ベルファスト 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

イギリス主要都市はほとんど旅したけど、北アイルランドは未知の場所でした。もともと同じ国だしダブリンもベルファトも同じだろう、と想像してましたが、実際に訪れてみると全く雰囲気が異なり驚きました。<br /><br />ダブリンからの日帰りであまり時間はなかったけど、「西ベルファスト・タクシーツアー」に参加。<br /><br />北アイルランド紛争の名残がある西ベルファストのプロテスタント地区/カトリック地区両方を、訪れることができました。

北アイルランド紛争の痕跡が残る街・ベルファストを訪れて

16いいね!

2009/11/25 - 2009/12/03

12位(同エリア51件中)

    41

    イギリス主要都市はほとんど旅したけど、北アイルランドは未知の場所でした。もともと同じ国だしダブリンもベルファトも同じだろう、と想像してましたが、実際に訪れてみると全く雰囲気が異なり驚きました。

    ダブリンからの日帰りであまり時間はなかったけど、「西ベルファスト・タクシーツアー」に参加。

    北アイルランド紛争の名残がある西ベルファストのプロテスタント地区/カトリック地区両方を、訪れることができました。

    同行者
    カップル・夫婦
    一人あたり費用
    5万円 - 10万円
    交通手段
    タクシー 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    グルメ
    5.0
    ショッピング
    4.5
    交通
    5.0

    PR

    • ダブリンのバスターミナル。<br />バスでベルファストに向かいます。

      ダブリンのバスターミナル。
      バスでベルファストに向かいます。

    • 3時間くらいでベルファスト到着。<br /><br />思いのほか大都会でびっくり。<br />ダブリンの方が相当田舎に感じました。

      3時間くらいでベルファスト到着。

      思いのほか大都会でびっくり。
      ダブリンの方が相当田舎に感じました。

    • ちょうど、学校の下校時間だったよう。<br />制服を着た男の子たちがたくさん。<br /><br />英国風お坊ちゃまの香りがすごかった。<br /><br />後ほどタクシーの運転手さんに、この学校の話をしたところ、やっぱりお金持ちの私立男子校とのことだった。<br /><br />やっぱり、育ちって外見や雰囲気に表れるのかな。。

      ちょうど、学校の下校時間だったよう。
      制服を着た男の子たちがたくさん。

      英国風お坊ちゃまの香りがすごかった。

      後ほどタクシーの運転手さんに、この学校の話をしたところ、やっぱりお金持ちの私立男子校とのことだった。

      やっぱり、育ちって外見や雰囲気に表れるのかな。。

    • 「ベルファスト・タクシーツアー」を利用して、西ベルファストに来ました。<br />ダウンタウンの観光案内所から申し込めます。(二人で15ポンド)<br />運転手さんが紛争等について詳しく説明してくれます。地元の方にしかわからないお話も聞けて、参加して本当に良かった。<br /><br /><br />

      「ベルファスト・タクシーツアー」を利用して、西ベルファストに来ました。
      ダウンタウンの観光案内所から申し込めます。(二人で15ポンド)
      運転手さんが紛争等について詳しく説明してくれます。地元の方にしかわからないお話も聞けて、参加して本当に良かった。


