シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めての海外ツアーに1人参加。行く前は楽しみよりも不安が大きかったけど、現地添乗員さんの送迎&日々の観光地の案内、3食付き、ホテルは豪華!何も心配する事はなかった。カンボジアの雨季にあたる11月に行ったがアンコールワットとアンコールトムはとにかく暑くて人が多かった印象が強い。アンコールワットが目の前に広がった時は感動して泣きそうになった。壮大な景色。アンコールワットの後ろから朝日がのぼるので日の出を見に朝6時には<br />人がたくさん集まってきていた。残念ながら雲が多かったが、目の前の蓮の花が咲いている池?にアンコールワットが映るのがとても幻想的。アンコールワットの第三回廊に登るには並ぶけど、これは登る価値あり。数キロ離れたところで気球(その場で200m浮上)に乗った景色はまた最高。360℃見渡せるし気持ちいいし気球はゼヒお勧め。ラピュタ好きにはベンメリアがおススメ!シェムリアップから70キロほど離れてるから人も少なく、アンコールワットと違って補修作業も行われていない。観光客も少なく遺跡が崩壊した自然の姿を見られる。苔が長い年月を物語っている。遺跡の中は迷路のよう。個人で行くには往復の交通手段を確保する必要がある。ツアーだと迷路のような通路も案内してくれるので迷子にならないで出てこれるが、時間を気にせず気の向くままに観光したければ個人がよいかと。スニーカーは必須。軍手があった方が便利。タ・プロームとは違った雰囲気。またカンボジアに行く機会があるなら、私はベンメリアに再来したい。

ラピュタ好きにはたまらないベンメリアとタ・プローム

9いいね!

2012/11/23 - 2012/11/27

3672位(同エリア8224件中)

0

5

pipi

pipiさん

初めての海外ツアーに1人参加。行く前は楽しみよりも不安が大きかったけど、現地添乗員さんの送迎&日々の観光地の案内、3食付き、ホテルは豪華!何も心配する事はなかった。カンボジアの雨季にあたる11月に行ったがアンコールワットとアンコールトムはとにかく暑くて人が多かった印象が強い。アンコールワットが目の前に広がった時は感動して泣きそうになった。壮大な景色。アンコールワットの後ろから朝日がのぼるので日の出を見に朝6時には
人がたくさん集まってきていた。残念ながら雲が多かったが、目の前の蓮の花が咲いている池?にアンコールワットが映るのがとても幻想的。アンコールワットの第三回廊に登るには並ぶけど、これは登る価値あり。数キロ離れたところで気球(その場で200m浮上)に乗った景色はまた最高。360℃見渡せるし気持ちいいし気球はゼヒお勧め。ラピュタ好きにはベンメリアがおススメ!シェムリアップから70キロほど離れてるから人も少なく、アンコールワットと違って補修作業も行われていない。観光客も少なく遺跡が崩壊した自然の姿を見られる。苔が長い年月を物語っている。遺跡の中は迷路のよう。個人で行くには往復の交通手段を確保する必要がある。ツアーだと迷路のような通路も案内してくれるので迷子にならないで出てこれるが、時間を気にせず気の向くままに観光したければ個人がよいかと。スニーカーは必須。軍手があった方が便利。タ・プロームとは違った雰囲気。またカンボジアに行く機会があるなら、私はベンメリアに再来したい。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
2.0
ショッピング
1.0
交通
2.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
観光バス
航空会社
JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • カンボジア シェムリアップにあるタ・プローム。<br />遺跡と樹木が絡み合ってお互い共存している。<br />遺跡の風化を守る為に樹木を取り除こうとする動きが<br />あったらしいが、これはこのままで共存している。<br />しかし、あと何年?何十年?もつのか?<br />長い年月をかけて自然と作られた物に言葉が出なかった。

    カンボジア シェムリアップにあるタ・プローム。
    遺跡と樹木が絡み合ってお互い共存している。
    遺跡の風化を守る為に樹木を取り除こうとする動きが
    あったらしいが、これはこのままで共存している。
    しかし、あと何年?何十年?もつのか?
    長い年月をかけて自然と作られた物に言葉が出なかった。

  • カンボジア シェムリアップにあるバレンチアスレイ。<br />ここも観光客が多かった。東洋の女神と言われる像を一目見ようと<br />渋滞が。<br />双眼鏡をおススメされたが、肉眼でもはっきり見られた。<br />ここの遺跡は他と違って土色をしている為、建造物がはっきりしているし、壁画が細かくて見ごたえあり。

