モスクワ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
■クビンカ戦車博物館<br /><br /> 大本命だったクビンカですが、足回りに苦労しました。現時点では、電車移動は不可能です。将来は、クビンカ駅とクビンカ戦車博物館、さらにパトリオットパークを繋ぐ鉄道が通るらしいですが、現在は通っていませんでした。さらに、ホームページには駅と博物館を繋ぐシャトルバスがあると書いてあったのですが、まさかに(私が行った時には)存在しませんでした。仕方なくタクシーで移動しました。しかしながら戦車博物館に着いてから…、次のパトリオットパークに行く足もない!結局、再びタクシーを呼ぶ羽目になりました。さらに、驚くほど遠い遠い。すげー遠かったです。しかも戦車博物館に着いてから吹雪となってしまい、…参りました。<br /><br /> 戦車博物館まで行くだけならクビンカ駅まで電車移動で、後タクシーを使ったらいいかもしれませんが、現在、目玉と言える戦車たちは半分くらいパークの方に行ってしまっており、パークまで行かないわけにいきません。移動のことを考えれば、タクシーを呼ぶよりは絶対、送迎車を頼んでおく方がよいと思います。<br /><br /> 戦車博物館に展示されている戦車で、T-72とT-80は「おさわりOK」で、内部に入ることもOKでした(私は、残念ながら先にロシア人の小さい子供が2人入っていたので、乗るのを諦めました。しかし、T-シリーズの戦車に乗れるとは神秘的です)。

マニア垂涎の軍事博物館たち ロシア軍事博物館 見て歩る記(2)

9いいね!

2017/04/13 - 2017/04/18

722位(同エリア1431件中)

JIC旅行センター

JIC旅行センターさん

■クビンカ戦車博物館

 大本命だったクビンカですが、足回りに苦労しました。現時点では、電車移動は不可能です。将来は、クビンカ駅とクビンカ戦車博物館、さらにパトリオットパークを繋ぐ鉄道が通るらしいですが、現在は通っていませんでした。さらに、ホームページには駅と博物館を繋ぐシャトルバスがあると書いてあったのですが、まさかに(私が行った時には)存在しませんでした。仕方なくタクシーで移動しました。しかしながら戦車博物館に着いてから…、次のパトリオットパークに行く足もない!結局、再びタクシーを呼ぶ羽目になりました。さらに、驚くほど遠い遠い。すげー遠かったです。しかも戦車博物館に着いてから吹雪となってしまい、…参りました。

 戦車博物館まで行くだけならクビンカ駅まで電車移動で、後タクシーを使ったらいいかもしれませんが、現在、目玉と言える戦車たちは半分くらいパークの方に行ってしまっており、パークまで行かないわけにいきません。移動のことを考えれば、タクシーを呼ぶよりは絶対、送迎車を頼んでおく方がよいと思います。

 戦車博物館に展示されている戦車で、T-72とT-80は「おさわりOK」で、内部に入ることもOKでした(私は、残念ながら先にロシア人の小さい子供が2人入っていたので、乗るのを諦めました。しかし、T-シリーズの戦車に乗れるとは神秘的です)。

PR

  • 【データ】クビンカ戦車博物館 Центральный музей бронетанкового вооружения и техники<br /><br />モスクワ郊外のクビンカ基地内にあるロシアの戦車・装甲車輌博物館。12ヘクタールの敷地に、世界14カ国から収集した350両以上の戦車・装甲車を展示。うち60両は世界にここだけにしか存在しないものであり、事実上世界最大の戦車博物館である。1972年開館。<br /><br />開館時間;10:00~18:00 (土日は~19:00まで)/休館日;月曜日/入場料;大人400ルーブル

