1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 東海地方
  4. 愛知県
  5. 一宮
  6. 一宮 観光
  7. 黒田城跡 (山内一豊生誕地)
一宮×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

黒田城跡 (山内一豊生誕地)

名所・史跡

一宮

このスポットの情報をシェアする

黒田城跡 (山内一豊生誕地) https://4travel.jp/dm_shisetsu/11380441

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
黒田城跡 (山内一豊生誕地)
住所
  • 愛知県一宮市木曽川町黒田古城26-2 一宮市立黒田小学校内
アクセス
名鉄名古屋本線新木曽川駅から徒歩6分
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡
登録者
bluejays さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(2件)

一宮 観光 満足度ランキング 21位
3.2
アクセス:
3.75
人混みの少なさ:
4.00
バリアフリー:
3.00
見ごたえ:
3.75
  • 内助の功

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/04(約1年前)
    • 0

    黒田城は、戦国時代から安土桃山時代にかけてあった城で、平城だったそうで、初代土佐藩主となった山内一豊の父、山内但馬守盛豊の...  続きを読む居城で、一豊の生誕地と考えられていますが、隣の岩倉城で産まれたという説もあります。城址は黒田小学校と周辺の住宅地となっており、小学校の北側を流れる川は堀跡と推定されています。
    山内一豊と言えば、「一豊の妻」という言葉で「内助の功(一豊に蓄えた金で馬を買った)」が連想されます。碑の上には馬を引いた一豊の像がありました。  閉じる

    投稿日:2020/04/22

  • 山内一豊、流浪の身となる

    • 4.5
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    黒田城は、明応年間に五藤源太左衛門光正が居館を築いたのが初まりと伝えられる。
    岩倉織田家の家老山内盛豊が、天文年間に城代...  続きを読むとして入城した。彼の息子山内一豊は、1545年この城で誕生したと考えられている。
    岩倉織田氏は織田信長と対立したため、岩倉城は1559年に攻められ落城。盛豊も戦死し、山内一豊は流浪の身となった。
    その後は織田信清の弟広良が城主となるが、戦死したため信清の家臣和田新助が城主となった。新助が長島一向一揆の戦いで討死すると、弟の定教があとを継いだ。
    本能寺の変の後、織田信雄の家老沢井雄重が城主となったが、1590年に織田信雄が改易され、一柳直盛が城主となった。
    関ヶ原の戦い後、黒田城は尾張を所領とした松平忠吉の持城となったが、しばらくして廃城となった。  閉じる

    投稿日:2015/05/26

1件目~2件目を表示(全2件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

黒田城跡 (山内一豊生誕地)について質問してみよう!

一宮に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • おやぢさん

    おやぢさん

  • bluejaysさん

    bluejaysさん

周辺のおすすめホテル

一宮 ホテルランキングを見る

愛知県 ホテルランキングを見る

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

愛知県の人気ホテルランキング

PAGE TOP