香川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3日目:さぬきうどんVS徳島ラーメン<br /><br /> 香川旅行も最終日です。<br /> 今日はお土産を買って、自宅まで移動する。シンプルな行程です。でも、途中船にも乗る予定。楽しみです。<br /><br /> 起床し、昨夜親戚宅でいただいたお寿司を朝ごはんにいただきます。軽めに・・・。このシンプルな道中、食べることに集中するためです。食べますよ〜。<br /><br /> ちょうさを観るには抜群の立地、しかも激安宿に別れを告げ、もう一度一ノ宮海岸に立ち寄ります。昨日よりも海は満ちており、波打ち際までの距離が短くなっています。海はほんとにきれい!<br /> 海岸のそばで、はっぴを脱いだ若者達が、地元のテントを洗っています。<br /> 祭りのあと。<br /><br /> 観音寺駅前に向かいます。<br /> おみやげ買い出しのため。<br /> <br /> まずは「白栄堂」さん。「観音寺」というおいしいお饅頭があるお店です。冷凍保存もできるので、いつも我が家はごっそり買って帰ります。<br /> 車の中で食べる用の単品和菓子も3つ買います。<br /> おぼろまんじゅう、和風ロール、芋きんつばのみなさま。<br /><br /> 続きまして、商店街にあるかまぼこやさん。<br /> 香川は「えびちくわ」というのがおいしいんです。<br /> 家用、ご近所用と、ここでも車中用の「きくらげ入りさつま揚げ」一つ購入。<br /><br /> さっそくおまんじゅうをいただきながら、移動します。おいし〜い!<br /><br /> ちょうさの舞台、豊浜八幡神社にお参りに行きます。昨日、本当にここで激しいお祭りがあったのか?と思わせるほど、静かできれいな神社です。聞けば、ちょうさ祭りのお世話役さんが60人ほど、朝から境内を掃除したとのこと。祭りの男は、どこまでもかっこいいです。<br /> 各自、ちょうさ祭りを忘れないよう、八幡さんのお守りを購入します。<br /> <br /> お世話になった親戚宅に立ち寄り、大野原ICより高松自動車道に乗ります。さようなら、観音寺!<br /> 行きは鳴門市から高松道を使いましたが、帰りは徳島道を使い徳島市に向かいます。<br /><br /> 乗って10分ほどで、豊浜SAに到着。<br /> 食べるしかないでしょう、うどん!!<br /> のりがたくさん入った「あおさうどん」をいただきまーす♪<br /><br /> ここでも車内用のお菓子、「プリンみかさ」を購入。その名の通り、三笠にプリンがはさんであるんです!おいしかったあ。<br /><br /> 松山道との分岐・川之江JCTを過ぎ、高知道との分岐・川之江東JCTを越えると、徳島自動車道に入ります。<br /> 長いトンネル、長い対面道路が続き、ややドライバーには厳しい道です。<br /><br /> と思っていたら、吉野川SA・ハイウェイオアシスに到着〜。<br />豊浜SAからは40分ほどですが、ここでお昼ご飯です。<br /> 吉野川SAには上り線・下り線両方から入れるハイウェイオアシスがあります。ここにはレストランやお土産売り場のほか、温泉や吉野川巡りの船乗り場、コテージなどもあります。一日ここで過ごせそうです。<br /> ランチは、地元産の野菜をたくさん使っています!というレストランに行きました。メニューはどれも安くて、ボリュームたっぷり!野菜もとても甘くておいしかったです。<br /> 吉野川のゆったりとした深い流れも見えて、最高!<br /> ここでもたくさんのお土産物と、すだちソフトクリームを購入しました。<br /><br /> お腹がいっぱいなのに、かまぼこをほおばりつつ、徳島道をひた走ります。周囲は高松道と異なり、山に囲まれています。<br /><br /> 吉野川ICより1時間半ほどで徳島ICに到着です。ここから、右手に眉山を望みつつ、徳島港を目指します。<br /> なぜ、徳島港かというと・・・ちょうど連休最終日にあたり、中国道が混むのでは?という予想と、ドライバーさんの負担を少しでも減らせたら、という目的で、徳島〜和歌山間の南海フェリーに乗ることにしたからです。<br /><br /> わかりやすい看板に導かれ、20分ほどで徳島港に到着です。ここの乗船手続きはなんと、車に乗ったままでもできる、ドライブスルー!びっくりしました。<br /><br /> さて乗船まで1時間ほどあるので、食堂で休憩します。でも、胃袋に休憩はありません!徳島に来たら食べようと思っていたものが食堂にあったのです。<br /> それは「徳島ラーメン」!<br /> とんこつスープに細めの直麺。<br /> しょうゆ味も効いていて・・・んんん、おいしい!<br /> 今回ラーメンはあきらめていたので、とってもおいしいです。<br /> 南海フェリー乗り場のラーメン、おいしいですよ!<br /> またもやここでも最後のお土産を買い込み、いよいよ乗船です。<br /><br /> 16:35、人も車もほぼ満員のフェリーは徳島港を離れていきます。和歌山まで約2時間の船旅です。フェリーの中では食べ疲れて?寝てしまいました。<br /><br /> 18:35、お月様が明るく輝く和歌山港に到着です。<br /><br /> ここからは何も食べず、どこにも寄らず、自宅に戻りました。

さぬき豊浜ちょうさ祭を観る旅 3日目

2いいね!