    【データ】クビンカ戦車博物館 Центральный музей бронетанкового вооружения и техники

    モスクワ郊外のクビンカ基地内にあるロシアの戦車・装甲車輌博物館。12ヘクタールの敷地に、世界14カ国から収集した350両以上の戦車・装甲車を展示。うち60両は世界にここだけにしか存在しないものであり、事実上世界最大の戦車博物館である。1972年開館。

    開館時間;10:00~18:00 (土日は~19:00まで)/休館日;月曜日/入場料;大人400ルーブル

  • ■パトリオットパーク<br /><br /> パトリオットパークでは、一番の心残りがあります。射撃ができなかったのです。吹雪じゃなければ、…くやしいです。帰国してからホームページを見たところ、射撃のページが更新されて豪華になっていました。…くやしいです。まあ、射撃はできませんでしたが、ソ連の戦車で一番好きなIS-4が見れたので平気です(写真)。<br /><br /> パトリオットパークは、広大な敷地に戦車や火砲、戦闘機が置いてあって、触ることも乗ることもできるので、天国です。しかし…、今日は吹雪です。外の兵器を見るのを諦めて、建物の中の食堂に入りました。お客さん…誰もいませんでした。貸し切りです。パスタを食べました。

    ■パトリオットパーク

     パトリオットパークでは、一番の心残りがあります。射撃ができなかったのです。吹雪じゃなければ、…くやしいです。帰国してからホームページを見たところ、射撃のページが更新されて豪華になっていました。…くやしいです。まあ、射撃はできませんでしたが、ソ連の戦車で一番好きなIS-4が見れたので平気です(写真)。

     パトリオットパークは、広大な敷地に戦車や火砲、戦闘機が置いてあって、触ることも乗ることもできるので、天国です。しかし…、今日は吹雪です。外の兵器を見るのを諦めて、建物の中の食堂に入りました。お客さん…誰もいませんでした。貸し切りです。パスタを食べました。

  •  パーク内用のバスに乗り、「航空宇宙博物館」に向かいました(パーク内には、戦闘機、軍用ヘリのほか、ロケットや宇宙開発なども展示されている)。何故かここにドイツの戦車「ヤークトティーガー」が置いてあるのです。日本のチハ改などもありました。その中に物凄く珍しいモノがありました。「九八式臼砲」という日本陸軍の極秘兵器です。<br /><br />もともとは大型火砲の移動中に隙を作らないように大型火砲並みの威力を持つ小型奇襲兵器として作られましたが、生産数が少なく戦後ほとんど破壊されたためほとんど現存していないのです。もしかしたら、一般人でも見れる九八式臼砲の実物はここだけかもしれません。(パークの規模と展示を見ると)ロシアが本当に戦車や戦闘機などの軍事兵器を観光資源にしようとしているのが分かります。

     パーク内用のバスに乗り、「航空宇宙博物館」に向かいました(パーク内には、戦闘機、軍用ヘリのほか、ロケットや宇宙開発なども展示されている)。何故かここにドイツの戦車「ヤークトティーガー」が置いてあるのです。日本のチハ改などもありました。その中に物凄く珍しいモノがありました。「九八式臼砲」という日本陸軍の極秘兵器です。

    もともとは大型火砲の移動中に隙を作らないように大型火砲並みの威力を持つ小型奇襲兵器として作られましたが、生産数が少なく戦後ほとんど破壊されたためほとんど現存していないのです。もしかしたら、一般人でも見れる九八式臼砲の実物はここだけかもしれません。(パークの規模と展示を見ると)ロシアが本当に戦車や戦闘機などの軍事兵器を観光資源にしようとしているのが分かります。

