鬼怒川温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東照宮の陽明門の平成の大修理が終了したのが、数ヵ月前。春休み・GWは大混雑だったようだ。そろそろ人出が減ってくる頃と、新緑の季節でもある5月末に、装いも新たになった東照宮見学と初の鬼怒川ライン下りを兼ねて一泊二日のドライブ旅行に出掛けた。<br /><br />大まかな予定としては、1日目に【世】日光の社寺(東照宮・輪王寺・二荒山神社)見学と鬼怒川温泉泊、2日目に鬼怒川ライン下りと中禅寺湖畔観光を予定しておりほぼ予定通りとなったが、実際に訪れたのは下記のスポットとなった。<br /><br />1日目:東照宮・宝物館、大猷院(輪王寺)、二荒山神社、鬼怒川温泉、鬼怒川ロイヤルホテル泊<br />2日目:鬼怒川ライン下り、華厳の滝、戦場ヶ原、中禅寺湖金谷ホテルカフェ、英国大使館別荘記念公園、イタリア大使館別荘記念公園<br /><br />天気にも恵まれて渋滞・混雑もなく、気持ち良く新緑薫る栃木路のドライブ・世界遺産訪問・観光を楽しむことが出来た。<br /><br />第3回目は、【世】日光の社寺の東照宮・大猷院・二荒山神社観光を終えて、夕方早めに鬼怒川温泉のホテルにチェックイン。翌日、朝一番の鬼怒川ライン下りに乗船した時の模様となる。

初夏の日光・鬼怒川(3)ー鬼怒川温泉&鬼怒川ライン下りー

137いいね!

2017/05/29 - 2017/05/30

5位(同エリア829件中)

2

36

ダイスケit

ダイスケitさん

東照宮の陽明門の平成の大修理が終了したのが、数ヵ月前。春休み・GWは大混雑だったようだ。そろそろ人出が減ってくる頃と、新緑の季節でもある5月末に、装いも新たになった東照宮見学と初の鬼怒川ライン下りを兼ねて一泊二日のドライブ旅行に出掛けた。

大まかな予定としては、1日目に【世】日光の社寺(東照宮・輪王寺・二荒山神社)見学と鬼怒川温泉泊、2日目に鬼怒川ライン下りと中禅寺湖畔観光を予定しておりほぼ予定通りとなったが、実際に訪れたのは下記のスポットとなった。

1日目:東照宮・宝物館、大猷院(輪王寺)、二荒山神社、鬼怒川温泉、鬼怒川ロイヤルホテル泊
2日目:鬼怒川ライン下り、華厳の滝、戦場ヶ原、中禅寺湖金谷ホテルカフェ、英国大使館別荘記念公園、イタリア大使館別荘記念公園

天気にも恵まれて渋滞・混雑もなく、気持ち良く新緑薫る栃木路のドライブ・世界遺産訪問・観光を楽しむことが出来た。

第3回目は、【世】日光の社寺の東照宮・大猷院・二荒山神社観光を終えて、夕方早めに鬼怒川温泉のホテルにチェックイン。翌日、朝一番の鬼怒川ライン下りに乗船した時の模様となる。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 東照宮の駐車場を15時過ぎに出て、ナビに導かれて16時ごろに鬼怒川温泉に到着。どの道を通ってきたのか正確には判らない。ただ、ごく短い距離の有料道路を通ったのは全く無駄だったようだ。<br /><br />この日の宿泊は、伊東園グループの鬼怒川ロイヤルホテル。全国に数十軒あって、飲み放題付きバイキング料理込みで一律7,800円を展開しているチェーン店だ。初めての利用になるが、手軽にお安くをモットーにトライしてみた。

    東照宮の駐車場を15時過ぎに出て、ナビに導かれて16時ごろに鬼怒川温泉に到着。どの道を通ってきたのか正確には判らない。ただ、ごく短い距離の有料道路を通ったのは全く無駄だったようだ。

    この日の宿泊は、伊東園グループの鬼怒川ロイヤルホテル。全国に数十軒あって、飲み放題付きバイキング料理込みで一律7,800円を展開しているチェーン店だ。初めての利用になるが、手軽にお安くをモットーにトライしてみた。

  • この日は月曜日だったので、それほど混んでいる様子もなく、早めにチェックイン。<br /><br />余分のサービスは全くなく、部屋にも自分で荷物を運び、入ってみると既に布団が敷いてあった。部屋の広さは、12.5畳の和室とちょっとしたソファのスペースの板の間。

