バルセロナ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
17日 曇り・雨<br /> 観光ツアーでは、バルセロナは19世紀に花開いたアントニオ・ガウディなどによるモデルニスモ建築が立ち並び、色彩と曲線の都を訪れました。<br /> 午後の自由行動には娘家族の案内で、中世の雰囲気が味わえる旧市街、高層ビルが立ち並ぶベイエリアなどの顔を持ちますが、1929年に万博会場、1992年夏にオリンピックのメイン会場となったモンジュイクの丘から一望しました。<br /> バルセロナを散策してみて、カタルーニャ州独立を要望するカタルーニャ広場でのデモ行進や家々に飾られた州旗。一方、最初に訪れたマドリッドのゴミ収集ストライキなど、スペインの複雑な実態が感じられました。<br /> バルセロナは娘たちが、今後5年弱にわたって生活する街なので、少しでも印象を深めようと思いながら観光しました。<br /><br />スケジュール<br />8時45分 ホテル出発<br />9時20分 グエル公園 ガウディのスポンサーだったグエル氏の依頼により造った集合住宅<br />山の上で不便なためか、入居者はグエル氏の友人とガウディだけだった<br />ガウディが住んだ家→バルセロナの街のパノラマ→ベンチの広場→CMなどに使われる<br />スポット→柱の間(ここに市場が出来る予定だった。上のベンチの広場に降った雨が<br />濾過されて柱を通り地下に貯水池、その水がドラゴン(トカゲ?)の口から噴出する<br />フリータイム15分で三女へのお土産を購入<br />11時35分 サグラダファミリア(聖家族教会)の全景フォトタイム(向かいの池のある公園から)<br />11時40分 雑貨ショップ リュゲルズにてWCとお土産<br />12時00分 サグラダファミリアへ世界遺産の生誕の門(東)から入場<br />日本人の彫刻家 外尾悦郎氏も手掛けた入口→中は森の中に入ったような空間→<br />「受難の門」シンプルな彫刻だがキリストの哀しみを表現<br />フリータイム25分は地下の博物館見学 構造検討の模型、完成俯瞰図<br />車窓観光 カサ・ミラ 石切場(ラ・ペドレイラ)とも呼ばれている<br />カサ・バトリョ ウロコ模様はカタルーニャ守護聖人のサン・ジョルディのドラゴン<br />12時30分 カタルーニャ広場で解散し、午後はフリー・タイム<br />娘たちと広場のインフォメーション・センターで待ち合わせ<br />ランブラス通りのレストラン TALLER de TAPASでオシャレな軽食<br />  エスカリーダ、アンチョビをのせて(ナス・パプリカのオーブン焼きのオリーブオイル掛け)<br />  ピミエントス・デ・パドロン(ししとうの素揚げ)<br />  タコとジャガイモのガリシア風ガンバ(エビ)の鉄板焼き<br />14時00分 昼食後、ゴシック地区の大聖堂や王謁見の広場、市庁舎などを散策<br />15時10分 モンジュイクの丘 オリンピック・スタジアム<br />15時30分 バルセロナ市街と港の眺望を楽しむ<br />15時45分 コロンブスの塔を車窓から見るが、いよいよ雨が本降りとなる<br />16時15分 娘たちの家へ到着<br />2月から独身生活した旦那さんが、カタルーニャの郷土料理で「おもてなし」<br /> パンコント マテ、フィデウア、サラミと生ハムの盛り合わせ、NY風サラダ、チーズ<br /> 豊富な品揃えで、空腹もあって大満足     <br />20時30分 ホテルへ車で送迎されて到着<br /><br />

旅行振出点 バルセロナ市街観光 Vol8

5いいね!

