デリー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
目的:ひとり旅<br />予算:12万(飛行機代含)<br />滞在:デリー、ジョードプル<br />日数:4泊5日

インド一人旅(デリー、ジョードプル)

4いいね!

2016/10/15 - 2016/10/20

1200位(同エリア1727件中)

0

38

青天井さん

目的:ひとり旅
予算:12万(飛行機代含)
滞在:デリー、ジョードプル
日数:4泊5日

PR

  • 秋は不思議な季節です。<br />どこか遠くに行きたくなる。<br />何気なく読んだ本に書いてあったインドの話。<br />頭をぶん殴られた様な衝撃に襲われ、インドの観光ビザ取得に動いた。<br />目的地は悩んだ末にジョードプル。<br />漫画ワンピースのアラバスタのモデルになった土地。<br />さあ行こう!インドへ!

    秋は不思議な季節です。
    どこか遠くに行きたくなる。
    何気なく読んだ本に書いてあったインドの話。
    頭をぶん殴られた様な衝撃に襲われ、インドの観光ビザ取得に動いた。
    目的地は悩んだ末にジョードプル。
    漫画ワンピースのアラバスタのモデルになった土地。
    さあ行こう!インドへ!

  • 夜勤明けで迎えた旅の当日。<br />遠のく意識と消えぬ目の隈。<br />少しの期待と絶望にも近い不安を抱えて、四国の隅っこから関西空港に向けて出発した。

    夜勤明けで迎えた旅の当日。
    遠のく意識と消えぬ目の隈。
    少しの期待と絶望にも近い不安を抱えて、四国の隅っこから関西空港に向けて出発した。

  • 飛行機はタイのバンコク経由。<br />午前4時にタイで乗り継ぎ。<br />トランジットは4時間程度。<br />人のいない空港ってのはなんかワクワクする。<br />ただ、機内食がまずかったのか、タイの空港でお腹を下す。<br />

    飛行機はタイのバンコク経由。
    午前4時にタイで乗り継ぎ。
    トランジットは4時間程度。
    人のいない空港ってのはなんかワクワクする。
    ただ、機内食がまずかったのか、タイの空港でお腹を下す。

  • お腹に一抹の不安を抱えつつ、とりあえずデリーに到着。<br />インディラガンディー国際空港~デリー市街の移動は割とトラブルが多いため、事前予約のチャーターで送迎してもらう。<br />途中、薄暗い路地裏の紅茶屋を兼ねる闇両替店で両替。<br /><br />この後はホテルチェックインして、オールドデリー街歩き。

    お腹に一抹の不安を抱えつつ、とりあえずデリーに到着。
    インディラガンディー国際空港~デリー市街の移動は割とトラブルが多いため、事前予約のチャーターで送迎してもらう。
    途中、薄暗い路地裏の紅茶屋を兼ねる闇両替店で両替。

    この後はホテルチェックインして、オールドデリー街歩き。

  • デリーの街は賑やか。というか、生命力の塊。<br />あらゆる宗教に寛容なインドでは、ジャイナ教やヒンドゥーの寺院があるかと思えば、イスラム教のコーランが聞こえ、ふと前を見ると仏教徒のお坊さんが歩いている。<br />なーんか、小さい事がどうでもよくなってしまった。

    デリーの街は賑やか。というか、生命力の塊。
    あらゆる宗教に寛容なインドでは、ジャイナ教やヒンドゥーの寺院があるかと思えば、イスラム教のコーランが聞こえ、ふと前を見ると仏教徒のお坊さんが歩いている。
    なーんか、小さい事がどうでもよくなってしまった。

  • 街の移動はリキシャで移動。<br />リキシャの語源は日本の人力車から来てるとのこと。<br />世界遺産のレッドフォートへ向かう。

    街の移動はリキシャで移動。
    リキシャの語源は日本の人力車から来てるとのこと。
    世界遺産のレッドフォートへ向かう。

  • レッドフォートは世界遺産。<br />別名をラール・キラー。ムガル帝国時代のお城。<br />観光客に写真を撮ってもらう。<br />お城内のお土産物屋さんで、ぼったくられる。<br />これもいい経験。なんだか楽しくなる。

