プラハ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
チェコ旅行の際に『ガンブラ・シュルレアリスティカ・ギャラリー』(ヤン・シュヴァンクマイエルの自邸でもある)を訪問しました。このギャラリーは、1992年にオープンした新旧チェコ・シュルレアリスト作家の作品を扱う専門ギャラリーです。セラミックやオブジェ、絵画やコーラジュ、その他貴重なカタログや関連書籍等が所狭しと並んでいます。ヤン・シュヴァンクマイエルやエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーの作品も多く飾られているので、シュヴァンクマイエル好きなら一度は訪れたい場所だと思います。<br />行けないけどどんな空間になっているのか気になっている方もいるかと思いますので、ギャラリー内の写真を多数アップしてみました。また、これから行く予定の方の何らかの参考になればよいなと思い、実際に辿ったルートの画像もアップしました。雰囲気だけでも味わって頂けると幸いです。<br /><br />※写真の無断転載は禁止です。<br />※ギャラリー内での写真撮影は許可を得ています。<br />※ギャラリー内の写真は解像度を下げてあります。

GAMBRAギャラリー巡礼写真館[シュヴァンクマイエルの自邸]

6いいね!

2004/11/26 - 2004/11/26

2065位(同エリア3695件中)

0

51

unun

ununさん

チェコ旅行の際に『ガンブラ・シュルレアリスティカ・ギャラリー』(ヤン・シュヴァンクマイエルの自邸でもある)を訪問しました。このギャラリーは、1992年にオープンした新旧チェコ・シュルレアリスト作家の作品を扱う専門ギャラリーです。セラミックやオブジェ、絵画やコーラジュ、その他貴重なカタログや関連書籍等が所狭しと並んでいます。ヤン・シュヴァンクマイエルやエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーの作品も多く飾られているので、シュヴァンクマイエル好きなら一度は訪れたい場所だと思います。
行けないけどどんな空間になっているのか気になっている方もいるかと思いますので、ギャラリー内の写真を多数アップしてみました。また、これから行く予定の方の何らかの参考になればよいなと思い、実際に辿ったルートの画像もアップしました。雰囲気だけでも味わって頂けると幸いです。

※写真の無断転載は禁止です。
※ギャラリー内での写真撮影は許可を得ています。
※ギャラリー内の写真は解像度を下げてあります。

PR

  • ■GAMBRA Surrealisticka galerie<br />□ガンブラ・シュルレアリスティカ・ギャラリー<br />Cerninska 5, Praha 1<br />12:00-18:00<br />※3-10月は水日、11-2月は土日営業。<br />※地図をクリックすると拡大します。<br />※さらにクリックするともっと拡大します。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ガンブラギャラリーへのアクセスは、<br />01地下鉄A線のHRADCANSKA駅[図中のオレンジ●]から歩く<br />02地下鉄A線のMALOSTRANSKA駅[図中の赤●]から歩く<br />03カレル橋〜プラハ城〜ガンブラギャラリー<br />※トラム22,23で近くまで行けるそうです。<br /> トラムの乗り方に詳しければ、こちらも検討してみて下さい。<br /><br />02、03のルートは、途中に見所も多いので、街並みを堪能しながらアクセス出来る楽しみもありますが、プラハ城付近は高台になっているので、上るのにそれなりに体力を使うと思います。途中のプラハ城等に時間を取られる可能性もあるので、どうしても行きたいという方は01のルートをお薦めします。道に迷いにくいし、人通りが少ないので、時間が読みやすく(徒歩15分程度)、なにより、02のMALOSTRANSKA駅から地上に出る位置より、01のHRADCANSKA駅の方が高い場所に出られ、高低さをあまり感じることなく、ガンブラギャラリーの近くまで行けます。(ガンブラの近くまで来ると下る階段まであります。)<br /><br />自分は、01のルートで行きたいガンブラギャラリーを先に堪能した後、プラハの街並みを見下ろしながらプラハ城〜黄金小道を通って02のMALOSTRANSKA駅まで下っていくルートをとりました。以下の写真は地図中の『P』の位置からガンブラギャラリーまでの道のりを辿って写したものです。雰囲気だけでも味わってみて下さい。<br /><br /><br /><br /><br />

    ■GAMBRA Surrealisticka galerie
    □ガンブラ・シュルレアリスティカ・ギャラリー
    Cerninska 5, Praha 1
    12:00-18:00
    ※3-10月は水日、11-2月は土日営業。
    ※地図をクリックすると拡大します。
    ※さらにクリックするともっと拡大します。





    ガンブラギャラリーへのアクセスは、
    01地下鉄A線のHRADCANSKA駅[図中のオレンジ●]から歩く
    02地下鉄A線のMALOSTRANSKA駅[図中の赤●]から歩く
    03カレル橋〜プラハ城〜ガンブラギャラリー
    ※トラム22,23で近くまで行けるそうです。
     トラムの乗り方に詳しければ、こちらも検討してみて下さい。

    02、03のルートは、途中に見所も多いので、街並みを堪能しながらアクセス出来る楽しみもありますが、プラハ城付近は高台になっているので、上るのにそれなりに体力を使うと思います。途中のプラハ城等に時間を取られる可能性もあるので、どうしても行きたいという方は01のルートをお薦めします。道に迷いにくいし、人通りが少ないので、時間が読みやすく(徒歩15分程度)、なにより、02のMALOSTRANSKA駅から地上に出る位置より、01のHRADCANSKA駅の方が高い場所に出られ、高低さをあまり感じることなく、ガンブラギャラリーの近くまで行けます。(ガンブラの近くまで来ると下る階段まであります。)

    自分は、01のルートで行きたいガンブラギャラリーを先に堪能した後、プラハの街並みを見下ろしながらプラハ城〜黄金小道を通って02のMALOSTRANSKA駅まで下っていくルートをとりました。以下の写真は地図中の『P』の位置からガンブラギャラリーまでの道のりを辿って写したものです。雰囲気だけでも味わってみて下さい。




  • ★★★ギャラリー内の写真に関するお願い★★★<br />※写真の無断転載は禁止でお願いします。<br />※ギャラリー内の写真は解像度を下げてあります。<br />※雰囲気だけ味わってくださいませ。

    ★★★ギャラリー内の写真に関するお願い★★★
    ※写真の無断転載は禁止でお願いします。
    ※ギャラリー内の写真は解像度を下げてあります。
    ※雰囲気だけ味わってくださいませ。

  • ●画像下の紙の束は必見です。つぎの写真つづく・・・

    ●画像下の紙の束は必見です。つぎの写真つづく・・・

  • ●上の写真のコメントの続き。<br />作品の画像は控えますが、ここには新旧のチェコ・シュールレアリスト作家の作品が、わんさか束ねられています。もちろん、ヤン・シュヴァンクマイエルやエヴァさんの作品もあります。そしてビックリ!息子のヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルさんの作品まであるんです。直に作品に触れられるので、ちょっとドキドキしながら眼に焼き付けて帰りました。

    ●上の写真のコメントの続き。
    作品の画像は控えますが、ここには新旧のチェコ・シュールレアリスト作家の作品が、わんさか束ねられています。もちろん、ヤン・シュヴァンクマイエルやエヴァさんの作品もあります。そしてビックリ!息子のヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルさんの作品まであるんです。直に作品に触れられるので、ちょっとドキドキしながら眼に焼き付けて帰りました。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

チェコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チェコ最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チェコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

チェコでおすすめの観光スポット

PAGE TOP

ピックアップ特集