旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

米国外で米国ビザの盗難・紛失 - アメリカのクチコミ

kumさん 写真

kumさん
女性 / アメリカのクチコミ : 1件
旅行時期 : 2009/03(約9年前)

アメリカにF-1ビザのOPTというステータスで滞在している間にフランスに旅行し、米国への再入国に必要な書類(ビザが貼ってある旧パスポート、I-20、Employment Card (政府発行の就労許可を証明するもの))の盗難に遭いました。

私がとった対応としては、米国への再入国に問題があるのでいったん東京に戻り、ビザを再取得しました。F-1 OPTだとEAD cardの取得に時間がかかるので職場にお願いしてJ-1ビザで申請しました。

このように対応することを決めるにあたり、在仏アメリカ大使館の緊急ダイアルに2回問い合わせたところ、1回目は「米国に再入国するには新たなビザを東京で取得する必要がある。フランスの居住者でないのでフランスで米国ビザを申請することはできない。盗まれた書類のコピーでは再入国できない。」と言われました。2回目にはアメリカから東京までの航空券を買っておいた上で、90日以内滞在のツーリストとしていったんアメリカに入国することは可能か問い合わせたところ「ビザ期間中はツーリストとして入国することはできない。盗まれた書類のコピーがあれば、それで再入国が認められるかもしれないからビザの担当者に休み明けに聞いてみろ」と言われました。

時間外(金曜の夜)で担当者がいなかったため正式な回答を得られなかったわけですが、ツーリストとしても入国できないなんてそんな馬鹿なと思って後で調べた限りでは、ビザ期間中にツーリストとしての入国できている方はやはりいました。ただし、私が回答されたとおり「認められない」との立場の人もいるようで、試してみる場合には事前に確認してみた方がよさそうです。(ツーリストとして入った場合、当然就労はできませんが、ビザの再取得のために必要な書類を集めたり、着替えなどの身の回りのものを家に取りに帰るためにその方法を考えていました)

また、カナダやメキシコでは(これらの国の)居住者ではない日本人でもアメリカ大使館で米国ビザを取得できていますので、これらの国で盗難・紛失に遭った場合にはわざわざ日本に戻る必要はなさそうです。在日アメリカ大使館のウェブページを見る限りは、日本で米国ビザの発給を受けるには日本人、居住者など一定程度日本との関わりがある人でなければならないようなので、カナダ・メキシコ以外の国にあるアメリカ大使館で米国ビザを発給してくれるかどうかは、問い合わせてみる必要があると思いますが、フランスのようにダメといわれる可能性があります。

再入国必要書類のコピーで入管を通れるかどうかについては、F-1ビザにおいてI-20だけがコピーだった場合又はコピーすら手元になかった場合に、学校などに電話して証明してもらうことにより再入国を認められた例は耳にしております。私のようにビザそのものとEAD cardもコピーしかない場合にも再入国できるかどうかは、事情が違うように思うので、事前に大使館又はImmigration Officeに確認する必要があると思いますが厳しいような気がします。職場がImmigration Lawyerに相談してくれた限りでは「かなり難しいだろう」とのことでした。

いずれにしても、仮にコピーで再入国できたとしても、次に国外に出て再入国する場合には書類が必要になるだろうから、今回東京に戻ってビザを再取得してしまうことにしました。

かなり特殊な例だと思いますが、不幸にも同じような体験をされた方のお役に立ててればと思い、投稿しました。

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する