    レッドフォートは世界遺産。
    別名をラール・キラー。ムガル帝国時代のお城。
    観光客に写真を撮ってもらう。
    お城内のお土産物屋さんで、ぼったくられる。
    これもいい経験。なんだか楽しくなる。

  • 次はオールドデリーの中心部、チャンドニー・チョウクを歩く。<br />無数の人が行き交う道を、トゥクトゥクが走り抜ける。ここはほど文化の濃さを感じた場所はなかった。<br />露店でジュースを飲む。冷えてて美味かった。

    次はオールドデリーの中心部、チャンドニー・チョウクを歩く。
    無数の人が行き交う道を、トゥクトゥクが走り抜ける。ここはほど文化の濃さを感じた場所はなかった。
    露店でジュースを飲む。冷えてて美味かった。

  • 電線がすごいことになってる。<br />こういうところも、僕は好きだ。<br />見間違いではないと思うが、野生の猿をこの目でみた。<br />元気そうで何より。

    電線がすごいことになってる。
    こういうところも、僕は好きだ。
    見間違いではないと思うが、野生の猿をこの目でみた。
    元気そうで何より。

  • チャンドニー・チョウクを抜け、ジャマー・マスジッドへ。

    チャンドニー・チョウクを抜け、ジャマー・マスジッドへ。

  • 夕暮れに染まる、ジャマー・マスジッドの入口。<br />ジャマー・マスジッドは、イスラム教のモスク。<br />幻想的な雰囲気が漂う。

    夕暮れに染まる、ジャマー・マスジッドの入口。
    ジャマー・マスジッドは、イスラム教のモスク。
    幻想的な雰囲気が漂う。

  • 良い時間に来たと思う。<br />夕暮れも相まって、雰囲気が増す。<br />この広場では、若者たちがおしゃべりしてたりしてた。今でもムスリムの祈りの場となっているらしい。<br />僕は座って、ただただその雰囲気に酔いしれてた。

    良い時間に来たと思う。
    夕暮れも相まって、雰囲気が増す。
    この広場では、若者たちがおしゃべりしてたりしてた。今でもムスリムの祈りの場となっているらしい。
    僕は座って、ただただその雰囲気に酔いしれてた。

  • 祈りの場であることから、土足厳禁。<br />昼間の日光の暖かさを残した、レンガ床が心地よい。<br /><br />この後ホテルで休んで、次の日はインドの国内線でジョードプルへ出発。

    祈りの場であることから、土足厳禁。
    昼間の日光の暖かさを残した、レンガ床が心地よい。

    この後ホテルで休んで、次の日はインドの国内線でジョードプルへ出発。

  • この旅の目的地、ジョードプルに到着。<br />ジョードプル空港は小さくてかわいい建物だったので、写真を撮ったが、銃を持った軍人さんに「撮るな。消せよ。」と言われたので、泣く泣く消去。<br />今思えば、1枚くらい残しときゃよかったと思う。<br /><br />奥に見えるのが、メヘラーンガル砦。手前が時計台。<br />ワンピースでは時限爆弾が設置されてた時計台のモデル。

    この旅の目的地、ジョードプルに到着。
    ジョードプル空港は小さくてかわいい建物だったので、写真を撮ったが、銃を持った軍人さんに「撮るな。消せよ。」と言われたので、泣く泣く消去。
    今思えば、1枚くらい残しときゃよかったと思う。

    奥に見えるのが、メヘラーンガル砦。手前が時計台。
    ワンピースでは時限爆弾が設置されてた時計台のモデル。

  • 宿泊先からの眺め。デリーとはまた違った雰囲気。<br />泊まったところの店主は、日本が好きらしく口癖は「マジで!?ヤバーいね!」滞在中本当に世話になった。<br />この旅から3年経った今でも連絡を取り合ってる。また会いたいなー。

