ヴュルツブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
クリスマスマーケットの本場、ドイツに7泊8日の日程で行ってきました。<br /><br />12月19日(木) フランクフルト着→デュッセルドルフ→ケルン(ケルン泊)<br />12月20日(金) ケルン→ジークブルク→バート・ヴィンプフェン→ハイルブロン(ハイルブロン泊)<br />12月21日(土) ハイルブロン→ニュルンベルク→バンベルク(バンベルク泊)<br />12月22日(日) バンベルク→ヴュルツブルク→フランクフルト→ドレスデン(ドレスデン泊)<br />12月23日(月) マイセン&ドレスデン(ドレスデン泊)<br />12月24日(火) ドレスデン→ベルリン(ベルリン泊)<br />12月25日(水) ベルリン(ベルリン泊)<br />12月26日(木) ベルリン→フランクフルト発<br /><br />基本的に都市間の移動は電車です。フランクフルト→ドレスデン、ベルリン→フランクフルトだけは空路でした。うち20日〜22日はジャーマンレイルパスを使いました。<br /><br />クリスマスど真ん中に行くので、お店が開いているか心配でしたが、さすが首都ベルリンでは何とかなりました。<br /><br />

クリスマスマーケットを巡る旅<その7> ヴュルツブルク

8いいね!

2013/12/22 - 2013/12/22

170位(同エリア367件中)

0

8

クリスマスマーケットの本場、ドイツに7泊8日の日程で行ってきました。

12月19日(木) フランクフルト着→デュッセルドルフ→ケルン(ケルン泊)
12月20日(金) ケルン→ジークブルク→バート・ヴィンプフェン→ハイルブロン(ハイルブロン泊)
12月21日(土) ハイルブロン→ニュルンベルク→バンベルク(バンベルク泊)
12月22日(日) バンベルク→ヴュルツブルク→フランクフルト→ドレスデン(ドレスデン泊)
12月23日(月) マイセン&ドレスデン(ドレスデン泊)
12月24日(火) ドレスデン→ベルリン(ベルリン泊)
12月25日(水) ベルリン(ベルリン泊)
12月26日(木) ベルリン→フランクフルト発

基本的に都市間の移動は電車です。フランクフルト→ドレスデン、ベルリン→フランクフルトだけは空路でした。うち20日〜22日はジャーマンレイルパスを使いました。

クリスマスど真ん中に行くので、お店が開いているか心配でしたが、さすが首都ベルリンでは何とかなりました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
グルメ
4.5
交通
3.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2013年12月22日(日)<br /><br />バンベルクを発ち、電車で約2時間でヴュルツブルクに到着しました。<br /><br />ロマンティック街道の北の起点です。確かに日本人が多かったですねぇ。ただ、日曜日なので、お店は閉まっていて、街は静かなものでした。<br /><br />日曜日でも開いている世界遺産『レジデンツ』に向かいます。<br /><br />レジデンツは18世紀に建てられたヴュルツブルク大司教の宮殿です。11時と15時には英語のガイドツアーがあるので、11時のツアーに合わせて行きました。

    2013年12月22日(日)

    バンベルクを発ち、電車で約2時間でヴュルツブルクに到着しました。

    ロマンティック街道の北の起点です。確かに日本人が多かったですねぇ。ただ、日曜日なので、お店は閉まっていて、街は静かなものでした。

    日曜日でも開いている世界遺産『レジデンツ』に向かいます。

    レジデンツは18世紀に建てられたヴュルツブルク大司教の宮殿です。11時と15時には英語のガイドツアーがあるので、11時のツアーに合わせて行きました。

    ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 史跡・遺跡

  • この英語ガイドがすごく面白かったです。<br />なぜ大司教の宮殿がこんなに豪華絢爛か、なぜヴュルツブルクか、それぞれの装飾がどういう意味を持つか、等とても勉強になりました。<br /><br />あの有名なオーストリアの女帝マリア・テレジアもこの宮殿に来たことがあるそうです。大司教が玄関まで行って客人を迎えたのはこの1回のみ。皇帝と皇族のみが大司教よりも上の身分だったからだとか。<br /><br />付属の教会はミサ中だったので、残念ながら見学はできませんでした。<br /><br />

