笛吹旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年恒例になりましたが、今年最後はやはり富士山を見て締めくくりたいということで、選んだのが未踏の釈迦ヶ岳。この山は中央道を走っていると御坂山塊の中でも尖ってひときわ目に入る山です。せっかくなので黒岳との尾根も繋いで富士山を2座で堪能しました。<br /><br />コースタイム:5時間50分(休憩1時間10分)<br />釈迦ヶ岳登山口~釈迦ヶ岳~府駒山~どんべい峠~黒岳~黒岳展望台~スズラン峠~釈迦ヶ岳登山口

釈迦ヶ岳~黒岳 周回 今年も富士を見て山納め

9いいね!

2017/12/30 - 2017/12/30

126位(同エリア221件中)

0

60

YAMA555

YAMA555さん

毎年恒例になりましたが、今年最後はやはり富士山を見て締めくくりたいということで、選んだのが未踏の釈迦ヶ岳。この山は中央道を走っていると御坂山塊の中でも尖ってひときわ目に入る山です。せっかくなので黒岳との尾根も繋いで富士山を2座で堪能しました。

コースタイム:5時間50分(休憩1時間10分)
釈迦ヶ岳登山口~釈迦ヶ岳~府駒山~どんべい峠~黒岳~黒岳展望台~スズラン峠~釈迦ヶ岳登山口

旅行の満足度
4.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 4:30に地元草加を出て7時に大石公園に到着。<br />ギリギリ日の出前に間に合いました~。

    4:30に地元草加を出て7時に大石公園に到着。
    ギリギリ日の出前に間に合いました~。

    大石公園 公園・植物園

  • 風も弱く富士山のシルエットが河口湖に映る。

    風も弱く富士山のシルエットが河口湖に映る。

  • 上越方面は積雪が凄いが、富士山は例年に比べだいぶ雪が少ないよう。今日は赤みがあまり出ません。

    上越方面は積雪が凄いが、富士山は例年に比べだいぶ雪が少ないよう。今日は赤みがあまり出ません。

  • これぞ日本の富士。

    これぞ日本の富士。

  • 日の出を見て大石公園を出ます。<br />若彦トンネルに向けてゴー!

    日の出を見て大石公園を出ます。
    若彦トンネルに向けてゴー!

  • 若彦トンネルが見えてきました。<br />トンネルはものすごい直線です。<br />このトンネルがないと甲府の方からぐるっと回ってこなければいけないんで、釈迦ヶ岳は結構遠いんですよね。

    若彦トンネルが見えてきました。
    トンネルはものすごい直線です。
    このトンネルがないと甲府の方からぐるっと回ってこなければいけないんで、釈迦ヶ岳は結構遠いんですよね。

  • 登山口手前に車を置いて出発です。

    登山口手前に車を置いて出発です。

  • しばらくは舗装道路を登ります。<br />なぜここを舗装したのか不明です。

    しばらくは舗装道路を登ります。
    なぜここを舗装したのか不明です。

  • 20分ほど歩く。<br />ここからは登山道になります。

    20分ほど歩く。
    ここからは登山道になります。

  • この道標から約60分で山頂とのこと。

    この道標から約60分で山頂とのこと。

  • 登山道はつづら折れで落ち葉で見づらいです。<br />南斜面だから日が当たって暖かですね。

    登山道はつづら折れで落ち葉で見づらいです。
    南斜面だから日が当たって暖かですね。

  • 歩き始めて40分で尾根に出ました。<br />樹林帯越しながら甲府の街並みが眼下に広がります。

    歩き始めて40分で尾根に出ました。
    樹林帯越しながら甲府の街並みが眼下に広がります。

  • 北側の登山道にある檜峰神社への分岐。ここからの下りは急坂みたいです。この時期は北側は凍結注意ですね。<br />この道標から先は若干岩々した感じになってきます。

