デリー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
年末年始のお休み利用。人生初の、インドへ。8日間の旅。<br />VISA、自分で申請・取得しましたが、苦労した。。。<br />2012年の夏に書式変更になったらしく、<br />リンク毎に、写真のサイズ違うし。<br /><br />デリーの街は、あちこちデモで緊迫していました。<br />http://www.cnn.co.jp/world/35026420.html<br /><br /><br />今回は旅人舎のツアーに、いつもの旅友1人と参加。<br />日本語が話せるインド人ガイドさん1人<br />(全行程同じ人がついてくださった)と、<br />日本語話せないドライバーさん1人(街替わり)。<br />ツアー参加者は同世代のジョシ、合計4人でした。

【年末年始の女子旅】デリー/インド Delhi/India

12いいね!

2012/12/27 - 2012/12/28

648位(同エリア1726件中)

0

22

年末年始のお休み利用。人生初の、インドへ。8日間の旅。
VISA、自分で申請・取得しましたが、苦労した。。。
2012年の夏に書式変更になったらしく、
リンク毎に、写真のサイズ違うし。

デリーの街は、あちこちデモで緊迫していました。
http://www.cnn.co.jp/world/35026420.html


今回は旅人舎のツアーに、いつもの旅友1人と参加。
日本語が話せるインド人ガイドさん1人
(全行程同じ人がついてくださった)と、
日本語話せないドライバーさん1人(街替わり)。
ツアー参加者は同世代のジョシ、合計4人でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
交通
3.5
同行者
友人
一人あたり費用
20万円 - 25万円
航空会社
エアインディア
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • Air India利用。<br />離陸前にCAさんが大量の白い煙を発するスプレー?を手にもって、通路を颯爽と歩き去る。<br />絶対バルサ●だと思ってましたが、アロマ的なサービスらしいです。<br />隣の席のインド人の方、談。<br /><br />機内もインド人の方多し。<br />機内食はベジ・ノンベジで選ぶ、カレー!!<br /><br />行きは食べてテンション上がりましたが<br />帰りは完全にカレー恐怖症?になっており<br />ほとんど食べられませんでした(笑)<br /><br />だって、この日から8日間<br />ほぼ毎日3食カレーなんだもん。。。

    Air India利用。
    離陸前にCAさんが大量の白い煙を発するスプレー?を手にもって、通路を颯爽と歩き去る。
    絶対バルサ●だと思ってましたが、アロマ的なサービスらしいです。
    隣の席のインド人の方、談。

    機内もインド人の方多し。
    機内食はベジ・ノンベジで選ぶ、カレー!!

    行きは食べてテンション上がりましたが
    帰りは完全にカレー恐怖症?になっており
    ほとんど食べられませんでした(笑)

    だって、この日から8日間
    ほぼ毎日3食カレーなんだもん。。。

  • Air Indiaの航空券、<br />裏面はこんな感じです。スパイス!!!<br /><br />これも、行きは「かわいー☆」とか言ってましたが<br />帰りは「・・・おえ。」ってなってました。<br /><br />人は数日で変わる。

    Air Indiaの航空券、
    裏面はこんな感じです。スパイス!!!

    これも、行きは「かわいー☆」とか言ってましたが
    帰りは「・・・おえ。」ってなってました。

    人は数日で変わる。

  • 成田から9時間。デリーには夜9時頃の到着。<br />ものすごい霧!!遠くは何も見えない!!<br />・・・この時期はほぼ毎日こういう霧らしいです。<br /><br />空港の出口でガイドさんと合流。<br />よろしくお願いします!<br /><br />空港からホテルは、このクルマで移動。<br />道中、ガイドさんから日程の説明を受けました。

    成田から9時間。デリーには夜9時頃の到着。
    ものすごい霧!!遠くは何も見えない!!
    ・・・この時期はほぼ毎日こういう霧らしいです。

    空港の出口でガイドさんと合流。
    よろしくお願いします!

