草津温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
草津好きの仲間とまた4人で草津温泉<br /><br />湯めぐりを楽しみました

温泉三昧の旅(草津温泉)

65いいね!

2019/07/20 - 2019/07/21

46位(同エリア1330件中)

0

100

tomoko.s

tomoko.sさん

草津好きの仲間とまた4人で草津温泉

湯めぐりを楽しみました

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
友人
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 箱島不動尊のお堂脇にある、樹齢400年とも言われる町の天然記念物「箱島不動堂の大杉」。<br /><br />その根元からこんこんと湧き出るこの湧水は、日量約3万トンもの豊富な湧出量を誇っています。<br /><br />良質の水は鳴沢川となり町内の飲料水、農業用水、養鱒場用水として利用されています。<br /><br />下流ではホタルが生息し、6月~7月下旬ごろ見頃となります。<br />

    箱島不動尊のお堂脇にある、樹齢400年とも言われる町の天然記念物「箱島不動堂の大杉」。

    その根元からこんこんと湧き出るこの湧水は、日量約3万トンもの豊富な湧出量を誇っています。

    良質の水は鳴沢川となり町内の飲料水、農業用水、養鱒場用水として利用されています。

    下流ではホタルが生息し、6月~7月下旬ごろ見頃となります。

  • 看板から少し歩きました

    看板から少し歩きました

  • 水量がすごいです

    水量がすごいです

  • 箱島湧水と榛名湖はつながっている、という伝説<br /><br />その昔、原町の善導寺に第二世「円光上人」という人物がいた。そこへ怨敵に追われた木部宮内少輔の「北の方」(円光上人の母)が突然訪れ、よもやま話をしていた。<br />  円光上人は母が追われている身とは知らず、何気なく別れを告げたが、それが最後の別れとなり、「北の方」は『息子に会えてもう思い残すことはない』と榛名湖へ向かい、待女とともに入水して果ててしまった。<br />  その後、榛名湖には大蛇が棲むという話が取り沙汰され、大蛇は「北の方」の化身だと思われるようになった。<br />  そこで、供養のために、「北の方」の位牌を榛名湖へ沈めたところ、その位牌がここ箱島の湧水から出てきたという。<br />  この位牌は、今もなお箱島不動尊に納められている。<br />

    箱島湧水と榛名湖はつながっている、という伝説

    その昔、原町の善導寺に第二世「円光上人」という人物がいた。そこへ怨敵に追われた木部宮内少輔の「北の方」(円光上人の母)が突然訪れ、よもやま話をしていた。
     円光上人は母が追われている身とは知らず、何気なく別れを告げたが、それが最後の別れとなり、「北の方」は『息子に会えてもう思い残すことはない』と榛名湖へ向かい、待女とともに入水して果ててしまった。
     その後、榛名湖には大蛇が棲むという話が取り沙汰され、大蛇は「北の方」の化身だと思われるようになった。
     そこで、供養のために、「北の方」の位牌を榛名湖へ沈めたところ、その位牌がここ箱島の湧水から出てきたという。
     この位牌は、今もなお箱島不動尊に納められている。

    箱島湧水 自然・景勝地

  • 湧水の径

    湧水の径

  • 箱島湧水は群馬県吾妻郡東吾妻町にあり、昭和60年(1985年)に名水百選に選ばれています。湧水量は1日3万トンもあり、榛名湖(はるなこ)の水が湧出するものと伝えられています。<br /><br />湧き出した水は高さ12m・幅7mの山雀(やまがら)の瀑と呼ばれる滝となって流れ落ち、鳴沢川(なるさわがわ)となって、飲料水、農業用水、養鱒場用水、県水産試験場用水として利用されています。<br />

    箱島湧水は群馬県吾妻郡東吾妻町にあり、昭和60年(1985年)に名水百選に選ばれています。湧水量は1日3万トンもあり、榛名湖(はるなこ)の水が湧出するものと伝えられています。

    湧き出した水は高さ12m・幅7mの山雀(やまがら)の瀑と呼ばれる滝となって流れ落ち、鳴沢川(なるさわがわ)となって、飲料水、農業用水、養鱒場用水、県水産試験場用水として利用されています。