    この日は月曜日だったので、それほど混んでいる様子もなく、早めにチェックイン。

    余分のサービスは全くなく、部屋にも自分で荷物を運び、入ってみると既に布団が敷いてあった。部屋の広さは、12.5畳の和室とちょっとしたソファのスペースの板の間。

  • 布団の方から窓の方を見ると、こんな感じ。広さとしては、4人分の布団は十分敷けるようだ。座卓の上には、ちゃんとお茶と和菓子が用意されていた。

    布団の方から窓の方を見ると、こんな感じ。広さとしては、4人分の布団は十分敷けるようだ。座卓の上には、ちゃんとお茶と和菓子が用意されていた。

  • カーテンが閉まったままだったが、窓の傍には小さなソファ。

    カーテンが閉まったままだったが、窓の傍には小さなソファ。

  • カーテンを開けてベランダに出て、5階から外を眺めてみる。真下にプールが見えるが、5月末では当然のことながら未だ水が張られていない。<br /><br />山の方には、僅かに大吊橋が見えている。

    カーテンを開けてベランダに出て、5階から外を眺めてみる。真下にプールが見えるが、5月末では当然のことながら未だ水が張られていない。

    山の方には、僅かに大吊橋が見えている。

  • 温泉にも夕食にも時間が早いので、大吊橋まで散歩に出掛けることにする。ホテルから歩いて5分ほどだ。<br /><br />鬼怒川に架かる大吊橋からの川の眺めは、素晴らしいものだった。

    温泉にも夕食にも時間が早いので、大吊橋まで散歩に出掛けることにする。ホテルから歩いて5分ほどだ。

    鬼怒川に架かる大吊橋からの川の眺めは、素晴らしいものだった。

  • 正式の名称を「鬼怒楯岩大吊橋」というこの橋は、全長140mで高さは37mとなっている。歩行者専用だが、複数の人が渡っていると揺れが大きくて余り気持ちがいいものではない。それぞれの人の振動が微妙に共振して、揺れが不規則になるのである意味恐ろしかった。<br /><br />それでもダブルピースサインでポーズ(笑)。

    正式の名称を「鬼怒楯岩大吊橋」というこの橋は、全長140mで高さは37mとなっている。歩行者専用だが、複数の人が渡っていると揺れが大きくて余り気持ちがいいものではない。それぞれの人の振動が微妙に共振して、揺れが不規則になるのである意味恐ろしかった。

    それでもダブルピースサインでポーズ(笑)。

  • 橋の上からは、泊まっているホテルが見えている。

    橋の上からは、泊まっているホテルが見えている。

  • 見下ろす鬼怒川は、明朝ライン下りをすることになっている流れで、なかなか趣ある景観を呈している。<br /><br />30分ほどの散歩を終えて、ホテルに戻り、5時頃からの温泉入浴と6時頃からの飲み放題付きのバイキング料理の夕食。いずれも、なかなか満足出来るものだった。<br /><br />残念ながら、そのいずれも写真を撮っていない。何だか一眼レフカメラを持って行くのが場違いのように思われ、遠慮したためだ。食後には、女房と温泉卓球も楽しんだ。ちなみに、カラオケルーム使用も無料のようだった。

    見下ろす鬼怒川は、明朝ライン下りをすることになっている流れで、なかなか趣ある景観を呈している。

    30分ほどの散歩を終えて、ホテルに戻り、5時頃からの温泉入浴と6時頃からの飲み放題付きのバイキング料理の夕食。いずれも、なかなか満足出来るものだった。

    残念ながら、そのいずれも写真を撮っていない。何だか一眼レフカメラを持って行くのが場違いのように思われ、遠慮したためだ。食後には、女房と温泉卓球も楽しんだ。ちなみに、カラオケルーム使用も無料のようだった。

  • 翌朝、朝一番9時の鬼怒川ライン下りに行くために、ホテルから徒歩移動。乗船場近くにも駐車場はあるのだが、料金は500円。一方、ホテルに車を置いたまま徒歩5分で行くと、無料。チェックアウトが12時なので、こういうことが可能なのだ。<br /><br />出掛ける前に、ホテルのフロントで乗り場の場所を聞いたついでに割引券の有無を聞いてみたら、券はないがホテルで申し込んだら200円引きの2,500円になると教えてくれた。昨日ホテルに着いてから予約してしまった旨を伝えたら、未だ間に合うとすぐに電話してくれて、めでたく割引を適用してくれることになった。僅か200円だが、今回の格安旅行時には嬉しい話だ。<br /><br />温泉街を抜けて行くと、昔懐かしい遊技場を見つけた。まだ、現役で活躍しているようだ。

    翌朝、朝一番9時の鬼怒川ライン下りに行くために、ホテルから徒歩移動。乗船場近くにも駐車場はあるのだが、料金は500円。一方、ホテルに車を置いたまま徒歩5分で行くと、無料。チェックアウトが12時なので、こういうことが可能なのだ。

