1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. ミャンマー
  5. バガン
  6. バガン 交通
  7. レンタカー
  8. クチコミ詳細
バガン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A
レンタカー 施設情報・クチコミに戻る

ミャンマー、バガン、ポッパ山の観光交通事情(レンタル電動バイク、ミニバス)

  • 4.5
  • 旅行時期:2016/03(約5年前)
Tourist Sinさん

by Tourist Sinさん(非公開)

バガン クチコミ:1件

羽田⇒ラオス(ルアンパバーン⇒ビエンチャン)⇒タイ(アユタヤ⇒チェンマイ)⇒ミャンマー(マンダレー⇒バガン⇒ヤンゴン)⇒羽田、観光・交通事情:
2016年2月中旬から丁度1ヶ月間、ラオス、タイ、ミャンマーを旅行しました。
個人旅行ですが、旅行会社のツアーと全く同じで、典型的なアジア初心者の観光旅行です。
ただ1か所で3~5泊しましたのでガイドブックに記載された名所旧跡、寺院、博物館等はほとんど観光、見学出来ました。移動は飛行機、バス、観光は自転車、電動バイク、徒歩、タクシー、ツアー利用等色々です。町により観光の為の交通手段が異なりました。この口コミ投稿では各観光施設の感想は特に書きません、どのような交通手段で、どのような順路で、どの位の時間がかかり、費用はいくらであったかを主に報告いたします。
初めて上記町を個人で旅行される方参考にして頂ければ幸いです。長文の日記ですが、お付き合いください。各都市7回に分けて投稿いたします。

