楽山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めての四川省旅行、ANAの特典航空券で行ってきました。<br /><br /> <旅程><br />★10/17:富山-(飛)→羽田→成田-(飛)→成都双流空港(泊)<br />★10/18:成都双流空港-(高速鉄道)→楽山(3泊)<br />★(10/19:楽山大仏風景名勝区観光)<br /> (10/20:嘉陽小火車観光)<br /> 10/21:楽山-(高速鉄道)→峨眉山(2泊)<br /> (10/22:峨眉山風景名勝区観光)<br /> 10/23:峨眉山-(高速鉄道/地下鉄)→成都(泊)<br /> (大熊猫基地、寛窄巷子観光)<br /> 10/24:成都-(地下鉄)→成都双流空港-(飛)→成田(泊)<br /> 10/25:羽田-(飛)→富山<br /><br />写真はノホホンとした顔つきで鎮座する、巨大な楽山大仏像の頭部。人の大きさと比較してその巨大さが分かります。

初めての四川省(1)デカかったー!楽山大仏(2019年10月)

5いいね!

2019/10/17 - 2019/10/19

59位(同エリア100件中)

0

58

ふーてんナッツ

ふーてんナッツさん

初めての四川省旅行、ANAの特典航空券で行ってきました。

 <旅程>
★10/17:富山-(飛)→羽田→成田-(飛)→成都双流空港(泊)
★10/18:成都双流空港-(高速鉄道)→楽山(3泊)
★(10/19:楽山大仏風景名勝区観光)
 (10/20:嘉陽小火車観光)
 10/21:楽山-(高速鉄道)→峨眉山(2泊)
 (10/22:峨眉山風景名勝区観光)
 10/23:峨眉山-(高速鉄道/地下鉄)→成都(泊)
 (大熊猫基地、寛窄巷子観光)
 10/24:成都-(地下鉄)→成都双流空港-(飛)→成田(泊)
 10/25:羽田-(飛)→富山

写真はノホホンとした顔つきで鎮座する、巨大な楽山大仏像の頭部。人の大きさと比較してその巨大さが分かります。

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 10/17、富山から羽田~成田空港と移動して来て17:25発の成都双流空港行きのNH947便に乗り込みます。<br />航空券はANA特典航空券で富山~羽田、成田~成都往復の4便で20,000マイル+税金,諸費用14,310円でした。

    10/17、富山から羽田~成田空港と移動して来て17:25発の成都双流空港行きのNH947便に乗り込みます。
    航空券はANA特典航空券で富山~羽田、成田~成都往復の4便で20,000マイル+税金,諸費用14,310円でした。

  • 成都空港到着時刻が22:25と遅いので、この日は空港に近いホテルに1泊する事にしました。<br />国際線の第1ターミナルから歩いて15分くらい。

    成都空港到着時刻が22:25と遅いので、この日は空港に近いホテルに1泊する事にしました。
    国際線の第1ターミナルから歩いて15分くらい。

  • 翌10/18朝のホテルの朝食その1。

    翌10/18朝のホテルの朝食その1。

  • 朝食その2。

    朝食その2。

  • ホテルをチェックアウトして、無料シャトルバスで第2ターミナルにある高速鉄道駅まで送ってもらう。<br />中国の大抵の空港には高速鉄道駅が直結しているので、本当に便利です。

    ホテルをチェックアウトして、無料シャトルバスで第2ターミナルにある高速鉄道駅まで送ってもらう。
    中国の大抵の空港には高速鉄道駅が直結しているので、本当に便利です。

  • 窓口で日本から予約していった3枚の高速鉄道の切符を受け取る。<br />・双流空港→楽山 1等席:1,415円<br />・楽山→峨眉山  2等席:476円<br />・峨眉山→双流空港 2等席:1,165円<br />手数料含めてこの値段、安くて早くてとても便利。

    窓口で日本から予約していった3枚の高速鉄道の切符を受け取る。
    ・双流空港→楽山 1等席:1,415円
    ・楽山→峨眉山  2等席:476円
    ・峨眉山→双流空港 2等席:1,165円
    手数料含めてこの値段、安くて早くてとても便利。

