モスクワ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 旅立ちはいつもせわしない。こと今回の旅行については出発前の1週間は指折りに忙しかった。<br /><br /> 5月12日夜のこと、「来週例の試合に行かないか?」JICのサッカー好き先輩Hさんからの突然の誘いは、まさに青天の霹靂(へきれき)。例の試合とは、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ(以下CL)の決勝戦である。1955年に始まり、今年で53回目を数える欧州クラブ界最高峰の大会の決勝が、史上初めてロシアで5月21日に行われる。H先輩がモスクワの知り合いに手を回してそのチケットが2枚手に入ったのだ。スケジュールをなんとか調整、4日間の日程を確保した。<br /><br /> 2泊4日。なかなかの「弾丸ツアー」だ。モスクワへは留学していた2003年以来5年ぶりの渡航になる。出発日は朝5時の徹夜明け。あいにくの豪雨の中の出発になったが、アドレナリン全開に旅が幕を開ける。

ロシアでサッカーの夢を観に~旅のお供にアドレナリン~(前編)

0いいね!

2008/05 - 2008/05

1479位(同エリア1490件中)

0

2

JIC旅行センター

JIC旅行センターさん

 旅立ちはいつもせわしない。こと今回の旅行については出発前の1週間は指折りに忙しかった。

 5月12日夜のこと、「来週例の試合に行かないか?」JICのサッカー好き先輩Hさんからの突然の誘いは、まさに青天の霹靂(へきれき)。例の試合とは、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ(以下CL)の決勝戦である。1955年に始まり、今年で53回目を数える欧州クラブ界最高峰の大会の決勝が、史上初めてロシアで5月21日に行われる。H先輩がモスクワの知り合いに手を回してそのチケットが2枚手に入ったのだ。スケジュールをなんとか調整、4日間の日程を確保した。

 2泊4日。なかなかの「弾丸ツアー」だ。モスクワへは留学していた2003年以来5年ぶりの渡航になる。出発日は朝5時の徹夜明け。あいにくの豪雨の中の出発になったが、アドレナリン全開に旅が幕を開ける。

PR

  • ★1日目(5月20日)<br /><br /> 今回は、往復とも中国国際航空で成田から北京経由で向かう。往路モスクワまではHさんと一緒の旅路だ。<br />北京までの機内でまわりを見渡すとロシアのガイドブックを持っている人、モスクワやCLの話をしている人がいる。どうやら、モスクワ行きの搭乗者で固められている様子。<br /><br /> 北京に到着。五輪むけに新設された空港第3ターミナルに降りたつ。莫斯科(モスクワ)行きに乗継だ。乗継入国審査を通過し、ゆっくりする間もなく乗継時間になる。Hさんに続き、機内に入ろうとしたその時!搭乗口で突然止められる私。搭乗券の座席番号が書き換えられ「CHANGE,UPGRADE」と係員の一言。何事かと思いきや、私だけがビジネスクラスに変更になったのだ。係員に理由を聞いたが答えてくれない。同行者と離れても関係ないらしい。先輩とは別々になるがラッキーなプレゼントと考え、一人ビジネス席に着く。<br /><br /> 中国国際航空のビジネスクラスはゆったりしていて寝るには快適そうだ。出発前の睡眠不足から解放され、ぐっすり眠れると思いきや、それは周りの搭乗者にも左右されるものだと思い知らされることとなる。離陸して40分。機内で昼食が配られる。ビジネスではトレーにではなく、皿に盛られて食事がでてくる。ワインを飲みながらビーフステーキを食し、空のレストランをすっかり楽しんでいると、ふと気が付く。<br /><br /> 左窓側にいるのはマルディーニ!その隣にはマッサーロが!その前の席にはドゥンガが!サッカー好きにはおなじみのビッグネームのそっくりさんが集って、酒盛りを始めたのだ。話に耳を傾けると、どうやら彼らは香港在住のイギリス人。故郷のチームが大一番に臨むとあって、いてもたってもいられずにくり出した様子。そこから到着までビジネスクラスは修羅場と化した。酒盛り英国人は、飲んで歌って、また飲んで、騒ぎ続けたあげく、客室乗務員に絡む始末。数時間後、まだワインを要求する彼らに客室乗務員がしびれをきらし一言「NO!」。「いいかげんにしなさい」と言わんばかりの口調で飲むのをやめさせようとするが、興奮状態の彼らは何も聞かず・・・。ワインがないならウイスキーと言いだし、やりたい放題。<br /><br /> しまいには、まわりの乗客にも絡み始め、自分にも来るかも・・・と思っていた矢先、着陸態勢にはいるというアナウンス。結構散々な目に遭い、ラッキーだったのかどうなのか不明なフライトの8時間はあっという間に経過し、モスクワに到着した。

    ★1日目(5月20日)