    空港からホテルは、このクルマで移動。
    道中、ガイドさんから日程の説明を受けました。

  • ホテルはSHANGRILA。<br />入り口のでっかい門には24時間ガードマンがいて<br />鉄格子。セキュリティチェックもなかなか。<br /><br />お湯出るしCNN観れるし<br />部屋でフリーのWi-Fiつながるし<br />宿泊者はタダで使えるジムあるし。(すべて使った)<br /><br />インドってこうなの!?!?と拍子抜けする。<br /><br />・・・が、ここで完全にインドを勘違いしたことに<br />気づくのは、わずか数日後。

    ホテルはSHANGRILA。
    入り口のでっかい門には24時間ガードマンがいて
    鉄格子。セキュリティチェックもなかなか。

    お湯出るしCNN観れるし
    部屋でフリーのWi-Fiつながるし
    宿泊者はタダで使えるジムあるし。(すべて使った)

    インドってこうなの!?!?と拍子抜けする。

    ・・・が、ここで完全にインドを勘違いしたことに
    気づくのは、わずか数日後。

  • ちなみにホテルのジムはこんな感じ。<br /><br />私たちは、デリー観光後の夜に利用。<br />夜22時過ぎで、貸し切り状態でした。<br /><br />ジムは24時間空いているらしく、<br />インド人のトレーナーさんまでいます。<br />器具の使い方とか説明してくださいました。<br /><br />え、ここインド!?って感じ。<br />映画見ながらランニング。超元気な友人と私。

    ちなみにホテルのジムはこんな感じ。

    私たちは、デリー観光後の夜に利用。
    夜22時過ぎで、貸し切り状態でした。

    ジムは24時間空いているらしく、
    インド人のトレーナーさんまでいます。
    器具の使い方とか説明してくださいました。

    え、ここインド!?って感じ。
    映画見ながらランニング。超元気な友人と私。

  • さて、到着翌日。1日デリー観光。<br /><br />まず、ヒンドゥー教寺院。<br /><br />■Lakshmi Narayan Temple<br /> ラクシュミー・ナーラーヤン寺院<br /><br />インドのお寺は基本、<br />→大理石<br />→靴をぬぐ(靴下も)<br />→足が冷たい<br /><br />この時期、インドは寒かったです。<br />終日、ユニク●のライトダウ●着てました。

    さて、到着翌日。1日デリー観光。

    まず、ヒンドゥー教寺院。

    ■Lakshmi Narayan Temple
     ラクシュミー・ナーラーヤン寺院

    インドのお寺は基本、
    →大理石
    →靴をぬぐ(靴下も)
    →足が冷たい

    この時期、インドは寒かったです。
    終日、ユニク●のライトダウ●着てました。

  • 次に、シーク教寺院。<br /><br />■Bangla Sahib<br /> バングラサヒーブ<br /><br />シーク教の寺院に入るには、靴を脱ぐのはもちろん、さらに、髪の毛を隠さないといけません。<br />げ、私ストール持ってない!<br />・・・でも大丈夫でした。<br />入り口にカラフルなバンダナ?布?が積まれていて借りれます。<br />私はひとつ借用。もっとボロ布みたいのを想像してましたが、カラフルでかわいいかったです。<br />小学校の調理実習のような状態の頭で、入場。<br />友人は持参のストールを巻く。偉い。<br /><br />シク教の方は髪もヒゲも剃りません。ターバンを巻いています。

    次に、シーク教寺院。

    ■Bangla Sahib
     バングラサヒーブ

    シーク教の寺院に入るには、靴を脱ぐのはもちろん、さらに、髪の毛を隠さないといけません。
    げ、私ストール持ってない!
    ・・・でも大丈夫でした。
    入り口にカラフルなバンダナ?布?が積まれていて借りれます。
    私はひとつ借用。もっとボロ布みたいのを想像してましたが、カラフルでかわいいかったです。
    小学校の調理実習のような状態の頭で、入場。
    友人は持参のストールを巻く。偉い。

    シク教の方は髪もヒゲも剃りません。ターバンを巻いています。

  • ここのお寺の横には、こんな<br />プール?池?のような水辺がありました。<br />鯉が泳いでます。<br /><br />ここは、信者の方が沐浴するところらしいです。<br />私たちが行ったときには<br />がっつり入ってる人はいませんでしたが<br />手清めたり、足だけ入ってる人はいました。

    ここのお寺の横には、こんな
    プール?池?のような水辺がありました。
    鯉が泳いでます。

    ここは、信者の方が沐浴するところらしいです。
    私たちが行ったときには
    がっつり入ってる人はいませんでしたが
    手清めたり、足だけ入ってる人はいました。

  • ■India Gate<br /> インド門<br /><br />第一次世界大戦で戦死したインド兵士の方の名前が<br />1万3500人、刻まれているそうです。<br />インドは、戦後の独立を条件にイギリスに協力して<br />参加したものの、実現せず、<br />イギリスから独立できたのは1947年のこと。<br /><br /><br />デモのため、警察によるインド門封鎖で近づけず。<br />物々しい雰囲気。車内から撮影。

