クチ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ベトナムといえば、べトコンだ!<br /><br />ベトナム戦争!!  <br /><br />べトコンとは、<br /><br /><br />越南共産(ベトナムコンサン)を略してベトコンだ!<br /><br /><br />ということで、べトコンがアメリカ軍に抵抗するために、<br /><br />20年の歳月をかけて、掘り続けた250キロメートルのトンネルだ!<br /><br />レストラン(メコン川周辺)から2時間も離れた場所にある。<br /><br />田舎道をひたすら走る。。<br /><br /><br />そして、目的地の クチトンネルに到着だ!<br /><br />南ベトナム解放軍(べトコン)の作戦本部がクチには置かれ、<br /><br />B52の爆撃から身を守るために地下3階建で作らてたトンネルだ。<br /><br />入口付近のチケット売場で、なんちゃって日本語のパンフレットもある。<br /><br /><br />さっそく、見学開始だ。<br /><br />ベトナム兵が登場だ。。。<br /><br />思わず、手りゅう弾を投げつけようかと思った。<br /><br /><br />なんのへんてつもない場所だ!<br /><br /><br />狭いトンネルの入口が出現!!<br /><br /><br /><br />なんちゃってベトナム兵が、ちいこい穴から潜入だ!!!!!!<br /><br />希望者は、泥だらけになりながら潜入できる。<br /><br /><br />ここからは、米兵の侵入を防ぐために罠の見学だ!<br /><br /><br />いたるとことに、狭いトンネル入り口がある。<br /><br />身体のでかい米兵は、侵入することもできないだろう。<br /><br /><br />べトコンの人形も本物そっくりで、出迎えてくれる。<br /><br />この土盛りには、爆弾が仕掛けてあり、戦車などが接触すると大爆発する仕組みだ。<br /><br /><br />実際に、クチに侵入し破壊された米軍の戦車が展示されていた。<br /><br /><br />さらに、米兵を悩ませた罠の展示だ。<br /><br />日本の忍者村のようだ。<br /><br /><br />地雷などの武器をつくったトンネルにロウ人形が本物そっくりに再現されている。<br /><br /><br />実弾でシューティングができる射撃場もあった。<br /><br />べトコンを実弾で攻撃!!!!!できる かもしれない。<br /><br /><br />古タイヤでつくる、ホーチミンサンダルだ! <br /><br /><br />丈夫ですべらないそうだ。<br /><br />受験生にピッタリだ!<br /><br />さて!!!!<br /><br />実際にクチトンネルに侵入だ!<br /><br /><br />狭い! <br /><br />ずうたいのでかいアメ公は、侵入することもできない。<br /><br />とにかく、狭く、蒸し暑く、息苦しい、、途中に 罠も仕掛けてある。<br /><br /><br />100メートルくらいのトンネルだったが、途中で、腰も痛くなり、リュックがトンネルにすれて泥だらけだ。、<br /><br /><br />これでは、さすがのアメ公も勝てなかったわけだ。<br /><br /><br />実際、ケツのデカイ毛唐のババアが、トンネルにケツがめり込んで、身動きができなくなり救出されたことがあるそうだ。<br /><br /><br />やっとの思いで、地上に生還だ。。<br /><br />トンネル見学のあと、<br /><br />当時のべトコンの主食であった 蒸しタロイモを試食できる。<br /><br /><br />まあまあの味だが、毎日これでは、あきるだろう。<br /><br />アメリカ軍が投下した不発弾が不気味に展示されている。<br /><br /> <br /><br />写真付き詳細⇒<br /><br />http://amet.livedoor.biz/archives/50896728.html

ベトナム進軍記 クチトンネル見学 

1いいね!

2009/09/18 - 2009/09/23

71位(同エリア86件中)

0

3

香港マイタン日記

香港マイタン日記さん

ベトナムといえば、べトコンだ!

ベトナム戦争!!  

べトコンとは、


越南共産(ベトナムコンサン)を略してベトコンだ!


ということで、べトコンがアメリカ軍に抵抗するために、

20年の歳月をかけて、掘り続けた250キロメートルのトンネルだ!

レストラン(メコン川周辺)から2時間も離れた場所にある。

田舎道をひたすら走る。。


そして、目的地の クチトンネルに到着だ!

南ベトナム解放軍(べトコン)の作戦本部がクチには置かれ、

B52の爆撃から身を守るために地下3階建で作らてたトンネルだ。

入口付近のチケット売場で、なんちゃって日本語のパンフレットもある。


さっそく、見学開始だ。

ベトナム兵が登場だ。。。

思わず、手りゅう弾を投げつけようかと思った。


なんのへんてつもない場所だ!


狭いトンネルの入口が出現!!



なんちゃってベトナム兵が、ちいこい穴から潜入だ!!!!!!

希望者は、泥だらけになりながら潜入できる。


ここからは、米兵の侵入を防ぐために罠の見学だ!


いたるとことに、狭いトンネル入り口がある。

身体のでかい米兵は、侵入することもできないだろう。


べトコンの人形も本物そっくりで、出迎えてくれる。

この土盛りには、爆弾が仕掛けてあり、戦車などが接触すると大爆発する仕組みだ。


実際に、クチに侵入し破壊された米軍の戦車が展示されていた。


さらに、米兵を悩ませた罠の展示だ。

日本の忍者村のようだ。


地雷などの武器をつくったトンネルにロウ人形が本物そっくりに再現されている。


実弾でシューティングができる射撃場もあった。

べトコンを実弾で攻撃!!!!!できる かもしれない。


古タイヤでつくる、ホーチミンサンダルだ! 


丈夫ですべらないそうだ。

受験生にピッタリだ!

さて!!!!

実際にクチトンネルに侵入だ!


狭い! 

ずうたいのでかいアメ公は、侵入することもできない。

とにかく、狭く、蒸し暑く、息苦しい、、途中に 罠も仕掛けてある。


100メートルくらいのトンネルだったが、途中で、腰も痛くなり、リュックがトンネルにすれて泥だらけだ。、


これでは、さすがのアメ公も勝てなかったわけだ。


実際、ケツのデカイ毛唐のババアが、トンネルにケツがめり込んで、身動きができなくなり救出されたことがあるそうだ。


やっとの思いで、地上に生還だ。。

トンネル見学のあと、

当時のべトコンの主食であった 蒸しタロイモを試食できる。


まあまあの味だが、毎日これでは、あきるだろう。

アメリカ軍が投下した不発弾が不気味に展示されている。



写真付き詳細⇒

http://amet.livedoor.biz/archives/50896728.html

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
15万円 - 20万円
航空会社
ベトナム航空

PR

  • クチトンネル付近に侵入し破壊されたアメリカ軍の戦車!

    クチトンネル付近に侵入し破壊されたアメリカ軍の戦車!

  • ベトナム軍の地雷

    ベトナム軍の地雷

  • アメリカ軍を悩ませたわな

    アメリカ軍を悩ませたわな

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集