  • 階段を上がるとお参りするところがあります

    階段を上がるとお参りするところがあります

  • 狛犬もいます<br /><br />面白い顔をしています

    狛犬もいます

    面白い顔をしています

  • 左右の杉の木がすごいです

    左右の杉の木がすごいです

  • 休憩所

    休憩所

  • 湧水とは思えない

    湧水とは思えない

  • 箱島不動堂の大杉

    箱島不動堂の大杉

  • 移動して 吾妻川の方の田んぼにきました

    移動して 吾妻川の方の田んぼにきました

  • 道に歩いています

    道に歩いています

  • 可愛い顔

    可愛い顔

  • この前までおたまじゃくしだったらしい

    この前までおたまじゃくしだったらしい

  • 雨蛙 葉っぱにいっぱいくっついていました

    雨蛙 葉っぱにいっぱいくっついていました

  • あづま親水公園<br /><br />この池にはたくさんの鯉がいます

    あづま親水公園

    この池にはたくさんの鯉がいます

  • 前来たときは6月 今回は紫陽花が少ないです

    前来たときは6月 今回は紫陽花が少ないです

  • 山肌がすごい

    山肌がすごい

  • トイレ休憩<br /><br />無人駅なのにトイレがきれい

    トイレ休憩

    無人駅なのにトイレがきれい

    岩島駅

  • 当分電車はきません<br />見れたら奇跡

    当分電車はきません
    見れたら奇跡

  • 八ツ場ダム見学

    八ツ場ダム見学

  • 八ッ場ダムは1949年、今から約70年も前に建設計画が発表されていましたが、様々な障害があり建設が何度も延期になっていました。<br /><br />2015年から建設工事が本格的に始まり、来年2019年度中に完成予定となっています。現在、首都圏で唯一の建設中のダム<br />

    八ッ場ダムは1949年、今から約70年も前に建設計画が発表されていましたが、様々な障害があり建設が何度も延期になっていました。

    2015年から建設工事が本格的に始まり、来年2019年度中に完成予定となっています。現在、首都圏で唯一の建設中のダム

  • ここは沈んでしまします

    ここは沈んでしまします

  • 八ッ場ダムは、吾妻川の中流に位置する名勝・吾妻渓谷に1952年、国によって計画されました。1967年以来、事業費が投じられ、1986年に基本計画が公示されました。1994年から道路等の付帯工事が開始され、2015年にようやく本体工事が始まりました。ダム事業予算の9割以上を費やす関連工事終了の見通しは立っていません。<br /><br />吾妻渓谷を流れる吾妻川は、群馬県と長野県との県境にある鳥居峠に発し、浅間山、草津白根の山麓の水を集め、関東平野の入り口(群馬県渋川市)で利根川に流れ込む利根川の支流です。関東地方を貫く利根川の洪水調節と利根川下流域の都市用水の供給を目的として進められてきた八ッ場ダム事業―これはまさに首都圏の水問題なのです。<br />

    八ッ場ダムは、吾妻川の中流に位置する名勝・吾妻渓谷に1952年、国によって計画されました。1967年以来、事業費が投じられ、1986年に基本計画が公示されました。1994年から道路等の付帯工事が開始され、2015年にようやく本体工事が始まりました。ダム事業予算の9割以上を費やす関連工事終了の見通しは立っていません。

    吾妻渓谷を流れる吾妻川は、群馬県と長野県との県境にある鳥居峠に発し、浅間山、草津白根の山麓の水を集め、関東平野の入り口(群馬県渋川市)で利根川に流れ込む利根川の支流です。関東地方を貫く利根川の洪水調節と利根川下流域の都市用水の供給を目的として進められてきた八ッ場ダム事業―これはまさに首都圏の水問題なのです。

