モロッコ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
14時エルラシディア発パリ行きのEURバスチケットを1100DHで購入。<br />出発当日(1日目)15時20分になってやっとパリ行きのバスが到着して、私達を乗せて出発した。<br /><br />17時40分、休憩所に到着。<br />カフェやハリラ(スープ)を飲んで一息つく。私も持参のムスクゥツァ(スポンジケーキ)を運転手さんやパリ生まれのモロッコ女性、フランス女性と一緒につまんだ。<br />外は小雨で、冷え込んでいる。<br /><br />18時40分出発。<br />出発前にはちゃんと人数の確認をしていた。バス内では暖房も効いているし、ビデオ上映もやっている。さすがユーロバス。<br />窓の外を見ていたら、いつの間にか雨が雪に変わっていた。回りは一面雪景色。さっきまで砂漠のすぐ近くにいたのに、モロッコの自然てすごいなぁ。<br /><br />21時16分、メクネスのCTMバスステーションに到着。<br />ここで新たなお客さんを乗せて、22時25分出発。<br /><br />1時09分(2日目)夕食タイム。<br />でも高いレストランしかなかった。トイレはとってもきれい。夜遅かったから人もおらず、1DH払わなくても入れたし、トイレットペーパーもあった。2時16分出発。<br /><br />4時30分タンジェ港着。<br />何と、荷物全部持ってバスを降ろされた。個人でフェリーに乗る場合の値段は210DH+TAX。ユーロバスの場合はフェリー代も含まれているから必要なし。<br /><br />7時45分出港。<br />本当は7時出港予定だった。パリまでバスが荷物を運んでくれると思っていたので、バックパック以外にも大きな鞄を持ち込んでいた。ポーター代をケチった私は、自力で船まで荷物を運ばなければならない。バスで知り合った友達の後をゼイゼイ言いながら運んでいると、「モスキーナ(可哀相)」と言って、モロッコ人のおじさんが手伝ってくれた。勿論、「10DH!」なんて言わない(笑)。せっかく自分の荷物をポーターに預けて身軽になったのに、私の荷物を笑顔で船内まで運び入れてくれた。<br />シュクラン!!(ありがとう)、おじさん。<br /><br />11時15分、スペインのアルヘシラス着。<br />モロッコ時間では10時15分だから、2時間30分の船旅でした。<br /><br />13時15分、また大荷物を手にして、入国手続きをした。<br />船から建物内までの道は結構遠い。今度は大きなスーツケースを手にしたおじさんが、私の鞄の取っ手を片方持ってくれて、2人で早足で前に進んだ。<br />ヨーロッパのパスポートを持っている人は別の入国窓口で、とっても空いていたけれど、私もモロッコ人もすごい行列に加わらなければならなかった。そしてもう少し、という所で急に窓口を閉めたりするからびっくりする。でも急に違う窓口が開いたりもする。速い者勝ちやでぇ。<br /><br />待たされている間に、周りのモロッコ人たちとお互いのヘンナ(手や足に模様を描くお洒落)を褒めあったり、先に行っていいよ、とか、あいつらは横入りしたから絶対に先に行かせるな、とか言いながら楽しく時間を過ごす。<br /><br />やっと自分達が乗ってきたバスに到着したのが、13時15。<br />自分の座っていた場所には既に新しい乗客が。新しい乗客と元から乗っていたモロッコ人とで、「ここは私の席よ!!」と言い争いになっている。<br />運転手が仲裁に入るまで、私を含めた旅行者は面白そうにその様子を眺めていた。13時30分出発。<br /><br />15時20分、倉庫街にあるレストランで食事。<br />パンとムール貝やポテトのサラダを食べていたら、揚げたての魚フライ盛り合わせを運んでいるのが目に入った。<br />私も魚が食べたかったぁ〜。<br /><br />トイレに行って席に戻ると、飲みかけのジュースもお皿も全部さげられて、違う客が座っている。私のジュース!!まだほんの少ししか飲んでいなかったので店員に尋ねてみると、新しいジュースをくれた。16時35分出発。<br /><br />ポテトサラダ、ムール貝サラダ、パン、BIO(フルーツジュース) 3EUR<br /><br />17時40分。<br />ずっと一緒だったスペイン人の陽気なドライバーさんと助手から、無口なフランス人ドライバー&助手に交代。<br /><br />21時40分、休憩所で夕食。<br />私はお昼に残ったパンにチーズを挟んで食べた。モロッコのハリラ(スープ)があったことに驚く。22時35分出発。<br /><br />1時50分(3日目)。<br />ここはもうフランスなんだろうか?休憩をして2時20分に出発。<br /><br />8時05分、フランスの何処かの町中で数人の客が降りる。8時10分出発。<br /><br />8時45分、カフェレストランで食事。<br />ミニクロワッサン2個入り1.50EUR、オレンジジュース1.50EUR、テレフォンカード17.45EURをコンビニで購入。パリで泊めてもらう予定の友達に電話をするが繋がらず。<br /><br />13時トゥールーズ到着。数人のお客が降りる。<br /><br />13時15分、お昼休み。<br />サンドイッチ3.50EUR、ジュース1.40EURを買って食べる。<br />1時間程で出発したと思うが、時間を確かめていなかったので謎。<br /><br />17時パリのガリエニ駅到着。みんなお疲れ!!<br /><br />写真はバスの窓から見た、雪を抱いたアトラス山脈。<br />モロッコの様子はこちらで紹介しています。<br />http://gogosahara.com/index.html<br /><br /><br /><br />

エルラシディア発パリ行き EURバスの旅

0いいね!