     今回は、往復とも中国国際航空で成田から北京経由で向かう。往路モスクワまではHさんと一緒の旅路だ。
    北京までの機内でまわりを見渡すとロシアのガイドブックを持っている人、モスクワやCLの話をしている人がいる。どうやら、モスクワ行きの搭乗者で固められている様子。

     北京に到着。五輪むけに新設された空港第3ターミナルに降りたつ。莫斯科(モスクワ)行きに乗継だ。乗継入国審査を通過し、ゆっくりする間もなく乗継時間になる。Hさんに続き、機内に入ろうとしたその時!搭乗口で突然止められる私。搭乗券の座席番号が書き換えられ「CHANGE,UPGRADE」と係員の一言。何事かと思いきや、私だけがビジネスクラスに変更になったのだ。係員に理由を聞いたが答えてくれない。同行者と離れても関係ないらしい。先輩とは別々になるがラッキーなプレゼントと考え、一人ビジネス席に着く。

     中国国際航空のビジネスクラスはゆったりしていて寝るには快適そうだ。出発前の睡眠不足から解放され、ぐっすり眠れると思いきや、それは周りの搭乗者にも左右されるものだと思い知らされることとなる。離陸して40分。機内で昼食が配られる。ビジネスではトレーにではなく、皿に盛られて食事がでてくる。ワインを飲みながらビーフステーキを食し、空のレストランをすっかり楽しんでいると、ふと気が付く。

     左窓側にいるのはマルディーニ!その隣にはマッサーロが!その前の席にはドゥンガが!サッカー好きにはおなじみのビッグネームのそっくりさんが集って、酒盛りを始めたのだ。話に耳を傾けると、どうやら彼らは香港在住のイギリス人。故郷のチームが大一番に臨むとあって、いてもたってもいられずにくり出した様子。そこから到着までビジネスクラスは修羅場と化した。酒盛り英国人は、飲んで歌って、また飲んで、騒ぎ続けたあげく、客室乗務員に絡む始末。数時間後、まだワインを要求する彼らに客室乗務員がしびれをきらし一言「NO!」。「いいかげんにしなさい」と言わんばかりの口調で飲むのをやめさせようとするが、興奮状態の彼らは何も聞かず・・・。ワインがないならウイスキーと言いだし、やりたい放題。

     しまいには、まわりの乗客にも絡み始め、自分にも来るかも・・・と思っていた矢先、着陸態勢にはいるというアナウンス。結構散々な目に遭い、ラッキーだったのかどうなのか不明なフライトの8時間はあっという間に経過し、モスクワに到着した。

  •  モスクワだぁ!喜びが湧き上がる。そんな嬉しさもつかの間、到着後の入国審査の状況にあ然とさせられる。長時間のフライト後に待っていたのは、長蛇の列ならぬ、長蛇の缶詰。ロビーが入国審査の順番を待つ人で溢れ、だんご状態だったのだ。見渡すとサッカーのユニフォームを着た人が多数見られ、大イベントの影響を早速実感。結局入国ができたのは2時間半後だった。<br /><br /> ようやく空港の外に出たのは21時頃だったが、外は結構明るい。ガイドのイーゴリさんの送迎で22時頃ホテルへ到着し、早速夜の肴を買い出しに出かける。近くにも24時間キオスクみたいなのがあり、遅い時間でも困らない。ホントに便利な世の中にロシアもなってきたんだなぁとしみじみ思う。ロシアのポテトチップスをつまみにロシアンビールメーカーの代表:バルチカ社の7番プレミアムを飲む。うまい!最高!味が濃いロシアの”ポテチ”は、あっさり味のビールとバランスがよい。<br /><br /> 東京を出て24時間、長い1日だった。ビールに刺激されたのか(?)自然とまぶたが重くなり、1日目の夜は更けるのだった。

     モスクワだぁ!喜びが湧き上がる。そんな嬉しさもつかの間、到着後の入国審査の状況にあ然とさせられる。長時間のフライト後に待っていたのは、長蛇の列ならぬ、長蛇の缶詰。ロビーが入国審査の順番を待つ人で溢れ、だんご状態だったのだ。見渡すとサッカーのユニフォームを着た人が多数見られ、大イベントの影響を早速実感。結局入国ができたのは2時間半後だった。

     ようやく空港の外に出たのは21時頃だったが、外は結構明るい。ガイドのイーゴリさんの送迎で22時頃ホテルへ到着し、早速夜の肴を買い出しに出かける。近くにも24時間キオスクみたいなのがあり、遅い時間でも困らない。ホントに便利な世の中にロシアもなってきたんだなぁとしみじみ思う。ロシアのポテトチップスをつまみにロシアンビールメーカーの代表:バルチカ社の7番プレミアムを飲む。うまい!最高!味が濃いロシアの”ポテチ”は、あっさり味のビールとバランスがよい。

     東京を出て24時間、長い1日だった。ビールに刺激されたのか(?)自然とまぶたが重くなり、1日目の夜は更けるのだった。

この旅行記のタグ

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

モスクワ(ロシア) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集