  • 【データ】ミリタリーパーク・パトリオット Военно-атриотический парк культуры и отдыха Вооружённых Сил Россиийской Федерации ?Патриот?<br /><br />正式名称;「ロシア連邦軍の文化と娯楽を目的とした愛国者公園」。モスクワから西へ車で1時間半。ロシア国防省の資金で建設された大規模なミリタリー・パーク(2016年6月開設/2017年2月完成予定だったがまだ未完成)。クビンカ戦車博物館と一体となって、戦闘車両や戦闘機、ミサイルなど旧ソ連からロシア軍のあらゆる兵器が展示される。展示施設の周囲には戦車戦が行える規模の演習場があり、ホテルやレストラン、会議施設やオフィスなども併設される予定で、完成すれば世界最大のミリタリー・パークになる。<br /><br />開館時間;10:00~18:00(土日は~19:00まで)/休館日;月曜日/入場料;大人500ルーブル

    【データ】ミリタリーパーク・パトリオット Военно-атриотический парк культуры и отдыха Вооружённых Сил Россиийской Федерации ?Патриот?

    正式名称;「ロシア連邦軍の文化と娯楽を目的とした愛国者公園」。モスクワから西へ車で1時間半。ロシア国防省の資金で建設された大規模なミリタリー・パーク(2016年6月開設/2017年2月完成予定だったがまだ未完成)。クビンカ戦車博物館と一体となって、戦闘車両や戦闘機、ミサイルなど旧ソ連からロシア軍のあらゆる兵器が展示される。展示施設の周囲には戦車戦が行える規模の演習場があり、ホテルやレストラン、会議施設やオフィスなども併設される予定で、完成すれば世界最大のミリタリー・パークになる。

    開館時間;10:00~18:00(土日は~19:00まで)/休館日;月曜日/入場料;大人500ルーブル

  • ■軍事祖国博物館<br /><br /> ここに来た日本人はこれまた初めてだと言われました。面白いことに中国人はときどき来ると言われ、さらにインド人も来ると言われました。ロシアの友好国なので観光に来る人は多そうですが、博物館の隣に立派な乗馬場があるので、馬に乗りに来て「ちょっとついでに戦車でも見ていくか」と言う人が多いのかな?<br /><br /> モスクワ市内から郊外に向かい、1時間くらいで10時頃には着いていたのですが、中に入ると誰もいない。乗馬場の人に聞くと、博物館の人はまだ出勤していないということでした。何でも博物館の今日の開館時間は11時半頃らしいです。乗馬場の建物(正確には室内乗馬・調教場?)の中にミニ豚やウサギ、インコなどの小さな動物園があり、さらにスポーツジムやカフェがあったので、博物館の人が来るまでそこで時間をつぶしました。<br /><br /> この博物館にも外にたくさんの火砲が置かれています。先の大戦で使われた火砲(対空機関砲/高射砲/カノン砲/榴弾砲/対戦車砲/艦砲)、戦後現在でも使用されている火砲全般が置かれています。それらはすべて触ってもOKなのですが、ここの凄いところは火砲がちゃんと動く点です。ハンドルを回すとちゃんと動くのです。これには興奮しました。<br /><br />ただ、中にはどうにも動かないものもあるようです。博物館のガイドさんが説明してくれると同時に、動くものは少し動かして見せてくれるので、楽しくていられませんでした。奥の方には戦車や自走砲が置いてありますが、これも半分ぐらいは動くのだと思います。実際に動いているところは見ていませんが、YouTubeなどに走っている動画が投稿されたりするので、動くのは確実です。<br /><br /> 建物の中には軍用のトラックや車が展示されています。わざわざ人除けのチェーンをしていることからして、これらはタッチNGです(ガイドさんは当たり前のようにチェーンを跨いで入って説明してくれましたが)。<br /><br /> 飛行機の時間が迫っていたので見学を途中で切り上げたのですが、出口の手前でサプライズがありました。ガイドさんが、銃を見せてくれると言ったのです。モシン・ナガン小銃、狙撃型モシン銃、短機関銃(PPsh41)、AK-47カラシニコフ銃などを直接手に持たせてもらいました。これは、パークで射撃できなかった私には最高の褒美でした。<br /><br /> 動いているトラックもありました。ガイドさんは、「ここでは実際に兵器を動かして駆動音などの感じてもらうこともしている」と言っていました。説明などを振り返ると、全体的には先の戦争を忘れないための施設でもあるようです。

    ■軍事祖国博物館

     ここに来た日本人はこれまた初めてだと言われました。面白いことに中国人はときどき来ると言われ、さらにインド人も来ると言われました。ロシアの友好国なので観光に来る人は多そうですが、博物館の隣に立派な乗馬場があるので、馬に乗りに来て「ちょっとついでに戦車でも見ていくか」と言う人が多いのかな?