    北側の登山道にある檜峰神社への分岐。ここからの下りは急坂みたいです。この時期は北側は凍結注意ですね。
    この道標から先は若干岩々した感じになってきます。

  • 最初の岩場。<br />ロープあり。頼らずとも登れるレベル。

    最初の岩場。
    ロープあり。頼らずとも登れるレベル。

  • 岩々パート2。こんな感じの登りが数か所あります。<br />少し展望が良くなってきた。

    岩々パート2。こんな感じの登りが数か所あります。
    少し展望が良くなってきた。

  • 振り返ると南アが一望できる山でした。

    振り返ると南アが一望できる山でした。

  • 御坂の尾根の上に富士山も見えてきた。

    御坂の尾根の上に富士山も見えてきた。

  • 登山口から約1時間20分くらいかな。<br />無事に釈迦ヶ岳山頂に到着です。

    登山口から約1時間20分くらいかな。
    無事に釈迦ヶ岳山頂に到着です。

  • 案内板がありました。<br />結構展望の良い山ですよ。

    案内板がありました。
    結構展望の良い山ですよ。

  • 富士山<br />釈迦ヶ岳というくらいなので信仰の山でしょうねー。

    富士山
    釈迦ヶ岳というくらいなので信仰の山でしょうねー。

  • 富士山と道標。

    富士山と道標。

  • うおー南アが一望できるよ!<br />素晴らしい景観です。

    うおー南アが一望できるよ!
    素晴らしい景観です。

  • まずは南部から。<br />左から布引山、笊ヶ岳そして白根南嶺の奥に白い聖岳の頭

    まずは南部から。
    左から布引山、笊ヶ岳そして白根南嶺の奥に白い聖岳の頭

  • 左から聖岳、ごつっとした赤石岳、そして荒川三山。<br />日本百名山3座。

    イチオシ

    左から聖岳、ごつっとした赤石岳、そして荒川三山。
    日本百名山3座。

  • 左からピラミダルな蝙蝠岳、塩見岳。

    左からピラミダルな蝙蝠岳、塩見岳。

  • 左から農取岳、間ノ岳、北岳の白根三山。日本百名山3座ですよ。<br />日本一長い3000m級の稜線歩きができるところ。

    左から農取岳、間ノ岳、北岳の白根三山。日本百名山3座ですよ。
    日本一長い3000m級の稜線歩きができるところ。

  • 白んでいますが、北アルプスも見えた。<br />大キレットはわかりやすいですが、槍はあまり白くないから見づらい。

    白んでいますが、北アルプスも見えた。
    大キレットはわかりやすいですが、槍はあまり白くないから見づらい。

  • 東の方はどーんと存在感のある黒岳。その奥に電波塔の三つ峠。

    東の方はどーんと存在感のある黒岳。その奥に電波塔の三つ峠。

  • お地蔵さんと富士山。ご利益ありそうな景色です。

    お地蔵さんと富士山。ご利益ありそうな景色です。

  • しっかりと暖かい服を着てなによりです。<br />今寒いもんな~マイナス何度だろう。

    しっかりと暖かい服を着てなによりです。
    今寒いもんな~マイナス何度だろう。

  • それにしても今日は晴天。<br />御坂の尾根の上に広がる富士。釈迦ヶ岳侮れない山梨百名山です。

    それにしても今日は晴天。
    御坂の尾根の上に広がる富士。釈迦ヶ岳侮れない山梨百名山です。

  • 八ヶ岳も裾野まで見えます。

    八ヶ岳も裾野まで見えます。

  • しばし山頂で景色を堪能し黒岳に向かいます。<br />右に見える山ね。

    しばし山頂で景色を堪能し黒岳に向かいます。
    右に見える山ね。

  • 釈迦ヶ岳東側の登山道も若干岩々していますが、西側の方が大変ですかね。

    釈迦ヶ岳東側の登山道も若干岩々していますが、西側の方が大変ですかね。

  • 振り返るとピラミダルな釈迦ヶ岳が樹林越しに見えます。

    振り返るとピラミダルな釈迦ヶ岳が樹林越しに見えます。

  • 府駒山に到着。展望はなし。

    府駒山に到着。展望はなし。

  • どんべい峠まではゆるやかな尾根歩き。

    どんべい峠まではゆるやかな尾根歩き。

  • どんべい峠に到着。

    どんべい峠に到着。

  • どんべい峠には2台駐車していました。<br />ここも5台位は止められそうですね。

    どんべい峠には2台駐車していました。
    ここも5台位は止められそうですね。

  • 黒岳までは300m以上登りかな。

    黒岳までは300m以上登りかな。

  • 北側なので若干寒いが日が当たっているので大丈夫ー。

    北側なので若干寒いが日が当たっているので大丈夫ー。

  • 山頂が近くなるとうっすらと残雪があり。

    山頂が近くなるとうっすらと残雪があり。

  • 黒岳山頂に到着です。

    黒岳山頂に到着です。

