仙石原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
きっかけは、3月の三連休で熊野古道へ旅行を計画中に<br />ホテルの空部屋が見つからず半ばあきらめかけていた時、<br />ホテル予約サイトのバナーで体験宿泊のバナーをクリック<br />したことからです。<br />別荘をもてれば最高だけど、分不相応と思っていますから、<br />安く泊まって、リフレッシュできればいいなと思い体験<br />宿泊を申し込みました。<br />翌日、電話が掛かってきました。<br />体験宿泊には3つの条件があるの確認させてくださいと、<br />1つは「体験宿泊がはじめてであること」<br />1つは「年齢が45歳以で、夫婦で同席し説明を受けてもらうこと」<br />1つは「年収が600万円以上であること」でした。<br />とりあえず、条件はパス。。<br /><br />2010年3月13日の午後にポイントバケーション箱根に到着。<br />カウンターで名前を告げ受付の方が<br />『先に送った資料を、お持ちですか?』<br />妻と顔を見合わせ、なんのこと??<br />まぁ、そんな感じでチェックインしました。<br /><br />今まで、コンドミニアムタイプの宿泊施設は初めてです。<br />キッチンがある、調理器具が揃っている。<br />電子レンジ、包丁までも。<br />でも、今回の体験宿泊では使いませんでした。<br />それと、洗濯機もあります。 やっぱ、別荘でした。<br />そうそう、ジャグジーの風呂とマッサージチェアーもありました。<br /><br />チェックインしてから暫くすると、リゾートプランナー<br />(要するに営業)のK氏が挨拶に来ました。<br />ちょっと、警戒。(-_-;)<br />DVDとポイントバケーションの冊子を持ってきました。<br />DVD(ポイントバケーションの案内)を見てもらい、<br />その後に説明や質問の時間を設けたいとの事。<br />DVDは、30分ぐらいでした。オーナー様(会員の事を<br />そう呼ぶらしい)が出演しているDVDです。<br /><br />その後、K君(入社1年弱の営業マン)からポイントバ<br />ケーションのシステムの案内がありました。<br />私たち、ノボセ者の夫婦2人は、このK君の人柄と<br />説明にかなり酔っていました。<br />オーナー様かぁ〜(いい響きだ)。生活必需品では無いが<br />手に届くきんがくだぁ。。ってな感じです。<br />K君の態度も営業マンと分かっていながら、ハツラツと<br />して気持い良いと思いました。(これは今もそう思っていますヨ)<br />でも、いずれ九州がフランチャイズでいつか九州にもどる<br />私たち夫婦にとっては、無駄な買い物です。<br /><br />1日目、K君の説明が終り、未だ外は明るいのでブラリと<br />散歩。アパート住まいの私たち夫婦には、ペットはいません。<br />この施設の売りである、犬が遊ぶ施設(ドッグラン)も私たち<br />夫婦には無用の施設です。ドックランを横目に散歩していると<br />妻が奇声を上げた。野生の雉です。<br />いいものを見た!これは、きっといいことの始まりだ。<br />勝手にそう思ったのは、夫婦2人とも一緒でした。<br />それまでは、安上がりの旅行のつもりだったので、リゾート<br />会員の購入の夢なんて語ってはいけないと口が重かったのですが、<br />40歳後半の二人はこれからどんな生活を送るのか。<br />10年後、15年後の話を歩きながらしたのです。<br />そんな訳で、リゾート会員権購入を決めました。<br /><br />まさかです。ミイラ取りがミイラにですが、、。<br />でも、間違っていないと思っています。<br />Kくんのセールストークでしたが、<br />リゾート会員権は購入になくても不幸せになることは無いけど<br />これからの(有意義な)時間をどう過ごすか、そこにセカンド<br />ハウスがあったならば?!。<br />一晩、夫婦で話し合いながら考えて購入を決めました。<br />その為、せっかくの温泉に入らずちょっと残念です。(温泉を使わなくても、入湯税は徴収される事を知りました)<br />これからの、セカンドハウス旅行記が増えることが楽しみです。

ポイントバケーション箱根

6いいね!

