バンフ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 僕(みけねこ)と,妻と,クンクン(娘)三名の隊員による夏休み冒険旅行の記録です。今回は,遙か彼方への旅へ!<br /><br />1日目 [8/25金] 16:25 ガンダム成田を発つ!ところが何故か午前中にカルガリー到着。<br />2日目 [8/26土] カナディアンロッキー終日観光+グレイシャースカイウォーク付<br />3日目 [8/27日] モレインレイクとヨーホー国立公園観光<br />4日目 [8/28月] カルガリー空港からトロント空港へ。一日がかりの大移動なのだ。<br />5日目 [8/29火] ナイアガラの滝とナイアガラオンザレイク終日観光<br />6日目 [8/30水] 14:00 トロント空港発。14時間のフライトのはずが・・・<br />7日目 [8/31木] 翌日夕刻になってやっとこ帰国。タイムスリップ再び?<br /><br /> 本文は,昨年の初ブログ「ケアンズ家族旅行2016年夏!みけねコアラ隊」(http://4travel.jp/travelogue/11165335)に続く第二弾です。<br /> 一昨年までは,自分のホームページで,みけねこパルテノン隊,みけねこChina隊,みけねこパラオ隊,みけねこモルディブ隊と,歴史・文化・政治など事細かに調べ,数ヶ月がかりで旅行記を書き綴っていましたが,数年間で100アクセスが精一杯。自分自身の記録だからと強がっていても,やっぱ意欲なくなりますよね~。ところが,でっかい写真と文章少々の(お手軽)ケアンズ旅行記が,1年間でホイホイ1万アクセス超ですぞ(これだって,他の人のブログと比べて全然多い方じゃない)。<br /> と,いうワケで,またまた失礼・・・ここにお邪魔いたしますね。<br /><br /> 第1章では,8/25。成田出発からカナダはバンフ到着の1日間(?)。まずは冒険の序章です。

カナダ家族旅行2017夏!(みけねこ遙かカナダ隊) 第1章

7いいね!

2017/08/25 - 2017/08/31

184位(同エリア452件中)

    38

     僕(みけねこ)と,妻と,クンクン(娘)三名の隊員による夏休み冒険旅行の記録です。今回は,遙か彼方への旅へ!

    1日目 [8/25金] 16:25 ガンダム成田を発つ!ところが何故か午前中にカルガリー到着。
    2日目 [8/26土] カナディアンロッキー終日観光+グレイシャースカイウォーク付
    3日目 [8/27日] モレインレイクとヨーホー国立公園観光
    4日目 [8/28月] カルガリー空港からトロント空港へ。一日がかりの大移動なのだ。
    5日目 [8/29火] ナイアガラの滝とナイアガラオンザレイク終日観光
    6日目 [8/30水] 14:00 トロント空港発。14時間のフライトのはずが・・・
    7日目 [8/31木] 翌日夕刻になってやっとこ帰国。タイムスリップ再び?

     本文は,昨年の初ブログ「ケアンズ家族旅行2016年夏!みけねコアラ隊」(http://4travel.jp/travelogue/11165335)に続く第二弾です。
     一昨年までは,自分のホームページで,みけねこパルテノン隊,みけねこChina隊,みけねこパラオ隊,みけねこモルディブ隊と,歴史・文化・政治など事細かに調べ,数ヶ月がかりで旅行記を書き綴っていましたが,数年間で100アクセスが精一杯。自分自身の記録だからと強がっていても,やっぱ意欲なくなりますよね~。ところが,でっかい写真と文章少々の(お手軽)ケアンズ旅行記が,1年間でホイホイ1万アクセス超ですぞ(これだって,他の人のブログと比べて全然多い方じゃない)。
     と,いうワケで,またまた失礼・・・ここにお邪魔いたしますね。

     第1章では,8/25。成田出発からカナダはバンフ到着の1日間(?)。まずは冒険の序章です。

    同行者
    家族旅行
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    航空会社
    エアカナダ
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行なし)
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    4.5
    グルメ
    4.5
    ショッピング
    4.5
    交通
    4.5