  • 八ッ場ダム見に来るのは二度目

    八ッ場ダム見に来るのは二度目

  • ダムの底に沈んでしまうところをみるとなんだか寂しいです

    ダムの底に沈んでしまうところをみるとなんだか寂しいです

  • 草津に着いて 荷物をホテルに置き 翁の湯へ

    草津に着いて 荷物をホテルに置き 翁の湯へ

  • 脱衣所

    脱衣所

  • 光泉寺を通り抜けて

    光泉寺を通り抜けて

    光泉寺 寺・神社

  • 光泉寺の鐘

    光泉寺の鐘

  • 階段を降りて

    階段を降りて

  • 湯畑に到着

    湯畑に到着

    湯畑 自然・景勝地

  • 昼間の湯畑

    昼間の湯畑

    湯畑 自然・景勝地

  • ライトアップがないと物足りないな

    ライトアップがないと物足りないな

  • 龍燕で昼食

    龍燕で昼食

    龍燕 グルメ・レストラン

    中華ならここ by tomoko.sさん
  • シュウマイ 大きくてふわふわで美味しい

    シュウマイ 大きくてふわふわで美味しい

  • きゅうりと豚肉の炒め物

    きゅうりと豚肉の炒め物

  • 春巻き

    春巻き

  • 野菜炒め

    野菜炒め

  • レバー にら タケノコの炒め物<br />

    レバー にら タケノコの炒め物

  • お店から湯畑を撮影

    お店から湯畑を撮影

  • 眺めが良い

    眺めが良い

  • 食後に 白嶺の湯へ

    食後に 白嶺の湯へ

  • 新しくておむつ替えの台もあります

    新しくておむつ替えの台もあります

  • 建物も綺麗 

    建物も綺麗 

  • 紫陽花もきれい

    紫陽花もきれい

  • 次は地蔵の湯へ<br /><br /> お湯が熱かった

    次は地蔵の湯へ

     お湯が熱かった

    地蔵の湯 温泉

  • 地蔵の湯の前に源泉があります

    地蔵の湯の前に源泉があります

  • 源泉が近いから熱いのかな

    源泉が近いから熱いのかな

  • 地蔵尊

    地蔵尊

  • 可愛いお地蔵さん

    可愛いお地蔵さん

  • 2体は目洗い地蔵なのかな

    2体は目洗い地蔵なのかな

  • 次は長寿乃湯へ

    次は長寿乃湯へ

  • 夕食はバイキング

    夕食はバイキング

    アルペンローゼ 売店 グルメ・レストラン

  • サラダ

    サラダ

  • ビーフステーキ<br /><br />バイキング ビーフ ポーク チキン 食べ放題

    ビーフステーキ

    バイキング ビーフ ポーク チキン 食べ放題

  • ポークステーキ

    ポークステーキ

  • 紫芋のスープ

    紫芋のスープ

  • 夕食後は また温泉へ

    夕食後は また温泉へ

  • 露天風呂がなくて残念

    露天風呂がなくて残念

  • 脱衣所

    脱衣所

  • 洗面台

    洗面台

  • 翌日の朝食

    翌日の朝食

  • 西の河原公園<br /><br />トイレが新しくなりました

    西の河原公園

    トイレが新しくなりました

    西の河原公園 公園・植物園

  • これから向かいます

    これから向かいます

  • ●西の河原公園 【湯畑から徒歩10分】 湯畑と並んで草津の人気スポット<br />面積8.5平方キロメートル PH1.62 <br />湯畑からお土産屋・饅頭屋などが並び観光客でにぎわう西の河原通りを過ぎると溶岩がゴロゴロ転がり、煙がもうもうと上がる荒涼とした河原に行き着く。園内に流れる湯川にそって至る所から50度以上の温泉が毎分1万5千リットル湧き出している。<br />強い酸性の温泉の為、河原に草木は育たない。その為、別名「賽の河原・鬼の泉水」と呼ばれる。昔は、何人もここへ来たら大声を出してはならないと言われていた。しかし湯川にはマリゴケという珍しいコケが生育している。園内には石畳で歩きやすく遊歩道が整備されている。途中には「瑞祥の池」や「琥珀の池」など、エメラルドグリーンの美しい輝きを放つ温泉の池がある。そしてドイツ人医学者ベルツ博士と、その共同研究者スクリバ博士の胸像がある。彼らが草津の温泉と環境を世界に広めた日本近代医学の先駆者である。またその奥には草津の歴史や自然をパネルや模型で紹介するビジターセンターがある。また斎藤茂吉や水原秋桜子が草津を詠んだ、歌や俳句が刻まれた石碑も見所。遊歩道を更に進んだ奥には総面積500平方メートルの西の河原露天風呂がある。一言で「池」のような広大な露天風呂に是非入浴して欲しい。特に夜はライトアップされ、星空を眺めながの入浴は最高。

