チュニス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
チュニジアツアー。<br />情勢不安からしばらく、行けなかったが、昨年解禁になりました。<br />チュニジアの世界遺産の8つ全て回る阪急交通社のツアーに参加してきました。<br /><br />Day 1,2<br />ほぼ予定通りに関空出発して、11時間のフライトで、ドバイ経由して、チュニスへ。<br /><br />チュニスの国際空港は、小さいけど、荷物がなかなかでで来ないので、先に両替20ドルしました。<br />約60ディナールになりました。<br /><br />Day 3<br /><br />今日は3つの世界遺産を回ります。<br />まず最初はケロアン。<br /><br />ケロアンのホテルの目の前にアグラブ朝の貯水池があります。<br /> 9世紀に作られた物が現在4つ残っており、現在も改修はされているが、利用されているようです。<br /><br />次はシディ・サハブ<br />7世紀に建てられ、アブ・ザマ・エル・ベラウィが眠る。<br /><br />次は北アフリカ最古のグランドモスク。<br />670年に当時の権力者のウクバにより建立。<br />中庭は、緩やかに傾斜があり、中庭の真ん中に濾過設備もあり、地下に雨水を貯める貯水槽があり非常によく考えられている。<br /><br />バスで少し移動し、次はエルジェム観光。<br />円形競技場は、イタリアローマのコロセウムが有名だが、ここ、エルジェムのコロセウムは2世紀に建てられ、規模は小さいが、保存状態はかなり良く、地下の施設も残っており、美しい。<br /><br />今日最後はスース旧市街観光。<br />メディナと呼ばれる旧市街には、服や雑貨の店が並んでおり、一角にグランドモスクとリバトと呼ばれる<br /><br />スースはオリーブの町というだけあり、町を出ると、オリーブばかりです。<br /><br />ay 4<br />今日は180㎞離れた世界遺産のドゥッガ遺跡です。<br /><br />チュニジアのローマ都市遺跡の中で規模も保存状態の最も良い遺跡。<br />標高600㍍の丘の上にある。<br /><br />3500人収容出来た、劇場<br /><br />ギリシャのパルテノン神殿を小さくしたようなキャピトル。<br /><br />ローマ人の住宅やリキニアの浴場やトイレなど、当時の生活を想像出来る。<br /><br />Day 5<br /><br />スースの宿から、100㎞離れたナブールに向かいます。<br /><br />高速沿いの電柱の上にコウノトリの巣あり、つがいでいるのも何度か見えました。<br /><br />ナブールはボン岬半島の中心の都市で陶器の名産地で有名です。<br /><br />旧市街の門を抜けると、中はお土産屋さんが並んでいます。<br />陶器の町なので、陶器製の物が多いです。<br /><br />ナブールから60㎞のケリビアへ。<br />ケリビアは、ボン岬半島の北東にある、チュニジア有数の歴史ある港町すで。<br />ここの丘の上に、6~7世紀のビザンチンの時代から城塞が作られるようになり、増改築を繰り返しながら、今の形になった。<br /><br />ボン岬の方の海沿いのレストランで、ランチの後、ケルクアン遺跡へ。<br /><br />ここは古代ポエニ時代の都市遺跡。<br />紀元前6~紀元前2世紀の遺跡のようで、家族ごとにお風呂があり、排水設備も残っている。<br />思ったより、広い遺跡で、1985年に世界遺産登録された。<br />にしては、人も少なく、うちのツアー以外のお客さんは、ほとんど居なかった。<br /><br />今日の宿はチュニジアの首都のチュニスにある、<br />ホテルアフリカ。<br />古いけど、14階で眺めも良さそう!<br /><br />Day 6<br /><br />今日はチュニスの旧市街から観光します。<br /><br />ホテルの前が、チュニスのメインストリート、ブルギバ通りで、すぐに時計塔があります。<br />ここから歩いて大聖堂の前を通り、メインゲートのフランス門を越えると、旧市街に入ります。<br /><br />ここからメディナのメインストリートを通って、グランドモスクがあり、スークに出ます。<br />スークを抜けて、カスバ広場に出て、旧市街観光は終わり。<br /><br />チュニスから、65㎞移動し、イシュケウル国立公園に行きます。<br />ここは、チュニジア唯一の自然遺産であり、1980年に世界遺産登録された。<br />過去には、フラミンゴの大群が押し寄せていたようだが、近年はすっかり減ってしまったようです。<br />景色は綺麗だが、これとこれといった目玉もなく、ふーんて感じのところでした。<br />この辺りはアラビア語とフランス語だけの案内も多く、何か分からない看板も多いです。<br /><br />次はアフリカ最北端に近い、ビゼルトの町に行きます。<br />ビゼルトの旧港には、カラフルな小舟が泊まり、そこの舟型のレストランで、食事しました。<br />その後、カスバ内の旧市街を観光したあと、90㎞離れた、シティブサイドへ。<br /><br />ここは、白い壁とチュニジアンブルーのコントラストが美しい街並みで、メントティを飲んで、写真を撮りました。<br /><br />このあと、近くのスーパーで、買い物したあと、レストランで、食事して、今日の観光も終わりです。<br /><br />Day 7-8<br /><br />カルタゴ遺跡。<br />1979年に世界遺産登録されました。<br /><br /> ホテルから30分ほどで、到着!<br />まずはビュルサの丘です。<br />丘の上に教会があり、その回りに遺跡が点在しています。<br />カルタゴ博物館は、リニューアル中で、お休みでした。<br />カルタゴ遺跡は、広いので、途中数分のバスです。<br />次はローマ以前のカルタゴの面影を残す、トフェ。ハモン神とタニト神が、祀られています。<br />古代カルタゴの港を見た後、最後の観光のアントニヌスの共同浴場。<br />かなり大きな建物であったことが想像されます。<br />古代ローマの時代には、共同浴場はまた違った意味合いも持っていたのでしょう。 <br />そのほか古代ローマ人の住居跡、ローマ劇場、円形競技場などがあります。<br />これでチュニジアの観光は終わり、空港に向かいます。<br /><br />ドバイ経由で関空へ戻りました。