    この英語ガイドがすごく面白かったです。
    なぜ大司教の宮殿がこんなに豪華絢爛か、なぜヴュルツブルクか、それぞれの装飾がどういう意味を持つか、等とても勉強になりました。

    あの有名なオーストリアの女帝マリア・テレジアもこの宮殿に来たことがあるそうです。大司教が玄関まで行って客人を迎えたのはこの1回のみ。皇帝と皇族のみが大司教よりも上の身分だったからだとか。

    付属の教会はミサ中だったので、残念ながら見学はできませんでした。

  • お昼は郷土料理を手頃な価格で味わえる『ラーツケラー(Ratskeller)』へ。<br />ハイルブロンのラーツケラーのレベルの高さに味をしめたので、ヴュルツブルクでも行ってみました。<br /><br />市庁舎の地下にあり、フランケンワインの種類も豊富です。<br /><br />早速、本日のオススメの白ワインを注文しました。

    お昼は郷土料理を手頃な価格で味わえる『ラーツケラー(Ratskeller)』へ。
    ハイルブロンのラーツケラーのレベルの高さに味をしめたので、ヴュルツブルクでも行ってみました。

    市庁舎の地下にあり、フランケンワインの種類も豊富です。

    早速、本日のオススメの白ワインを注文しました。

    ラーツケラー 地元の料理

  • レバー肉だんごのスープです。<br /><br />コンソメスープはダシが効いていて美味しいです。レバーは確かにレバーの匂いがしますが、あまり気にならないです。

    レバー肉だんごのスープです。

    コンソメスープはダシが効いていて美味しいです。レバーは確かにレバーの匂いがしますが、あまり気にならないです。

  • メインの鹿肉のハンバーグです。<br /><br />独立したジビエメニューがあったので、つい注文しました。<br /><br />全然臭みもなく、牛よりもあっさり目で美味しかったです。<br /><br />つけあわせは一瞬トウモロコシかと思いましたが、ポテトでした。<br /><br />やっぱりラーツケラーはお手頃で美味しいです。

    メインの鹿肉のハンバーグです。

    独立したジビエメニューがあったので、つい注文しました。

    全然臭みもなく、牛よりもあっさり目で美味しかったです。

    つけあわせは一瞬トウモロコシかと思いましたが、ポテトでした。

    やっぱりラーツケラーはお手頃で美味しいです。

  • マリエンカペレの建つマルクト広場がクリスマスマーケット会場です。<br /><br />観光地のクリスマスマーケットらしく、客層は多国籍です。ただ、そんなに混んでいないので、ゆっくり見て回ることができます。

    マリエンカペレの建つマルクト広場がクリスマスマーケット会場です。

    観光地のクリスマスマーケットらしく、客層は多国籍です。ただ、そんなに混んでいないので、ゆっくり見て回ることができます。

  • 市庁舎裏の建物でも小さいマーケットが開かれていました。<br /><br />と、その中に錦鯉が泳ぐ池を発見しました。<br /><br />えらく丸々太っていましたが、間違いなく錦鯉です。<br /><br />こんなところに…。

    市庁舎裏の建物でも小さいマーケットが開かれていました。

    と、その中に錦鯉が泳ぐ池を発見しました。

    えらく丸々太っていましたが、間違いなく錦鯉です。

    こんなところに…。

  • ヴュルツブルクのカップです。<br /><br />赤地に雪が降り積もったヴュルツブルクの街が描かれています。<br /><br />これまでのグリューワインカップのなかでも一番か二番のお気に入りです。

    ヴュルツブルクのカップです。

    赤地に雪が降り積もったヴュルツブルクの街が描かれています。

    これまでのグリューワインカップのなかでも一番か二番のお気に入りです。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集