    ●西の河原公園 【湯畑から徒歩10分】 湯畑と並んで草津の人気スポット
    面積8.5平方キロメートル PH1.62
    湯畑からお土産屋・饅頭屋などが並び観光客でにぎわう西の河原通りを過ぎると溶岩がゴロゴロ転がり、煙がもうもうと上がる荒涼とした河原に行き着く。園内に流れる湯川にそって至る所から50度以上の温泉が毎分1万5千リットル湧き出している。
    強い酸性の温泉の為、河原に草木は育たない。その為、別名「賽の河原・鬼の泉水」と呼ばれる。昔は、何人もここへ来たら大声を出してはならないと言われていた。しかし湯川にはマリゴケという珍しいコケが生育している。園内には石畳で歩きやすく遊歩道が整備されている。途中には「瑞祥の池」や「琥珀の池」など、エメラルドグリーンの美しい輝きを放つ温泉の池がある。そしてドイツ人医学者ベルツ博士と、その共同研究者スクリバ博士の胸像がある。彼らが草津の温泉と環境を世界に広めた日本近代医学の先駆者である。またその奥には草津の歴史や自然をパネルや模型で紹介するビジターセンターがある。また斎藤茂吉や水原秋桜子が草津を詠んだ、歌や俳句が刻まれた石碑も見所。遊歩道を更に進んだ奥には総面積500平方メートルの西の河原露天風呂がある。一言で「池」のような広大な露天風呂に是非入浴して欲しい。特に夜はライトアップされ、星空を眺めながの入浴は最高。

  • 足湯

    足湯

  • 坂道を上って

    坂道を上って

  • 草津穴守稲荷神社

    草津穴守稲荷神社

  • 縁結地蔵尊

    縁結地蔵尊

  • 前来たときはなかったような

    前来たときはなかったような

  • これも新しくできました

    これも新しくできました

  • 逆から撮影

    逆から撮影

  • 池がたくさんあります

    池がたくさんあります

  • ヤマアジサイ

    ヤマアジサイ

  • 露天風呂の手前に足湯があります

    露天風呂の手前に足湯があります

  • 休憩所

    休憩所

  • 高いところにある地蔵尊

    高いところにある地蔵尊

  • この上が露天風呂です

    この上が露天風呂です

  • いろいろあります

    いろいろあります

  • 到着

    到着

    西の河原露天風呂 温泉

    大きくて素晴らしい露天風呂 by tomoko.sさん
  • かわった花です

    かわった花です

  • 熱めなので長湯ができません

    熱めなので長湯ができません

    西の河原露天風呂 温泉

    大きくて素晴らしい露天風呂 by tomoko.sさん
  • 女湯入口

    女湯入口

  • 中は広いです

    中は広いです

  • なんていう花なのか気になる

    なんていう花なのか気になる

  • 露天風呂を出て お饅頭を買いに向かいました

    露天風呂を出て お饅頭を買いに向かいました

  • ガラス工房

    ガラス工房

    草津ガラス蔵1号館 グルメ・レストラン

  • おまんじゅうやさんに着きました

    おまんじゅうやさんに着きました

  • 帰り道 不動の滝に寄りました

    帰り道 不動の滝に寄りました

    不動の滝 自然・景勝地

  • 吾妻川に流れ込む不動沢に懸かる滝。3段になって落下する落差90mの緑に覆われた黒い岩壁を白糸のような水が流れ落ちる様は優美。不動大橋からは滝のほぼ全景を見ることができる。

    吾妻川に流れ込む不動沢に懸かる滝。3段になって落下する落差90mの緑に覆われた黒い岩壁を白糸のような水が流れ落ちる様は優美。不動大橋からは滝のほぼ全景を見ることができる。

    不動の滝 自然・景勝地

  • パワースポット

    パワースポット

  • 説明がありました

    説明がありました

  • 滝の反対側を不動大橋から眺めました

    滝の反対側を不動大橋から眺めました

  • ここはダムの底に沈みます

    ここはダムの底に沈みます

  • 遠くに八ッ場ダムが見えます

    遠くに八ッ場ダムが見えます

  • 不動の滝のところに建物があります

    不動の滝のところに建物があります

  • 駒寄PAで昼食<br /><br />かき揚げそばを食べました<br /><br />帰路について解散

    駒寄PAで昼食

    かき揚げそばを食べました

    帰路について解散

    ROYAL 駒寄パーキングエリア店 グルメ・レストラン

65いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

草津温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集