チュニジア旅行記2019

3いいね!

2018/12/31 - 2019/01/06

238位(同エリア369件中)

0

30

はっせ

はっせさん

チュニジアツアー。
情勢不安からしばらく、行けなかったが、昨年解禁になりました。
チュニジアの世界遺産の8つ全て回る阪急交通社のツアーに参加してきました。

Day 1,2
ほぼ予定通りに関空出発して、11時間のフライトで、ドバイ経由して、チュニスへ。

チュニスの国際空港は、小さいけど、荷物がなかなかでで来ないので、先に両替20ドルしました。
約60ディナールになりました。

Day 3

今日は3つの世界遺産を回ります。
まず最初はケロアン。

ケロアンのホテルの目の前にアグラブ朝の貯水池があります。
9世紀に作られた物が現在4つ残っており、現在も改修はされているが、利用されているようです。

次はシディ・サハブ
7世紀に建てられ、アブ・ザマ・エル・ベラウィが眠る。

次は北アフリカ最古のグランドモスク。
670年に当時の権力者のウクバにより建立。
中庭は、緩やかに傾斜があり、中庭の真ん中に濾過設備もあり、地下に雨水を貯める貯水槽があり非常によく考えられている。

バスで少し移動し、次はエルジェム観光。
円形競技場は、イタリアローマのコロセウムが有名だが、ここ、エルジェムのコロセウムは2世紀に建てられ、規模は小さいが、保存状態はかなり良く、地下の施設も残っており、美しい。

今日最後はスース旧市街観光。
メディナと呼ばれる旧市街には、服や雑貨の店が並んでおり、一角にグランドモスクとリバトと呼ばれる

スースはオリーブの町というだけあり、町を出ると、オリーブばかりです。

ay 4
今日は180㎞離れた世界遺産のドゥッガ遺跡です。

チュニジアのローマ都市遺跡の中で規模も保存状態の最も良い遺跡。
標高600㍍の丘の上にある。

3500人収容出来た、劇場

ギリシャのパルテノン神殿を小さくしたようなキャピトル。

ローマ人の住宅やリキニアの浴場やトイレなど、当時の生活を想像出来る。

Day 5

スースの宿から、100㎞離れたナブールに向かいます。

高速沿いの電柱の上にコウノトリの巣あり、つがいでいるのも何度か見えました。

ナブールはボン岬半島の中心の都市で陶器の名産地で有名です。

旧市街の門を抜けると、中はお土産屋さんが並んでいます。
陶器の町なので、陶器製の物が多いです。

ナブールから60㎞のケリビアへ。
ケリビアは、ボン岬半島の北東にある、チュニジア有数の歴史ある港町すで。
ここの丘の上に、6~7世紀のビザンチンの時代から城塞が作られるようになり、増改築を繰り返しながら、今の形になった。