  • プラットホームは地下にありました。<br />11:41発C6267便に乗り込みます。

    プラットホームは地下にありました。
    11:41発C6267便に乗り込みます。

  • 1時間ほどで楽山駅に到着です。

    1時間ほどで楽山駅に到着です。

  • この列車の連結部。

    この列車の連結部。

  • 連結の方式は勿論日本の新幹線とは違う様です。

    連結の方式は勿論日本の新幹線とは違う様です。

  • 楽山高速鉄道駅の外観。<br />楽山は想像以上に大きな都会でした。

    楽山高速鉄道駅の外観。
    楽山は想像以上に大きな都会でした。

  • 駅から北へ歩いて20分くらいかけて、真新しい楽山汽車旅運中心駅(バスターミナル)にやって来ました。<br />ここに来た目的は、義陽小火車(小型蒸気機関車)方面のバスがここから出るという百度の中国人の書き込みを見たので、本当なのか確かめる為。

    駅から北へ歩いて20分くらいかけて、真新しい楽山汽車旅運中心駅(バスターミナル)にやって来ました。
    ここに来た目的は、義陽小火車(小型蒸気機関車)方面のバスがここから出るという百度の中国人の書き込みを見たので、本当なのか確かめる為。

  • 分かりづらいですが、確かに電光掲示板に義陽小火車近辺の”犍為”行きのバスが有りました。<br />始発が7:40で、その後50分毎に有るようです。

    分かりづらいですが、確かに電光掲示板に義陽小火車近辺の”犍為”行きのバスが有りました。
    始発が7:40で、その後50分毎に有るようです。

  • 良かったーと心の中で安堵しながら、一旦路線バスで予約していたホテルに行ってチェックイン。

    良かったーと心の中で安堵しながら、一旦路線バスで予約していたホテルに行ってチェックイン。

  • ホテルに荷物を置いて、今度は「歩き方」に載っていた東部の別のバスターミナルへも行ってみる。ここから嘉陽小火車方面のバスが出ているという事だったが、、、、

    ホテルに荷物を置いて、今度は「歩き方」に載っていた東部の別のバスターミナルへも行ってみる。ここから嘉陽小火車方面のバスが出ているという事だったが、、、、

  • 窓口で聞いてみるとここからはその方面へのバスはもう出ていない様でした。<br />中国の変化が早すぎて、日本のガイドブックが追いついていない様です。

    窓口で聞いてみるとここからはその方面へのバスはもう出ていない様でした。
    中国の変化が早すぎて、日本のガイドブックが追いついていない様です。

  • そこからの帰りの途中に楽山広場に寄ってみる。

    そこからの帰りの途中に楽山広場に寄ってみる。

  • 楽山広場の様子。

    楽山広場の様子。

  • 夕食はホテル近くの中華料理店で。<br />左側の茄子の入った肉野菜炒めが今回の旅行中食べた料理の中で一番美味しかった。

    夕食はホテル近くの中華料理店で。
    左側の茄子の入った肉野菜炒めが今回の旅行中食べた料理の中で一番美味しかった。

  • 翌10/19のホテルの朝食。

    翌10/19のホテルの朝食。

  • 路線バスで楽山大仏風景名勝区へ向かいます。<br />路線バスはどこも1元なのでお財布に優しい。

    路線バスで楽山大仏風景名勝区へ向かいます。
    路線バスはどこも1元なのでお財布に優しい。

  • 楽山大仏風景名勝区に到着して、チケット売り場の窓口でパスポートを見せて半票(老人用半額券)を買おうとしたら、なんと60歳以上は無料との事で無料入場券が貰えた!

    楽山大仏風景名勝区に到着して、チケット売り場の窓口でパスポートを見せて半票(老人用半額券)を買おうとしたら、なんと60歳以上は無料との事で無料入場券が貰えた!