    出掛ける前に、ホテルのフロントで乗り場の場所を聞いたついでに割引券の有無を聞いてみたら、券はないがホテルで申し込んだら200円引きの2,500円になると教えてくれた。昨日ホテルに着いてから予約してしまった旨を伝えたら、未だ間に合うとすぐに電話してくれて、めでたく割引を適用してくれることになった。僅か200円だが、今回の格安旅行時には嬉しい話だ。

    温泉街を抜けて行くと、昔懐かしい遊技場を見つけた。まだ、現役で活躍しているようだ。

  • チケット売り場で手続きをして、船乗り場まで降りて行く。この便はお隣の国からの団体客が乗船するので、早めに行った方がいいですよと教えてくれた。

    チケット売り場で手続きをして、船乗り場まで降りて行く。この便はお隣の国からの団体客が乗船するので、早めに行った方がいいですよと教えてくれた。

  • 乗船順序は2番で、舟の前方から詰めて座っていく。前には一人で来ている中年のおじさん。我々夫婦の後ろには、団体客10数名。この9時の便には、3艘の舟が出ることになった。

    乗船順序は2番で、舟の前方から詰めて座っていく。前には一人で来ている中年のおじさん。我々夫婦の後ろには、団体客10数名。この9時の便には、3艘の舟が出ることになった。

  • 船頭は、舟の前に一人、後に一人の二人体制だ。流れに従って下って行くので、漕ぐというよりも櫂で操るという操作になる。乗客は全員ライフジャケット着用。<br /><br />すぐ目の前の船頭さんは、櫂を操りながら要領よくライン下りの説明をしてくれる。まだ若い人だったが、冬は近くのスキー場で、4~11月にはこのライン下りで船頭として勤務しているとのことだった。

    船頭は、舟の前に一人、後に一人の二人体制だ。流れに従って下って行くので、漕ぐというよりも櫂で操るという操作になる。乗客は全員ライフジャケット着用。

    すぐ目の前の船頭さんは、櫂を操りながら要領よくライン下りの説明をしてくれる。まだ若い人だったが、冬は近くのスキー場で、4~11月にはこのライン下りで船頭として勤務しているとのことだった。

  • 流れの早い瀬と緩やかな瀞(とろ)が交互に出現するが、ここは比較的緩やかで、国道に架かっている大きな橋の下を潜って進む。

    流れの早い瀬と緩やかな瀞(とろ)が交互に出現するが、ここは比較的緩やかで、国道に架かっている大きな橋の下を潜って進む。

  • 瀬を進む時は、船頭の合図で舟べりに用意されているビニールシートを被って水飛沫を避けるのだが、それでも時々は服にまで掛かってくる。

    瀬を進む時は、船頭の合図で舟べりに用意されているビニールシートを被って水飛沫を避けるのだが、それでも時々は服にまで掛かってくる。

  • 大きな楯岩が出現。

    大きな楯岩が出現。

  • 水の緑が濃い。

    水の緑が濃い。

  • 昨日渡った鬼怒楯岩大吊橋が前方に見えてきた。

    昨日渡った鬼怒楯岩大吊橋が前方に見えてきた。

  • 川の両岸には、いくつかの変わった形をした岩が出現する。良くあるパターンだが、それぞれに名前が付けられており、これはゴリラ岩。口を開けたゴリラの横顔に見えなくはない(笑)。

    川の両岸には、いくつかの変わった形をした岩が出現する。良くあるパターンだが、それぞれに名前が付けられており、これはゴリラ岩。口を開けたゴリラの横顔に見えなくはない(笑)。

