真庭・新庄旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「日本で最も美しい村」と私が勝手に言っているのではない。れっきとしたNPO法人が景観や環境や文化などを審査して、これまでに50近くを認定している。私が4回も行った長崎・小値賀島もはいっている。だが残念なことにこの前の大東島はまだ認定されていない。<br />この岡山・新庄村は平成21年に認定された。しかも「日本の音風景100選」にも「日本の香り風景100選」にも選ばれている。ん? 音風景とは何ぞや、香り風景とは? と思わず疑問に思ってしまう。<br />それでは行って確かめてみようではないかと、岡山からレンタカーで2時間かけて新庄村におもむく。<br /><br />結論からいえば、大納得。さすがに美しい。今まで見た里山の中でも、群を抜く美しさだ。あっと驚くことがしょっちゅう。しかし音風景がつかめたのか、香り風景がつかめたのか、そのへんは自信がない。人それぞれの解釈としておくことにしよう。<br />新庄村のメインは2つとみた。<br />一つは出雲街道の宿場町跡。もう一つは毛無山。けなしやまと読んでいたが、正式な名前は「けなしがせん」というらしい。そうこの山頂に立つと、もう前に大山や蒜山が迫ってくるのだ。かくも鳥取や広島に近いことが分かる。<br /><br />まず宿場跡の様子から。知られているのは、妻籠・馬篭、内川宿、熊川宿など。ところがそれらを連想するなかれ。この宿場跡はきれいな通りが通っているが、人は誰も散策などしていない。土産屋も全くない。知る人ぞ知るといった趣のところだ。しかしがいせん桜(日露戦争で凱旋したおりのゆかりだそうだ。)が両側に咲くころはさぞやにぎわうことだろう。音風景の説明も少し残っているが、私は毛無山にこそ、その訳を見い出した。<br /><br />その毛無山に登るのがたいへんしんどかった。69歳しかも足腰が弱ってきて、何度も断念するかと弱気になってしまう。登山口から2?というが、標高差は約600m。登りなれたクライマーならなんてことはないのだろうが、もう自分を叱咤激励するしかない。鶯やさまざまな鳥の鳴き声に励まされ、途中で湧き水を飲んで、ブナ林の中を歩く。岡山でありながら、「けなしがせん」と読むのは、大山にちなんでのことだろう。<br />時おり「コツコツコツコツ・・・」と木をついばむような音が。あれはキツツキにちがいない。<br />それで新庄村=音風景と単純に考えたのだった。<br /><br />まさに艱難辛苦の果てに1時間40分かけて山頂へ。あっと驚く景観。みごと! 180度全開。前に大山。横に蒜山。さすが日本海は見えなかったが、案内板には弓ヶ浜などとある。<br />よかった、登ってきて。羽黒山よりも利尻・礼文よりも、三徳山よりもずっとしんどかったが、根性の果てに、「やったぜベイビー」とわけの分からない言葉が思い浮かぶ。<br /><br />おかげで湯原温泉の宿に着いたのは、6時半になった。またこの宿がよかった。(あとで口コミを書きます。)<br /><br />2日目は岡山を離れて、広島県へ。国営備北丘陵公園。いつも思うが国営の公園は徹底した手入れをしている。しかも広い。さらにせらにまわって、ユリ園やフジ園へ。<br />どちらもスケールがとてつもなく大きい。<br />関西ではめったに見られない花ばなを堪能したのだった。<br /><br />これを書く今も足の筋肉が痛くて、元にもどるまで時間がかかりそうだが、「日本で最も美しい村」は人に充足感を与える村でもあった。

「日本で最も美しい村」・岡山県新庄村の場合。

15いいね!

2013/05/17 - 2013/05/18

70位(同エリア133件中)

0

10

ごん太2

ごん太2さん

「日本で最も美しい村」と私が勝手に言っているのではない。れっきとしたNPO法人が景観や環境や文化などを審査して、これまでに50近くを認定している。私が4回も行った長崎・小値賀島もはいっている。だが残念なことにこの前の大東島はまだ認定されていない。
この岡山・新庄村は平成21年に認定された。しかも「日本の音風景100選」にも「日本の香り風景100選」にも選ばれている。ん? 音風景とは何ぞや、香り風景とは? と思わず疑問に思ってしまう。
それでは行って確かめてみようではないかと、岡山からレンタカーで2時間かけて新庄村におもむく。

結論からいえば、大納得。さすがに美しい。今まで見た里山の中でも、群を抜く美しさだ。あっと驚くことがしょっちゅう。しかし音風景がつかめたのか、香り風景がつかめたのか、そのへんは自信がない。人それぞれの解釈としておくことにしよう。
新庄村のメインは2つとみた。
一つは出雲街道の宿場町跡。もう一つは毛無山。けなしやまと読んでいたが、正式な名前は「けなしがせん」というらしい。そうこの山頂に立つと、もう前に大山や蒜山が迫ってくるのだ。かくも鳥取や広島に近いことが分かる。