    ■India Gate
     インド門

    第一次世界大戦で戦死したインド兵士の方の名前が
    1万3500人、刻まれているそうです。
    インドは、戦後の独立を条件にイギリスに協力して
    参加したものの、実現せず、
    イギリスから独立できたのは1947年のこと。


    デモのため、警察によるインド門封鎖で近づけず。
    物々しい雰囲気。車内から撮影。

  • ■Humayun&#39;s Tomb<br /> フマユーン廟。<br /><br />世界遺産。<br />フマユーンは、ムガル帝国第2代皇帝の名前。<br />その人のお墓です。<br />タージマハルみたいですが、タージマハルよりこちらのほうが先にできたのです。<br />タージが真似。<br /><br />左右対称、美しい!!

    ■Humayun's Tomb
     フマユーン廟。

    世界遺産。
    フマユーンは、ムガル帝国第2代皇帝の名前。
    その人のお墓です。
    タージマハルみたいですが、タージマハルよりこちらのほうが先にできたのです。
    タージが真似。

    左右対称、美しい!!

  • 近づくとこんな感じ。<br /><br />どーーーーん。

    近づくとこんな感じ。

    どーーーーん。

  • フマユーンは中にも入れます。<br />幾何学模様がとにかく素晴らしい!!美しい!!<br />パターンがどこも違う!!<br />お墓なのにテンション上がりまくり。<br /><br />棺桶のようなものもありますが、<br />これは偽物。<br />本当のフマユーン氏は地下に眠る。

    フマユーンは中にも入れます。
    幾何学模様がとにかく素晴らしい!!美しい!!
    パターンがどこも違う!!
    お墓なのにテンション上がりまくり。

    棺桶のようなものもありますが、
    これは偽物。
    本当のフマユーン氏は地下に眠る。

  • ■Raj Ghat<br /> ラージガート<br /><br />暗殺された、ガンジーの慰霊碑。これも大理石。<br />ガンジーが亡くなる直前に発した言葉<br />「ヘーラーム」(あぁ神様!)<br />が正面に彫られています。<br /><br />立ち入り禁止、のバンドがインド国旗カラー。

    ■Raj Ghat
     ラージガート

    暗殺された、ガンジーの慰霊碑。これも大理石。
    ガンジーが亡くなる直前に発した言葉
    「ヘーラーム」(あぁ神様!)
    が正面に彫られています。

    立ち入り禁止、のバンドがインド国旗カラー。

  • オールドデリーで遅めのランチ。<br /><br />タンドリーチキンと、バナナラッシー☆<br />カトラリーあったので、手では食べてませんが。<br />おいしかったです。食器等の清潔感は微妙。<br /><br />食事は基本、日本から持ち込んだウェットティッシュ大活躍でした。

    オールドデリーで遅めのランチ。

    タンドリーチキンと、バナナラッシー☆
    カトラリーあったので、手では食べてませんが。
    おいしかったです。食器等の清潔感は微妙。

    食事は基本、日本から持ち込んだウェットティッシュ大活躍でした。

  • オールドデリーの街並み。<br />クラクションと人と自転車と。にぎやかです。<br /><br />ところで、デリーの街で牛に会わない。いない。<br />犬は多いけど。<br />インドは野良牛がいる!!ときいていたのに。<br /><br />ガイドさん曰く<br />「ニューデリーにはもうほとんどいないよー<br />オールドデリーにはちょっといるけど。」<br />そうなの???

    オールドデリーの街並み。
    クラクションと人と自転車と。にぎやかです。

    ところで、デリーの街で牛に会わない。いない。
    犬は多いけど。
    インドは野良牛がいる!!ときいていたのに。

    ガイドさん曰く
    「ニューデリーにはもうほとんどいないよー
    オールドデリーにはちょっといるけど。」
    そうなの???

  • ■Lal Qila<br /> ラール・キラー<br /><br />ムガル帝国第5代皇帝、シャー・ジャハーンにより建設され、その後セポイの乱で大ダメージをうけたお城。<br /><br />昔、世界史で習った!!忘れた!!!悔。<br /><br />ここもインド門と同じく、車窓からのみ。

    ■Lal Qila
     ラール・キラー

    ムガル帝国第5代皇帝、シャー・ジャハーンにより建設され、その後セポイの乱で大ダメージをうけたお城。

    昔、世界史で習った!!忘れた!!!悔。

    ここもインド門と同じく、車窓からのみ。

  • ■Qutb Minar<br /> クトゥブ・ミナール<br /><br />世界遺産。<br />素晴らしかった。<br />「なんで今まで知らなかったんだろう」と友人。<br />塔の模様は各階で異なり、それぞれに宗教上の意味があります。<br />幾何学模様の細かさ、世界観に圧倒される。<br /><br />ほんと、こんなすごいのに<br />私もこの日までインドにこんな世界遺産があること<br />知りませんでした。<br />