1.ミャンマー、バガン:2月28日~3月3日、5泊
2月28日(日):
(1)朝7時40分にOK Expressのミニバスはマンダレーのホテルに迎えにきました。前回書きましたがバガンまで9,000K=約900円です。市内あちこちを巡り18人乗りのミニバスは満杯になりました。4時間40分走り、昼の12時20分に無事にバガンのバスターミナルに到着しました。バスターミナルからニャウンウーにあるホテル(ホテルブレージング、三ツ星、@6,700円)までは何と馬車で送ってくれて、ここまでOK Expressのサービスのようです。午後1時前にはホテルに到着です。
(2)ホテルの電動バイクを借りて午後1時45分には観光を開始しました。レンタル料は半日なので5,000K=約500円、一日レンタルは8,000K=約800円です。私は日本でもバイクを運転した事がないのでこの電動バイクの運転とても心配でした。取り扱いは簡単なのですが最初は恐る恐るで運転、時速20Km以上出ます。5日間同じバイクを貸し切りにしました。
(3)バガン―ニャウンウーロードをオールドバガンに向かって進み、先ずティーローミィンロー寺院を観光しました。ホテルに一番近いシュエズィーゴォン・パヤーはいつでも見学出来るので後日のお楽しみにしました。続けてすぐ近くのウパリテン、バヤーンガーズー仏塔群を見学しました。次はアーナンダ寺院です。そしてオールドバガンの入り口のタラバ―門を通り、黄金王宮と王宮考古学博物館を見学。少し南に下りシュエグーヂー寺院、タビィニュ寺院と見学しました。さすが電動バイクとても早いです。ホテルからオールドバガンまで約6Kmありましたが、Non Stopですと多分15~20分で着きます。この後北方向に戻り、マハーボディーパヤー、ブーパヤー、ゴドーパリィン寺院と見学しました。夕方の5時45分です。約4時間で10の寺院等を見学しました。ちょっと急ぎすぎですね。バガンには5泊予定なのでもう一度ゆっくりと観光予定で、今日は電動バイクに慣れる為、又オールドバガン内の寺院の位置関係を知る為にバイクを走らせました。そして帰りの途中でシュエサンドーパヤーによりました。日没を見る観光客で大混雑でした。
(4)最後におまけです。ホテルに帰る途中に伝統的な操り人形劇で有名なナンダレストランの横を6時45分頃通ったのです。予約もしていないしどうしようかなと思いましたが、結局中に入りました。このレストラン、劇場舞台に近い方はもう予約客で満杯でしたが、遠くの方で空きテーブルあり晩御飯をおいしくいただきました。操り人形劇は私的にはウーンと云う感じでしたが・・。前日のマンダレーの最終日はゆっくり過ごしましたが、今日は本当に忙しい一日でした。
2月29日(月):
(1)今日はミィンカバー村からニューバガンまでガイドブックに紹介された寺院等を全て見学するつもりで朝8時半に愛車の電動バイクで出発しました。タラバー門に着いたのは8時50分。南方向に向かい、昨日オールドバガン内で見学しなかったピタカタイ、タンドージャ石仏を見学、この二つはこじんまりしており少々分かりにくかったです。その後シュエグーヂー寺院、タビィニュ寺院横を通り、ナッラウン僧院を見学しました。それから南に下り城壁の外ローカテエイッパン寺院、シュエサンドーパヤー、シィンビンターリャウンと見学しました。ローカテエイッパン寺院はシュエサンドーパヤーに行く通り道にあるのですが小さな寺院で少々分かりにくかったです。又シィンビンターリャウンは寝釈迦像のある倉庫のような建物でこれも分かりずらかったです。次はダマヤンジー寺院、この寺院は遠くからでも目立ちます。それからスラマニ寺院を見学、ローカテエイッパン寺院の後は舗装道路ではなく土、砂地の道路なので電動バイクでも非常に運転しにくかったです。この後大通りに出て、一路ミィンカバー村の北にあるミンガラゼディを観光しました。これで休憩です、約5時間で9つの寺院等を見学しました、結構疲れました、1時半頃昼食です。
(2)ここまで来ると意地でもガイドブックに紹介されている全ての寺院等を観光しようと思いました。休憩したレストランの近くのミィンカバーパヤー、グービャウッジー寺院を徒歩で見学後、ニューバガンに向かって南方向に走行しましたが、このあたりから見学も多少雑になってきました。次に観光したマヌーハ寺院は少々趣が異なりましたが、あとは同じような寺院と像で少し飽きてきたのですね、ナンパヤー寺院、アベヤダナ寺院、ナガーヨン寺院、ソーミンジー僧院、セィンニェアマ寺院とセィンニェニィーマパヤーとどんどん見学をしてしまいました。最後にニューバガンにある一番南のローカナンダーパヤーと少し戻ったペッレー寺院を見学してミィンカバー村、ニューバガン観光は終了です。ペッレー寺院では管理人のおばさんが鍵で建物の中見せてくれました。時間は4時45分です。後半の10の寺院を3時間程見学したのです。しかし心のこもらない見学はダメですね、何かさっささっさと観光した感じです、あまり記憶に残らず、後でビデオを見て思い出した程ですから・・。帰りにホテル近くのシュエズィーゴォン・パヤーに寄りこれもさぁーと観て、ここは近いから又来ようと思い、本日の観光は全て終了しました。時間は夕方6時、昨日に続き今日も忙しい一日でした。