  • 黒岳も山梨百名山ですね。<br />山頂は樹林に囲まれて展望はありません。

    黒岳も山梨百名山ですね。
    山頂は樹林に囲まれて展望はありません。

  • でも山頂から200m位平らな所を南側に歩いていくと・・・

    でも山頂から200m位平らな所を南側に歩いていくと・・・

  • バーンと富士山を見ることができますよ。

    バーンと富士山を見ることができますよ。

    黒岳 自然・景勝地

  • 眼下には河口湖と富士吉田の町が広がります。

    眼下には河口湖と富士吉田の町が広がります。

  • それにしても雪が少ないなー。

    それにしても雪が少ないなー。

  • 東側には山中湖も遠望できます。<br />その奥の山は、きっと箱根の山でしょう。

    東側には山中湖も遠望できます。
    その奥の山は、きっと箱根の山でしょう。

  • 富士山の西側に広がる天子山塊も一望できますね。<br />天子山塊は繋げていないからこれから行きたいルートです。

    富士山の西側に広がる天子山塊も一望できますね。
    天子山塊は繋げていないからこれから行きたいルートです。

  • そして樹林帯ギリギリに南ア南部。<br />布引山、笊ヶ岳。そしてその間に白い山が見えます…位置的には上河内岳かな。

    そして樹林帯ギリギリに南ア南部。
    布引山、笊ヶ岳。そしてその間に白い山が見えます…位置的には上河内岳かな。

  • 聖岳~赤石岳までの稜線の峰々がかろうじて南嶺の上に見えます。

    聖岳~赤石岳までの稜線の峰々がかろうじて南嶺の上に見えます。

  • 展望台でお昼休憩を取って今年の山納めを堪能しました。<br />これから下山開始。

    展望台でお昼休憩を取って今年の山納めを堪能しました。
    これから下山開始。

  • ひと下りするとスズラン峠です。<br />ここから降ります。

    ひと下りするとスズラン峠です。
    ここから降ります。

  • 降る途中に凍結した沢がありました。この辺は崩落が進んでいて滑落注意です。

    降る途中に凍結した沢がありました。この辺は崩落が進んでいて滑落注意です。

  • アイスですね。<br />滑らないように注意して慎重にわたりました。

    アイスですね。
    滑らないように注意して慎重にわたりました。

  • 下っていくと車道にぶつかって。スズラン群生地の道標の通り横切って下ります。

    下っていくと車道にぶつかって。スズラン群生地の道標の通り横切って下ります。

  • すずらん群生地。<br />いつか訪れてみたいですね。

    すずらん群生地。
    いつか訪れてみたいですね。

  • すずらんを模した電灯。<br />こんな辺鄙な場所の電灯ですがちゃんと点灯しているのかしら。

    すずらんを模した電灯。
    こんな辺鄙な場所の電灯ですがちゃんと点灯しているのかしら。

  • 振り返ると笹原の上に黒岳。<br /><br />終わり良ければすべて良し。<br />今年は天候に悩まされた年ですが無事に締めくくれました。<br /><br />青空に映える白銀の南ア、北ア、八ヶ岳、そして富士山、奥秩父の山は雪無かったかな。とにかく晴天で釈迦ヶ岳から広がる展望の素晴らしさに驚きました。こんな素晴らしい景色の山ですが訪れる人は数名で静かな山歩きが楽しめましたね~。<br /><br />黒岳は以前冬に御坂山塊を縦走した時、日の出前に訪れた山ですが、晴れていれば本当にきれいな富士山が見えます。山頂が平らなのでビバークして日の出見るのもありかと。<br /><br />今年は雨に泣かされたシーズンになりましたが、やっぱり最後、富士山を山から見て今年も無事に山を歩けたことを感謝しつつ、来年に向けて気持ちが切り替えられました。

    振り返ると笹原の上に黒岳。

    終わり良ければすべて良し。
    今年は天候に悩まされた年ですが無事に締めくくれました。

    青空に映える白銀の南ア、北ア、八ヶ岳、そして富士山、奥秩父の山は雪無かったかな。とにかく晴天で釈迦ヶ岳から広がる展望の素晴らしさに驚きました。こんな素晴らしい景色の山ですが訪れる人は数名で静かな山歩きが楽しめましたね~。

    黒岳は以前冬に御坂山塊を縦走した時、日の出前に訪れた山ですが、晴れていれば本当にきれいな富士山が見えます。山頂が平らなのでビバークして日の出見るのもありかと。

    今年は雨に泣かされたシーズンになりましたが、やっぱり最後、富士山を山から見て今年も無事に山を歩けたことを感謝しつつ、来年に向けて気持ちが切り替えられました。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

笛吹の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集