    PR

    •  カナダといえばメイプルシロップ。メイプルシロップといえばカナダ。カナダ通を自認するみけねことしても,そのくらいの知識しかなかったのだが,今年の夏の旅行は,例によって妻の一言「遙かカナダにしましょう」で決定した。やはりかの名曲「カナダからの手紙」ファンなのかなぁと思ったり。でも,なぜあの曲名がカナダなのかなぁ?インドだってトンガにしたって,違和感なく通じそうだ...<br /><br /> さて。去年のケアンズ旅行から帰国してすぐ,我が家の庭で拾った仔猫(みけねこの写真としたのでご覧あれ。三毛じゃなくてキジトラですけど)を泣く泣くペットホテルに預け,そのまま成田空港まで車で数時間。<br /><br />16:25 エア・カナダAC10便,成田を離陸す。さらば日本。さらば猫の美衣タン。<br /><br /> 成田からカルガリー空港までの9時間15分の旅が始まる。今までの海外旅行の中でも最高に長いなァ。<br /><br />

       カナダといえばメイプルシロップ。メイプルシロップといえばカナダ。カナダ通を自認するみけねことしても,そのくらいの知識しかなかったのだが,今年の夏の旅行は,例によって妻の一言「遙かカナダにしましょう」で決定した。やはりかの名曲「カナダからの手紙」ファンなのかなぁと思ったり。でも,なぜあの曲名がカナダなのかなぁ?インドだってトンガにしたって,違和感なく通じそうだ...

       さて。去年のケアンズ旅行から帰国してすぐ,我が家の庭で拾った仔猫(みけねこの写真としたのでご覧あれ。三毛じゃなくてキジトラですけど)を泣く泣くペットホテルに預け,そのまま成田空港まで車で数時間。

      16:25 エア・カナダAC10便,成田を離陸す。さらば日本。さらば猫の美衣タン。

       成田からカルガリー空港までの9時間15分の旅が始まる。今までの海外旅行の中でも最高に長いなァ。

      成田空港第1ターミナル 空港

    • 17:30 機内食第一回目はビーフ(ミートボールのでかいやつ)だ。エコノミークラスの機内食でウマイものはありえない(ビジネス以上は知らず)と思っていたが,エア・カナダの機内食は比較的マシような気がする。

      17:30 機内食第一回目はビーフ(ミートボールのでかいやつ)だ。エコノミークラスの機内食でウマイものはありえない(ビジネス以上は知らず)と思っていたが,エア・カナダの機内食は比較的マシような気がする。

    • 23:30 第二回目はオムレツなのだ。でも,この時間に食べろというのはキツイですなぁ。<br /><br /> 座席の液晶モニターで,前々から見たかった映画「君の名は。」を鑑賞す。もちろん60年前の映画ではありませんぞ。非常に面白かったが,ラストの切れ味がどうもしっくりしない。三葉と瀧も,ラストでこんくらい格調高いセリフを吐けばいいのに。<br /> 「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」<br /><br /> 機体はボーイング787-8機で,座席は結構快適だし,座席モニターは日本語コンテンツも多くて,長い旅路でもなんとか耐えられそう。

      23:30 第二回目はオムレツなのだ。でも,この時間に食べろというのはキツイですなぁ。

       座席の液晶モニターで,前々から見たかった映画「君の名は。」を鑑賞す。もちろん60年前の映画ではありませんぞ。非常に面白かったが,ラストの切れ味がどうもしっくりしない。三葉と瀧も,ラストでこんくらい格調高いセリフを吐けばいいのに。
       「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」

       機体はボーイング787-8機で,座席は結構快適だし,座席モニターは日本語コンテンツも多くて,長い旅路でもなんとか耐えられそう。

    • 8/25 10:20 予定より少し早く,「カルガリー空港」到着。あれ?確か成田を出発したのが本日16:25のハズ・・・そ~なんです。日本からの時差がマイナス15時間。なんか,すごい得した感じ。<br /> この調子で,どんどん地球を東回りに飛行機に乗り続ければ,時間を遡って人生やり直せるんじゃないかなぁ。みけねこ家の旅費は尽きてしまったので無理ですが,皆さんは是非そうしてください。<br /><br />10:50 ゲートを出たところで,現地係員の人がプラカードを持って待っていた。我々は,真っ先に出てこられたので,しばし(でも50分ほど),あそこの跳ね馬のトコで,残りのメンバーを待つ。しかし,カルガリー空港って,だだっ広くて,しかも人が少ないなぁ。

