乗鞍旅行記(ブログ) 一覧に戻る
後編では2010年7月19日、連休最終日での乗鞍岳登山です。<br /><br />ここに、ライチョウがいることは知っていましたが、<br />まさか遇えるとは思ってもいませんでした。

2010.7.19初夏の連休・上高地~乗鞍岳登山 後編

9いいね!

2010/07/19 - 2010/07/19

188位(同エリア366件中)

6

30

後編では2010年7月19日、連休最終日での乗鞍岳登山です。

ここに、ライチョウがいることは知っていましたが、
まさか遇えるとは思ってもいませんでした。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
自家用車

PR

  • 乗鞍観光センターのバスターミナルから、乗鞍岳の畳平までの高原バスを使用して、朝の7時50分に着きました。<br />・往復 大人 2400円/人。<br /><br />畳平の標高が2702mで、目指す乗鞍岳最高峰の剣ケ峰が3026mなので、約300m上がればよい、確か日本一楽な百名山への登山です。

    乗鞍観光センターのバスターミナルから、乗鞍岳の畳平までの高原バスを使用して、朝の7時50分に着きました。
    ・往復 大人 2400円/人。

    畳平の標高が2702mで、目指す乗鞍岳最高峰の剣ケ峰が3026mなので、約300m上がればよい、確か日本一楽な百名山への登山です。

  • ライチョウの説明銘板が畳平のすぐ側にある「お花畑」にありました。<br />遇えるといいなという気分で撮影しました。<br /><br />(画像を取り出すと、文面が読めると思います)

    ライチョウの説明銘板が畳平のすぐ側にある「お花畑」にありました。
    遇えるといいなという気分で撮影しました。

    (画像を取り出すと、文面が読めると思います)

  • お花畑。<br />ここにたくさんの高山植物がありますが、<br />登山途中にも楽しめます。<br />ひょっとして、ライチョウがいないかと、登山前に一周しました。

    お花畑。
    ここにたくさんの高山植物がありますが、
    登山途中にも楽しめます。
    ひょっとして、ライチョウがいないかと、登山前に一周しました。

  • イワヒバリ。<br /><br />この野鳥は、飛び交っていましたが、ライチョウはハードルが高い感じです。

    イワヒバリ。

    この野鳥は、飛び交っていましたが、ライチョウはハードルが高い感じです。

  • 残雪(雪渓)の場所から、お花畑の景観です。

    残雪(雪渓)の場所から、お花畑の景観です。

  • 乗鞍岳は、山腹を埋め尽くす、ハイマツが素晴らしいです。<br />そのハイマツの松ぼっくりです。<br /><br />他の木の花粉を風で拾って、ホシガラスによって受精した種が拡散するそうです。

    乗鞍岳は、山腹を埋め尽くす、ハイマツが素晴らしいです。
    そのハイマツの松ぼっくりです。

    他の木の花粉を風で拾って、ホシガラスによって受精した種が拡散するそうです。

  • クジャクチョウ。<br /><br />関東では、標高の少し高い場所かたいる蝶です。<br />欧州にもいる種類です。<br /><br />撮影中の方がいることを教えてくれました。

    クジャクチョウ。

    関東では、標高の少し高い場所かたいる蝶です。
    欧州にもいる種類です。

    撮影中の方がいることを教えてくれました。

  • ヨツバシオガマ。<br /><br />登山道に少なかったですが、畳平に至る道にはたくさんある感じでした。

    ヨツバシオガマ。

    登山道に少なかったですが、畳平に至る道にはたくさんある感じでした。

  • 登山してすぐに、名もない池が現れます。

    登山してすぐに、名もない池が現れます。

  • ミヤマキンバイ。<br /><br />・・・バイの名称は、梅の花に似ていると<br />そのように命名されることが多いとか。<br /><br />

    ミヤマキンバイ。

    ・・・バイの名称は、梅の花に似ていると
    そのように命名されることが多いとか。

  • 雪渓部分でスキーを楽しむ人々。<br />高原バスには、あと自転車を積んでくる人も多かったです。<br />高所から、自転車で気持ちよく駆け下ります。<br />(事故も多いみたいで、要注意ですが)

    雪渓部分でスキーを楽しむ人々。
    高原バスには、あと自転車を積んでくる人も多かったです。
    高所から、自転車で気持ちよく駆け下ります。
    (事故も多いみたいで、要注意ですが)

  • イワツメクサ。<br /><br />よくこのようなガレ場に根を張れるものです。

    イワツメクサ。

    よくこのようなガレ場に根を張れるものです。

  • カヤクグリ(イワヒバリ科)。<br /><br />少し色合いが、前出のイワヒバリに似ていますが、<br />上面は茶色で、下面が濃い灰色をした、地味な野鳥ですが、結構人気あるようです。<br /><br />横向きの画像もありましたが、ピンぼけで掲載できないのが残念です。