2013/11/17 - 2013/11/17

3298位(同エリア5374件中)

kiyo_mra

kiyo_mraさん

17日 曇り・雨
 観光ツアーでは、バルセロナは19世紀に花開いたアントニオ・ガウディなどによるモデルニスモ建築が立ち並び、色彩と曲線の都を訪れました。
 午後の自由行動には娘家族の案内で、中世の雰囲気が味わえる旧市街、高層ビルが立ち並ぶベイエリアなどの顔を持ちますが、1929年に万博会場、1992年夏にオリンピックのメイン会場となったモンジュイクの丘から一望しました。
 バルセロナを散策してみて、カタルーニャ州独立を要望するカタルーニャ広場でのデモ行進や家々に飾られた州旗。一方、最初に訪れたマドリッドのゴミ収集ストライキなど、スペインの複雑な実態が感じられました。
 バルセロナは娘たちが、今後5年弱にわたって生活する街なので、少しでも印象を深めようと思いながら観光しました。

スケジュール
8時45分 ホテル出発
9時20分 グエル公園 ガウディのスポンサーだったグエル氏の依頼により造った集合住宅
山の上で不便なためか、入居者はグエル氏の友人とガウディだけだった
ガウディが住んだ家→バルセロナの街のパノラマ→ベンチの広場→CMなどに使われる
スポット→柱の間(ここに市場が出来る予定だった。上のベンチの広場に降った雨が
濾過されて柱を通り地下に貯水池、その水がドラゴン(トカゲ?)の口から噴出する
フリータイム15分で三女へのお土産を購入
11時35分 サグラダファミリア(聖家族教会)の全景フォトタイム(向かいの池のある公園から)
11時40分 雑貨ショップ リュゲルズにてWCとお土産
12時00分 サグラダファミリアへ世界遺産の生誕の門(東)から入場
日本人の彫刻家 外尾悦郎氏も手掛けた入口→中は森の中に入ったような空間→
「受難の門」シンプルな彫刻だがキリストの哀しみを表現
フリータイム25分は地下の博物館見学 構造検討の模型、完成俯瞰図
車窓観光 カサ・ミラ 石切場(ラ・ペドレイラ)とも呼ばれている
カサ・バトリョ ウロコ模様はカタルーニャ守護聖人のサン・ジョルディのドラゴン
12時30分 カタルーニャ広場で解散し、午後はフリー・タイム
娘たちと広場のインフォメーション・センターで待ち合わせ
ランブラス通りのレストラン TALLER de TAPASでオシャレな軽食
  エスカリーダ、アンチョビをのせて(ナス・パプリカのオーブン焼きのオリーブオイル掛け)
  ピミエントス・デ・パドロン(ししとうの素揚げ)
  タコとジャガイモのガリシア風ガンバ(エビ)の鉄板焼き
14時00分 昼食後、ゴシック地区の大聖堂や王謁見の広場、市庁舎などを散策
15時10分 モンジュイクの丘 オリンピック・スタジアム
15時30分 バルセロナ市街と港の眺望を楽しむ
15時45分 コロンブスの塔を車窓から見るが、いよいよ雨が本降りとなる
16時15分 娘たちの家へ到着
2月から独身生活した旦那さんが、カタルーニャの郷土料理で「おもてなし」
 パンコント マテ、フィデウア、サラミと生ハムの盛り合わせ、NY風サラダ、チーズ
 豊富な品揃えで、空腹もあって大満足    
20時30分 ホテルへ車で送迎されて到着

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス 徒歩
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)
旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5

PR

  • 昨夜の嵐は嘘のように穏やかな朝を迎えました。

    昨夜の嵐は嘘のように穏やかな朝を迎えました。

  • 空には青空も見えます。

    空には青空も見えます。

  • ブッフェ形式の朝食料理です。

    ブッフェ形式の朝食料理です。

  • 取り過ぎたため、パイナップルを妻に食べてもらいました。

    取り過ぎたため、パイナップルを妻に食べてもらいました。

  • グエル公園の入口の発券所は工事中です。<br />グエル公園は、ガウディのスポンサーだったグエル氏の依頼により造った60区画ほどの集合住宅ですが、山の上で不便なためか、入居者はグエル氏の友人とガウディだけだったそうです。<br />

    グエル公園の入口の発券所は工事中です。
    グエル公園は、ガウディのスポンサーだったグエル氏の依頼により造った60区画ほどの集合住宅ですが、山の上で不便なためか、入居者はグエル氏の友人とガウディだけだったそうです。