2010/03/13 - 2010/03/14

947位(同エリア1369件中)

0

1

yon5g

yon5gさん

きっかけは、3月の三連休で熊野古道へ旅行を計画中に
ホテルの空部屋が見つからず半ばあきらめかけていた時、
ホテル予約サイトのバナーで体験宿泊のバナーをクリック
したことからです。
別荘をもてれば最高だけど、分不相応と思っていますから、
安く泊まって、リフレッシュできればいいなと思い体験
宿泊を申し込みました。
翌日、電話が掛かってきました。
体験宿泊には3つの条件があるの確認させてくださいと、
1つは「体験宿泊がはじめてであること」
1つは「年齢が45歳以で、夫婦で同席し説明を受けてもらうこと」
1つは「年収が600万円以上であること」でした。
とりあえず、条件はパス。。

2010年3月13日の午後にポイントバケーション箱根に到着。
カウンターで名前を告げ受付の方が
『先に送った資料を、お持ちですか?』
妻と顔を見合わせ、なんのこと??
まぁ、そんな感じでチェックインしました。

今まで、コンドミニアムタイプの宿泊施設は初めてです。
キッチンがある、調理器具が揃っている。
電子レンジ、包丁までも。
でも、今回の体験宿泊では使いませんでした。
それと、洗濯機もあります。 やっぱ、別荘でした。
そうそう、ジャグジーの風呂とマッサージチェアーもありました。

チェックインしてから暫くすると、リゾートプランナー
(要するに営業)のK氏が挨拶に来ました。
ちょっと、警戒。(-_-;)
DVDとポイントバケーションの冊子を持ってきました。
DVD(ポイントバケーションの案内)を見てもらい、
その後に説明や質問の時間を設けたいとの事。
DVDは、30分ぐらいでした。オーナー様(会員の事を
そう呼ぶらしい)が出演しているDVDです。

その後、K君(入社1年弱の営業マン)からポイントバ
ケーションのシステムの案内がありました。
私たち、ノボセ者の夫婦2人は、このK君の人柄と
説明にかなり酔っていました。
オーナー様かぁ〜(いい響きだ)。生活必需品では無いが
手に届くきんがくだぁ。。ってな感じです。
K君の態度も営業マンと分かっていながら、ハツラツと
して気持い良いと思いました。(これは今もそう思っていますヨ)
でも、いずれ九州がフランチャイズでいつか九州にもどる
私たち夫婦にとっては、無駄な買い物です。

1日目、K君の説明が終り、未だ外は明るいのでブラリと
散歩。アパート住まいの私たち夫婦には、ペットはいません。
この施設の売りである、犬が遊ぶ施設(ドッグラン)も私たち
夫婦には無用の施設です。ドックランを横目に散歩していると
妻が奇声を上げた。野生の雉です。
いいものを見た!これは、きっといいことの始まりだ。
勝手にそう思ったのは、夫婦2人とも一緒でした。
それまでは、安上がりの旅行のつもりだったので、リゾート
会員の購入の夢なんて語ってはいけないと口が重かったのですが、
40歳後半の二人はこれからどんな生活を送るのか。
10年後、15年後の話を歩きながらしたのです。
そんな訳で、リゾート会員権購入を決めました。

まさかです。ミイラ取りがミイラにですが、、。
でも、間違っていないと思っています。
Kくんのセールストークでしたが、
リゾート会員権は購入になくても不幸せになることは無いけど
これからの(有意義な)時間をどう過ごすか、そこにセカンド
ハウスがあったならば?!。
一晩、夫婦で話し合いながら考えて購入を決めました。
その為、せっかくの温泉に入らずちょっと残念です。(温泉を使わなくても、入湯税は徴収される事を知りました)
これからの、セカンドハウス旅行記が増えることが楽しみです。

同行者
家族旅行
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車

PR

  • ポイントバケーション箱根の室内の写真です。

    ポイントバケーション箱根の室内の写真です。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

仙石原の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集