  • ここから入ります。

    ここから入ります。

  • 入って暫くは上りの階段を登ります。

    入って暫くは上りの階段を登ります。

  • 岷江と赤い壁面との間の小道を進みます。

    岷江と赤い壁面との間の小道を進みます。

  • 左手に凌雲寺が見えてきたので、入ってみました。<br />境内の中はいくつかの建物があって結構広いです。

    左手に凌雲寺が見えてきたので、入ってみました。
    境内の中はいくつかの建物があって結構広いです。

  • 詳しい事はわかりませんが、何かとても恐れ多い様な感じがしました。

    詳しい事はわかりませんが、何かとても恐れ多い様な感じがしました。

  • また、この中に鎮座していた、

    また、この中に鎮座していた、

  • この像にしばし見惚れてしまいました。

    イチオシ

    この像にしばし見惚れてしまいました。

  • この建物の中では、

    この建物の中では、

  • 大勢の修行僧と思われる方々がお経を読んでおられました。

    大勢の修行僧と思われる方々がお経を読んでおられました。

  • さらに少し離れたところから階段を上がって、霊宝塔へ。

    さらに少し離れたところから階段を上がって、霊宝塔へ。

  • 唐代に建てられて、高さが29.29メートルあるそうな。

    唐代に建てられて、高さが29.29メートルあるそうな。

  • これは郭 沫若という中国の文学者、歴史・政治家像。

    これは郭 沫若という中国の文学者、歴史・政治家像。

  • ここからの眺め。<br />左が大渡河、右が岷江。

    ここからの眺め。
    左が大渡河、右が岷江。

  • さて、凌雲寺を出ると対面がもう大仏の後頭部です。<br />大仏の左側に回ってパチリ。

    さて、凌雲寺を出ると対面がもう大仏の後頭部です。
    大仏の左側に回ってパチリ。

  • その崖から、下の方に降りるのに長ーい行列が出来ていました。<br /><br />うわぁ、アリンコの様な沢山の人の列!<br />大仏の全体像を見るには、下に降りなければなりません。なのでこの列に並ぶしかありません。

    その崖から、下の方に降りるのに長ーい行列が出来ていました。

    うわぁ、アリンコの様な沢山の人の列!
    大仏の全体像を見るには、下に降りなければなりません。なのでこの列に並ぶしかありません。

  • 凌雲寺を見る前に並ぶべきでした。<br />折角ここまで来たのだからと、意を決して行列に並ぶ。

    凌雲寺を見る前に並ぶべきでした。
    折角ここまで来たのだからと、意を決して行列に並ぶ。

  • 降りる階段のところまで来るのに1時間くらいかかりました。

    降りる階段のところまで来るのに1時間くらいかかりました。

  • やっと全体像が見えて来た。

    やっと全体像が見えて来た。

  • 足の部分は新しく作られた様で、色が違う。

    足の部分は新しく作られた様で、色が違う。

  • 1時間40分くらいかかって、やっと下に降りれました。

    1時間40分くらいかかって、やっと下に降りれました。

  • 記念写真をパチリ。

    記念写真をパチリ。

  • 船上からも大勢の見物客が来ていました。<br />こっちの方が楽でしたね。

    船上からも大勢の見物客が来ていました。
    こっちの方が楽でしたね。

  • さて、帰るのがまた一苦労。

    さて、帰るのがまた一苦労。

  • 今度は階段を登ります。

    今度は階段を登ります。

  • 途中にあったガイド地図をパチリ。<br />バス停までかなり距離はあるが、頑張って歩きます。

    途中にあったガイド地図をパチリ。
    バス停までかなり距離はあるが、頑張って歩きます。

  • 途中に、麻浩漁村という所を通りました。<br />なかなか昔の風情がありました。

    途中に、麻浩漁村という所を通りました。
    なかなか昔の風情がありました。

  • 出店で豆腐脳と王老吉という清涼飲料水を頂く。

    出店で豆腐脳と王老吉という清涼飲料水を頂く。

  • またしばらく歩き、麻浩崖墓というところに到着。

    またしばらく歩き、麻浩崖墓というところに到着。

  • 発掘された棺や像などが展示されていました。

    発掘された棺や像などが展示されていました。

  • 発掘場所。

    発掘場所。

  • 兎に角、途中に橋あり、

    兎に角、途中に橋あり、

  • 川あり、

    川あり、

  • 山あり、

    山あり、

  • 寺ありで結構見どころ満載でした。

    寺ありで結構見どころ満載でした。

  • ようやく路線バスのバス停にたどり着きホテルへ。<br />

    ようやく路線バスのバス停にたどり着きホテルへ。

  • 夕食は昨日行ったお店に行ったけれど、人が一杯で入れませんでした。<br />やむなくホテルの部屋でカップ麺とビールつまみ類で済ます。<br /><br />今日1日歩き疲れたけれど、充実した日でした。

    夕食は昨日行ったお店に行ったけれど、人が一杯で入れませんでした。
    やむなくホテルの部屋でカップ麺とビールつまみ類で済ます。

    今日1日歩き疲れたけれど、充実した日でした。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集