上野・御徒町旅行記(ブログ) 一覧に戻る
仕事納めの後、クリスマスも過ぎ、何かと忙しい年の瀬のこの時期、<br />上野に出て、アメ横〜上野公園〜上野駅を散策してみました。

「 師走の 上野界隈 を歩く 」 2011

9いいね!

2011/12/28 - 2011/12/28

1618位(同エリア3528件中)

0

51

旅姿

旅姿さん

仕事納めの後、クリスマスも過ぎ、何かと忙しい年の瀬のこの時期、
上野に出て、アメ横〜上野公園〜上野駅を散策してみました。

交通手段
JRローカル

PR

  • JR御徒町駅で降り高架線路沿いを行くと--

    JR御徒町駅で降り高架線路沿いを行くと--

  • ”アメ横”が見える。<br />ここは、東京都台東区のJR東日本・御徒町駅 - 上野駅間の山手線の高架橋西側と高架下に沿った商店街を指す。<br /><br />名称の由来としては、戦後、飴を売り捌く店が当時200件以上あり、「アメヤ横丁」に。そしてその後多く日本に残っていたアメリカ軍の兵士が、アクセサリーや本国から持ち込まれてきた安値のテレビや冷蔵庫などの家電を売るようになり「アメリカ横丁」に。そして2つの名を合わせて「アメ横」となったという。<br /><br />

    ”アメ横”が見える。
    ここは、東京都台東区のJR東日本・御徒町駅 - 上野駅間の山手線の高架橋西側と高架下に沿った商店街を指す。

    名称の由来としては、戦後、飴を売り捌く店が当時200件以上あり、「アメヤ横丁」に。そしてその後多く日本に残っていたアメリカ軍の兵士が、アクセサリーや本国から持ち込まれてきた安値のテレビや冷蔵庫などの家電を売るようになり「アメリカ横丁」に。そして2つの名を合わせて「アメ横」となったという。

  • 御徒町センターの看板が見えます。

    御徒町センターの看板が見えます。

  • 威勢の良い声が飛び交って、お正月用の買物で賑わっています。<br /><br />食料品・海産物をはじめ、衣料品、靴、貴金属、時計、化粧品、ブランド品まで、約500店が軒を連ねているそうです。<br />

    威勢の良い声が飛び交って、お正月用の買物で賑わっています。

    食料品・海産物をはじめ、衣料品、靴、貴金属、時計、化粧品、ブランド品まで、約500店が軒を連ねているそうです。

  • 正月の初詣のような混雑さ。

    正月の初詣のような混雑さ。

  • 「丹波黒豆」、「栗きんとん」---

    「丹波黒豆」、「栗きんとん」---

  • TVカメラが入り取材中。

    TVカメラが入り取材中。

  • 高架下にも店が並ぶ。

    高架下にも店が並ぶ。

  • 「たらばかに 2500円〜!」

    「たらばかに 2500円〜!」

  • TVで紹介された---朝ズバ タラバ

    TVで紹介された---朝ズバ タラバ

  • 歳末警戒の警察官の姿もみえました。

    歳末警戒の警察官の姿もみえました。

  • 「するめ、ほたて、たこ、まぐろ」

    「するめ、ほたて、たこ、まぐろ」

  • 海産物が売れてます

    海産物が売れてます

  • 午後4時。このあたりでアメ横を後に、中央通り方面にでます。<br />---活気がありました。

    午後4時。このあたりでアメ横を後に、中央通り方面にでます。
    ---活気がありました。

  • 中央通り沿いにある「鈴本演芸場」です。<br />

    中央通り沿いにある「鈴本演芸場」です。

  • 現存する寄席の中では、最古の歴史を誇るそうです。

    現存する寄席の中では、最古の歴史を誇るそうです。

  • 午後5時開演。入場待ちのお客さんの列ができています。<br />木戸は3000円とある。<br /><br />昔初めて寄席に入ったのがここでした。

    午後5時開演。入場待ちのお客さんの列ができています。
    木戸は3000円とある。

    昔初めて寄席に入ったのがここでした。

  • 正月初席の番組案内<br />  1日3回公演で、トリには 三遊亭圓歌、 林家正蔵、 柳家小三治 の名があります。<br /><br />暮れのこの時期には、最近亡くなられた立川談志の十八番「芝浜」が人気がありました---。

    正月初席の番組案内
      1日3回公演で、トリには 三遊亭圓歌、 林家正蔵、 柳家小三治 の名があります。

    暮れのこの時期には、最近亡くなられた立川談志の十八番「芝浜」が人気がありました---。

  • 中央通りから不忍通りに入る。<br />「不忍池」の「蓮池」にでてきました。

    中央通りから不忍通りに入る。
    「不忍池」の「蓮池」にでてきました。

  • 午後4:20。陽が落ちてきました。

    午後4:20。陽が落ちてきました。

  • 旧寛永寺の五重塔

    旧寛永寺の五重塔

  • 「駅伝の碑」<br />  大正6年に行われた東海道駅伝徒歩競走<br />   スタートは京都・三条大橋でゴールは不忍池だったそうです。<br /><br />