2003/03 - 2003/03

3510位(同エリア3673件中)

0

0

14時エルラシディア発パリ行きのEURバスチケットを1100DHで購入。
出発当日(1日目)15時20分になってやっとパリ行きのバスが到着して、私達を乗せて出発した。

17時40分、休憩所に到着。
カフェやハリラ(スープ)を飲んで一息つく。私も持参のムスクゥツァ(スポンジケーキ)を運転手さんやパリ生まれのモロッコ女性、フランス女性と一緒につまんだ。
外は小雨で、冷え込んでいる。

18時40分出発。
出発前にはちゃんと人数の確認をしていた。バス内では暖房も効いているし、ビデオ上映もやっている。さすがユーロバス。
窓の外を見ていたら、いつの間にか雨が雪に変わっていた。回りは一面雪景色。さっきまで砂漠のすぐ近くにいたのに、モロッコの自然てすごいなぁ。

21時16分、メクネスのCTMバスステーションに到着。
ここで新たなお客さんを乗せて、22時25分出発。

1時09分(2日目)夕食タイム。
でも高いレストランしかなかった。トイレはとってもきれい。夜遅かったから人もおらず、1DH払わなくても入れたし、トイレットペーパーもあった。2時16分出発。

4時30分タンジェ港着。
何と、荷物全部持ってバスを降ろされた。個人でフェリーに乗る場合の値段は210DH+TAX。ユーロバスの場合はフェリー代も含まれているから必要なし。

7時45分出港。
本当は7時出港予定だった。パリまでバスが荷物を運んでくれると思っていたので、バックパック以外にも大きな鞄を持ち込んでいた。ポーター代をケチった私は、自力で船まで荷物を運ばなければならない。バスで知り合った友達の後をゼイゼイ言いながら運んでいると、「モスキーナ(可哀相)」と言って、モロッコ人のおじさんが手伝ってくれた。勿論、「10DH!」なんて言わない(笑)。せっかく自分の荷物をポーターに預けて身軽になったのに、私の荷物を笑顔で船内まで運び入れてくれた。
シュクラン!!(ありがとう)、おじさん。

11時15分、スペインのアルヘシラス着。
モロッコ時間では10時15分だから、2時間30分の船旅でした。

13時15分、また大荷物を手にして、入国手続きをした。
船から建物内までの道は結構遠い。今度は大きなスーツケースを手にしたおじさんが、私の鞄の取っ手を片方持ってくれて、2人で早足で前に進んだ。
ヨーロッパのパスポートを持っている人は別の入国窓口で、とっても空いていたけれど、私もモロッコ人もすごい行列に加わらなければならなかった。そしてもう少し、という所で急に窓口を閉めたりするからびっくりする。でも急に違う窓口が開いたりもする。速い者勝ちやでぇ。

待たされている間に、周りのモロッコ人たちとお互いのヘンナ(手や足に模様を描くお洒落)を褒めあったり、先に行っていいよ、とか、あいつらは横入りしたから絶対に先に行かせるな、とか言いながら楽しく時間を過ごす。

やっと自分達が乗ってきたバスに到着したのが、13時15。
自分の座っていた場所には既に新しい乗客が。新しい乗客と元から乗っていたモロッコ人とで、「ここは私の席よ!!」と言い争いになっている。
運転手が仲裁に入るまで、私を含めた旅行者は面白そうにその様子を眺めていた。13時30分出発。

15時20分、倉庫街にあるレストランで食事。
パンとムール貝やポテトのサラダを食べていたら、揚げたての魚フライ盛り合わせを運んでいるのが目に入った。
私も魚が食べたかったぁ〜。

トイレに行って席に戻ると、飲みかけのジュースもお皿も全部さげられて、違う客が座っている。私のジュース!!まだほんの少ししか飲んでいなかったので店員に尋ねてみると、新しいジュースをくれた。16時35分出発。

ポテトサラダ、ムール貝サラダ、パン、BIO(フルーツジュース) 3EUR

17時40分。
ずっと一緒だったスペイン人の陽気なドライバーさんと助手から、無口なフランス人ドライバー&助手に交代。

21時40分、休憩所で夕食。
私はお昼に残ったパンにチーズを挟んで食べた。モロッコのハリラ(スープ)があったことに驚く。22時35分出発。

1時50分(3日目)。
ここはもうフランスなんだろうか?休憩をして2時20分に出発。

8時05分、フランスの何処かの町中で数人の客が降りる。8時10分出発。

8時45分、カフェレストランで食事。
ミニクロワッサン2個入り1.50EUR、オレンジジュース1.50EUR、テレフォンカード17.45EURをコンビニで購入。パリで泊めてもらう予定の友達に電話をするが繋がらず。

13時トゥールーズ到着。数人のお客が降りる。

13時15分、お昼休み。
サンドイッチ3.50EUR、ジュース1.40EURを買って食べる。
1時間程で出発したと思うが、時間を確かめていなかったので謎。

17時パリのガリエニ駅到着。みんなお疲れ!!

写真はバスの窓から見た、雪を抱いたアトラス山脈。
モロッコの様子はこちらで紹介しています。
http://gogosahara.com/index.html



PR

この旅行記のタグ

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

Narveさんの関連旅行記

Narveさんの旅行記一覧

モロッコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モロッコ最安 410円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モロッコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

モロッコ で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集