  • 入園する時には雨が降り出しました。

    入園する時には雨が降り出しました。

  • 高低差のある園内を結ぶ柱廊の支柱は、ヤシの木がモチーフとなっています。

    高低差のある園内を結ぶ柱廊の支柱は、ヤシの木がモチーフとなっています。

  • ガウディが住んでいたという住宅。<br />青空も覗いているのが、小雨が舞う”お天気雨”でした。<br />

    ガウディが住んでいたという住宅。
    青空も覗いているのが、小雨が舞う”お天気雨”でした。

  • ベンチの広場を望みます。

    ベンチの広場を望みます。

  • ベンチの広場<br />ここでもガウディの特徴である、曲線で繋がるベンチは植物や動物などの発想から得たデザインが見られます。

    ベンチの広場
    ここでもガウディの特徴である、曲線で繋がるベンチは植物や動物などの発想から得たデザインが見られます。

  • 正面入口のメルヘンチックな門衛詰め所の遠景にはバルセロナ市街が広がります。

    正面入口のメルヘンチックな門衛詰め所の遠景にはバルセロナ市街が広がります。

  • 天井の柱の間には円形の装飾デザインが施されていました。

    天井の柱の間には円形の装飾デザインが施されていました。

  • 市場が出来る予定だった「柱の間」は、上部の「ベンチの広場」に降った雨が濾過されて柱を通過し地下の貯水池へ、その水がドラゴン(トカゲ?)の口から噴出すしているとのことです。

    市場が出来る予定だった「柱の間」は、上部の「ベンチの広場」に降った雨が濾過されて柱を通過し地下の貯水池へ、その水がドラゴン(トカゲ?)の口から噴出すしているとのことです。

  • カラフルな破砕タイルで飾られた姿が印象的でした。<br />これも屋上の雨水の捌け口ということで、ガーゴイルとしてドラゴン(トカゲ?)としたのでしょうか・・・・?

    カラフルな破砕タイルで飾られた姿が印象的でした。
    これも屋上の雨水の捌け口ということで、ガーゴイルとしてドラゴン(トカゲ?)としたのでしょうか・・・・?

  • 門衛建物の拡大撮影。

    門衛建物の拡大撮影。

  • オシャレなアーチ門の出入口。

    オシャレなアーチ門の出入口。

  • 庭園の出口には下草の花が咲いていました。

    庭園の出口には下草の花が咲いていました。

  • バルセロナの街のランド・マーク、「サグラダ・ファミリア」。<br />交差点からの全景。

    バルセロナの街のランド・マーク、「サグラダ・ファミリア」。
    交差点からの全景。

  • まずは、人物と「サグラダ・ファミリア」の全景が写るという、フォト・スポットの池の前から撮影。

    まずは、人物と「サグラダ・ファミリア」の全景が写るという、フォト・スポットの池の前から撮影。

  • 日本の幼児連れのご家族に撮影してもらったものです。

    日本の幼児連れのご家族に撮影してもらったものです。

  • 日曜日で多くの店が休みのなか、サグダラ・ファミリアの前の店頭には、バルセロナの街で活躍した芸術家たちのサインが飾られていました。<br />上から、ガウディ、ダリ、ミロ、ピカソの巨匠たちです。

    日曜日で多くの店が休みのなか、サグダラ・ファミリアの前の店頭には、バルセロナの街で活躍した芸術家たちのサインが飾られていました。
    上から、ガウディ、ダリ、ミロ、ピカソの巨匠たちです。

