シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
家人が前から行きたがっていたアンコ−ルワットに行ってきました。<br />かなり駆け足の日程でした。<br />通り一遍ザァ〜と見た感じですが、それなりに良かったと思います。<br />ただ、遺跡での渋滞と暑さは半端ではありませんでした。

アンコ−ルワットに行ってきました。

30いいね!

2014/05/03 - 2014/05/06

808位(同エリア8229件中)

0

28

じゅんき

じゅんきさん

家人が前から行きたがっていたアンコ−ルワットに行ってきました。
かなり駆け足の日程でした。
通り一遍ザァ〜と見た感じですが、それなりに良かったと思います。
ただ、遺跡での渋滞と暑さは半端ではありませんでした。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
観光バス
航空会社
ベトナム航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 福岡空港からの出発です。すごい人出でした<br /><br />ベトナム航空が2機、奥が駐機しているのが臨時便です(エアバス321)<br />ハノイ・ノイバイ空港にいくのも一緒です。

    福岡空港からの出発です。すごい人出でした

    ベトナム航空が2機、奥が駐機しているのが臨時便です(エアバス321)
    ハノイ・ノイバイ空港にいくのも一緒です。

  • 機内食(和食)全般的にうす味です。

    機内食(和食)全般的にうす味です。

  • こちらは洋食。同行者が味がないとぼやいていた。

    こちらは洋食。同行者が味がないとぼやいていた。

  • シェムリアップ空港のタ-ミナルに向かう<br />空港上空で約1時間の旋回。<br />機内での案内は無し<br />「どうするのかなぁ?」と思っていたら着陸<br />特にスコ?ルが降った跡はない。<br />空港からホテルまでは30分程度<br />夕方になっているのだがかなり蒸し暑い。<br />アンコ?ルセンチュリ?ホテルに宿泊

    シェムリアップ空港のタ-ミナルに向かう
    空港上空で約1時間の旋回。
    機内での案内は無し
    「どうするのかなぁ?」と思っていたら着陸
    特にスコ?ルが降った跡はない。
    空港からホテルまでは30分程度
    夕方になっているのだがかなり蒸し暑い。
    アンコ?ルセンチュリ?ホテルに宿泊

  • アンコ−ルビ−ル5.5$←観光客向け値段?<br />意外に飲みやすい。

    アンコ−ルビ−ル5.5$←観光客向け値段?
    意外に飲みやすい。

  • 朝のアンコ-ルワット<br />写真は西門<br />薄暗いうちに行きましたが、薄暮の中アンコ-ルワットの尖塔がシルエットで見えてくるさまは圧巻です。<br />人気があるのがわかる気がします。

    朝のアンコ-ルワット
    写真は西門
    薄暗いうちに行きましたが、薄暮の中アンコ-ルワットの尖塔がシルエットで見えてくるさまは圧巻です。
    人気があるのがわかる気がします。

  • アンコ−ル犬?(笑)<br />こちらの人同様に大人しいです<br />近くにはお猿さんもいましたが、このわんちゃんは泰然自若としていました。

    アンコ−ル犬?(笑)
    こちらの人同様に大人しいです
    近くにはお猿さんもいましたが、このわんちゃんは泰然自若としていました。

  • 日本の猿と違って、ワラワラと寄ってくることはありません。<br />猿ものんびりした感じです。<br />15年前まで凄惨な内戦があった国とは思えません。<br />どこもかしこもゆっくりした感じです。

    日本の猿と違って、ワラワラと寄ってくることはありません。
    猿ものんびりした感じです。
    15年前まで凄惨な内戦があった国とは思えません。
    どこもかしこもゆっくりした感じです。

  • 屋外のテ−ブルでの食事<br />箸を使って食事<br />味に関しては、違和感なし<br />野菜、果物が豊富なのがうれしい。<br />フォ−が美味しかった。

    屋外のテ−ブルでの食事
    箸を使って食事
    味に関しては、違和感なし
    野菜、果物が豊富なのがうれしい。
    フォ−が美味しかった。

    アンコール センチュリー リゾート & スパ ホテル

    便利できれいなホテルでした。 by じゅんきさん
  • ホテルの中庭から<br />自分たちが泊まった部屋は残念ながら反対側

    ホテルの中庭から
    自分たちが泊まった部屋は残念ながら反対側

  • プルメリアの花<br />奄美赴任時代に見かけ、自宅温室でも育てているが中々花は咲かない。<br />芳香がする花である。<br />街中あちこちで満開状態<br />ちなみにベトナム航空機内で配られるおしぼりはプルメリアの香りです。

    プルメリアの花
    奄美赴任時代に見かけ、自宅温室でも育てているが中々花は咲かない。
    芳香がする花である。
    街中あちこちで満開状態
    ちなみにベトナム航空機内で配られるおしぼりはプルメリアの香りです。

