直島・豊島・小豊島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
瀬戸内と言えばアートが有名ですが、あまり美術に興味がないのでアート以外に注目する旅を決行!思いつきで訪れた割に充実した旅となりました。<br />神戸三宮から深夜1時発のジャンボフェリーに乗り、朝7時に小豆島坂手港到着。現地でレンタカーを借りるので、車無し片道1800円で、安い!しかも朝着くので時間を有効に使えます。最近直島航路が出来たようでアクセスが良くなってますが、着いた日は一日小豆島観光。一泊し、翌日直島へ行きます。<br /><br />小豆島、直島の旅の直島編です。<br /><br />土庄東港から、直島へ。注目されている美術館には行きません。街歩きを楽しみました。

☆神戸発深夜フェリーで行く小豆島・直島☆アート以外の旅 直島編2013GW

9いいね!

2013/05/02 - 2013/05/03

295位(同エリア891件中)

0

15

瀬戸内と言えばアートが有名ですが、あまり美術に興味がないのでアート以外に注目する旅を決行!思いつきで訪れた割に充実した旅となりました。
神戸三宮から深夜1時発のジャンボフェリーに乗り、朝7時に小豆島坂手港到着。現地でレンタカーを借りるので、車無し片道1800円で、安い!しかも朝着くので時間を有効に使えます。最近直島航路が出来たようでアクセスが良くなってますが、着いた日は一日小豆島観光。一泊し、翌日直島へ行きます。

小豆島、直島の旅の直島編です。

土庄東港から、直島へ。注目されている美術館には行きません。街歩きを楽しみました。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.0
交通
3.5

PR

  • 土庄東港から直島行の船に乗ります。席は事前に電話で予約。<br />この待合所では直島行のチケットは買えません。

    土庄東港から直島行の船に乗ります。席は事前に電話で予約。
    この待合所では直島行のチケットは買えません。

  • 外に机を置いて直島行のチケットを売ってます。分かりづらい。。。

    外に机を置いて直島行のチケットを売ってます。分かりづらい。。。

  • 直島到着。本村港着の高速船に乗りました。<br /><br />近くの農協にコインロッカーがありました。荷物を預けて出発。

    直島到着。本村港着の高速船に乗りました。

    近くの農協にコインロッカーがありました。荷物を預けて出発。

  • 本村は家プロジェクトというのをやっているそう。建物を見て回るのが楽しい!写真は南寺。午後には3時間待ちとなり、整理券も終了してました。

    本村は家プロジェクトというのをやっているそう。建物を見て回るのが楽しい!写真は南寺。午後には3時間待ちとなり、整理券も終了してました。

  • 歯医者さん。とても見えません。

    歯医者さん。とても見えません。

  • 本村港から宮浦港へ徒歩で移動。約30分かかりました。歩いている人はほとんどいませんでした。バスをお勧めします。

    本村港から宮浦港へ徒歩で移動。約30分かかりました。歩いている人はほとんどいませんでした。バスをお勧めします。

  • 直島銭湯。時間もないので見るだけ。

    直島銭湯。時間もないので見るだけ。

  • 宮浦港近くのカフェ。可愛い!

    宮浦港近くのカフェ。可愛い!

  • 宮浦港から100円の町営バスに乗り、つつじ荘へ。

    宮浦港から100円の町営バスに乗り、つつじ荘へ。

  • 本村へ戻りランチ。<br />南寺の更に奥、nakaokuさん。おしゃれなくつろげるカフェです。

    本村へ戻りランチ。
    南寺の更に奥、nakaokuさん。おしゃれなくつろげるカフェです。

  • 古民家を改装したカフェのようです。

    古民家を改装したカフェのようです。

  • 本村を散歩。家の外観が見てても面白いです。

    本村を散歩。家の外観が見てても面白いです。

  • 最後は高原城跡に登りました。階段登ったらすぐです。本村の街を眺めて終了!直島は観光客が多いので、帰りの船は必ず予約しましょう。

    最後は高原城跡に登りました。階段登ったらすぐです。本村の街を眺めて終了!直島は観光客が多いので、帰りの船は必ず予約しましょう。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったグルメ・レストラン

  • 中奥

    中奥

    3.31

    グルメ・レストラン

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集