    カンボジア シェムリアップにあるバレンチアスレイ。
    ここも観光客が多かった。東洋の女神と言われる像を一目見ようと
    渋滞が。
    双眼鏡をおススメされたが、肉眼でもはっきり見られた。
    ここの遺跡は他と違って土色をしている為、建造物がはっきりしているし、壁画が細かくて見ごたえあり。

  • 気球に乗って撮ったアンコールワット一体。<br /><br />送迎&気球に乗り込む代金で40US$。<br />その場で200mほど上昇。ワイヤーでつながれているので<br />火はなし。お値段高めだと思ったが、上からの景色は想像以上。<br />アンコールワットを上から見る機会はそうそうないし、360℃景色を見渡せた感動は絶対に後悔しない!<br />時間があったからオプションで行ったが、これは行って正解だった。浮遊時間は10分くらいか?天気もよくて素晴らしい眺めに出会えた。

    気球に乗って撮ったアンコールワット一体。

    送迎&気球に乗り込む代金で40US$。
    その場で200mほど上昇。ワイヤーでつながれているので
    火はなし。お値段高めだと思ったが、上からの景色は想像以上。
    アンコールワットを上から見る機会はそうそうないし、360℃景色を見渡せた感動は絶対に後悔しない!
    時間があったからオプションで行ったが、これは行って正解だった。浮遊時間は10分くらいか?天気もよくて素晴らしい眺めに出会えた。

  • アンコールワット。<br />手前の池に映るこの角度が一番キレイ!<br />その分観光客も多いが、隙をぬって。<br />写真を撮るときは手を上にあげて池に映ったアンコールワットが<br />入るように。<br />正面が修復中で緑色のビニールシートがかかっていたのが<br />残念だったが、天気にもめぐまれたし、キレイなアンコールワットを見られた。<br />中はさらに混んでいて第三回廊は入口が1つなので並ぶ並ぶ。<br />急な階段なので上り下りを慎重に。

    アンコールワット。
    手前の池に映るこの角度が一番キレイ!
    その分観光客も多いが、隙をぬって。
    写真を撮るときは手を上にあげて池に映ったアンコールワットが
    入るように。
    正面が修復中で緑色のビニールシートがかかっていたのが
    残念だったが、天気にもめぐまれたし、キレイなアンコールワットを見られた。
    中はさらに混んでいて第三回廊は入口が1つなので並ぶ並ぶ。
    急な階段なので上り下りを慎重に。

  • 一番行きたかったベンメリア!<br />ここがツアーに組み込まれているのは少ないのでカナリ探した。<br />シェムリアップから車で1時間ほど離れた場所にある。<br />道のりの風景はこの国を考えさせられる町並みだった。<br />ベンメリアは数年前まで地雷で立ち入りが禁止されていたらしいが、近年は撤去され危険な面はなく観光客が増えてきているとの事。<br />ジブリのラピュタ好きには一番たまらなかった場所!<br />ずっと「あの地平線〜♪」とラピュタに浸れた。<br />最後に「ラピュター!!」と叫ばずにはいられない遺跡にも出会い<br />帰国日に一番テンションがあがった。<br />その後、空港へ行き、トイレで汗をふき着替えて飛行機に。<br />帰国前にシャワーを浴びたかったのが本音。<br />でもベンメリアにはゼヒ再来したい。

    一番行きたかったベンメリア!
    ここがツアーに組み込まれているのは少ないのでカナリ探した。
    シェムリアップから車で1時間ほど離れた場所にある。
    道のりの風景はこの国を考えさせられる町並みだった。
    ベンメリアは数年前まで地雷で立ち入りが禁止されていたらしいが、近年は撤去され危険な面はなく観光客が増えてきているとの事。
    ジブリのラピュタ好きには一番たまらなかった場所!
    ずっと「あの地平線〜♪」とラピュタに浸れた。
    最後に「ラピュター!!」と叫ばずにはいられない遺跡にも出会い
    帰国日に一番テンションがあがった。
    その後、空港へ行き、トイレで汗をふき着替えて飛行機に。
    帰国前にシャワーを浴びたかったのが本音。
    でもベンメリアにはゼヒ再来したい。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集