チェコ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ウイーンに近い国境の町(国鉄駅)ブジェツラフ<br /><br /> ブジェツラフに一泊するのを決めた理由は、一度ペンションという宿泊施設を経験したかったのと、そのロトゥンダというペンション名に惹かれたからだった。<br /><br /> 国鉄駅から1キロのロトゥンダまでの歩道も左右の建物もドイツの駅前にそっくりで、その点面白くはない。整然とした散歩道と近代的なビルが並んでいる。商店街を進み道路を渡ると、突然森林が目に飛び込んでくる。小川の向こうに古そうな建物が見えてきた。 そこの建物郡はブジェツラフ城であり、ロトゥンダというペンションであり、二つのロトゥンダ跡であった。<br /><br />写真はペンション

チェコ ブジェツラフという町

8いいね!

2007/05/29 - 2007/05/30

3239位(同エリア6257件中)

4

5

ウイーンに近い国境の町(国鉄駅)ブジェツラフ

 ブジェツラフに一泊するのを決めた理由は、一度ペンションという宿泊施設を経験したかったのと、そのロトゥンダというペンション名に惹かれたからだった。

 国鉄駅から1キロのロトゥンダまでの歩道も左右の建物もドイツの駅前にそっくりで、その点面白くはない。整然とした散歩道と近代的なビルが並んでいる。商店街を進み道路を渡ると、突然森林が目に飛び込んでくる。小川の向こうに古そうな建物が見えてきた。 そこの建物郡はブジェツラフ城であり、ロトゥンダというペンションであり、二つのロトゥンダ跡であった。

写真はペンション

PR

  • ブジェツラフは世界遺産のレドニツェにごく近くレドニツェと同じく最後の個人所有者はリヒテンシュタイン家だった。<br /><br /> 第二次大戦後すぐにドイツ人は国外追放された。300万人以上ものドイツ人移動は、大混乱をきたした。リヒテンシュタイン家の人々もオーストリアやリヒテンシュタイン公国に戻った。その後に社会主義という時代があり、後半にはチェコの建物の殆どすべてが荒れ果てぼろぼろになってしまった。国が貧乏だったからではなくて、資産のほとんどすべてが国有だったから建物の修繕は共産党政府の意向に依存した。プラハだけが大切にされた時代だった。

    ブジェツラフは世界遺産のレドニツェにごく近くレドニツェと同じく最後の個人所有者はリヒテンシュタイン家だった。

     第二次大戦後すぐにドイツ人は国外追放された。300万人以上ものドイツ人移動は、大混乱をきたした。リヒテンシュタイン家の人々もオーストリアやリヒテンシュタイン公国に戻った。その後に社会主義という時代があり、後半にはチェコの建物の殆どすべてが荒れ果てぼろぼろになってしまった。国が貧乏だったからではなくて、資産のほとんどすべてが国有だったから建物の修繕は共産党政府の意向に依存した。プラハだけが大切にされた時代だった。

  • 今現在も朽ち果てた建造物や崩れかかった城跡はチェコにはいたるところにある。<br /><br />写真はブジェツラフ城のタワー

    今現在も朽ち果てた建造物や崩れかかった城跡はチェコにはいたるところにある。

    写真はブジェツラフ城のタワー

  •  ブジェツラフ城は今では市の持物で歴史的にも観光資源としても実に素晴らしい建造物だが市には資金的に余裕がなくてボロボロのまま放置されている。だが私は古い建物の魅力に惹かれる。剥げ落ちた壁、壊れたままの窓ガラス、危なくて内部に入れない状況の大型の城が哀れを誘う。ロトゥンダというのはさらに魅力的だ。まだ建築技術が未熟だった頃、石とレンガの1メートル幅の壁を丸く積み上げ礼拝堂や見張塔として使った。窓は小さくロマネスク様式の建築技術以前の簡素な建物だ。そんなロトゥンダが二つ残っている。<br /><br /><br />写真:手前はロトゥンダ、背景はお城