まず宿場跡の様子から。知られているのは、妻籠・馬篭、内川宿、熊川宿など。ところがそれらを連想するなかれ。この宿場跡はきれいな通りが通っているが、人は誰も散策などしていない。土産屋も全くない。知る人ぞ知るといった趣のところだ。しかしがいせん桜(日露戦争で凱旋したおりのゆかりだそうだ。)が両側に咲くころはさぞやにぎわうことだろう。音風景の説明も少し残っているが、私は毛無山にこそ、その訳を見い出した。

その毛無山に登るのがたいへんしんどかった。69歳しかも足腰が弱ってきて、何度も断念するかと弱気になってしまう。登山口から2?というが、標高差は約600m。登りなれたクライマーならなんてことはないのだろうが、もう自分を叱咤激励するしかない。鶯やさまざまな鳥の鳴き声に励まされ、途中で湧き水を飲んで、ブナ林の中を歩く。岡山でありながら、「けなしがせん」と読むのは、大山にちなんでのことだろう。
時おり「コツコツコツコツ・・・」と木をついばむような音が。あれはキツツキにちがいない。
それで新庄村=音風景と単純に考えたのだった。

まさに艱難辛苦の果てに1時間40分かけて山頂へ。あっと驚く景観。みごと! 180度全開。前に大山。横に蒜山。さすが日本海は見えなかったが、案内板には弓ヶ浜などとある。
よかった、登ってきて。羽黒山よりも利尻・礼文よりも、三徳山よりもずっとしんどかったが、根性の果てに、「やったぜベイビー」とわけの分からない言葉が思い浮かぶ。

おかげで湯原温泉の宿に着いたのは、6時半になった。またこの宿がよかった。(あとで口コミを書きます。)

2日目は岡山を離れて、広島県へ。国営備北丘陵公園。いつも思うが国営の公園は徹底した手入れをしている。しかも広い。さらにせらにまわって、ユリ園やフジ園へ。
どちらもスケールがとてつもなく大きい。
関西ではめったに見られない花ばなを堪能したのだった。

これを書く今も足の筋肉が痛くて、元にもどるまで時間がかかりそうだが、「日本で最も美しい村」は人に充足感を与える村でもあった。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
レンタカー 新幹線 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
JTB

PR

  • 出雲街道は姫路から出雲への参詣道。街道はひっそりしている。横にあるのが「がいせん桜」。

    出雲街道は姫路から出雲への参詣道。街道はひっそりしている。横にあるのが「がいせん桜」。

  • 岡山独特の赤い瓦。音風景100選の説明がある。

    岡山独特の赤い瓦。音風景100選の説明がある。

  • 毛無山のブナ林を歩く。6合目くらいまでは杉林が多くて、「六合大杉」などもあるが、標高があがるにつれ、ブナが増えてくる。<br />なんと「大山隠岐国立公園」の一部なのだ。

    毛無山のブナ林を歩く。6合目くらいまでは杉林が多くて、「六合大杉」などもあるが、標高があがるにつれ、ブナが増えてくる。
    なんと「大山隠岐国立公園」の一部なのだ。

  • これはブナにあらず。残念なことに名前を知らない。途中で写真を撮るのも休憩のうち。

    これはブナにあらず。残念なことに名前を知らない。途中で写真を撮るのも休憩のうち。

  • 山頂

    山頂

  • 山頂! ついに毛無山 制覇。<br />標高1221mなれど、私には富士山にも相当するかのよう。

    山頂! ついに毛無山 制覇。
    標高1221mなれど、私には富士山にも相当するかのよう。

  • 国営備北丘陵公園。アルゼンチンポピーやワスレナグサの花畑。池もはげしく大きい。

    国営備北丘陵公園。アルゼンチンポピーやワスレナグサの花畑。池もはげしく大きい。

  • 広島・世羅のユリ園。ただし見えているのはちがう花でつくったモニュメント。ユリはビニルハウスの中で育っていて、ユリがりなどもできるようになっている。

    広島・世羅のユリ園。ただし見えているのはちがう花でつくったモニュメント。ユリはビニルハウスの中で育っていて、ユリがりなどもできるようになっている。

  • 同じく世羅のフジ園。こんなにたくさんのフジが一堂に会しているのを見たことがない。白あり、ピンクあり、ムラサキあり・・。<br />40年かかったそうだ。

    同じく世羅のフジ園。こんなにたくさんのフジが一堂に会しているのを見たことがない。白あり、ピンクあり、ムラサキあり・・。
    40年かかったそうだ。

  • 世羅IC.から尾道自動車道はほとんど無料。いつまでかしらないが、行くチャンス。

    世羅IC.から尾道自動車道はほとんど無料。いつまでかしらないが、行くチャンス。

この旅行記のタグ

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

真庭・新庄の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集