    • こちらはプロテスタントの人達が集まる地区。<br /><br />

      こちらはプロテスタントの人達が集まる地区。

    • 家屋の壁には、壁画が描かれています。<br />壁画ごとにそれぞれ訴える意味があるようです。

      家屋の壁には、壁画が描かれています。
      壁画ごとにそれぞれ訴える意味があるようです。

    • 紛争があった頃は、この地区のプロテスタント側の人々が敵(カトリック側)が入ってくると、普通に銃で撃ってたようです。

      イチオシ

      紛争があった頃は、この地区のプロテスタント側の人々が敵(カトリック側)が入ってくると、普通に銃で撃ってたようです。

    • タクシーから降りてちょっと歩いたのですが、とても怖かった。

      タクシーから降りてちょっと歩いたのですが、とても怖かった。

    • 銃を持った男性が、北アイルランド紛争を象徴しているように見えます。

      銃を持った男性が、北アイルランド紛争を象徴しているように見えます。

    • 銃を持った兵士が二人描かれる壁画。

      イチオシ

      銃を持った兵士が二人描かれる壁画。

    • こちらはカトリックの人々が住む地区。<br /><br />ゲートで隔てられるようです。

      こちらはカトリックの人々が住む地区。

      ゲートで隔てられるようです。

    • ゲートは二カ所もあるみたいです。

      ゲートは二カ所もあるみたいです。

    • これはカトリックの地区を囲む壁。<br /><br />ものすごい高さです。

      これはカトリックの地区を囲む壁。

      ものすごい高さです。

    • ベルリンの壁よりも高いと思うくらい高かった。

      イチオシ

      ベルリンの壁よりも高いと思うくらい高かった。

    • カトリック地区を囲む壁には、様々な絵や彫刻の模様があった。

      カトリック地区を囲む壁には、様々な絵や彫刻の模様があった。

    • 壁の内側に移動してきました。<br /><br />高いフェンスがありますが、以前は外から石が投げられることも多かったとのこと。<br /><br />壁の内側にある家の窓が割れることが多かったので、窓にもフェンスのようなものがありました。

      イチオシ

      壁の内側に移動してきました。

      高いフェンスがありますが、以前は外から石が投げられることも多かったとのこと。

      壁の内側にある家の窓が割れることが多かったので、窓にもフェンスのようなものがありました。

    • このカトリック地区で紛争があった際に、亡くなられた人々の写真と墓石。

      このカトリック地区で紛争があった際に、亡くなられた人々の写真と墓石。

    • 子どもからお年寄りまで、紛争で亡くなられた方々の年齢層が幅広かった。

      子どもからお年寄りまで、紛争で亡くなられた方々の年齢層が幅広かった。

    1件目~20件目を表示(全41件中)

    この旅行記のタグ

      16いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by 哈桑湖 さん 2010/10/03 22:32:31
        プロテスタント居住区と、カトリック居住区の壁
        ごましおちゃん 様
        壁の存在を、初めて知りました。
        同じキリスト教信者同士が、殺し合いをするとは。
        アイルランド系の、アメリカ人の英語講師の方が、北アイルランドでの、新旧キリスト教の対立を、「とても、恥ずかしいことだ」と、おっしゃっていました。
        ロシアのカルムイク共和国で出会った、仏教徒のカルムイク人は、「私たちは、仏教徒なので、人を許します」と、言っていたのが、印象的でした。
        勿論、キリスト様も、「敵を愛しなさい」と、おっしゃっていますが。
        ガンジーさんは、「キリスト教は、好きだけど、キリスト教徒は、嫌いだ」と言っていました。
        このたびは、貴重なお写真、有難うございました。

        ごましおちゃん

        by ごましおちゃん さん 2010/10/04 00:33:19
        RE: プロテスタント居住区と、カトリック居住区の壁
        浦潮斯徳さま

        こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

        ベルファストに壁は本当にありました。

        しかしプロテスタントとカトリック住民が全部が全部という訳ではないようですが。。

        当方世界史を勉強していない為に知識が乏しいのですが、現地のガイドさん曰く、宗教で対立するのはやはり貧困層が中心と聞きました。
        しかしニュースにはならないけれど、小さな発砲事件はまだあるようです。


        浦潮斯徳さんのロシア旅行記大変興味深く拝見しました。

        昨年ロシアに行った時に,ロシアの人口分布の地図を見て、「何でユダヤ人地区がこんな変なところにあるんだろう、、、」と感じた疑問が解けました。



        ごましおちゃん




        > ごましおちゃん 様
        > 壁の存在を、初めて知りました。
        > 同じキリスト教信者同士が、殺し合いをするとは。
        > アイルランド系の、アメリカ人の英語講師の方が、北アイルランドでの、新旧キリスト教の対立を、「とても、恥ずかしいことだ」と、おっしゃっていました。
        > ロシアのカルムイク共和国で出会った、仏教徒のカルムイク人は、「私たちは、仏教徒なので、人を許します」と、言っていたのが、印象的でした。
        > 勿論、キリスト様も、「敵を愛しなさい」と、おっしゃっていますが。
        > ガンジーさんは、「キリスト教は、好きだけど、キリスト教徒は、嫌いだ」と言っていました。
        > このたびは、貴重なお写真、有難うございました。

      ピックアップ特集

      ベルファスト(イギリス) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集