    カヤクグリ(イワヒバリ科)。

    少し色合いが、前出のイワヒバリに似ていますが、
    上面は茶色で、下面が濃い灰色をした、地味な野鳥ですが、結構人気あるようです。

    横向きの画像もありましたが、ピンぼけで掲載できないのが残念です。

  • 登山途中で、ずっと穂高連峰の方が見えます。<br /><br />遠くの尖っているのが、槍ヶ岳です。<br />登った人の話によると、頂上部分は外からみるほどには険しくないそうです。<br /><br />しかし、山登りの人々は、背中に18kgのキャンプ道具とか背負って、よく上り下りできるものです。

    登山途中で、ずっと穂高連峰の方が見えます。

    遠くの尖っているのが、槍ヶ岳です。
    登った人の話によると、頂上部分は外からみるほどには険しくないそうです。

    しかし、山登りの人々は、背中に18kgのキャンプ道具とか背負って、よく上り下りできるものです。

  • 途中で気さくな年配の方が、撮ってくれました。<br /><br />カメラを二台持つのであれば、一つはフィルムにしなさいとか、いろいろ説教されました(笑)

    途中で気さくな年配の方が、撮ってくれました。

    カメラを二台持つのであれば、一つはフィルムにしなさいとか、いろいろ説教されました(笑)

  • 名もない小池の上からの画像です。

    名もない小池の上からの画像です。

  • 10時18分。<br /><br />もう少しで頂上です。

    10時18分。

    もう少しで頂上です。

  • 10時22分。<br />剣が峰(標高3026m)に着きました。<br /><br />さっそく持参してきた、わが家の高度計(袋の膨らみ具合で判断します)で、標高を確認しました。

    10時22分。
    剣が峰(標高3026m)に着きました。

    さっそく持参してきた、わが家の高度計(袋の膨らみ具合で判断します)で、標高を確認しました。

  • この場所では撮影する人で混んでいましたが、<br />例の親切な方が、また撮影してくれました。<br /><br />富士山方向は、雲海で富士山そのものはよく分かりませんでした。

    この場所では撮影する人で混んでいましたが、
    例の親切な方が、また撮影してくれました。

    富士山方向は、雲海で富士山そのものはよく分かりませんでした。

  • 頂上で、前泊した宿に御願いして持参した、特大おにぎりのランチにしました。<br />コンビニおにぎりの体積にして3倍はありそうなものを各自2つずつですが、さすがに家内は食べ切りませんでした。<br /><br />その場に登場してきたイワヒバリ。<br />足環が少し興ざめではあります。

    頂上で、前泊した宿に御願いして持参した、特大おにぎりのランチにしました。
    コンビニおにぎりの体積にして3倍はありそうなものを各自2つずつですが、さすがに家内は食べ切りませんでした。

    その場に登場してきたイワヒバリ。
    足環が少し興ざめではあります。

  • たぶん、 ヒメシジミ♂。<br /><br />頂上付近で飛んでいました。<br />他に、ヒョウモンチョウの仲間などが吹き上がってきていました。<br /><br />ひょっとして、クモマベニヒカゲを期待しましたが、目撃できずでした。

    たぶん、 ヒメシジミ♂。

    頂上付近で飛んでいました。
    他に、ヒョウモンチョウの仲間などが吹き上がってきていました。

    ひょっとして、クモマベニヒカゲを期待しましたが、目撃できずでした。

  • 下山を開始しました。<br /><br />これは、キバナシャクナゲ。

    下山を開始しました。

    これは、キバナシャクナゲ。

  • 12時53分。<br /><br />下山して、再度お花畑で、ライチョウ探しです。<br />お花畑は雲が足し込めたり、晴れたりでしたが、<br />鳴き声がした方に向かうと、家内が見つけてくれました。

    12時53分。

    下山して、再度お花畑で、ライチョウ探しです。
    お花畑は雲が足し込めたり、晴れたりでしたが、
    鳴き声がした方に向かうと、家内が見つけてくれました。

  • ライチョウの雛。<br /><br />合計4羽が、お母さんの周囲をばらばらに散策していました。

    ライチョウの雛。

    合計4羽が、お母さんの周囲をばらばらに散策していました。

  • お母さんライチョウは、子供たちを心配して見守っていました。<br /><br />家内は、木道を行く人達に、「ライチョウがいますよ」と声をかえて、少し大きな観察集団が形成されました。

    お母さんライチョウは、子供たちを心配して見守っていました。

    家内は、木道を行く人達に、「ライチョウがいますよ」と声をかえて、少し大きな観察集団が形成されました。

  • 畳平から、高山に向かう道は、高山植物を間近に観れる秘密のスポットでした。<br /><br />登山中もみれますが、ここでは道路からかぶりつきで、コマクサを観賞できました。