(3)実はこの日は続きがあるのです。マヌーハ寺院を見学中、ガイドブック(るるぶ)を見ながら小休憩をしていると、「あら、るるぶですね!拝見させてくれますか?」とすごい美人(40歳全後)の方が声をかけてきたのです。夜ホテル近くのレストランで一緒に夕食を食ベながら色々と旅行の話等をしました。とてもおもしろかったのは私が「今まで40ヶ国以上旅行をしています。」と云ったら「あら、そうですか、(大した事はないですねとの顔をされて・・)」とあっさり言われた事でした。彼女から色々と話を伺うと「去年はキューバに行きました、シリアにもアフリカのどこどこにも行きました、インドには毎年行っています、ナスカも行きました」等等多分50ヶ国以上の旅行経験者でした。それはそれは私のような軟弱な旅行とは比較にならないアドベンチャーな旅行をされているベテラン旅行者でした。2年前にバルト三国旅行中に出会ったベテラン女性旅行者の方は100ヶ国の旅行経験の話をされていましたが、世の中には素敵な美人の凄腕ベテラン女性旅行者が居られるんだなーと改めて感心しました。
3月1日(火):
(1)朝9時に行動開始、今日は最後に残ったニャウンウーの南にあるミンナントゥ村の寺院観光に行きました。先ずホテル近くのサバタパヤーを見学、それから南に下り、バガンビューイングタワーに行きました。展望レストランにはエレベーターで行けます。それから順番にナンダマンニャ寺院、タンプラ寺院、バヤートンズー寺院群、タヨッピー寺院、レイミャナー寺院群と連続して見学しました。この後少し離れたダマヤッジィカパヤーを見学しました。時計回りにぐるりと回り、ニューバガンのレストランで昼食、時間は午後1時半で、ここまで約4時間半です。
(2)昼食後北に上がり、オールドバガンの中の考古学博物館を見学。帰りに再びシュエズィーゴォン・パヤー、近くのナットウ僧院、チャンスィッター僧院(中は管理人に鍵で開けてもらう必要あり)を見学し本日の観光は終了しました。まだ夕方5時前でした。今日は電動バイクで長距離を走りました、バガン幹線道路をぐるりひと回り多分25~30Kmは運転したと思います。
3月2日(水):
今日はバガン南東約50Kmにあるポッパ山を観光しました。前日にホテルでポッパ山観光ツアーの申し込みをしました、料金は10,000K=約1,000円です。出発時間は朝9時頃だったと思います。あちこちのホテルに寄り観光客を拾ってミニバスは満席でした。往復で3時間、観光は約2時間でした。2時過ぎにホテルに戻り、後は明後日のヤンゴンまでの切符を買いに旅行代理店に行ったり、銀行に行ったり、ニャウンウー周辺をバイクで廻りました。
3月3日(木):
(1)今日はバガン最終日です。朝9時行動を開始、まだ見学していなかったニャウンウーマーケットに行き、お土産の買い物をしました。ミャンマーのマーケットは午後4時前には閉まるのでゆっくりと見物、買い物をする時間が今までありませんでした。今日は休養日の予定でしたがゆっくり出来ず、又オールドバガンの方に来てしまいました。スラマニ寺院、ダマヤンジー寺院、シュエサンドーパヤー、アーナンダ寺院、タビィニュ寺院、シュエグーヂー寺院を再度観光し、地球の歩き方で紹介されているタラバー門近くのサラバーレストランで昼食を休憩しました。午後3時過ぎの遅い昼食です。
(2)この後、バガン―ニャウンウーロードを往ったり来たりでティーローミィンロー寺院、ゴドーパリィン寺院も再度見学、最後はブーパヤーの近くのレストランで日没を見ながら休憩し、バガン観光を終了しました。
(3)バガン交通事情:バガンはラオスルアンパバーンと同様で交通量は多からず少なからず、普通ですが、電動バイクでの観光には最適の町でした。一方、自転車は、観光地が広いエリアに拡がっており、砂地での走行も沢山あり、少ししんどいかなと感じました。電動バイクの運転の注意点は時速20Kmは出ますがあくまで自転車なので路肩付近を走行する事、又一旦停車するときは必ずキ―をOFFにする事です。私は最初、道を尋ねようとして停車しましたが、無意識にアクセルに手がかかり、3~4人いた人の方にバイクを突っ込んでしまいました。前方にボードのような物があり大丈夫でしたが、それ以後は一時停車でも必ずキ―をOFFにしました。バガンはやはり見所満載の素敵な町でした。今回ガイドブックに紹介されている全ての寺院を観光しましたが、急ぎで廻っても最低丸3日間は必要だったですね。

次回は最後ミャンマー、ヤンゴンの観光交通事情です。

施設の満足度

4.5

利用目的:
市内・近距離
コストパフォーマンス:
4.0
利便性:
4.5

クチコミ投稿日:2016/04/12

いいね!:0

利用規約に違反している投稿は、報告することができます。 問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP