大宮旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2006年に開業した鉄道博物館。<br />博物館法第10条の博物館に登録されている格調高い「登録博物館」だそうです。<br /><br />初年度の入館者数は、予想の60万人に対し実際は100万人以上が入館したそうです。恐ろしや、鉄男くん・鉄子さん。<br /><br />鉄道博物館もすごいのですが、その途中の道にも様々なパネルやD51などの展示が続いています。<br /><br />展示品の中には、なかなか素晴らしいと思うものも多いので、旅行記にしてみました。<br /><br />

鉄道博物館は歩いて行こう

69いいね!

2020/02/15 - 2020/02/16

31位(同エリア772件中)

0

26

アンペルマン

アンペルマンさん

2006年に開業した鉄道博物館。
博物館法第10条の博物館に登録されている格調高い「登録博物館」だそうです。

初年度の入館者数は、予想の60万人に対し実際は100万人以上が入館したそうです。恐ろしや、鉄男くん・鉄子さん。

鉄道博物館もすごいのですが、その途中の道にも様々なパネルやD51などの展示が続いています。

展示品の中には、なかなか素晴らしいと思うものも多いので、旅行記にしてみました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 出発は大宮駅。<br />ここは中央コンコースです。<br />

    出発は大宮駅。
    ここは中央コンコースです。

  • 普通は、右側のニューシャトルに乗って鉄道博物館に行きます。<br />でも、大宮は鉄道の町なので、あちこちに鉄道の町らしい風景があります。<br /><br />歩いても20分くらいなので、そんな景色を眺めながら歩いてゆきます。<br />もちろん、駅前に出て歩く広い道もあります。<br />でも、今日はちょって違う道を歩きます。<br />まず、改札口の左側の歩道を歩いて、

    普通は、右側のニューシャトルに乗って鉄道博物館に行きます。
    でも、大宮は鉄道の町なので、あちこちに鉄道の町らしい風景があります。

    歩いても20分くらいなので、そんな景色を眺めながら歩いてゆきます。
    もちろん、駅前に出て歩く広い道もあります。
    でも、今日はちょって違う道を歩きます。
    まず、改札口の左側の歩道を歩いて、

  • ニューシャトルの軌道の下を潜って・・・、

    ニューシャトルの軌道の下を潜って・・・、

  • 新幹線のガード下の自転車置場の中を通って、<br />

    新幹線のガード下の自転車置場の中を通って、

  • 駐輪場の出口まで真っ直ぐ歩いて行くと、<br />大栄橋の途中に出ます。

    駐輪場の出口まで真っ直ぐ歩いて行くと、
    大栄橋の途中に出ます。

  • その大栄橋を右に行きます。<br /><br />まず、最初に見えるのは、大宮工場に行くための引込線です。<br /><br />

    その大栄橋を右に行きます。

    まず、最初に見えるのは、大宮工場に行くための引込線です。

  • さらに大栄橋の中央まで歩いてゆくと、大宮駅全景。<br />右側の建物が新幹線ホームです。<br />左側の手前には東武野田線のホームと電車も見えます。<br />新幹線の写真も撮りたかったのですが、写真を撮れる場所がありませんでした。

    さらに大栄橋の中央まで歩いてゆくと、大宮駅全景。
    右側の建物が新幹線ホームです。
    左側の手前には東武野田線のホームと電車も見えます。
    新幹線の写真も撮りたかったのですが、写真を撮れる場所がありませんでした。

