南パンタナール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1992年暮れにサンパウロに出かけました。<br />そして広大な湿地帯で有名なパンタナル旅行に<br />行きました。<br /><br />写真はパンタナルの川でピラニアを釣ったときのもの。<br />ピラニアはたくさん釣れました。

ブラジル パンタナル

2いいね!

1992/12/29 - 1993/01/01

12位(同エリア17件中)

2

9

1992年暮れにサンパウロに出かけました。
そして広大な湿地帯で有名なパンタナル旅行に
行きました。

写真はパンタナルの川でピラニアを釣ったときのもの。
ピラニアはたくさん釣れました。

PR

  • サンパウロでパンタナルへ向かうクルゼイロ航空便<br />に乗り込みました。

    サンパウロでパンタナルへ向かうクルゼイロ航空便
    に乗り込みました。

  • パンタナルに近い飛行場はカンポ・グランデ。<br /><br />そこで事前に予約していたとおり,イナハラ旅行代理店の<br />イナハラさんに出迎えてもらいました。<br /><br />事前の打ち合わせは,fax通信。<br /><br />親切で丁寧にガイドしていただき素敵な旅と<br />なりました。

    パンタナルに近い飛行場はカンポ・グランデ。

    そこで事前に予約していたとおり,イナハラ旅行代理店の
    イナハラさんに出迎えてもらいました。

    事前の打ち合わせは,fax通信。

    親切で丁寧にガイドしていただき素敵な旅と
    なりました。

  • これがアナコンダ。<br /><br />恐る恐る触ってみた。

    これがアナコンダ。

    恐る恐る触ってみた。

  • 巨木の下で休む。<br /><br />飛行場からパンタナルまでの道のりでも<br />珍しい景色がたくさん。

    巨木の下で休む。

    飛行場からパンタナルまでの道のりでも
    珍しい景色がたくさん。

  • 道路脇牛をさばいていた。<br /><br />焼いてもらった。<br /><br />親戚のブラジル人と日系の通訳兼ガイドがいたので<br />とても楽しかった。<br /><br />私もブラジル語が得意(だった)。

    道路脇牛をさばいていた。

    焼いてもらった。

    親戚のブラジル人と日系の通訳兼ガイドがいたので
    とても楽しかった。

    私もブラジル語が得意(だった)。

  • この奥がパンタナル。<br /><br />道が砂利道でバスががたがたして<br />それだけでも疲れます。

    この奥がパンタナル。

    道が砂利道でバスががたがたして
    それだけでも疲れます。

  • 湿原にはいるといろんな動植物に出会います。<br /><br />川にはワニがたくさん。

    湿原にはいるといろんな動植物に出会います。

    川にはワニがたくさん。

  • 夜中に散歩する牛の群にであいました。<br /><br />ブラジルの牛は大きなコブがついています。<br /><br />むかしインドから運ばれた種牛の影響とか<br />聞きました。<br /><br />ブラジルの焼き肉はシュラスコと呼ばれる<br />串刺しでした。

    夜中に散歩する牛の群にであいました。

    ブラジルの牛は大きなコブがついています。

    むかしインドから運ばれた種牛の影響とか
    聞きました。

    ブラジルの焼き肉はシュラスコと呼ばれる
    串刺しでした。

  • ブラジル パンタナルの夏は蒸し暑いです。<br />でも虫がいっぱいいるから,特にピラニア釣りの時<br />ジャンパーが必要でした。<br /><br />右の人がイナハラさん。日本語が上手なガイドさんでした。

    ブラジル パンタナルの夏は蒸し暑いです。
    でも虫がいっぱいいるから,特にピラニア釣りの時
    ジャンパーが必要でした。

    右の人がイナハラさん。日本語が上手なガイドさんでした。

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • すずかさん 2005/07/31 15:38:49
    パンタナール
    fkさん、こんにちは〜。

    パンタナールいかれたんですね〜。
    ううーうらやましい!
    パンタナールは凄くあこがれの場所なんです。
    次回ブラジルへ行ったら絶対行こうと心に決めております!

    だけど、パンタナールのノラ牛?っているんですね?!
    あれ?最後の牛さんはノラじゃないのかな?
    ほんと、インドの牛さんと似てますね。さすが種牛をインドから輸入しただけありますね。
    ただ、インドの牛は神様、ここの牛はシュラスコ。
    牛も生まれる所によって、種は一緒でも運命変わりますね。。。

    では、またお邪魔します!

    すずか

    fk

    fkさん からの返信 2005/07/31 21:21:58
    RE: パンタナール
    すずかさん,
    有り難う。

    パンタナルの写真一枚追加しておきました。
    決して一人で彷徨えるところでないです。
    適当な旅行代理店を見つけて下さいね。
    大自然の旅は冒険心を満足させてくれるでしょう。

    パンタナルの牛は野生かも知れませんね。忘れてしまいました。

    ご指摘のように,インドからいつ頃連れてこられてどの様に繁殖したのか
    研究するのは価値があるかも。
    しかも,神様扱いのインドからやってきた牛は,ブラジルでは美味しい
    シュラスコになる。

    マレーシアやインドネシアのように暑いところで
    オープンのレストランで食べるのが美味しい!!

    ブラジルでは正月に魚を食べます。お金が入ってくるのを願いながら。
    チェコではクリスマスに魚を食べますが,お金のことは概念にない,
    長い間いわば貨幣流通の社会でなかったから,と思います。

    比較文化の対象はいくらでもありますね。
    掘り下げていけば歴史の研究につながりそうです。


fkさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ブラジルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ブラジル最安 840円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ブラジルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

南パンタナール(ブラジル) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集