    宿泊先からの眺め。デリーとはまた違った雰囲気。
    泊まったところの店主は、日本が好きらしく口癖は「マジで!?ヤバーいね!」滞在中本当に世話になった。
    この旅から3年経った今でも連絡を取り合ってる。また会いたいなー。

  • ジョードプルの街を歩いていると、「良いカメラ持ってんな。ちょっと撮ってくれや。」って言われたのでパシャリ。<br />インドの方は撮ってもらうだけで満足って聞いたことあったけど、本当だった。写真を確認することなく、笑顔で去って行った。<br />少年。真っ直ぐ育てよ。おじさんは極東の島国から君の成長を見守ってるよ。

    ジョードプルの街を歩いていると、「良いカメラ持ってんな。ちょっと撮ってくれや。」って言われたのでパシャリ。
    インドの方は撮ってもらうだけで満足って聞いたことあったけど、本当だった。写真を確認することなく、笑顔で去って行った。
    少年。真っ直ぐ育てよ。おじさんは極東の島国から君の成長を見守ってるよ。

  • 宿泊先のルーフトップにて、メヘラーンガル砦を眺める。夕日が照らし、金色に輝くメヘラーンガル砦をずっと一人で眺めてた。<br />この時間は本当に幸せで、多分一生僕の記憶に残る瞬間の一つなんだろうと思う。

    宿泊先のルーフトップにて、メヘラーンガル砦を眺める。夕日が照らし、金色に輝くメヘラーンガル砦をずっと一人で眺めてた。
    この時間は本当に幸せで、多分一生僕の記憶に残る瞬間の一つなんだろうと思う。

  • 遥か西、ユーラシア大陸の最西端のポルトガル、ロカ岬に沈みゆく夕日とメヘラーンガル砦と一緒に自撮り。<br />僕史上、最高傑作の自撮り。遺影が後ろ姿で許されるなら、この写真を使いたい。<br /><br />この後、晩ごはんでインドの酒をたらふく飲んで、ベロンベロンになったまま夜は更けていった。

    遥か西、ユーラシア大陸の最西端のポルトガル、ロカ岬に沈みゆく夕日とメヘラーンガル砦と一緒に自撮り。
    僕史上、最高傑作の自撮り。遺影が後ろ姿で許されるなら、この写真を使いたい。

    この後、晩ごはんでインドの酒をたらふく飲んで、ベロンベロンになったまま夜は更けていった。

  • 翌朝は朝一で野犬に追いかけられた。<br />インドの野犬は狂犬病を持ってる可能性が高いので、命を賭けて走った。<br />ホテルの従業員は「この辺の犬は噛まねぇよ。」と言ってたけど、まあ十中八九嘘なんだろうと思う。<br />ともあれ、トゥクトゥクに乗りメヘラーンガル砦へ。<br /><br />以降、暫しメヘラーンガル砦の写真を。

    翌朝は朝一で野犬に追いかけられた。
    インドの野犬は狂犬病を持ってる可能性が高いので、命を賭けて走った。
    ホテルの従業員は「この辺の犬は噛まねぇよ。」と言ってたけど、まあ十中八九嘘なんだろうと思う。
    ともあれ、トゥクトゥクに乗りメヘラーンガル砦へ。

    以降、暫しメヘラーンガル砦の写真を。

  • メヘラーンガル砦は世界遺産級だけど、まだ個人の所有物なので世界遺産登録はされず。中は広大な敷地が広がってた。<br />途中、インド人の家族に写真撮影を頼まれる。<br />インドの西の端では、東洋人が珍しいみたい。