2008/10/11 - 2008/10/13

4133位(同エリア5726件中)

0

26

たびさく

たびさくさん

3日目:さぬきうどんVS徳島ラーメン

 香川旅行も最終日です。
 今日はお土産を買って、自宅まで移動する。シンプルな行程です。でも、途中船にも乗る予定。楽しみです。

 起床し、昨夜親戚宅でいただいたお寿司を朝ごはんにいただきます。軽めに・・・。このシンプルな道中、食べることに集中するためです。食べますよ〜。

 ちょうさを観るには抜群の立地、しかも激安宿に別れを告げ、もう一度一ノ宮海岸に立ち寄ります。昨日よりも海は満ちており、波打ち際までの距離が短くなっています。海はほんとにきれい!
 海岸のそばで、はっぴを脱いだ若者達が、地元のテントを洗っています。
 祭りのあと。

 観音寺駅前に向かいます。
 おみやげ買い出しのため。
 
 まずは「白栄堂」さん。「観音寺」というおいしいお饅頭があるお店です。冷凍保存もできるので、いつも我が家はごっそり買って帰ります。
 車の中で食べる用の単品和菓子も3つ買います。
 おぼろまんじゅう、和風ロール、芋きんつばのみなさま。

 続きまして、商店街にあるかまぼこやさん。
 香川は「えびちくわ」というのがおいしいんです。
 家用、ご近所用と、ここでも車中用の「きくらげ入りさつま揚げ」一つ購入。

 さっそくおまんじゅうをいただきながら、移動します。おいし〜い!

 ちょうさの舞台、豊浜八幡神社にお参りに行きます。昨日、本当にここで激しいお祭りがあったのか?と思わせるほど、静かできれいな神社です。聞けば、ちょうさ祭りのお世話役さんが60人ほど、朝から境内を掃除したとのこと。祭りの男は、どこまでもかっこいいです。
 各自、ちょうさ祭りを忘れないよう、八幡さんのお守りを購入します。
 
 お世話になった親戚宅に立ち寄り、大野原ICより高松自動車道に乗ります。さようなら、観音寺!
 行きは鳴門市から高松道を使いましたが、帰りは徳島道を使い徳島市に向かいます。

 乗って10分ほどで、豊浜SAに到着。
 食べるしかないでしょう、うどん!!
 のりがたくさん入った「あおさうどん」をいただきまーす♪

 ここでも車内用のお菓子、「プリンみかさ」を購入。その名の通り、三笠にプリンがはさんであるんです!おいしかったあ。

 松山道との分岐・川之江JCTを過ぎ、高知道との分岐・川之江東JCTを越えると、徳島自動車道に入ります。
 長いトンネル、長い対面道路が続き、ややドライバーには厳しい道です。

 と思っていたら、吉野川SA・ハイウェイオアシスに到着〜。
豊浜SAからは40分ほどですが、ここでお昼ご飯です。
 吉野川SAには上り線・下り線両方から入れるハイウェイオアシスがあります。ここにはレストランやお土産売り場のほか、温泉や吉野川巡りの船乗り場、コテージなどもあります。一日ここで過ごせそうです。
 ランチは、地元産の野菜をたくさん使っています!というレストランに行きました。メニューはどれも安くて、ボリュームたっぷり!野菜もとても甘くておいしかったです。
 吉野川のゆったりとした深い流れも見えて、最高!
 ここでもたくさんのお土産物と、すだちソフトクリームを購入しました。

 お腹がいっぱいなのに、かまぼこをほおばりつつ、徳島道をひた走ります。周囲は高松道と異なり、山に囲まれています。

 吉野川ICより1時間半ほどで徳島ICに到着です。ここから、右手に眉山を望みつつ、徳島港を目指します。
 なぜ、徳島港かというと・・・ちょうど連休最終日にあたり、中国道が混むのでは?という予想と、ドライバーさんの負担を少しでも減らせたら、という目的で、徳島〜和歌山間の南海フェリーに乗ることにしたからです。

 わかりやすい看板に導かれ、20分ほどで徳島港に到着です。ここの乗船手続きはなんと、車に乗ったままでもできる、ドライブスルー!びっくりしました。

 さて乗船まで1時間ほどあるので、食堂で休憩します。でも、胃袋に休憩はありません!徳島に来たら食べようと思っていたものが食堂にあったのです。
 それは「徳島ラーメン」!
 とんこつスープに細めの直麺。
 しょうゆ味も効いていて・・・んんん、おいしい!
 今回ラーメンはあきらめていたので、とってもおいしいです。
 南海フェリー乗り場のラーメン、おいしいですよ!
 またもやここでも最後のお土産を買い込み、いよいよ乗船です。

 16:35、人も車もほぼ満員のフェリーは徳島港を離れていきます。和歌山まで約2時間の船旅です。フェリーの中では食べ疲れて?寝てしまいました。

 18:35、お月様が明るく輝く和歌山港に到着です。

 ここからは何も食べず、どこにも寄らず、自宅に戻りました。

同行者
家族旅行
交通手段
自家用車

PR

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

香川 で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集