相当強いらしく、普段は服用しないようにとの事でした。

     インドは山奥に行っても、食事は気をつけないと大変な事になりそう!胃腸の弱い私には無理そうです。
     その分、ないはん男前さんの旅行記で楽しませて頂きましたが、なんとなく胃の辺りに手が伸びてました!?

     また未知の世界の旅行記、楽しみにしてます!

                      tamaemon

    ないはん男前

    ないはん男前さん からの返信 2014/07/01 10:16:05
    RE: 見たことの無い景色です!
    tamaemonさん、おはようございますぅ。

    レーは、意外と簡単に行けますよ(笑)
    デリーから飛行機でひとっ飛びですから。
    確かに、インドのイメージとは、かなりかけ離れ、ほぼチベット文化圏ですね。

    仰るとおり、高地で空気が薄い上、下痢で体力奪われ、滞在中はふらふらでした。デリーに戻ってから空港で初めて固形物を食べて、なんとか無事に帰り着けました。

    発展途上国の薬はきつくて、良く効きます。
    私が現地で飲んだ薬も、日本の薬に比べ3倍も強いとか・・・・。

    インドは面白いので、これに懲りず、これからも出掛けたいと思っています。

     ないはん男前
  • hsugaiさん 2014/06/29 17:05:50
    貴重な経験
    素晴らしい体験談と写真感服しました。

    私もインド、ガンジス旅行では注意してたのに氷の上に乗ってたバターを

    食べて下痢になり3泊4日牛乳だけで過ごしました。

    ないはん男前

    ないはん男前さん からの返信 2014/06/29 19:06:46
    RE: 貴重な経験
    hsugaiさま

    コメントありがとうございますぅ。

    苦しい体験談、お読み頂きありがとうございました。
    下痢なんか、旅先では、余り体験したくないですよね。
    ま、こんなことも偶には、有るかと・・・。

    本来なら、量・質共に、もっと気合いを入れた写真(笑)撮るつもりだったのですが、余り満足の出来る結果は出せませんでした。

     ないはん男前
  • あっぷるさん 2014/06/29 10:56:45
    おなか壊しても、楽しまれたようで・・。
    ないはん男前さん

    今回の旅は、体調不良で大変な思いをされましたね。
    インドに良く行く友人が「今度はバスを乗り継いでレーに行く」と話していましたが、ラダック地方はそのレーのあるところだったんですね。

    標高が高く、山の景色がステキな所ですね。


    予定の観光は半分というと、また再訪する口実が出来たって事ですね☆

    私もお盆にインドを訪問予定です。
    悪評を考慮し、トラベルクッカーを持参するつもりでした。
    ないはん男前さんの旅行記を読んで、現地の食事は一口も口にしないと硬く決意しました。(笑)

    空気を吸っているだけでおなかを壊すって、どなたか言っていましたし。(笑)

    まだバンコクにはお住まいになっているんでしょうか?
    周辺諸国の旅行記、また楽しみです。

    あっぷる

    ないはん男前

    ないはん男前さん からの返信 2014/06/29 19:01:39
    RE: おなか壊しても、楽しまれたようで・・。
    あっぷるさん、こんばんわぁ。

    コメントありがとうございます。
    あっぷるさんのお友達は、バスでレー入りですか?
    地元の人も言ってましたが、マーナリーからレーまではバスだと1泊2日の行程だそうです。デリーからだと、+もう1日。私は時間が無いので飛行機にしましたが、バスで移動すれば、素晴らしい景色が楽しめるそうです。ただ、5,000メート級の峠を二つ越えるらしいですが・・・・。

    今回は、初っ端から酷い下痢になり、思うように観光できず、残念でした。
    ま、“また、来い”と言うことかも判りませんが・・・(笑)

    インドは広いので、これに懲りず、また訪れたいと思っています。

    あっぷるさんも、お盆のインド旅行では、体調管理に気を付けて下さいね。

    今も、だらだらと、バンコクに住んでいます。
    ここは、地理的に、旅行に出掛けるにも便利で・・・・(笑)

     ないはん男前

ないはん男前さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集