    メヘラーンガル砦は世界遺産級だけど、まだ個人の所有物なので世界遺産登録はされず。中は広大な敷地が広がってた。
    途中、インド人の家族に写真撮影を頼まれる。
    インドの西の端では、東洋人が珍しいみたい。

  • メヘラーンガル砦の先端から見た、ジョードプルの街並み。そう。ジョードプルは青の街。<br />こんなに綺麗な景色見たことない。<br />ワンピース、アラバスタのビビの髪が青いのはこの街の色が由来だとか。

    メヘラーンガル砦の先端から見た、ジョードプルの街並み。そう。ジョードプルは青の街。
    こんなに綺麗な景色見たことない。
    ワンピース、アラバスタのビビの髪が青いのはこの街の色が由来だとか。

  • 演出だけど、こんな人たちがいた。<br />最後の人には「日本人?タバコくれ。」って言われて5本くらい持ってかれた。<br />ジャパンのメンソールは気に入ったかな?

    演出だけど、こんな人たちがいた。
    最後の人には「日本人?タバコくれ。」って言われて5本くらい持ってかれた。
    ジャパンのメンソールは気に入ったかな?

  • メヘラーンガル砦建屋の内部。<br />中は豪華絢爛。<br />

    メヘラーンガル砦建屋の内部。
    中は豪華絢爛。

  • ワンピースに登場のラッスーのモデル。

    ワンピースに登場のラッスーのモデル。

  • メヘラーンガル砦散策後に宿泊先に戻る。<br />露店で昼ごはんを食べ、少し昼寝。

    メヘラーンガル砦散策後に宿泊先に戻る。
    露店で昼ごはんを食べ、少し昼寝。

  • 乗せてもらったトゥクトゥク。後部座席のおじさんが運転手。<br />英語の話せないおじさんだが、「良いもの飲ませてやる!」っておじさんの家から持って来てもらった茶色い液体(ブラックティーって言ってた。)を飲ませてもらう。<br />食道と身体中がカッカした。例えるなら、生姜湯の王のようなイメージ。<br />美味しくなかったけど、良い経験できた。おじさん、ありがとう。

    乗せてもらったトゥクトゥク。後部座席のおじさんが運転手。
    英語の話せないおじさんだが、「良いもの飲ませてやる!」っておじさんの家から持って来てもらった茶色い液体(ブラックティーって言ってた。)を飲ませてもらう。
    食道と身体中がカッカした。例えるなら、生姜湯の王のようなイメージ。
    美味しくなかったけど、良い経験できた。おじさん、ありがとう。

  • 宿泊先ルーフトップからの眺め。<br />この街の雰囲気が、なんとも好きだ。

    宿泊先ルーフトップからの眺め。
    この街の雰囲気が、なんとも好きだ。

  • 10月半ばでも最高気温が33℃くらいまで上がる。<br />タール砂漠の入口に位置するこの街は、感想してるので洗濯物乾きやすいだろなー。

    10月半ばでも最高気温が33℃くらいまで上がる。
    タール砂漠の入口に位置するこの街は、感想してるので洗濯物乾きやすいだろなー。

  • 夜のメヘラーンガル砦。ライトアップもされてすごく綺麗。この景色を見ながら、この日もインドの酒でベロンベロン。

    夜のメヘラーンガル砦。ライトアップもされてすごく綺麗。この景色を見ながら、この日もインドの酒でベロンベロン。

  • 宿泊先の店主と、トゥクトゥクのおじさんとの写真。<br />ジョードプルではもっといろいろあったけど、写真が残っていないため、この辺りでとどめる。<br /><br />必ずまた行く。人の優しい、景色の綺麗なジョードプル。<br />ありがとう。そして、いつかまた。

    宿泊先の店主と、トゥクトゥクのおじさんとの写真。
    ジョードプルではもっといろいろあったけど、写真が残っていないため、この辺りでとどめる。

    必ずまた行く。人の優しい、景色の綺麗なジョードプル。
    ありがとう。そして、いつかまた。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集