    畳平から、高山に向かう道は、高山植物を間近に観れる秘密のスポットでした。

    登山中もみれますが、ここでは道路からかぶりつきで、コマクサを観賞できました。

  • イワギキョウ。<br />深い青がいいですね。

    イワギキョウ。
    深い青がいいですね。

  • ルリビタキ ♀型。<br /><br />たぶん、若♂と思われる個体。<br />夏は涼しい高所で繁殖して、冬は低い場所でばらばらで腹ごしらえをしています。

    ルリビタキ ♀型。

    たぶん、若♂と思われる個体。
    夏は涼しい高所で繁殖して、冬は低い場所でばらばらで腹ごしらえをしています。

  • クロユリの群生。<br /><br />高山の人気者ですよね。

    クロユリの群生。

    高山の人気者ですよね。

  • ハイマツの花粉を付けている株でしょうか。<br /><br />これはこれで、花が咲いたように綺麗でした。<br /><br />年に数回の登山で、気持ちがリフレッシュできます。<br />次は、紅葉が綺麗で、高低差の少ない場所をまた選びたいです。<br /><br />ご覧いただき、ありがとうございました。

    ハイマツの花粉を付けている株でしょうか。

    これはこれで、花が咲いたように綺麗でした。

    年に数回の登山で、気持ちがリフレッシュできます。
    次は、紅葉が綺麗で、高低差の少ない場所をまた選びたいです。

    ご覧いただき、ありがとうございました。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • takemoさん 2010/10/17 12:17:19
    はじめまして。
    YODAさん、はじめまして、こんにちは。
    takemoです。
    お邪魔します。

    上高地、乗鞍どちも楽しまれたようですね。
    そして、私が大好きな鳥達を上手に撮られていますね。
    「凄いナイスショット!」

    乗鞍で雷鳥に出会えて幸運でしたね。
    私はこの夏天候が悪く行くのを諦めた場所、いつか訪問したいと思っています。

    YODAさんの旅行記で夢が膨らんでしまいました!
    では。

    takemo

    YODA

    YODAさん からの返信 2010/10/27 04:59:18
    RE: はじめまして。
    takemoさん。

    はじめまして。

    乗鞍のライチョウは幸運でした。
    昨年のシルバーウィークでは、立山の方でもライチョウに遇えたので、
    相性がいいのかも知れません。

    次回は、雪の中の白いライチョウも観てみたいです。

    takemoさんの上高地のブログ、大変楽しめました。
    また、訪問させてください。
  • みつひとさん 2010/10/11 23:34:57
    すれちがい
    はじめまして

    僕もYODAさんと同じ日に乗鞍岳に登りました!
    YODAさんが10時30分に頂上におられ、
    僕は11時30分に頂上に着いたので
    どこかですれ違っていますね。

    前日も上高地にいたのでどこかでお会いしているかも。

    同じ日に同じ場所にいらしたわけですが、撮られた写真が
    全然違い自分が見逃していたことが残念でなりません。
    写真も人それぞれ視点が違いおもしろいですね。

    また僕も百名山にチャレンジするつもりです。
    YODAさんも富士山に是非チャレンジしてください!

    みつひと

    YODA

    YODAさん からの返信 2010/10/27 04:55:38
    RE: すれちがい
    みつひとさん。

    本当に同じ日でしたね。

    お互いに違った観点からの撮影で、旅行が2倍に膨らみいい感じです。
    100名山を一つ一つクリアしていきたかったですが、
    家内がこの頃、もう富士山だけでいいかな。
    とか言っております。

    体力のないYODA家は、容易な山から順番にですね。

    精力的なみつひとさんのブログにもまた寄らせてください。
  • 潮来メジロさん 2010/09/26 10:18:18
    イワヒバリ・・・。ヾ(^o^)
    YODAさん、こんにちは! ヾ(^o^)
    毎度、訪問&投票ありがとうございました。

    > 頂上で、前泊した宿に御願いして持参した、特大おにぎりのランチにしま
    > した。
    > コンビニおにぎりの体積にして3倍はありそうなものを各自2つずつです
    > が、さすがに家内は食べ切りませんでした。
    >
    > その場に登場してきたイワヒバリ。
    > 足環が少し興ざめではあります。

    イワヒバリ・・・懐かしいです。(^0^)
    初めて見たのは筑波山の山頂でした。
    こんな低い山で見られるなんてと驚いた記憶があります。
    最後に見てから何年になるかな〜・・・。
    足が悪いのであまり高い山には登れず、滅多にお目にかかれない鳥さんです。
    懐かしいイワヒバリさんに一票・・・。(^o^)/~~~
                  (潮来メジロ)

    YODA

    YODAさん からの返信 2010/09/26 23:43:04
    RE: イワヒバリ・・・。ヾ(^o^)
    潮来メジロさん。
    投票及びコメント、いつもありがとうございます。

    イワヒバリは、特に登らなくても、甲斐駒ヶ岳の千畳敷カールにも、
    この乗鞍の高原バスターミナルの畳平のお花畑にもいるので、
    是非見に行かれてください。

YODAさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集