ボン岬の方の海沿いのレストランで、ランチの後、ケルクアン遺跡へ。

ここは古代ポエニ時代の都市遺跡。
紀元前6~紀元前2世紀の遺跡のようで、家族ごとにお風呂があり、排水設備も残っている。
思ったより、広い遺跡で、1985年に世界遺産登録された。
にしては、人も少なく、うちのツアー以外のお客さんは、ほとんど居なかった。

今日の宿はチュニジアの首都のチュニスにある、
ホテルアフリカ。
古いけど、14階で眺めも良さそう!

Day 6

今日はチュニスの旧市街から観光します。

ホテルの前が、チュニスのメインストリート、ブルギバ通りで、すぐに時計塔があります。
ここから歩いて大聖堂の前を通り、メインゲートのフランス門を越えると、旧市街に入ります。

ここからメディナのメインストリートを通って、グランドモスクがあり、スークに出ます。
スークを抜けて、カスバ広場に出て、旧市街観光は終わり。

チュニスから、65㎞移動し、イシュケウル国立公園に行きます。
ここは、チュニジア唯一の自然遺産であり、1980年に世界遺産登録された。
過去には、フラミンゴの大群が押し寄せていたようだが、近年はすっかり減ってしまったようです。
景色は綺麗だが、これとこれといった目玉もなく、ふーんて感じのところでした。
この辺りはアラビア語とフランス語だけの案内も多く、何か分からない看板も多いです。

次はアフリカ最北端に近い、ビゼルトの町に行きます。
ビゼルトの旧港には、カラフルな小舟が泊まり、そこの舟型のレストランで、食事しました。
その後、カスバ内の旧市街を観光したあと、90㎞離れた、シティブサイドへ。

ここは、白い壁とチュニジアンブルーのコントラストが美しい街並みで、メントティを飲んで、写真を撮りました。

このあと、近くのスーパーで、買い物したあと、レストランで、食事して、今日の観光も終わりです。

Day 7-8

カルタゴ遺跡。
1979年に世界遺産登録されました。

ホテルから30分ほどで、到着!
まずはビュルサの丘です。
丘の上に教会があり、その回りに遺跡が点在しています。
カルタゴ博物館は、リニューアル中で、お休みでした。
カルタゴ遺跡は、広いので、途中数分のバスです。
次はローマ以前のカルタゴの面影を残す、トフェ。ハモン神とタニト神が、祀られています。
古代カルタゴの港を見た後、最後の観光のアントニヌスの共同浴場。
かなり大きな建物であったことが想像されます。
古代ローマの時代には、共同浴場はまた違った意味合いも持っていたのでしょう。
そのほか古代ローマ人の住居跡、ローマ劇場、円形競技場などがあります。
これでチュニジアの観光は終わり、空港に向かいます。

ドバイ経由で関空へ戻りました。

旅行の満足度
4.0
観光
3.5
ホテル
5.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
社員・団体旅行
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス 飛行機
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • チュニス

    チュニス

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジアの、コロッセオ

    チュニジアの、コロッセオ

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジアの街並み

    チュニジアの街並み

  • チュニジア

    チュニジア

  • 昼食

    昼食

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジアの、遺跡

    チュニジアの、遺跡

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニス

    チュニス

  • チュニジア

    チュニジア

  • 象の像

    象の像

  • カルタゴ

    カルタゴ

  • チュニジアの、遺跡

    チュニジアの、遺跡

  • チュニジアの、遺跡

    チュニジアの、遺跡

  • チュニスの時計台

    チュニスの時計台

  • チュニジア

    チュニジア

  • チュニジアの、遺跡

    チュニジアの、遺跡

  • チュニジアの遺跡

    チュニジアの遺跡

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

チュニジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チュニジア最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チュニジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集