      8/25 10:20 予定より少し早く,「カルガリー空港」到着。あれ?確か成田を出発したのが本日16:25のハズ・・・そ~なんです。日本からの時差がマイナス15時間。なんか,すごい得した感じ。
       この調子で,どんどん地球を東回りに飛行機に乗り続ければ,時間を遡って人生やり直せるんじゃないかなぁ。みけねこ家の旅費は尽きてしまったので無理ですが,皆さんは是非そうしてください。

      10:50 ゲートを出たところで,現地係員の人がプラカードを持って待っていた。我々は,真っ先に出てこられたので,しばし(でも50分ほど),あそこの跳ね馬のトコで,残りのメンバーを待つ。しかし,カルガリー空港って,だだっ広くて,しかも人が少ないなぁ。

      カルガリー国際空港 (YYC) 空港

    •  ちなみに,カルガリーは,暴れ馬に乗りこなすカウボーイの競技で知られる。<br /><br /> この後,中国人団体がやって来て,次々に「ヒヒーン」と鳴きながら,両手を地面に置き,両足を宙に跳ね上げていた。さすがだ。皆さんもこちらに来た際には,是非そうされるが良い。

       ちなみに,カルガリーは,暴れ馬に乗りこなすカウボーイの競技で知られる。

       この後,中国人団体がやって来て,次々に「ヒヒーン」と鳴きながら,両手を地面に置き,両足を宙に跳ね上げていた。さすがだ。皆さんもこちらに来た際には,是非そうされるが良い。

      カルガリー国際空港 (YYC) 空港

    • 11:40 全部で約20人くらいかな。揃ったので,このバス(と言うべきなのかなぁ。トラックっぽいし)で出発だ。我々は近畿日本ツーリストたが,殆どがJTBの人達のようだ。<br /><br />

      11:40 全部で約20人くらいかな。揃ったので,このバス(と言うべきなのかなぁ。トラックっぽいし)で出発だ。我々は近畿日本ツーリストたが,殆どがJTBの人達のようだ。

      カルガリー国際空港 (YYC) 空港

    •  バスの中はこんな感じ。トラックっぽいバスだが,中身はバスだった。<br /> バスはスルスルと空港から走り出した。ここ空港からアルバータ州のバンフまでは,高速道路1号線(高速料金は無料だそうで)で約2時間弱。都会の景色がすぐに,どこまでも続く広大な広原(牛がいる)に,やがて徐々に近づいてくるロッキーの山々。

       バスの中はこんな感じ。トラックっぽいバスだが,中身はバスだった。
       バスはスルスルと空港から走り出した。ここ空港からアルバータ州のバンフまでは,高速道路1号線(高速料金は無料だそうで)で約2時間弱。都会の景色がすぐに,どこまでも続く広大な広原(牛がいる)に,やがて徐々に近づいてくるロッキーの山々。

    • 12:54 世界の車窓より。ようやくロッキー山脈の端っこが見えてきたところ。<br /><br /> こんな風に写真はいっぱい撮ったが,だいぶ端折らなければなかないのが残念。今回の旅では1,500枚くらい写真を撮ったってのに。<br /> 今回持ってきたメインデジカメは,DSC-HX90Vだ。二年前から欲しいと思っていたが,ついに買っちゃったのである。センサーサイズが小さいけど,軽くて小さくて光学30倍。遠くから盗み撮りをするのじゃ(グヒヒ)。何より,旅カメラとして必須のGPSがついている。

      12:54 世界の車窓より。ようやくロッキー山脈の端っこが見えてきたところ。

       こんな風に写真はいっぱい撮ったが,だいぶ端折らなければなかないのが残念。今回の旅では1,500枚くらい写真を撮ったってのに。
       今回持ってきたメインデジカメは,DSC-HX90Vだ。二年前から欲しいと思っていたが,ついに買っちゃったのである。センサーサイズが小さいけど,軽くて小さくて光学30倍。遠くから盗み撮りをするのじゃ(グヒヒ)。何より,旅カメラとして必須のGPSがついている。

    • 13:25 「インズ・オブ・バンフ」(Inns of Banff)に到着。<br /> バンフの街外れに位置するためか,一番最初に降車するホテル。ここで降車したのは我々のみ。不人気なのかの~。そしてバスは,次なる街中の高級ホテルに向かって走り去っていった。さらば,さらば。孤独で不安じゃ・・・<br /><br /> 