  • サグラダ・ファミリア「生誕のフアサード」を入場口から見上げました。<br />世界文化遺産への登録は、この東側の「生誕のファサード」だけだといいます。

    サグラダ・ファミリア「生誕のフアサード」を入場口から見上げました。
    世界文化遺産への登録は、この東側の「生誕のファサード」だけだといいます。

  • 「生誕のファサード」には、キリストの生誕と幼少期を表した聖書の物語が彫刻されています。

    「生誕のファサード」には、キリストの生誕と幼少期を表した聖書の物語が彫刻されています。

  • 最上部には「聖母マリアの戴冠」が配置されています。<br />カトック大国のスペインを象徴しているような感じがしました。

    最上部には「聖母マリアの戴冠」が配置されています。
    カトック大国のスペインを象徴しているような感じがしました。

  • 「奏楽の天使たち」の全景

    「奏楽の天使たち」の全景

  • 「奏楽の天使たち」の左サイド<br />ファゴット、バイオリンを奏でています。

    「奏楽の天使たち」の左サイド
    ファゴット、バイオリンを奏でています。

  • 「奏楽の天使たち」の右サイド<br />ハーブと民族楽器を奏でています。

    「奏楽の天使たち」の右サイド
    ハーブと民族楽器を奏でています。

  • 内部の礼拝堂<br />聖堂内部は十字架の形になっており、ゴシック様式の厳格さを無くすため、全体を森に見立て36本の柱でドーム型の天井を支えています。<br />森に見立てたのは、キリスト教布教前のはるか昔はヨーロッパ北方民族は神秘的な森の神を信仰していたことから来ているのでしょうか?<br />ガウディはガーコイルも含めて、森への回帰をイメージしていたのでしょうか?

    内部の礼拝堂
    聖堂内部は十字架の形になっており、ゴシック様式の厳格さを無くすため、全体を森に見立て36本の柱でドーム型の天井を支えています。
    森に見立てたのは、キリスト教布教前のはるか昔はヨーロッパ北方民族は神秘的な森の神を信仰していたことから来ているのでしょうか?
    ガウディはガーコイルも含めて、森への回帰をイメージしていたのでしょうか?

  • 聖堂の内部<br />屋外の天候が青空で明るければ更に美しいのではと思います。

    聖堂の内部
    屋外の天候が青空で明るければ更に美しいのではと思います。

  • 明かり取りの窓の部分の拡大写真。

    明かり取りの窓の部分の拡大写真。

  • 天井支持の状態です。<br />何階建てなのか分かりません・・・。

    天井支持の状態です。
    何階建てなのか分かりません・・・。

  • 「受難のファサード」入口から上部を見上げて撮影しました。<br />「受難のファサード」はキリストの受刑、死、復活がテーマとなっており、大きな柱廊から4本の塔が立っています。<br />

    「受難のファサード」入口から上部を見上げて撮影しました。
    「受難のファサード」はキリストの受刑、死、復活がテーマとなっており、大きな柱廊から4本の塔が立っています。

  • 彫刻は地元カタルーニャの偉大な現存芸術家のジュセップ・マリア・スピトラックという人が1987年から現在に至るまで彫刻をしているそうですが、これが完成型でしょうか・・・?<br />

    彫刻は地元カタルーニャの偉大な現存芸術家のジュセップ・マリア・スピトラックという人が1987年から現在に至るまで彫刻をしているそうですが、これが完成型でしょうか・・・?

  • 左サイドの人は、アントニオ・ガウディの彫像だそうです。

    左サイドの人は、アントニオ・ガウディの彫像だそうです。

  • 観光客の全員が上を見上げていました。(笑)<br />待ち合わせ場所と決めて自由行動、我々はガイドさんに付いて博物館に行きました。

    観光客の全員が上を見上げていました。(笑)
    待ち合わせ場所と決めて自由行動、我々はガイドさんに付いて博物館に行きました。

  • ガウディが建物構造の検討をしたという糸を垂らした模型だそうです。

    ガウディが建物構造の検討をしたという糸を垂らした模型だそうです。

  • 2026年完成と公式発表されていますが、完成図だそうです。<br />入場客が多く、予算的には全く問題はないようです。<br />掲載は控えましたが、私は寿命が微妙。横で記念撮影しました。(笑)

    2026年完成と公式発表されていますが、完成図だそうです。
    入場客が多く、予算的には全く問題はないようです。
    掲載は控えましたが、私は寿命が微妙。横で記念撮影しました。(笑)

  • 「サグラダ・ファミリア」は1883年にガウディが担当を引継ぎしたとのことですが、1882年というオシャレな表示があったので何となく撮りました。

    「サグラダ・ファミリア」は1883年にガウディが担当を引継ぎしたとのことですが、1882年というオシャレな表示があったので何となく撮りました。

  • 車窓からガウデイ建築の世界文化遺産の「カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)」です。

    車窓からガウデイ建築の世界文化遺産の「カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)」です。

  • その後もモデルニスモ建築を車窓から見学し、カタルーニャ広場で解散しました。午後からは自由行動となります。<br />解散時に広場では、子供たちも参加しての整然としたデモ行進が行われており、娘たちも埋没していました。スペインで問題となっている、カタルーニャ州独立希望のデモ行進だったのでしょうか・・・?