    「駅伝の碑」
      大正6年に行われた東海道駅伝徒歩競走
       スタートは京都・三条大橋でゴールは不忍池だったそうです。

  • 旧因州池田屋敷表門(黒門)<br /> の前を通り

    旧因州池田屋敷表門(黒門)
     の前を通り

  • 奏楽堂を見ながら

    奏楽堂を見ながら

  • 寛永寺近くにでてきました。<br /><br />ここからはスカイツリーが良く見えます。

    寛永寺近くにでてきました。

    ここからはスカイツリーが良く見えます。

  • ひと回りし、国立西洋美術館まえにもどりました。<br />ロダンの「地獄の門」を塀越しにみる。

    ひと回りし、国立西洋美術館まえにもどりました。
    ロダンの「地獄の門」を塀越しにみる。

  • 午後5時をまわり、夜の帳が下りすっかり暗くなりました。<br />空には月がくっきりと--<br />上野駅の公園口の坂道をおり

    午後5時をまわり、夜の帳が下りすっかり暗くなりました。
    空には月がくっきりと--
    上野駅の公園口の坂道をおり

  • 上野駅中央口方面に向かう

    上野駅中央口方面に向かう

  • 懐かしい上野駅の建物が<br />こちらからは殆ど乗り降りしませんが<br />今日は探しものがありまして

    懐かしい上野駅の建物が
    こちらからは殆ど乗り降りしませんが
    今日は探しものがありまして

  • 実はある”碑”を探しに駅舎内へ

    実はある”碑”を探しに駅舎内へ

  • ここにはありません!

    ここにはありません!

  • これは「翼の像」でした。<br />待ち合わせ場所になっています。

    これは「翼の像」でした。
    待ち合わせ場所になっています。

  • 「三相 智 情 意 」 朝倉文夫 作<br /><br />探し物はこの像でもなく<br /><br />結局駅舎内ひと回りし

    「三相 智 情 意 」 朝倉文夫 作

    探し物はこの像でもなく

    結局駅舎内ひと回りし

  • ありました!<br />上野駅広小路口前のガード下に 「 あゝ上野駅 」の歌碑<br />上野と云えばやはりこれでしょうか---。<br />この碑は2003年にできたそうです。<br /><br />

    ありました!
    上野駅広小路口前のガード下に 「 あゝ上野駅 」の歌碑
    上野と云えばやはりこれでしょうか---。
    この碑は2003年にできたそうです。

  • 1964年(昭和39年)に<br />  井沢八郎が唄って大ヒット<br />  「金の卵」と呼ばれた集団就職者などから支持と共感を得て、高度成  長期の世相を描いた代表的ヒット曲となった。<br />  <br /> ♪ どこかに 故郷の香をのせて<br />   入る列車の なつかしさ<br />   上野はおいらの こころの駅だ<br />   くじけちゃならない 人生が<br />   あの日 ここからはじまった<br />  (作詞:関口義明 作曲:荒井英一)  <br /> <br />

    1964年(昭和39年)に
      井沢八郎が唄って大ヒット
      「金の卵」と呼ばれた集団就職者などから支持と共感を得て、高度成  長期の世相を描いた代表的ヒット曲となった。
      
     ♪ どこかに 故郷の香をのせて
       入る列車の なつかしさ
       上野はおいらの こころの駅だ
       くじけちゃならない 人生が
       あの日 ここからはじまった
      (作詞:関口義明 作曲:荒井英一)  
     

  • 中央口から改札を<br />入ってみます。

    中央口から改札を
    入ってみます。

  • 「三相 智 情 意 」 朝倉文夫 作<br /><br /> この隣りの15番線の近くには--<br /><br />

    「三相 智 情 意 」 朝倉文夫 作

     この隣りの15番線の近くには--

  • 「ふるさとの 訛りなつかし <br /> 停車場の 人ごみのなかに<br /> そを 聴きに行く 」<br />     石川 啄木の歌碑がありました。<br /> 

    「ふるさとの 訛りなつかし 
     停車場の 人ごみのなかに
     そを 聴きに行く 」
         石川 啄木の歌碑がありました。
     

  • 今は東北新幹線がありますが、<br />かつて、ここ上野駅から夜行列車に乗り「東北一周の旅」にでかけた<br />ことが思いだされます。

    今は東北新幹線がありますが、
    かつて、ここ上野駅から夜行列車に乗り「東北一周の旅」にでかけた
    ことが思いだされます。

  • その時の一枚!<br /> 啄木のふるさと「渋民村」を訪れた時。<br /> この碑の向こうには岩手山がそびえていました。<br /><br />「やわらかに 柳あおめる<br /> 北上の 岸辺めに見ゆ<br /> 泣けとごとくに 」<br /><br /> 1962年7月でした。

    その時の一枚!
     啄木のふるさと「渋民村」を訪れた時。
     この碑の向こうには岩手山がそびえていました。

    「やわらかに 柳あおめる
     北上の 岸辺めに見ゆ
     泣けとごとくに 」

     1962年7月でした。

この旅行記のタグ

関連タグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

上野・御徒町の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集