  • 軍艦岩。うーん、ちょっと無理があるかな。

    軍艦岩。うーん、ちょっと無理があるかな。

  • 後を振り返ってみると、もう一艘の舟が少し離れて付いて来ている。

    後を振り返ってみると、もう一艘の舟が少し離れて付いて来ている。

  • 瀬では船頭さんも緊張している。

    瀬では船頭さんも緊張している。

  • 後にもう一隻の舟が続いている。

    後にもう一隻の舟が続いている。

  • 小さな滝も出現。虹見の滝という名前で、光の具合で虹が見えるのだろう。

    小さな滝も出現。虹見の滝という名前で、光の具合で虹が見えるのだろう。

  • 前に座っているおじさんと我が女房が水を避けている様子。

    前に座っているおじさんと我が女房が水を避けている様子。

  • ここは静かな瀞(とろ)になっている。

    ここは静かな瀞(とろ)になっている。

  • 川の曲がり具合で後ろの舟が近くに見える。

    川の曲がり具合で後ろの舟が近くに見える。

  • 橋の下を潜り抜けて・・・。

    橋の下を潜り抜けて・・・。

  • 前方にエンジン付きのボートが見えている。船頭さんの説明では、この先はダムに近くなって流れがなくなるので、このボートで引いて行くようになるとのこと。

    前方にエンジン付きのボートが見えている。船頭さんの説明では、この先はダムに近くなって流れがなくなるので、このボートで引いて行くようになるとのこと。

  • 船頭さんも舟がボートに引かれて手持無沙汰になったので、丁度いい角度から記念撮影をしてくれた。<br /><br />なかなか上手く撮れている。

    船頭さんも舟がボートに引かれて手持無沙汰になったので、丁度いい角度から記念撮影をしてくれた。

    なかなか上手く撮れている。

  • ボートに引かれて進んで行く。

    ボートに引かれて進んで行く。

  • 前方にクレーンが見えている。<br /><br />これは、下ってきた舟を吊り上げてトラックに乗せて出発点に戻すための基地だとか。なるほど、トラックも見えている。

    前方にクレーンが見えている。

    これは、下ってきた舟を吊り上げてトラックに乗せて出発点に戻すための基地だとか。なるほど、トラックも見えている。

  • そうこうしているうちに、下船場に到着。30分ほどのライン下りだった。<br /><br />それほど険しい流れではなく、のんびりとしたライン下りだったが、両岸の新緑も鮮やかで初夏の爽やかな気候のもと、清々しい気分の朝のアウトドアイベントとなった。

    そうこうしているうちに、下船場に到着。30分ほどのライン下りだった。

    それほど険しい流れではなく、のんびりとしたライン下りだったが、両岸の新緑も鮮やかで初夏の爽やかな気候のもと、清々しい気分の朝のアウトドアイベントとなった。

  • 舟を降りた後は、国道沿いのドライブインで迎えのバスを待つことになる。乗船場まで送ってくれるのだ。<br /><br />売店には、アイスクリームや鮎の塩焼きが売られており、バスが来るまでの間に皆買って食べている。その間15~20分。早からず、遅からず売店の売り上げに寄与する巧みなシステムになっていた。<br /><br />我々は、朝採れの冷やしキュウリを買って食べたが、冷たくて歯応えも良く美味かった。

    舟を降りた後は、国道沿いのドライブインで迎えのバスを待つことになる。乗船場まで送ってくれるのだ。

    売店には、アイスクリームや鮎の塩焼きが売られており、バスが来るまでの間に皆買って食べている。その間15~20分。早からず、遅からず売店の売り上げに寄与する巧みなシステムになっていた。

    我々は、朝採れの冷やしキュウリを買って食べたが、冷たくて歯応えも良く美味かった。

  • バスを待つ間は、先程舟で下ってきた鬼怒川を眺めて過ごす。

    バスを待つ間は、先程舟で下ってきた鬼怒川を眺めて過ごす。

  • バスに乗って、乗船場手前の鬼怒川駅前で降ろしてもらう。ホテルまで歩いて戻る途中、クレーンで吊り上げられて乗船場まで回送されるトラックに積まれた舟を見掛けた。ラッキー!<br /><br />ホテルに戻ってからチェックアウト。10時半頃だった。まだ一日は長く、次は日光いろは坂を登って、中禅寺湖畔を目指すことにする。<br /><br />(続く)

    バスに乗って、乗船場手前の鬼怒川駅前で降ろしてもらう。ホテルまで歩いて戻る途中、クレーンで吊り上げられて乗船場まで回送されるトラックに積まれた舟を見掛けた。ラッキー!

    ホテルに戻ってからチェックアウト。10時半頃だった。まだ一日は長く、次は日光いろは坂を登って、中禅寺湖畔を目指すことにする。

    (続く)

この旅行記のタグ

137いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • salsaladyさん 2017/07/12 09:17:12
    ”おおるり”に似ている。。。
    ☆奥日光と言えば”おおるり”!がダンス愛好家(シニアー系)のメッカでした。

    なんてことも無い部屋だけど、仲間で出かけりゃ怖くない?昼は鬼怒川下り(ボートだけど)夜はダンス三昧〜そして果てしないお喋り。。。これが苦手!1度参加したらもう良い〜

    シニアーは群れるのが好きなんだけど、こちらはしっとりご夫婦で?良いね〜

    ダイスケit

    ダイスケitさん からの返信 2017/07/18 20:28:34
    RE: ”おおるり”に似ている。。。
    salsaladyさん

    奥日光湯ノ湖の前に「おおるり」はありましたね。鬼怒川にもあるのでしょうか。ただ、群れて行くのは苦手なので、行く機会はないでしょうね。

    また、お立ち寄りください。

ダイスケitさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鬼怒川温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集