    その後もモデルニスモ建築を車窓から見学し、カタルーニャ広場で解散しました。午後からは自由行動となります。
    解散時に広場では、子供たちも参加しての整然としたデモ行進が行われており、娘たちも埋没していました。スペインで問題となっている、カタルーニャ州独立希望のデモ行進だったのでしょうか・・・?

  • 孫娘との5日ぶりの再会、ランブラス通りにて。<br />カタルーニャ広場で娘たち家族と待ち合わせして再会し、ランブラス通りのランブラス通りのレストラン TALLER de TAPASでオシャレな軽食<br />  エスカリーダ、アンチョビをのせて(ナス・パプリカのオーブン焼きのオリーブオイル掛け)<br />  ピミエントス・デ・パドロン(ししとうの素揚げ)<br />  タコとジャガイモのガリシア風ガンバ(エビ)の鉄板焼き<br />

    孫娘との5日ぶりの再会、ランブラス通りにて。
    カタルーニャ広場で娘たち家族と待ち合わせして再会し、ランブラス通りのランブラス通りのレストラン TALLER de TAPASでオシャレな軽食
      エスカリーダ、アンチョビをのせて(ナス・パプリカのオーブン焼きのオリーブオイル掛け)
      ピミエントス・デ・パドロン(ししとうの素揚げ)
      タコとジャガイモのガリシア風ガンバ(エビ)の鉄板焼き

  • 通りにあった外壁への装飾。

    通りにあった外壁への装飾。

  • 大聖堂などがあるゴシック地区に向かって散策しました。<br />

    大聖堂などがあるゴシック地区に向かって散策しました。

  • 道路の上部には早くもクリスマスに向けてのイルミネーションの飾り付けがされていました。12月初めから点灯され美しく飾られるようです。

    道路の上部には早くもクリスマスに向けてのイルミネーションの飾り付けがされていました。12月初めから点灯され美しく飾られるようです。

  • 大聖堂が見えてきました。

    大聖堂が見えてきました。

  • 大聖堂前の広場に面した建築家会(Colegio de arquitectos)の建物壁には、ピカソのデザインをノルウェー人の彫刻家が彫ったという壁画が飾られていました。<br />

    大聖堂前の広場に面した建築家会(Colegio de arquitectos)の建物壁には、ピカソのデザインをノルウェー人の彫刻家が彫ったという壁画が飾られていました。

  • ゴシック様式の荘厳な大聖堂の全景です。

    ゴシック様式の荘厳な大聖堂の全景です。

  • 大聖堂の前にて・・・。

    大聖堂の前にて・・・。

  • 歴史を感じさせるファサードです。

    歴史を感じさせるファサードです。

  • ファサードを縦長にして写しました。

    ファサードを縦長にして写しました。

  • 石造りの旧市街を散策しました。前方を娘たちと妻が歩いています。

    石造りの旧市街を散策しました。前方を娘たちと妻が歩いています。

  • 石造りの建物の前で記念に一枚。

    石造りの建物の前で記念に一枚。

  • 大聖堂(カテドラル)脇門前には、彫刻のモニュメントが飾られていました。

    大聖堂(カテドラル)脇門前には、彫刻のモニュメントが飾られていました。

  • 更に歴史情緒のある道が続きます。

    更に歴史情緒のある道が続きます。

  • 外壁のオシャレな装飾が素敵です。

    外壁のオシャレな装飾が素敵です。

  • 拡大して写してみました。

    拡大して写してみました。

  • ゴシック調のオシャレな門です。

    ゴシック調のオシャレな門です。

  • 何れも歴史を感じさせます。

    何れも歴史を感じさせます。

  • 後景の塔は何だったのでしょうか?