     ブジェツラフ城は今では市の持物で歴史的にも観光資源としても実に素晴らしい建造物だが市には資金的に余裕がなくてボロボロのまま放置されている。だが私は古い建物の魅力に惹かれる。剥げ落ちた壁、壊れたままの窓ガラス、危なくて内部に入れない状況の大型の城が哀れを誘う。ロトゥンダというのはさらに魅力的だ。まだ建築技術が未熟だった頃、石とレンガの1メートル幅の壁を丸く積み上げ礼拝堂や見張塔として使った。窓は小さくロマネスク様式の建築技術以前の簡素な建物だ。そんなロトゥンダが二つ残っている。


    写真:手前はロトゥンダ、背景はお城

  •  ブジェツラフ城は今では市の持物で歴史的にも観光資源としても実に素晴らしい建造物だが市には資金的に余裕がなくてボロボロのまま放置されている。だが私は古い建物の魅力に惹かれる。剥げ落ちた壁、壊れたままの窓ガラス、危なくて内部に入れない状況の大型の城が哀れを誘う。ロトゥンダというのはさらに魅力的だ。まだ建築技術が未熟だった頃、石とレンガの1メートル幅の壁を丸く積み上げ礼拝堂や見張塔として使った。窓は小さくロマネスク様式の建築技術以前の簡素な建物だ。そんなロトゥンダが二つ残っている。<br />

     ブジェツラフ城は今では市の持物で歴史的にも観光資源としても実に素晴らしい建造物だが市には資金的に余裕がなくてボロボロのまま放置されている。だが私は古い建物の魅力に惹かれる。剥げ落ちた壁、壊れたままの窓ガラス、危なくて内部に入れない状況の大型の城が哀れを誘う。ロトゥンダというのはさらに魅力的だ。まだ建築技術が未熟だった頃、石とレンガの1メートル幅の壁を丸く積み上げ礼拝堂や見張塔として使った。窓は小さくロマネスク様式の建築技術以前の簡素な建物だ。そんなロトゥンダが二つ残っている。

  •  朝食は地下のレストランでとった。欧州大陸には洞窟または地下室はいたるところにある。改造されてレストランになっているのは珍しくない。ドイツ人やチェコ人の観光客が朝食をとっている。朝食を運んでくれた女性にブジェツラフの歴史を訊ねて見たがよく知らなかった。

     朝食は地下のレストランでとった。欧州大陸には洞窟または地下室はいたるところにある。改造されてレストランになっているのは珍しくない。ドイツ人やチェコ人の観光客が朝食をとっている。朝食を運んでくれた女性にブジェツラフの歴史を訊ねて見たがよく知らなかった。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • shinesuniさん 2007/10/02 18:06:08
    ブジェツラフ
    ブジェツラフ城かっこいいですねww
    この町はポーランドからウイーンに抜けるとき
    ウイーンに宿泊せずここで泊まり
    旅行日を浮かすのに注目していた
    街でしたが観光資源も豊富で...
    素晴しい情報有難う御座いましたm(_ _)m

    fk

    fkさん からの返信 2007/10/02 18:25:44
    RE: ブジェツラフ
    shinesuniさん、
    ますます気合をいれて寄稿さてていますね。

    ペンションROTUNDAは素晴らしい立地です。目の前のお城は
    カッコいいですよ。
    周りには世界遺産もありますし歴史的に興味あるところです。

    秋ツアーを考えていますが、空き部屋が不足して次は
    ズノイモに滞在しようと思っています。
    ズノイモは歴史的に重要な町です。

    この一年も珍しいところを訪問してきましたが、PCのハードが崩れて
    データーを失いました。春の音楽際ツアーはもうすぐ寄稿したいと
    考えていますが...
    何故か忙しくて。

    shinesuni

    shinesuniさん からの返信 2007/10/07 19:05:55
    RE: ブジェツラフ
    下のアドレスで一部のチェコの都市の資料を纏めています。
    ズノイモや近くのVranov nad Dyjí
    も下の方にありますのでよろしければみてください^^
    http://myhome.cururu.jp/shinesuni/blog/list/ct3006

    fk

    fkさん からの返信 2007/10/07 21:18:11
    RE: RE: ブジェツラフ
    shinesuniさん、

    ZNOJMOの宿泊先参考にさせていただきます。
    いまだに決っていないので少々焦っています。

    いつものことながら現地との通信はママナラズです。

    fk

fkさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

チェコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チェコ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チェコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集