  • 朝食後はアンコ−ルトムに向かいます。<br />観光バスが渋滞を引き起こしています。<br />9時を過ぎているので、気温がどんどん高くなっている感じです。<br />写真は南門<br />どこをむいても顔の彫刻だらけです。。

    朝食後はアンコ−ルトムに向かいます。
    観光バスが渋滞を引き起こしています。
    9時を過ぎているので、気温がどんどん高くなっている感じです。
    写真は南門
    どこをむいても顔の彫刻だらけです。。

  • トムの中心のバイヨン寺院までたどり着きました。<br />塔の東西南北4面には顔の彫刻があります。<br />とにかく、日本人はじめ韓国人中国人が多いです。<br /><br />

    トムの中心のバイヨン寺院までたどり着きました。
    塔の東西南北4面には顔の彫刻があります。
    とにかく、日本人はじめ韓国人中国人が多いです。

  • バイヨン寺院の壁画です。<br />古代の戦いの様子を描いた壁画です。<br />日本でいえば国宝級なんでしょうが、おもわずこのデザインには笑ってしまいました。<br />ワニが船から落ちた兵士に噛みついているとこなそうです。。

    バイヨン寺院の壁画です。
    古代の戦いの様子を描いた壁画です。
    日本でいえば国宝級なんでしょうが、おもわずこのデザインには笑ってしまいました。
    ワニが船から落ちた兵士に噛みついているとこなそうです。。

  • やはり迫力があります、

    やはり迫力があります、

  • アップで撮影

    アップで撮影

  • デバダ−いわゆる女神像です。<br />クメ-ル王朝時代、王につかえる侍女は上半身裸だったらしい。<br />

    デバダ−いわゆる女神像です。
    クメ-ル王朝時代、王につかえる侍女は上半身裸だったらしい。

  • タプロム寺院の定番の撮影スポットです。<br />和名ガジュマルと思いましたが、スポアンという名前の木です。

    タプロム寺院の定番の撮影スポットです。
    和名ガジュマルと思いましたが、スポアンという名前の木です。

  • 午後のアンコ-ルワット<br />午後の方が順光になるのでシャッタ−チャンスになります。<br />朝入れなかった寺院内部を見学します。

    午後のアンコ-ルワット
    午後の方が順光になるのでシャッタ−チャンスになります。
    朝入れなかった寺院内部を見学します。

  • 新しい仏像です・・なんとなくマイケルジャクソン似

    新しい仏像です・・なんとなくマイケルジャクソン似

  • 第2回廊です

    第2回廊です

  • 連子<br />状窓に西日が差しこむ

    連子
    状窓に西日が差しこむ

  • 第3回廊に登る急な石段<br />ミニスカ−トが禁止されている理由が判った。

    第3回廊に登る急な石段
    ミニスカ−トが禁止されている理由が判った。

  • トゥクトゥクにのって寺院見学に向かう。<br />風を受けつ走るトゥクトゥクは中々味があってよい。

    トゥクトゥクにのって寺院見学に向かう。
    風を受けつ走るトゥクトゥクは中々味があってよい。

  • カンボジアの負の遺跡<br />ポルポト時代に虐殺された人々の骨です。<br />プノンペンに虐殺博物館がありますが、シェムリアップにもあります。

    カンボジアの負の遺跡
    ポルポト時代に虐殺された人々の骨です。
    プノンペンに虐殺博物館がありますが、シェムリアップにもあります。

  • 併設された資料館です。ポルポト時代の収容所の様子です<br />この寺院の管主の経験した実話に基づいたパネルを展示してあります。<br />日本語でも書かれています。

    併設された資料館です。ポルポト時代の収容所の様子です
    この寺院の管主の経験した実話に基づいたパネルを展示してあります。
    日本語でも書かれています。

  • お寺を後にして、国立博物館に向かう。<br />入館料12ドル日本語可能なヘッドセットレンタル3ドル<br />郊外の遺跡にオプショナルで立ち寄るのもよいが、ここに立ち寄って大正解。<br /><br />展示は時代ごとに整理されている。ワットやトムから発掘された遺物が沢山展示されている。<br />たぶん本物<br />ビデオ上映も日本語が選択できる。<br />出るときに時計を見たら3時間以上見学していた計算だった。<br />館内は写真撮影禁止である。写真は博物館中庭

    お寺を後にして、国立博物館に向かう。
    入館料12ドル日本語可能なヘッドセットレンタル3ドル
    郊外の遺跡にオプショナルで立ち寄るのもよいが、ここに立ち寄って大正解。

    展示は時代ごとに整理されている。ワットやトムから発掘された遺物が沢山展示されている。
    たぶん本物
    ビデオ上映も日本語が選択できる。
    出るときに時計を見たら3時間以上見学していた計算だった。
    館内は写真撮影禁止である。写真は博物館中庭

  • 乾季でも琵琶湖の6倍あるというトレンサップ湖<br />水深は1mほどとの事

    乾季でも琵琶湖の6倍あるというトレンサップ湖
    水深は1mほどとの事

この旅行記のタグ

30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集