    後景の塔は何だったのでしょうか?

  • 更に散策を続けます。

    更に散策を続けます。

  • 「王の広場」に到着しました。<br />

    「王の広場」に到着しました。

  • 「王の広場」はかつての王宮と市歴史博物館の2つの建物にはさまれています。<br />コロンブスがイサベル女王に新大陸への航海成功の奏上をするために上がった階段が奥に残っています。

    「王の広場」はかつての王宮と市歴史博物館の2つの建物にはさまれています。
    コロンブスがイサベル女王に新大陸への航海成功の奏上をするために上がった階段が奥に残っています。

  • サン・ジャウマ広場にカタルーニャ州自治政府庁舎です。

    サン・ジャウマ広場にカタルーニャ州自治政府庁舎です。

  • 広場対面に建つバルセロナ市庁舎の屋上の彫刻は補修中なのか美観を損ねる青テントに覆われていました。

    広場対面に建つバルセロナ市庁舎の屋上の彫刻は補修中なのか美観を損ねる青テントに覆われていました。

  • サン・ジャウメ広場は比較的に近代的な建物があります。

    サン・ジャウメ広場は比較的に近代的な建物があります。

  • 同上。

    同上。

  • 車を駐車してある、カタルーニャ広場近郊の駐車場まで散策を続けました。<br />サン・ジャウメ広場から大聖堂へ抜けるこのビスベ通りの建物間の渡り廊下?が素敵です

    車を駐車してある、カタルーニャ広場近郊の駐車場まで散策を続けました。
    サン・ジャウメ広場から大聖堂へ抜けるこのビスベ通りの建物間の渡り廊下?が素敵です

  • 右側の構築物はローマ時代の城壁と水道橋の名残だそうです。

    右側の構築物はローマ時代の城壁と水道橋の名残だそうです。

  • カタルーニャ州旗が飾られています。

    カタルーニャ州旗が飾られています。

  • 目・鼻・口の無いマネキンが飾られていました。

    目・鼻・口の無いマネキンが飾られていました。

  • 記憶が正しければホテルの出入り口だったような・・・

    記憶が正しければホテルの出入り口だったような・・・

  • モンジュイクの丘のオリンピック・スタジアム

    モンジュイクの丘のオリンピック・スタジアム

  • スタジアムの旗掲揚ポール

    スタジアムの旗掲揚ポール

  • オリンピック・スタジアム前のマラソンのレリーフ

    オリンピック・スタジアム前のマラソンのレリーフ

  • 丘の上から、サグダラ・ファミリア方面のバルセロナ市街を望むが、雨空に霞んでいました。

    丘の上から、サグダラ・ファミリア方面のバルセロナ市街を望むが、雨空に霞んでいました。

  • サグラダ・ファミリアの拡大写真

    サグラダ・ファミリアの拡大写真

  • 丘からの港と地中海を望む

    丘からの港と地中海を望む

  • パルセロナのベイエリアを望む

    パルセロナのベイエリアを望む

  • 同地点からバルセロナ市街を望む

    同地点からバルセロナ市街を望む

  • 公園内の流れる滝

    公園内の流れる滝

  • 雨脚が強くなったため、帰宅。

    雨脚が強くなったため、帰宅。

  • 2月から独身生活した旦那さんが、カタルーニャの郷土料理で「おもてなし」を受ける<br /> パンコント マテ、フィデウア、サラミと生ハムの盛り合わせ、NY風サラダ、チーズ<br />

    2月から独身生活した旦那さんが、カタルーニャの郷土料理で「おもてなし」を受ける
     パンコント マテ、フィデウア、サラミと生ハムの盛り合わせ、NY風サラダ、チーズ

  • 豊富な品揃えで、空腹もあって大満足して、ホテルへ送ってもらいました。<br />明日は9時に迎えに来てもらいます。<br />

    豊富な品揃えで、空腹もあって大満足して、ホテルへ送ってもらいました。
    明日は9時に迎えに来てもらいます。

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 120円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

バルセロナ(スペイン) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集