     モスクワ市内から郊外に向かい、1時間くらいで10時頃には着いていたのですが、中に入ると誰もいない。乗馬場の人に聞くと、博物館の人はまだ出勤していないということでした。何でも博物館の今日の開館時間は11時半頃らしいです。乗馬場の建物(正確には室内乗馬・調教場?)の中にミニ豚やウサギ、インコなどの小さな動物園があり、さらにスポーツジムやカフェがあったので、博物館の人が来るまでそこで時間をつぶしました。

     この博物館にも外にたくさんの火砲が置かれています。先の大戦で使われた火砲(対空機関砲/高射砲/カノン砲/榴弾砲/対戦車砲/艦砲)、戦後現在でも使用されている火砲全般が置かれています。それらはすべて触ってもOKなのですが、ここの凄いところは火砲がちゃんと動く点です。ハンドルを回すとちゃんと動くのです。これには興奮しました。

    ただ、中にはどうにも動かないものもあるようです。博物館のガイドさんが説明してくれると同時に、動くものは少し動かして見せてくれるので、楽しくていられませんでした。奥の方には戦車や自走砲が置いてありますが、これも半分ぐらいは動くのだと思います。実際に動いているところは見ていませんが、YouTubeなどに走っている動画が投稿されたりするので、動くのは確実です。

     建物の中には軍用のトラックや車が展示されています。わざわざ人除けのチェーンをしていることからして、これらはタッチNGです(ガイドさんは当たり前のようにチェーンを跨いで入って説明してくれましたが)。

     飛行機の時間が迫っていたので見学を途中で切り上げたのですが、出口の手前でサプライズがありました。ガイドさんが、銃を見せてくれると言ったのです。モシン・ナガン小銃、狙撃型モシン銃、短機関銃(PPsh41)、AK-47カラシニコフ銃などを直接手に持たせてもらいました。これは、パークで射撃できなかった私には最高の褒美でした。

     動いているトラックもありました。ガイドさんは、「ここでは実際に兵器を動かして駆動音などの感じてもらうこともしている」と言っていました。説明などを振り返ると、全体的には先の戦争を忘れないための施設でもあるようです。

  • 【データ】軍事祖国博物館 Музей отечественной военной истории<br /><br />モスクワ郊外にある乗馬場・レストラン・博物館の複合施設の一部として開設。主な展示品は、戦車並びに装甲車(38点)、砲火器(51点)、自動車&バイクなど(18点)。規模は大きくないが、記事の通り、展示品を実際に動かすことができるのが特徴。<br /><br />開館時間;12:00~16:00/開館日;土日曜日のみ(他の日は事前予約が必要)/入場料;大人400ルーブル<br /><br />http://www.jic-web.co.jp/study/jclub/info.html

    【データ】軍事祖国博物館 Музей отечественной военной истории

    モスクワ郊外にある乗馬場・レストラン・博物館の複合施設の一部として開設。主な展示品は、戦車並びに装甲車(38点)、砲火器(51点)、自動車&バイクなど(18点)。規模は大きくないが、記事の通り、展示品を実際に動かすことができるのが特徴。

    開館時間;12:00~16:00/開館日;土日曜日のみ(他の日は事前予約が必要)/入場料;大人400ルーブル

    http://www.jic-web.co.jp/study/jclub/info.html

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

モスクワ(ロシア) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集