    ■Qutb Minar
     クトゥブ・ミナール

    世界遺産。
    素晴らしかった。
    「なんで今まで知らなかったんだろう」と友人。
    塔の模様は各階で異なり、それぞれに宗教上の意味があります。
    幾何学模様の細かさ、世界観に圧倒される。

    ほんと、こんなすごいのに
    私もこの日までインドにこんな世界遺産があること
    知りませんでした。

  • クトゥブ・ミナールは<br />奴隷出身の部将クトゥブッディーン・アイバクが<br />ヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して建設。<br /><br />アイバクはムハンマドの死後<br />奴隷王朝を打ち立てた人。<br /><br />・・・昔、世界史(以下略)

    クトゥブ・ミナールは
    奴隷出身の部将クトゥブッディーン・アイバクが
    ヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して建設。

    アイバクはムハンマドの死後
    奴隷王朝を打ち立てた人。

    ・・・昔、世界史(以下略)

  • 遺跡の柱に近づくと、こんな感じ。<br /><br />細かい。幾何学。みんな違う。美しい。

    遺跡の柱に近づくと、こんな感じ。

    細かい。幾何学。みんな違う。美しい。

  • 一部、デモで予定が変わった(入れなかった)ため、予定が前倒しに。<br /><br />時間余ったので、ガイドさんが<br />「どっか行きたいとこありますか?」<br /><br />行きの飛行機で席隣りのインド人の方が<br />オススメしてくださっていた<br /><br />■Bahai&#39;i House<br /> バハイ・ハウス<br />(蓮の花に似てるので、通称Lotus Temple)<br /><br />へ立ち寄っていただく。<br />閉館後の時間だったため、外からのみ見学。<br />イスラム系のバハイ教という宗教のお寺です。<br /><br />なんだか不思議なモダン建築。

    一部、デモで予定が変わった(入れなかった)ため、予定が前倒しに。

    時間余ったので、ガイドさんが
    「どっか行きたいとこありますか?」

    行きの飛行機で席隣りのインド人の方が
    オススメしてくださっていた

    ■Bahai'i House
     バハイ・ハウス
    (蓮の花に似てるので、通称Lotus Temple)

    へ立ち寄っていただく。
    閉館後の時間だったため、外からのみ見学。
    イスラム系のバハイ教という宗教のお寺です。

    なんだか不思議なモダン建築。

  • 翌日(ジムではしゃいだ次の日)の朝。<br /><br />スーツケースがクルマの屋根に固定される。<br />バラナシへ移動するため、空港へ。<br />

    翌日(ジムではしゃいだ次の日)の朝。

    スーツケースがクルマの屋根に固定される。
    バラナシへ移動するため、空港へ。

  • 空港の駐車場でハプニング!<br />駐車場の入り口のゲートに<br />スーツケース直撃、クルマにつけてあったキャリア、大破。<br />「ガッコーーーーン」すごい音に全員びびる。<br /><br />スーツケースはみんな無事でした。<br />空港前なので、とりあえず私たちはここから歩くことに。<br />ドライバーさんとはここでお別れしました。<br /><br />あの後、ドライバーさんは直せたんだろうか。。<br />あのまま帰ったんだろうか。。。<br /><br /><br />・・・しかしこの後、こんな事件はサラっと忘れるほど、壮絶な24時間が待っていました。<br /><br /><br />【バラナシ旅行記】<br />http://4travel.jp/overseas/area/asia/india/varanasi/travelogue/10757912/

    空港の駐車場でハプニング!
    駐車場の入り口のゲートに
    スーツケース直撃、クルマにつけてあったキャリア、大破。
    「ガッコーーーーン」すごい音に全員びびる。

    スーツケースはみんな無事でした。
    空港前なので、とりあえず私たちはここから歩くことに。
    ドライバーさんとはここでお別れしました。

    あの後、ドライバーさんは直せたんだろうか。。
    あのまま帰ったんだろうか。。。


    ・・・しかしこの後、こんな事件はサラっと忘れるほど、壮絶な24時間が待っていました。


    【バラナシ旅行記】
    http://4travel.jp/overseas/area/asia/india/varanasi/travelogue/10757912/

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集