  • 貨物列車も走っています。

    貨物列車も走っています。

  • Uターンして、右側には&quot;大宮工場&quot;。<br />左は新幹線の高架です。

    Uターンして、右側には"大宮工場"。
    左は新幹線の高架です。

  • 分かりにくいけど、車両が停車して修理をしています。

    分かりにくいけど、車両が停車して修理をしています。

  • 正面のビルの手前の交差点を右に曲がります。<br />高架のカーブは、ニューシャトルです。

    正面のビルの手前の交差点を右に曲がります。
    高架のカーブは、ニューシャトルです。

  • ここから鉄博まで歩いて15~6分です。<br />いろいろの展示物を見ながら歩いても30分位です。

    ここから鉄博まで歩いて15~6分です。
    いろいろの展示物を見ながら歩いても30分位です。

  • ところどころパネルが貼られていて、ストリートギャラリーになっています。

    ところどころパネルが貼られていて、ストリートギャラリーになっています。

  • 本物の蒸気機関車が展示されています。<br />

    本物の蒸気機関車が展示されています。

  • &quot;D51&quot;です。<br />この車両は、D51-187です。<br />&quot;D51-1&quot;、つまり、D51の1号機は京都鉄道博物館に保存され、準鉄道記念物に指定されているそうです。<br />また、&quot;きかんしゃトーマス&quot;にも、D51は&quot;ヒロ&quot;という名前で出てくるそうです。車体に51と書かれているそうです。

    "D51"です。
    この車両は、D51-187です。
    "D51-1"、つまり、D51の1号機は京都鉄道博物館に保存され、準鉄道記念物に指定されているそうです。
    また、"きかんしゃトーマス"にも、D51は"ヒロ"という名前で出てくるそうです。車体に51と書かれているそうです。

  • 日差しが強くて読みにくいですが、&quot;大宮総合車両センター&quot;の正門です。

    日差しが強くて読みにくいですが、"大宮総合車両センター"の正門です。

  • その先を少し行くと、電気機関車の展示。&quot;EF15&quot;です。<br /><br />と言っても、ここはマスクだけの展示です。<br />写真の後ろのところでカットされています。<br /><br />

    その先を少し行くと、電気機関車の展示。"EF15"です。

    と言っても、ここはマスクだけの展示です。
    写真の後ろのところでカットされています。

  • 隣に写っている&quot;EF58&quot;は、東海道本線の全線電化に伴い、&quot;特急つばめ&quot;として走っていた機関車だそうです。<br />車体の緑の塗色はフランス国鉄(=SNCF)の電気機関車の色をモデルにしたそうです。<br />愛称は、&quot;青大将&quot;。

    隣に写っている"EF58"は、東海道本線の全線電化に伴い、"特急つばめ"として走っていた機関車だそうです。
    車体の緑の塗色はフランス国鉄(=SNCF)の電気機関車の色をモデルにしたそうです。
    愛称は、"青大将"。

  • しばらく歩いたところから見える新幹線の高架。<br />普段よく見る在来線に比べるとデカいし高いし新幹線が走っても驚くほど静かです。

    しばらく歩いたところから見える新幹線の高架。
    普段よく見る在来線に比べるとデカいし高いし新幹線が走っても驚くほど静かです。

  • パネルを見ながら歩いて行くと、ほどなく鉄道博物館に到着します。

    パネルを見ながら歩いて行くと、ほどなく鉄道博物館に到着します。

  • 帰りに、大宮第二公園の梅林を見に行きました。<br />ここは、途中の踏切です。<br />

    帰りに、大宮第二公園の梅林を見に行きました。
    ここは、途中の踏切です。

  • 武蔵野の雑木林。<br />昔は、あちこちにこんな風景がありました。

    武蔵野の雑木林。
    昔は、あちこちにこんな風景がありました。

  • 大宮第二公園の梅林。<br />

    大宮第二公園の梅林。

  • 枝垂梅っていうのかな。

    枝垂梅っていうのかな。

  • 鮮やかな紅梅。

    鮮やかな紅梅。

  • 香りの白梅。<br /><br />咲いているところを撮影していますが、全体的には七分咲きくらいでした。<br />今頃は満開に咲いているかも。

    香りの白梅。

    咲いているところを撮影していますが、全体的には七分咲きくらいでした。
    今頃は満開に咲いているかも。

69いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

大宮の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集