      13:25 「インズ・オブ・バンフ」(Inns of Banff)に到着。
       バンフの街外れに位置するためか,一番最初に降車するホテル。ここで降車したのは我々のみ。不人気なのかの~。そしてバスは,次なる街中の高級ホテルに向かって走り去っていった。さらば,さらば。孤独で不安じゃ・・・

       

      インズ オブ バンフ ホテル

      不思議な感じだが好きですby みけねこさん
    •  しかし,ご安心あれ。ここにまた,別の現地係員(近ツリ現地代理店「バンフガイドサービス」)のオネーサマが待っていた。チェックインもオネーサンがやってくださった。ありがと~。<br /> 二百数十室あるホテルの規模のわりに小さなフロントだ。

       しかし,ご安心あれ。ここにまた,別の現地係員(近ツリ現地代理店「バンフガイドサービス」)のオネーサマが待っていた。チェックインもオネーサンがやってくださった。ありがと~。
       二百数十室あるホテルの規模のわりに小さなフロントだ。

      インズ オブ バンフ ホテル

      不思議な感じだが好きですby みけねこさん
    • ウンウン唸りながらスーツケースを引っ張っる我等みけねこ遙かカナダ隊。<br /><br /> 「インズ・オブ・バンフ」は坂に建てられている。部屋はC棟の三階だが,ホテル内は迷路と化しており,ロビーからエレベータ~通路~階段と非常に複雑怪奇であるため,結局,外に出て,この急坂を登っていった方が二倍は早いのである。

      ウンウン唸りながらスーツケースを引っ張っる我等みけねこ遙かカナダ隊。

       「インズ・オブ・バンフ」は坂に建てられている。部屋はC棟の三階だが,ホテル内は迷路と化しており,ロビーからエレベータ~通路~階段と非常に複雑怪奇であるため,結局,外に出て,この急坂を登っていった方が二倍は早いのである。

      インズ オブ バンフ ホテル

      不思議な感じだが好きですby みけねこさん
    •  ここがお部屋。広々として,なかなかいいでしょう?ベッドがまたフカフカで大きいんだ。でも,エキストラベッドは,病院の簡易寝台みたいなので,結局,荷物置き場と化してしまった。<br /><br /> なお,本ホテルには,歯ブラシ・寝間着・ウォシュレットなど無駄な備品はありませんこと,ご注意されよ。

       ここがお部屋。広々として,なかなかいいでしょう?ベッドがまたフカフカで大きいんだ。でも,エキストラベッドは,病院の簡易寝台みたいなので,結局,荷物置き場と化してしまった。

       なお,本ホテルには,歯ブラシ・寝間着・ウォシュレットなど無駄な備品はありませんこと,ご注意されよ。

      インズ オブ バンフ ホテル

      不思議な感じだが好きですby みけねこさん
    •  窓の外には,ベランダがある。向かいのB棟の向こうの上。あれに見えるはロッキーじゃないか。雪の傘は見えないが,いい景色じゃありまぜんか。<br /><br /> でも正面,B棟のベランダと向かい合っているのは,ちょっと問題ありかな。時々,上半身裸の太ったおじさんが見えたりしちゃうんだよね~。いえね。向かいの宿泊客がカナダ美人だったら,こんなこと決して言わないですけどね。<br /><br />

       窓の外には,ベランダがある。向かいのB棟の向こうの上。あれに見えるはロッキーじゃないか。雪の傘は見えないが,いい景色じゃありまぜんか。

       でも正面,B棟のベランダと向かい合っているのは,ちょっと問題ありかな。時々,上半身裸の太ったおじさんが見えたりしちゃうんだよね~。いえね。向かいの宿泊客がカナダ美人だったら,こんなこと決して言わないですけどね。

      インズ オブ バンフ ホテル

      不思議な感じだが好きですby みけねこさん
    • 14:40 さて,時間もまだ早い。バンフの街まで繰り出してみよう。なんてったって,まだ昨日の午後ですからね。<br /><br /> ここは,ホテルに面したバンフアベニュー(通り)。<br /> この時間,ローム(ROAM)バスは30分に1本の割合でグルグル回っているらしいが,せっかくだから歩いて行ってみよう。2~30分くらいテクテク南下すれば,ダウンタウン地区に着くはず。

      14:40 さて,時間もまだ早い。バンフの街まで繰り出してみよう。なんてったって,まだ昨日の午後ですからね。

       ここは,ホテルに面したバンフアベニュー(通り)。
       この時間,ローム(ROAM)バスは30分に1本の割合でグルグル回っているらしいが,せっかくだから歩いて行ってみよう。2~30分くらいテクテク南下すれば,ダウンタウン地区に着くはず。

      バンフ アベニュー 散歩・街歩き

    •  通りでは概して,左側に邸宅。右側にホテルが建ち並ぶ。車が右側通行であるため,空港からの観光客が右側のホテルへすぐしけこめるような,海より深い配慮である。しかし,我々の「インズオブバンフ」がなぜ左側にある理由だけはナゾだ。

       通りでは概して,左側に邸宅。右側にホテルが建ち並ぶ。車が右側通行であるため,空港からの観光客が右側のホテルへすぐしけこめるような,海より深い配慮である。しかし,我々の「インズオブバンフ」がなぜ左側にある理由だけはナゾだ。

      バンフ アベニュー 散歩・街歩き

    •  お金持ちの邸宅も見飽きたので,道路の右側へ渡る。右の建物がムースストリートと交差する右側のホテルはムースホテルだ。ムースと言っても,あのクリーミィなムースじゃなくて,ヘラジカのこと。その証拠にムース像があるでしょ?

       お金持ちの邸宅も見飽きたので,道路の右側へ渡る。右の建物がムースストリートと交差する右側のホテルはムースホテルだ。ムースと言っても,あのクリーミィなムースじゃなくて,ヘラジカのこと。その証拠にムース像があるでしょ?

      バンフ アベニュー 散歩・街歩き

    • 15:10 さらに進むと,ダウンタウン。お土産物屋さんエリア。バンフまんじゅうやらバンフせんべいが買い放題だ。やったね!<br /><br /> 夏休み最後の週末ということで,かなり混んでいるという話だったが,広大な土地に暮らすカナダ人はいざ知らず。我々ウサギ小屋在住の日本人にとっては,へのカッパなのである。

      15:10 さらに進むと,ダウンタウン。お土産物屋さんエリア。バンフまんじゅうやらバンフせんべいが買い放題だ。やったね!

       夏休み最後の週末ということで,かなり混んでいるという話だったが,広大な土地に暮らすカナダ人はいざ知らず。我々ウサギ小屋在住の日本人にとっては,へのカッパなのである。

      バンフ アベニュー 散歩・街歩き

    • 15:20 その先,ボウ川にかかる橋を渡る。ここから左側方向の下流を少し下ると,ボウ滝があって,そこがマリリン・モンロー主演映画「帰らざる河」のロケ地なのだそうだが,我々は長の旅路でいささか疲れておる。<br /> 早くホテルでのんびりしてェ~。帰らざるホテルになっちゃったら困ってしまう。

      15:20 その先,ボウ川にかかる橋を渡る。ここから左側方向の下流を少し下ると,ボウ滝があって,そこがマリリン・モンロー主演映画「帰らざる河」のロケ地なのだそうだが,我々は長の旅路でいささか疲れておる。
       早くホテルでのんびりしてェ~。帰らざるホテルになっちゃったら困ってしまう。

      バンフ アベニュー 散歩・街歩き

    •  橋を渡った突き当たり。横断歩道のあちら,門の向こうが「カスケード・ガーデン」。もちろん入園無料である。そうでなきゃ,行くわけないでしょう?

       橋を渡った突き当たり。横断歩道のあちら,門の向こうが「カスケード・ガーデン」。もちろん入園無料である。そうでなきゃ,行くわけないでしょう?

      カスケード ガーデン 広場・公園

    •  中は,緑豊かな公園だ。奥に見える洋館は,中国人たちが次から次へと入ろうと夢中でドアを引っ張っていたが,これは管理棟であり,入ることは出来ない。

       中は,緑豊かな公園だ。奥に見える洋館は,中国人たちが次から次へと入ろうと夢中でドアを引っ張っていたが,これは管理棟であり,入ることは出来ない。

      カスケード ガーデン 広場・公園

    1件目~20件目を表示(全38件中)

    この旅行記のタグ

      7いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      バンフ(カナダ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集